転職の面接では、一見仕事に直接関係ないような質問を受けることがあります。

しかしこれらは、面接官が確固たる意図を持って聞く質問です。

今回は、面接官から聞かれることが多い「休日の過ごし方は?」に対する答え方のコツを解説します。

Contents

転職の面接で休日の過ごし方を質問される理由

会議

面接官が休日の過ごし方を聞く理由は、応募者が休日に何をしているかが知りたいからではありません。

応募者の回答の仕方を見ることで、応募者がどのような人なのかを知りたいのです。

面接官が本当に聞きたいこと

人間

休日をどう過ごしているかの回答で面接官が本当に聞きたいことは、応募者の人間性です。

実は休日に何をしているかを知れば、応募者がどのような人なのかがわかります。

休日の過ごし方を上手く説明する能力があるか、休日に仕事のオンオフの切り替えができているかを知るためというのも理由の一つです。

人間性を見たい

仕事ができる人材が求められるのはもちろんですが、それ以上に組織が求めるのは豊かな人間性を持つ人だからです。

仕事のスキルは入社後の社内教育でいくらでも伸ばせます。一方で豊かな人間性の会得は、社内教育では限界があります。

休日の過ごし方は、その人の人生の根幹といっても過言ではありません。

自分自身の貴重な時間を割いてまで、自ら行うことだからです。

休日の過ごし方を知れば、その人が大切にしていることがよくわかります。

例えば家族と一緒にどこかへ出かけたり、家でくつろいだりする人は家族を大切にする人です。

家族を大切にする人なら、仕事仲間もきっと大切にすると思われるでしょう。

読書をする人なら集中力があり、勉強熱心で向上心の強い人だとわかります。

仕事に集中して次なる改善点を見出し、いかに生産性を上げるか。自ら解決法を探す人だと思われるでしょう。

「休日の過ごし方」は実は「職場での過ごし方」につながるのです。

上手く説明する能力があるか知りたい

いかに休日の過ごし方が素晴らしくても、面接官にうまく説明できなければ意味がありません。

面接官は、応募者自身のことを上手く説明できているか、も重要視しています。

職場での仕事はコミュニケーションが重要です。

相手の言うことをよく聞き、正しく理解し、自分の言いたいことを相手にうまく説明する。

どんな職場においてもこの能力は必要不可欠です。

入社後、その人が職場の仲間と上手くコミュニケーションが取れるかどうかを面接官は見ているのです。

休日に仕事のオンオフの切り替えができているか知りたい

スイッチを押す指

休日の過ごし方を聞かれるのは、休日に仕事のオンオフの切り替えができているかを知るためでもあります。

休日はオフの状態で充電し、仕事の日はオンで集中する、オンオフの切り替えは仕事の成果に直結するからです。

どんなに仕事が好きな人でも、仕事によるストレスは何かと溜まります。

自分が気づかないうちに溜まっている無意識なストレスほど、心身に大きな影響を及ぼすものです。

仕事の日は仕事に集中し、休日は存分に好きなことをしてストレスを発散させることは、心身の健康維持には欠かせません。

仕事の日は仕事、休日は好きなことに集中するといったメリハリのある生活をして健康を保つことができる人が組織に求められています。

例えば職場で何か失敗したとしましょう。

自分の失敗が頭から離れず、仕事のことばかり考えるような休日を過ごしている人は、休み明けも失敗を引きずったままの気持ちで出社します。

これでは失敗がストレスになり気持ちもポジティブになれないまま、次の失敗を呼んでしまう可能性も高いです。

反対に仕事で失敗した後でも、それを忘れるくらい存分に休日を楽しんだとしたらどうでしょうか。

休日に思い切りストレスを発散できれば、失敗したネガティブな気持ちもきれいになくなるでしょう。

心身ともにリフレッシュして出社できます。

ポジティブな気持ちで仕事に臨めば、間違いなく良いパフォーマンスが期待できるのです。

また、休日の過ごし方で得たアイディアが職場での新企画につながり、ヒット商品を生んだ事例もあります。

職場と全く違うフィールドで心身ともにリラックスすれば、職場で考えていては決して得られないような斬新な発想が生まれるものです。

「休日の過ごし方は?」の上手な答え方

トランク

休日の過ごし方の説明の内容が考えついたら、上手に答えることが大切です。

上手な答え方とは、自分の考えを面接官がよくわかるような答え方です。

わかりやすい話は、結論先行・簡潔・具体性がポイントです。

結論から話す

わかりやすい話は、結論先行型の説明です。

最初に結論を聞けば、相手が最後にどこへ到達しようとしているのかをわかった上で説明を聞くことができます。

この話し方は面接の他の質問にも有効です。

結論先行型の説明は、いわば目的地を目指すドライブです。目的地が決まっているので、安心して道中の景色を楽しめます。

最後にならないと結論がわからない説明ではどうでしょうか。

相手の最終到達点がわからないので、結論は何だろう?と戸惑いながら説明を聞くことになります。

結論の見えない状況での説明は、目的地のないドライブのようです。

目的地はどこだろう?と迷いながら進むため、途中の景色があまり記憶に残りません。

相手にうまく説明するには、結論先行型の説明が鉄則です。

簡潔に伝える

上手く説明するためには簡潔に伝えることも大切といえます

無駄を省き言葉を選んだ短い表現は、相手の記憶に強く残るからです。

言葉だけ多く長々と説明したのでは要点がはっきりしません。面接官は多くの面接を行っています。

長い説明を聞くほどの集中力はありません。

つまり選りすぐりの言葉で短く説明することが、面接官に強い好印象を与えるカギです。

具体的なエピソードを入れる

具体的なエピソードを入れると、さらにわかりやすい説明になります。

実際に体験したエピソードならオリジナリティと信憑性があり、面接官の記憶にも強く残るのです。

例えば休日の過ごし方が、家族や地域の人を手料理でもてなすホームパーティだとします。

こんなメニューをつくったらこの料理が招待客に評判になり、まわりで一時流行った。

地域のお祭りに関するこんな意見が出たので、その年に実践してみたら例年になく盛り上がった。

このように実体験に基づくエピソードには説得力があり、面接官の心をとらえるのに効果的です。

ワンポイント
具体的な実体験は面接において強いアピールに繋がります。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

質問の意図を理解して回答を考えよう

黒板

転職の面接で大切なことは、質問の意図を的確にとらえることです。

面接官の質問の意図さえわかれば、どのような回答が求められているのかがわかります。

面接官が休日の過ごし方を聞く理由は、仕事以外のプライベートな時間の使い方を知ることで、あなたの人間性を見極めたいからです。

そして、その人間性を面接官にわかりやすく説明できるか、応募者の説明能力を知りたいからでもあります。

ワンポイント
質問されていることをストレートに答えるように意識しましょう。

回答する際のポイント

説明

質問に回答するときは、何よりも誠実であることが大切です。

真摯に面接を受けている姿勢が面接官に伝われば、信頼できる人物だと評価されます。

また、面接は自分自身をアピールするチャンスです。

質問に対する回答に関連することであれば、その人にしかできない回答でアピールするのも好印象が得られます。

嘘をつかず誠実にアピールする

なんとしてでも合格したい本命企業の面接は、どうしても力が入ってしまうものです。

面接に合格したい一心で、合格しやすい模範例文をそのまま面接回答に使ってしまいたくなる人もいるかもしれません。

しかし、面接において最も重要なことは誠実さです。

ありのままの自分を包み隠さず伝えることが何よりも大切なアピールポイントになります。

どれだけ模範例文を使って回答しても、面接官には真実か嘘かは伝わるものです。

嘘で取り繕おうとせず、あくまでも真実だけを誠実に答えるようにしてください。

今までの職歴で培ってきたスキルや経験をアピールし、自信をもって面接に臨むべきです。

挑戦してみたいことを答えるのもあり

質問されたことに対する回答に関連して、自分が挑戦してみたいことを伝えることも、転職の面接で有利になります。

挑戦してみたいことを言える人は、自分の現状把握をしている人です。

今後さらに自分の可能性を引き出すために自己研鑽できる向上心の高い人だと評価されるでしょう。

例えば、事務職でエクセルの初歩を会得したものの、他の機能の多くが未経験だとします。

「私はエクセル初級者ですので、今後は計算式を使ってより効率の良い事務処理をしたいと思います。」

現時点の自分の能力を客観的に判断でき、進化したい自分を描くことができるチャレンジ精神旺盛な人、という評価を得ることができます。

ただし、あくまでも質問は「休日は何をしていますか?」です。

「挑戦したいこと」を直接聞いているわけではありませんので、この結論に行くように話の構成を考えておきましょう。

ワンポイント
回答の際はまず「休日にしていること」を答えます。
「挑戦したいこと」も述べる場合は「休日にしていること」を答えた後に説明するようにしてください。

好印象を与える女性ならではの回答方法

女性

女性ならではのきめ細やかな視点とまわりへの気遣いは職場での雰囲気を和ませ、コミュニケーションを円滑に進めます。

また近年、女性の視点を取り入れた企画が次々とヒット商品を生んでいます。

男女平等が謳われて久しい現在においても、昔ながらの男性中心の体制を維持している企業も少なくありません。

しかし現在は女性の視点、女性ならではのアイディアが企業の活性化と売り上げアップに欠かせません。

女性の視点求める企業には、女性ならではの回答方法が面接で好印象を得られます。

集団面接なら、別の面接者の発言をよく聞き、自分以外の面接者の発言内容を引用した発言が効果的です。

まわりの意見をよく聞くことができる、コミュニケーション力の高い人だと高評価を得られます。

個人面接においても回答内容は明瞭簡潔に、言い方は柔らかくすると良いでしょう。

面接官も抵抗なく回答を受け入れられます。

回答を考えるためのポイント

休息

休日の過ごし方の回答を考えるときのポイントは、

 

  • 継続性
  • 行動力
  • 休日の過ごし方から得られたもの

です。

長年取り組んでいる趣味があれば、ひとつのことに継続して取り組むことができる継続性のある人だと評価されます。

スポーツやアウトドアなど活発な趣味なら行動力のある人だと期待されるでしょう。

休日の過ごし方から得たものを仕事に活かすことができれば、その趣味はすでに立派なスキルです。

継続して続けている趣味をアピールする

編み物

長期にわたり続けている趣味があれば、面接でアピールしましょう。

企業は同じ仕事を地道に続けることのできる、継続力のある人材を重要視しているからです。

好きなことであっても長い間継続することは簡単ではありません。

貴重な休日には他にしなくてはならないことも多いはずです。

趣味であっても忙しい中時間を捻出しなければなりません。更にずっと続けるには計画性と実行力、そして粘り強さが必要です。

これらはすべて仕事をする上でもなくてはならない素質です。

スポーツ系の趣味は行動力のアピールに繋がる

ジョギング

休日にスポーツをする人は行動力をアピールできます。

体を休めたい休日に、体を動かし汗を流せる人は行動力旺盛だからです。

仕事においても、行動力のある人こそ次々と仕事をこなし、自ら問題を発見解決する能力に長けています。

問題を発見し解決する能力があれば改善をかさね、品質や生産性向上など、企業に大きく貢献できると思われるでしょう。

行動力のある人は活発でリーダーシップもあるので、面接で好印象を得られることは間違いありません。

休日の過ごし方から得たものをアピールできれば理想的

休日の過ごし方から得たものを面接でアピールできれば理想的です。

休日に行うことが自分の趣味を越え立派なスキルになれば、面接官が高く評価するからです。

例えば趣味が英会話だとします。英会話スクールの同じクラスの仲間と意気投合し、民泊町おこし活動を立ち上げたらどうでしょうか。

得意の英会話を活かし、宿泊スタッフに英会話を教えたり、ブログの英語ページを作成したりすることもできるでしょう。

このように休日の趣味だった英会話が、高度なスキルとなって社会に貢献することも十分可能です。

趣味による点はありますが、趣味を仕事に生かすことも、自分をアピールすることもできるでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

回答をするときの注意点

人形

せっかくの素晴らしい回答がよく伝わるように、面接で回答をするときは礼儀正しく快活にすることを意識します。

さらに相手を敬う気持ちを持ち、正しい言葉遣いで礼儀正しく接することはいうまでもありません。

また健康的で明るく、活発に回答すると好印象を得ることができます。「ぜひあなたの会社で働きたい」という情熱も大切です。

不健康そうな回答を避ける

休日にしているからといって、明らかに不健康な印象を持たれる回答はさけるべきです。

例えば一日中寝ている・ゲームをしているというのはNGです。

不健康なイメージが強く、面接でネガティブな印象を与えてしまいます。

ただし応募企業がゲーム会社などであれば、ゲームをするという回答もそれほどネガティブに受け取られないでしょう。

会社の業務内容や職種に合わせて、少しでもネガティブな印象を与えそうな回答は極力避けるようにしてください。

危険な印象を与える回答を避ける

危険な印象を与える回答も避けなければなりません。例えばパチンコ・賭け事・ダイエットはNGです。

多額の金銭を費やしたり、体に過度の負担をかけたりする趣味は、危険な趣味だという印象を与えてしまいます。

パチンコ・賭け事・ダイエットは依存性があり、行き過ぎると経済的・身体的に再生不能に陥るリスクがあるからです。

自分や家族の健康と経済的安定を脅かすような趣味は無責任と思われてしまいます。

決して回答にしてはいけません。

「何もしていません」は避ける

休日に何もしないからと言って、「何もしていません」という回答は避けましょう。

人生を楽しむ術を知らない、創造性のない人だと思われてしまうからです。

私生活で充実できない人が、職場で充実した仕事ができるわけがありません。

企業が求める人材は、仕事も休日も、どちらも楽しめるような人です。

今からでも遅くありません。本当に休日に何もしない人は、今すぐに趣味を探しましょう。

好きなことが趣味になればそれだけ自分に自信をもつことにもつながります。

まずは簡単なものからで大丈夫です。読書や映画鑑賞などがおすすめです。

ワンポイント
回答の印象は企業によって受け止められ方は若干変わる可能性があります。企業や職種ごとに回答を複数パターン用意しておくのも手です。

エージェントに相談するのもおすすめ

エージェント

そうはいっても休日は疲れてしまって一日中寝ているから今更過ごし方が考えられない。

実は休日こそゲーム三昧で、健康的な回答が思いつかない。

実際は、このような人も多いのではないでしょうか。

そこで、就活の悩みは専門の就活エージェントに相談するのがおすすめです。

プロなら長年の実績で面接内容も面接官の意図も的確に把握しています。

面接官に自分のどのような点をどうアピールすればよいか、面接回答例文の提案もしてくれます。

転職面接成功をつかみたいなら、ぜひ専門の就活エージェントに相談しましょう。

まとめ

転職の面接で「休日の過ごし方は?」と聞かれるのは、応募者の人間性上手く説明する能力、仕事のオンオフの切り替えができるかを知るためです。

上手に回答するためには結論先行、簡潔で具体的が鉄則となります。

回答するときは誠実に、女性ならではの視点など交え、自分ならではのオリジナリティのある回答で好印象を与えましょう。

休日の過ごし方から得た継続力、行動力、スキルは面接でアピールすると高評価を得られます。

もし回答に悩んでしまったら、ぜひプロのエージェントに相談してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら