転職活動においては、必ずしも前職を辞めてすぐ次の仕事に移れるとは限りません。

ブランク期間がある場合の転職活動ではどのようなことに注意すればいいでしょうか。

確かにブランク期間があることは、採用する企業にとってはマイナスに捉えられることもあります。

しかし、熱意があることをアピールすればそのマイナスポイントを覆る材料になるでしょう。

転職活動でブランク期間が長いときの伝え方、マイナス評価にしない伝え方を紹介していきます。

Contents

ブランク期間が長い時の伝え方を解説

転職ブランク

転職活動においては、必ずしも辞めてすぐ次の仕事に移れるとは限りません。

ブランク期間を設けてから転職活動をするというケースも非常に多いでしょう。

ブランク期間が長いということは、即戦力人材と見られることは少ないです。

即戦力人材とは、前職での経験やスキルをそのまま次の仕事にも活かせる人材です。

ブランク期間がある分だけ、そういったハンデを覆すだけのアピールをしなければなりません。

ブランクが長い時の転職活動の伝え方は、意欲をアピールすることが重要です。

意欲をアピールすることの裏付けとなる経験やスキルがないか振り返ってみましょう。

以降では、ブランクを覆すだけの方法などを解説していきます。

ワンポイント
 実力を裏付ける経験やスキルでブランク期間の長さをカバーしよう!

ブランク期間の長さで転職は不利になる?

転職ブランク

ブランク期間が長いことは、転職活動ではマイナスにはたらきます。

転職活動ではライバルと競うため、ブランク期間に仕事ができていないということは、それだけライバルに差をつけられてしまうということです。

しかし、差をつけられてしまったからといって必ずしも悲観することはありません。

ブランク期間を経たこと以上のアピールポイントを面接官に伝えることができれば、十分ハンデを覆すだけの材料になります。

例えば、ブランク期間に何をしていたか、次の仕事に役立てることを明確に説明できればアピールポイントになるでしょう。

ブランク期間の長さで企業が心配することは

転職ブランク

ブランク期間が長いことで企業はどのようなことを気にするでしょうか。

仕事をしていない期間というのは、それだけ仕事に対する感性も鈍くなっているのではないかと捉えられがちです。

また、仕事をするだけの能力がないのではないかと見られてしまうかもしれません。

ブランク期間をマイナスにしないためには、それを補うだけのものをアピールする必要があります。

仕事に対する意欲があるのか

転職ブランク

ブランク期間が長い人材に対して企業が最も心配するのは仕事に対する意欲があるかどうかです。

ブランク期間が長いと、仕事をしていない期間も長いということです。

仕事をしていない間に仕事に対する意欲も薄れてしまっているのではないかと懸念されてしまうでしょう。

たしかに、仕事のブランクは仕事をしていないため意欲も薄くなりがちです。

しかし、ブランクがあるからといって必ずしも意欲がない訳ではありません。

ブランク期間が長いという人は、人一倍仕事への意欲をアピールするといいでしょう。

そのためには、何故ブランク期間ができてしまったのか、ブランク期間に何の準備をしてきたのかを明確に説明することが求められます。

明朗にアピールや質問に対する回答ができることは、ビジネスにおいても大いに役立つのです。

逆に、ブランク期間の長さを後ろめたく感じてしまうと、発言も弱気になってしまうかもしれません。

ブランク期間の長さを卑屈に感じることなく、堂々と振る舞うことが転職活動において求められるのです。

職務能力が不足しているのではないか

転職ブランク

ブランクが長いと職務能力が不足しているのではないかという懸念もされてしまうことが多いです。

仕事というのは、成果や実績を認められて続けていくものです。

また、仕事を続けていくことで自ずとスキルや経験が身についていくことでしょう。

「仕事をしていないブランク期間がない」という側面だけ捉えられると、そういった経験が少ないのではないかとみられてしまいます。

マイナスの先入観を覆すためには、自分からどんどんアピールしていくことが重要です。

ワンポイント
 ブランク期間の長さを弱点としないために、熱意をアピール!

ブランク期間の理由を伝える時のポイント

転職ブランク

ブランク期間の理由を伝える時にはどのようなポイントに気を付ければいいでしょうか。

ブランク期間はネガティブなことになりがちなので、どうしても発言も弱くなってしまいがちです。

重要なのは、嘘偽りなく伝えること、ハキハキと胸を張って伝えることです。

熱意をもってアピールをすることで、面接官の心証も良くなるでしょう。

ブランク期間の理由を伝えるポイントを解説していきます。

ブランク期間の行動は正直に伝えよう

転職活動において最も避けたいことは、嘘をつくことです。

嘘をついてしまうと、発覚したあとに内定取り消しという事態にもなりかねません。

そのようなことを避けるためにも、ブランク期間の長さや、してきたことは正直に話しましょう。

嘘をつかないといっても、正直にありのままを話せばいいというわけではありません。

真実の中にも、自分をアピールするだけの要素を強調するなど、嘘をつかないながらもアピールすることが可能です。

ブランク期間で学んだことや目的をアピールしよう

転職ブランク

ブランク期間を何もしていない期間だとすることなく、ブランク期間で学んだことや、ブランク期間を設けた目的をアピールしましょう。

ブランク期間は仕事をする時間を確保しなくていいため、自分のために使える時間も長くなるでしょう。

例えば、資格取得など自己啓発をすると、ブランク期間を設けたことの説明として強調できます。

仕事に対する熱意の高さをアピールしよう

先述したように、ブランク期間が長いと、仕事に対する熱意が高くないのではないかとみられてしまいます。

そのようなことを避けるために、仕事に対する熱意の高さをアピールしましょう。

ブランク期間はやむを得ない事情があって仕事が出来なかったが、その分仕事に対する熱意はあるとアピールするのです。

熱意が高く、前向きな人は採用する企業としても好印象に捉えられるはずです。

ブランク期間をマイナスとしないために、仕事に対する熱意の高さをしっかりとアピールしていきましょう。

ブランクの理由が怪我や病気の場合

転職ブランク

ブランクの理由が怪我病気である場合、どのようにアピールすればいいでしょうか。

仕事をしていくうえで、常に体調を管理しなければなりません。

頑張ることは重要ですが、頑張りすぎて倒れてしまっては元も子もありません。

転職活動においては、現在は元気に働ける状態であることをアピールすることが重要です。

マイナス評価にしないためのポイント

怪我や病気がブランクの理由である場合、現在は元気に就労できることを示す必要があります。

採用する企業としては、就業中に無理をして倒れてしまうのではないかという心配をするでしょう。

仕事をするには体が資本であり、体が丈夫であることを示さなければなりません。

現在は元気に活動できる状態であることを強調するといいでしょう。

また、医師の証明がある場合はそれを提示することも有効です。

例文

病気による療養のため、前職を退職した後実家で1年間療養をしていました。

療養期間の間には、速やかに社会復帰するために自己啓発の勉強を欠かしませんでした。

日商簿記2級を取得し、すぐさま実務に活用できるよう準備は万全です。

また、復帰後にすぐ仕事に専念できるように、毎朝7時に起きて17時まで外で活動するという訓練も欠かしていません。

実務面、体力面で十分な準備は整っているため、今すぐにでも仕事に復帰したいと考えています。

ワンポイント
 現在は元気に働けることをアピール

ブランクの理由が家族の介護や療養の場合

転職ブランク

家族の介護や療養の面倒を見るためにブランクがあるという場合はどうすればいいでしょうか。

仕事に支障を来すほど介護や療養に時間をとられるということです。

現在は問題なく仕事に時間を充てられることを強調しましょう。

マイナス評価にしないためのポイント

採用する企業としては、問題なく働けるかどうかを気にします。

家庭の事情はある程度気にしてくれることも多いですが、大きく仕事に影響があるようだとマイナスになってしまいます。

家庭が落ち着いて仕事に戻る場合は、現在は問題なく仕事ができる環境であることを強調しましょう。

また、ブランク期間中に仕事感が鈍ってしまうのではないかと懸念されることもあるでしょう。

ブランク期間中にも自己啓発など、しっかりと仕事の準備をしてきたことをアピールすると好印象です。

例文

母親の介護のため、前職を退職した後1年間介護に専念していました。

介護の期間中は、中々自分の時間を取ることができませんでした。

しかし、限られた時間の隙間を練って職場復帰のため自己啓発に励んでいます。

現在は日商簿記2級の取得につけて勉強中であり、すぐにでも現場復帰できるよう努力しています。

介護に専念してきた甲斐もあり、母親の状態は良好で、仕事をしながら介護ができる体制が整いました。

ブランク期間中に学んできたことを活かし、すぐにでも職場復帰したいと考えています。

ブランクの理由が妊娠や出産の場合

転職ブランク

ブランクの理由が妊娠や出産の場合はどのようにアピールすればいいでしょうか。

マイナス評価にしないためのポイント

現在は仕事に専念できるだけの時間があることをアピールしましょう。

お子さんが小さい場合は、保育園など子供を預けられる場所があることを告げておくことが重要です。

子供を預けることで、仕事にも専念しやすくなるでしょう。

例文

妊娠を機に育児に専念するため、前職を退職した後5年間のブランクがあります。

子供を保育園に預けられるようになったため、現在は日中の時間をある程度自由に使える状況です。

育児を続けながら、仕事にも精を出していきたいと考えています。

ブランク理由がスキルアップのために勉強していた場合

転職ブランク

資格をとる勉強などをする時間をとるためにブランク期間が出来てしまうこともあるでしょう。

マイナス評価にしないためのポイント

ブランク期間の間にしっかりと勉強の成果を出せたかどうかが重要です。

ブランクがあるだけではアピールポイントにはなりません。

資格取得など明確な実績がある場合はそれをアピールしましょう。

もし、明確な実績がない場合はどうすればいいでしょうか。

具体的に身に着いたスキルや知識などをアピールし、実務に役立てることをアピールするといいでしょう。

例文

前職を退職したあと、国家資格である税理士を取得するために勉強に励んできました。

資格の予備校で1日中滞在する必要があるため、やむを得ず退職するかたちです。

勉強の成果もあり、無事に試験の合格科目のうち一部を合格することができました。

次回の試験では合格できるよう、現在もなお勉強に励んでいます。

勉強を続けながら実務で実績を身につけるため、現場復帰して税務の経験を身につけたいと考えています。

ワンポイント
 ブランク期間中にどんな知識を身に着けたかをアピール!

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職ブランク

転職活動のことで悩んだら転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントでは、数多くの転職希望者を転職成功に導いた実績があります。

その中にはブランク期間が長くても転職を成功させた方も多数いるのです。

そのため、ブランク期間が長くても転職成功を実現できるノウハウは多数あります。

ブランク期間に関することだけでなく、困ったことがあれば何でも転職エージェントに相談してみてください。

特に、ブランク期間が長い方は仕事に対する話し方なども忘れてしまいがちという方が多いです。

まずは、仕事に対する勘を取り戻す意味でも、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

まとめ

転職ブランク

ブランク期間が長い場合の転職活動の仕方について見ていきました。

たしかに、ブランク期間が長いということは転職活動においてメリットとはいえません。

しかし、マイナスポイントを覆すだけのアピールポイントを主張できれば、十分合格へ繋がるでしょう。

大事なのは、意欲が強いことをアピールすること、ブランク期間に何をしてきたかをアピールすることです。

ブランク期間には、ご自身の療養やご家族の介護など様々な事情があるかと思われます。

弱気にならず、面接において堂々と振る舞うことが、採用する企業にとっても好印象につながるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら