転職面接は誰もが緊張する時間、そんな面接前に食べる食事はどんなものがいいのでしょう。

人は緊張していると食欲が落ちたり、逆に食欲が増加したりします。

心にストレスを感じる面接前だからこそ、いつも以上に食事に気をつけたいものです。

そこで面接前の食事で気をつけることや、緊張を緩和してくれるものなどを紹介します。

食事によって心を落ち着かせ、集中して転職面接に臨みましょう。

面接前におすすめの食事とは

栄養士

転職面接前、どんな食事をとりますか。

いうまでもなく食事は体を作りあげるものですが、同時に心の安定にも力を貸してくれます。

面接時の緊張を和らげ、集中力を上げる為に面接前の食事にも気を配っていきたいものです。

緊張のあまり食事が喉を通らない、という人がいるかもしれません。

しかし朝の食事は1日の活力を生み出すもの、しっかりと食べて面接を乗り切りましょう。

では、早速面接前の食事について細かく確認していきます。

面接前の食事選びで意識したいこと

食事

面接の前は、食べるものに少々注意が必要です。

緊張を感じているということは、ストレスを感じているということなので体に優しいものを食べるのが基本です。

また面接時に、周囲に不快感を与えないというのも大切な要素といえます。

適量を意識しよう

緊張状態にある時、人は満腹中枢が上手く作動しなくなります。

食べ始めると、いつも以上に食べ過ぎてしまう人が多いのではないでしょうか。

食事をすると人は血糖値が上がります。

近年の研究では、血糖値が上がることで脳から分泌される「オレキシン(覚醒作用の物質)」が抑えられることが分かっています。

食べると眠くなる、という理由が解明されているのです。

面接前の過食は、脳の働きを鈍くして集中力を落としてしまうというわけです。

腹八分目という言葉がありますが、まさに食事は腹八分目が適量といえるでしょう。

臭いがきつい食べ物

ニンニクなど

大事な人に会う前は、多くの人が臭いのきつい食べ物を避けるのではないでしょうか。

面接でも同様に不快感を与えるような、臭いのきつい食べ物は避けるようにしましょう。

臭いのきつい食べ物には栄養価の高いものが多く、面接前だからと食べてしまう人も多いようです。

自分では気がつかない臭いだけれども、周囲に不快感を与えることもあるので注意が必要です。

ブレスケアをしよう

緊張時には交感神経が過敏に働き、唾液の分泌が減ってしまいます。

その為、普段は口臭が気にならない人でも、緊張時には口臭が気になることもあるのです。

また、食事が消化しきれていないことも口臭に繋がってしまいます。

面接前はブレスケアをしっかりとおこないましょう。

中でもミント系のものは気持ちをリフレッシュしてくれるので、オススメです。

注意点として、面接前のブレスケアでガムを噛むのはやめましょう。

ガムを噛む姿というのは、あまり良い印象を与えません。

 

ワンポイント
 面接前は、臭いのつく食事は避けましょう。

緊張緩和にオススメの食べ物

ハーブティ

面接前の緊張を和らげてくれる食べ物を紹介します。

緊張を緩和するためには、自律神経の乱れを整える必要があるといえます。

豆腐

豆腐などの大豆製品には、アミノ酸のひとつ「トリプトファン」が含まれており、これは幸せホルモン「セロトニン」を生み出す材料です。

更に豆腐には「ナイアシン」「ビタミンB1」も含まれており、これらもセロトニンを作り出す材料となります。

このセロトニンこそ、不安を抑えてくれるホルモンなのです。

豆腐は臭いもなく、手軽に食べることが出来るので面接前にはオススメの食べ物といえます。

チーズ

手軽に食べれるものとして、チーズも一押しの食材となります。

チーズにも豆腐同様に「トリプトファン」が豊富に含まれているのです。

しかし、チーズは種類によっては少々臭いが気になります。

ブルーチーズなどの臭いのきついものは避けるようにしましょう。

また、同じ乳製品のヨーグルトなども「トリプトファン」が豊富なのでオススメです。

ココア

ココア

ココアには「テオブロミン」という成分が含まれており、緊張状態を緩和してくれます。

特に心を落ち着かせたい、リラックス効果をあげたいという時はホットココアにしましょう。

また女性は生理前など、特有のイライラ期があります。

このイライラ期には、大豆イソフラボンの摂取が良いとされています。

面接前と重なってしまった時は、豆乳をいれホットココアを飲むと緊張やイライラが緩和され、心が安定するのではないでしょうか。

また緊張時にコーヒーを飲む人もいますが、舌に臭いを残しやすいという特徴もあり、含まれる多量のカフェインは興奮を促す作用もあります。

コーヒーは避けるか、飲んでも少量とした方がいいでしょう。

ピュアココアでもコーヒーと比較するとカフェインは少なめであり、ミルクココアではカフェインは微量といわれています。

ハーブティー

香りもよく、緊張を緩和できるオススメの飲み物といえばハーブティーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

ハーブティーはカフェインレスであり、香りの効果も期待出来る最適の飲み物です。

深呼吸をしてハーブティーの香りを楽しめば、落ち着いた時間を過ごせるでしょう。

中でもセントジョーンズラベンダーレモンバームなどがオススメです。

 

ワンポイント
ジャスミンは緊張緩和に加え集中力も向上させてくれるハーブティといわれています。

集中力UPにオススメの食べ物

外回りをする女性

転職面接時は面接官の質問を注意深く聞き、適切な受け答えをする必要があります。

集中力を向上させる為にオススメしたい食事は、下記の食材です。

バナナ

栄養価の高い食べ物として有名なバナナですが、集中力をあげる食べ物でもあります。

バナナが持つ果糖は吸収が早く、即時に脳のエネルギーとして活躍してくれます。

また上記で紹介した「トリプトファン」も豊富なため、緊張の緩和と集中力UPの双方が期待出来る食べ物なのです。

チョコレート

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、動脈硬化予防やアレルギーの改善など、様々な効果が期待出来ます。

その中でも注目したいのが、脳を活性化してくれる効果です。

脳の海馬に多く含まれるBDNFは、脳活動の基本を司っています。

このBDNFの働きを活性化させるのが、カカオポリフェノールなのです。

しかしチョコレートには、カフェインも含まれているので食べ過ぎには注意しましょう。

面接の前日から意識しよう

食事

面接前の食事に関しては、当日だけではなく前日から気をつけるようにしましょう。

面接の前日は消化に良い食事をしよう

面接前の食事としてゲンを担ぐ「かつ丼」が有名ですが、実際はあまりオススメの食事ではありません。

かつ丼は消化が良くなく、胃に負担がかかってしまうのです。

活力を得る為に栄養価の高い食事をしたい、という気持ちも分かります。

しかし、緊張時は胃の働きも低下しているので前日は消化を優先に考えます。

出来るだけ油物は避けた方がいいでしょう。

また香辛料など刺激のあるものは、胃に負担となってしまうのでこちらも避けましょう。

消化に良いメニューは?

おにぎり

面接前に摂取しておきたい栄養素として、脳を活性化させるブドウ糖やそれをエネルギーに変換するビタミンB1があげられます。

また消化が良く、臭いが残らない食材を選択するといいでしょう。

例をあげるならばご飯やうどんを主食として、豆腐、鮭、ほうれん草などがオススメです。

消化の良いほうれん草ですが、胡麻和えにすることで胡麻の豊富な栄養素も吸収出来るのではないでしょうか。

食事には個々の好みもありますが、消化が良く栄養が豊富な和食が一押しです。

また食欲がない時は、うどんおかゆなどに副菜をつけてみてはいかがでしょう。

面接前の食事の注意点

食事

食べたことを後悔する前に、面接前の食事で注意すべきことを確認しておきましょう。

臭いのきつい食べ物は控えよう

上記しましたが、臭いのきつい食べ物は前日から食べない方がいいでしょう。

面接前は、どうしても消化能力が落ちやすいので臭いも残りやすいといえます。

ブルーチーズたくあんなど、女性には人気の食材となっていますが面接前は避けた方がいいようです。

また、元気をつける為に焼肉を食べるというのも前日は避けた方が無難です。

肉は脂質が多く、消化の際に体内で臭いを生み出します。

特にニンニクの臭いは残りやすく、面接官に不快な思いをさせてしまうことがあります。

食べ過ぎや食べない

緊張状態だと、食欲が麻痺してしまう場合があります。

沢山食べても満腹感を感じなかったり、食欲が全くなくなったりすることもあるでしょう。

食べ過ぎは上記したように、脳の働きを鈍くしてしまいます。

かといって何も食べない、というのも脳にエネルギーが届かずに面接官に活力のない印象を与えてしまうでしょう。

食事は自己管理の基本となるものです。

自己管理がしっかり出来ている、というのも就職活動では重要視される箇所なので、腹八分目の適量を維持して食べましょう。

 

ワンポイント
 刺身などの生ものも、食あたりを起こす可能性もあるので避けた方がいい食べ物です。

面接の直前は何か食べた方がいい?

面接

面接の時間にもよりますが、食事は面接の2時間ほど前には済ませておく方がいいでしょう。

基本は普段通りの食生活です。

面接だからと特別な時間帯に、特別な食事をする必要はありません。

上記の気をつけておきたい食事内容を踏まえて、いつも通りの食事をしましょう。

面接時間前にどうしてもお腹が空いてしまうようなら、空腹を避ける為にナッツチョコレートなどをつまんでみてはいかがでしょう。

ナッツは間食に適したものですが、ナッツにも「トリプトファン」が豊富に含まれています。

また緊張緩和に役立つビタミンB6なども含まれているので、面接前にはオススメです。

面接の直前に食べた場合は歯磨きやうがい、そして口の中のチェックをお忘れなく。

 

ワンポイント
 空腹状態で面接を受けるのは避けましょう。

面接で「今朝何を食べましたか?」と聞かれたら?

面接

転職面接で、面接官が朝ごはんの内容を聞いてくることがあります。

唐突な質問に、戸惑ってしまう人もいるでしょう。

この問いに対して何と答えたらいいのか、規則正しい生活をみているのか和食と答えるべきなのか、と悩んでしまいます。

しかし正直な所、面接官は応募者が何を食べて来てもいいのです。

質問の意図は、食べたものの内容ではありません。

この質問には応募者の会話力や、自己アピール力をみる目的が隠されています。

質問への返答で避けたいのは「ご飯と、みそ汁と焼き魚と…」といった、食べたものを羅列する答え方です。

確かに間違ってはいないのですが、会話はそれで途切れてしまいます。

「どうしても御社に入社したいという思いから、緊張して食事が喉を通りませんでした」

「緊張でお腹を壊してしまわないように、消化のいいものを食べました」

上記のように、自分の意志や考えを相手に伝える返答をすることが望ましいです。

実際に食べたものだけではなく、なぜその選択をしたのかなどを付けくわえると、自分の想いが伝わりやすくなるのではないでしょうか。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

ガッツポーズ

面接前の食事は、臭いのないもの消化のいいものを念頭に置き、普段通りの食事をするのがベストです。

転職時の面接には不安と緊張がつきもので、お腹の調子を崩してしまう人も少なくありません。

食事内容に気をつけながら、転職活動への不安も解消しておきましょう。

面接では「今朝何を食べましたか?」という唐突な質問の他にも、関係ないのでは?と思うような質問をされることがあります。

企業によって質問にも特徴があります。

しかし、事前に希望企業の特徴を把握しておくと面接時も落ち着いて答えられるのではないでしょうか。

自分が転職を希望している企業が、どんな人材を求めどんな質問をしてくるのか、無料の転職エージェントに相談してみるといいでしょう。

まとめ

面接

面接前の食事は、体調を整える為に大切な要素です。

しかし、だからといって特別なものを食べる必要はありません。

基本はいつもの自分のスタイルを崩さない食事を心がけることです。

そのうえで、相手に不快を感じさせる臭いに配慮しましょう。

そして緊張で活動が鈍っている自分の胃への配慮もお忘れなく。

面接時に胃痛や腹痛を起こさないように、日ごろからバランスのいい食事を心がけておきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら