一般的な履歴書には「その他特記事項」の記入欄が設けられています。

「何を書けばいいの?」「書く事がない…」と悩んでしまう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では履歴書の「その他特記事項」欄に書く内容記入例注意点や自己PRに利用する方法を解説します。

ぜひ最後までお読みいただき、転職活動に役立ててください。

Contents

履歴書のその他特記事項欄に書く内容を解説

コンピュータ、ノート

転職活動にあたっては履歴書の作成が不可欠。

学歴・職歴・資格・志望動機など企業にあなたについての情報を伝えるために大切な書類になります。

履歴書の「その他特記事項」欄は他の欄では書けないけれど、企業に伝えたい事項を記入する場所です。

ではさっそく履歴書の「その他特記事項」欄に書く内容について、具体的に解説していきます。

履歴書のその他特記事項で面接官が見ていることは?

オフィス、手

履歴書の「その他特記事項」欄に記入されることが多い内容としては以下のものが挙げられます。

  • 希望職種
  • 勤務時間に関する希望
  • 勤務地
  • 入社可能日
  • 持病やその他健康に関する事
  • 転居の予定 など

これらを見ると、面接官は応募者に対して個別考慮すべき事をチェックしていると判断できるのではないでしょうか。

応募者が希望する働き方と企業が求める働き方にギャップがないか見ているともいえます。

履歴書のその他特記事項欄の書き方と記入例をチェック

引っ越しの予定がある

引っ越し

勤務地から住居が遠すぎると通勤の負担が大きいです。また企業も交通費の面などから、採用を控えるケースもあります。

そのため引っ越しの予定があれば「その他特記事項」欄に書くのがおすすめです。

勤務地近く引っ越しすることを伝えることで採用される可能性がアップするかもしれません。

また全国に拠点のある企業の場合、職種によっては転居を伴う異動が発生することもあります。

転居が可能かどうかも必要に応じて「その他特記事項」欄に記載しておくことも可能です。

記入例1
○年○月に◯◯市に転居を予定しております。

記入例2
勤務地に応じて転居が可能です。

取得に向けて勉強中の資格がある

「その他特記事項」欄は、資格・検定欄の近くにあるため、勉強中資格等の記載にも適しています。

資格やスクールで勉強していることがあれば記載しておきましょう。

転職先での仕事に役立つ資格であればプラス評価に繋がる可能性があります。

学歴や職歴、取得した資格にプラスしてアピールをしたい時にもその他特記事項欄を活用できるのです。

記入例
現在、◯月の試験に向けて◯◯資格を勉強しております。

持病を抱えている

医療ケア

持病を抱えている場合も、「その他特記事項」欄を使って企業に連絡しましょう。

健康状態については企業にとっても知っておいたほうが良い情報です。

持病によっては働き方への配慮が必要だったり、応急手当を周知すべき場合もあります。

持病を含めて健康に関する事は、選考の段階で企業の理解を得た方が安心です。

通常業務支障がなければ、その旨をあわせて伝える事も重要になります。

記入例
持病で◯◯がありますが、業務に支障はありません。
3か月に1度ほど定期的に通院しています。

ワンポイント
「その他特記事項」欄は企業に事前に知らせたい事を書こう。
引っ越し予定や健康状態も働くうえで大切な情報。

履歴書のその他特記事項欄が未記入のままのデメリット

紙、ペン、白紙

「その他特記事項」欄に書くことがないケースでは空欄で良いのでしょうか。

結論からいえば、このようなケースでも空欄避けましょう

履歴書は応募者の情報を得る他にも、事務能力判断するベースになることもあります。

空欄が目立ちすぎる履歴書では、企業からあまり良い印象を持たれない可能性が高いです。

もちろん、履歴書が真っ黒になるほどびっしりと書く必要はありません。

空欄が悪目立ちすることがないように記入することをおすすめします。

書き忘れだと勘違いされてしまう

「その他特記事項」欄が空欄のままになっている場合、書き忘れ勘違いされる可能性もあります。

書類作成がいい加減なのではないかという印象を持たれてしまい、マイナス評価に繋がりかねません。

応募意欲が低く見えてしまう

コンピュータ、ノート、コーヒー

パッと見た時に履歴書に空欄が目立ち過ぎると「自社へ転職したい意欲低いのでは」と思われます。

他の応募者と比べて空欄が目立っているとマイナスな印象を持つ採用担当者もいるかもしれません。

他の欄とのバランスを考えて「その他特記事項」欄も適度記入しましょう。

読んでみようと思われる履歴書が転職成功を導くポイントになることもあるのです。

ワンポイント
「その他特記事項」欄を空欄のままにするのはリスク大!
書き忘れと勘違いされたり応募意欲が低いとみなされたりすることも…

履歴書のその他特記事項欄に書くことがない時は?

「特になし」や「ありません」はNG

キャンセル、ノー、シンボル

履歴書を作成する側から見ると「その他特記事項」欄は、重要な箇所とは思えないかもしれません。

履歴書の空欄が多すぎるのは避けたほうがよいため、書く事が何もなくても何らかの記入必要です。

とはいえ「特になし」や「ありません」という記載のみで済ませるのはNG。

冷たい印象を与えてしまう可能性があるため、やめておいたほうがよいでしょう。

何と書くのが正解?

文章で受ける印象は思った以上に冷たい印象を与えるケースが多いもの。

そのため「その他特記事項」欄に書く事がない場合も、丁寧に書くことを通常より意識してください。

書く事がないのであれば以下のような文言を記入しておくことがおすすめです。

  • 貴社規定に準じます。
  • 特記事項は特段ありません。

「貴社規定に準じます。」とは企業が定めたルール決に従いますという意味になります。

職種や勤務地等について特別な希望はないこと、変更になってもOKということを伝えられるのです。

履歴書のその他特記事項欄でアピールする方法をチェック

チャート、グラフ

履歴書の「その他特記事項」欄は、簡単なアピールにも活用することができます。

自己PRに使う際に書いておくと良いことを3つ見ていきましょう。

他の欄に書けない事を書いてアピール

1つ目は「他の欄に書けない事」を書くケースです。

資格ではないが転職先で役立つ知識を学んでいる場合や取得を予定している資格などが該当します。

書類選考では履歴書等で得られる情報が判断の基礎となるため、漏れなく情報を伝えるのがおすすめです。

積極的に自己啓発をしていることはプラス評価に繋がる可能性も高いでしょう。

ただし転職先の仕事に関連しない事については、あえて書く必要はありません。

他の欄で書いた事の詳細を書いてアピール

2つ目は「他の欄で書いた事の詳細を書く」ケースです。

他の欄で書いた事について、補足追加情報が必要であれば「その他特記事項」欄に記入しましょう。

限られたスペースの中で企業に情報を伝えることとなりますので簡潔に記してください。

電話繋がりやすい時間帯」「書類送付先指定がある場合」などは記載をおすすめします。

企業への質問を書くのも有効

3つ目は「企業への質問を書く」ケースです。

企業側に質問確認事項がある場合も多いのではないでしょうか。

そのような場合にも「その他特記事項」欄を利用するのが便利です。

たとえば「〇〇職へは何年目から配属の可能性がありますか」などです。

履歴書に事前に質問や確認事項を記入しておくことで面接で担当者が答えてくれることもあります。

確認事項を質問しそびれることもなくなるので、確実に知りたいことがある場合は便利です。

また質問があるという点で関心度の高さのアピールにもなります。

ただし、企業のホームページや採用サイトを見ればわかるような事項は質問しないようご注意ください。

ワンポイント
「その他特記事項」欄も大切なスペース。
補足したい事や質問を書いて企業に本気度を伝えよう。

履歴書のその他特記事項欄を書く時の注意点

ペン、ワーキングシート

履歴書の「その他特記事項」欄は、他の欄に比べて書く内容の自由度が高いスペース。

書き方のルールがはっきりと決まってはいないため、様々な活用方法が考えられるのではないでしょうか。

基本的には企業に伝えておきたい事を記入したり自己PRに活用してプラス評価繋げるものです。

しかし書き方の注意もあります。マイナス評価とならないよう以下の注意点をチェックしましょう。

長文を避け簡潔にしよう

「その他特記事項」欄では長文を避けましょう。

この欄はあくまで他の欄に該当しないけれど、企業に伝えておきたい事を書く場所です。

長文ではなくシンプルな文章を心がけ、パッと見て把握しやすくしましょう。

選考段階において、採用担当者はたくさんの履歴書に目を通さなければなりません。

そのため「その他特記事項」欄がじっくりと読まれることはほぼないといって良いでしょう。

第一印象で読みにくい履歴書は読んでもらえなかったり、マイナスな印象が残るおそれもあります。

ポイントを絞って簡潔に、面接で詳しく聞いてみようと思わせる記載にすることが重要です。

給料や待遇面の希望は書かない

お金、利益

給料額や待遇の充実度だけで企業を選んでいると思われるおそれがあります。

給与や待遇に関する希望は、「その他特記事項」欄に書かないのが無難なのです。

ただし常識の範囲内で、給与の最低ラインの希望程度であれば書いても問題ありません。

希望が多すぎるのは良くない

「その他特記事項」欄は希望職種なども記載することが可能です。

複数の職種について募集をしている場合は企業側から指示されることもあります。

ただし、企業に対する希望をたくさん書き過ぎは避けましょう。

熱意を伝えたいあまりに「必ず◯◯職で」というような限定的な表現注意が必要です。

特定の職種等へのこだわりがありすぎると、それ以外の職種を受け入れない印象を企業に持たれます。

企業側にも人材育成のプランがあり、希望以外の職種を経験させるケースも多いのです。

たくさんの希望を列挙せず、絶対に譲れない条件を見極めたうえでシンプルに記載しておきましょう。

ワンポイント
「その他特記事項」欄はとにかくシンプルにわかりやすく。
強すぎるこだわりは控えめにポイントを絞って書こう。

履歴書のその他特記事項を活用して自己PRをしよう

財布、テーブル、ビジネス

履歴書はひとつひとつの項目を丁寧にミスなく記入する必要があります。

パソコンで作成することもありますが、各項目の内容をしっかり考えて記入することは変わりありません。

「その他特記事項」欄もおろそかにせず、有効に活用することは非常に重要になります。

まずは希望する職種など、企業が必要とする意思表示明確にしておいてください。

また企業に知ってもらうことでプラス評価になりそうな情報は、自己PRとして簡潔に記入しておきます。

ただし、この欄の目的は自己PRをすることではありませんのでしつこく書くのは避けるのが無難です。

この「その他特記事項」欄を上手に使うことで、あなたの様々な魅力をアピールしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

オフィス、仕事

「その他特記事項」欄も含めて応募書類の書き方で悩んだら転職エージェントへの相談がおすすめです。

転職エージェントは、求人の紹介だけでなく転職に関する豊富なノウハウの提供も行っています。

企業に好印象な書き方のポイントのアドバイスや履歴書等の添削も受けることができるのです。

そもそも企業ごとに効果的なアピールを意識して応募書類を作成するのは自力ではなかなか難しいもの。

プロの目を通してチェックしてもらうことで、企業ごとに重視するポイントを押さえた履歴書が作れます。

あなたが転職で実現したいことをヒアリングしたうえで、個別のアドバイスを受けることも可能です。

周りには相談しづらい転職活動の不安解消にはプロサポートがあれば心強いでしょう。

サービス利用は無料ですので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ノート、ペン、紙

その他特記事項」欄は、他の欄に比べて何を書いていいものか迷いやすい箇所です。

この欄では「転居予定」「取得予定の資格」「健康状態」など企業に事前に知らせたいことを書きます。

採用にあたって個別配慮が必要な事について、あらかじめ相談しておいた方が転職後もスムーズです。

他の欄に該当しないが知ってもらいたい事や他の欄の補足を書くこともできます。

記入にあたっては、長文を避けて簡潔にあなたの希望を押しつけずに書くことを意識しましょう。

特に書くことがない場合もありますが空欄はNGです。

記入もれと間違われたり応募意欲が低いと思われてしまい、マイナス評価に繋がるリスクがあります。

書く事がないのであれば「貴社規定に準じます」「特にありません」等の何らかの文言を書きましょう。

またこの欄は自己PRにも活用できる欄ではありますが、無理にアピールを書く必要はありません。

自己PRの面ばかり目立つと履歴書の書き方がわかっていないのではと思う担当者もいます。

企業に事前に伝えたい事にポイント絞り、面接で詳しく話せるように備えるのがおすすめです。

この記事があなたの転職活動のお悩み解決に少しでもお役に立ちましたら幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら