女性が仕事をし続けるためにはどんな環境でも活かせるスキルを持っていると有利です。

今回は女性が手に職をつけるメリットと保持しておくと便利な資格などについて具体的に解説していきます。

何か仕事に役立つスキルを身につけたい人は以下を参考に自分にあったスキルを考えてみましょう。

女性が手に職をつけるメリットを理由とともに解説

性別に関係なく手に職をつけるメリットはたくさんあります。

なぜなら企業はスキルを持たない人よりも専門的なスキルを身につけている人の方を必要としているからです。

ここでは女性が手に職をつけるメリットを理由とともに解説します。

学歴や性別が関係ない

女性、ポイント

手に職をつけるメリットとして代表的な理由の1つは学歴や性別に関わらず働けることです。

それだけでなく手に職があるということは年齢に関わらず働くことも可能になります。

女性は結婚や妊娠を期に仕事を辞めなければならい人も多いですが、手に職さえあれば復帰がしやすいのも事実です。

また職種によっては将来的にフリーランスで自宅から働いたり個人事業主として開業することも可能です。

仕事を失うリスクが少ない

ドア、選択

手に職をつけるもう1つのメリットは仕事を失うリスクが少ないということです。

女性は妊娠や子育て、そして配偶者の転勤などの理由で同じ会社で長くのが難しいことがあります。

しかし手に職(専門的なスキル)を持っていると例え環境を変える必要があっても新たな環境で仕事を見つけることが可能です。

子育てでなかなか仕事に時間が割くことができない人も手に職があれば副業という選択も出来るのではないでしょうか。

つまり需要がある限り仕事を失うリスクが少ないのです。

 

ワンポイント

・学歴や性別が関係ない

・年齢が関係ない

・個人事業主への転換も可能

・キャリアチェンジも可能

・転職がしやすい

・仕事の需要がある

・副業でも働きやすい

 

手に職をつける上での注意点

これまで手に職をつけるメリットについてご紹介してきましたが、注意点もあるのでご紹介します。

手に職といってもどんなスキルを身につけるのかは慎重に決める必要があります。

なぜなら職種によって需要やお給料などの条件はそれぞれ違うからです。

以下の項目を参考に失敗しないスキルを身につけるようにましょう。

技術の進歩で自分のスキルの需要がなくなる可能性

人間、ロボット、手

手に職をつけるときはそのスキルが長期的に需要があるスキルなのかを判断する必要があります。

「事務員」や「通関士」、「管理人」などは技術の進歩で将来AIによって代替される可能性が高いといわれています。

しかし需要が全く無くなるわけではありません。その場合は少ない需要の中でいかに求められる人材となるかが重要です。

あと10年後にどれくらい技術が進歩するかは分かりませんが需要が減る可能性が高い職種はその対策も考える必要があります。

今から手に職をつけるのであれば将来的な需要を見据えたスキルを身につけることが大切です。

スキルを手にするまで時間や費用がかかる

時間

手に職をつけるためには時間と費用がかかるというデメリットもあります。

需要がある仕事は誰にでもできる仕事ではないため、勉強や資格の取得にある程度時間と費用がかかる事を覚悟しておきましょう。

専門的なスキルの取得になると学校に通うのが一般的ですが中には100万円以上の学費がかかる職種もあるので計画的に行動しましょう。

一方、事務職やサービス業などは企業に勤めながら経験を積んでスキルを磨くということも可能です。

将来性のキャリアを考えるときは、スキルを取得にかかる時間や費用なども十分に考慮して出来ることからチャレンジしましょう。

必ずしも給料が高いわけではない

日本円

手に職をつけたとしても必ずしも給料が高いわけではないということも理解しておきましょう。

例えば「美容師」や「保育士」などの仕事は費やす時間や費用そして体力を使う割にお給料は決して高くはありません。

一方「医者」や「弁護士」などは費やす時間や費用も大きいですが、ある程度の高収入を得られる職業です。

また「事務員」や「サービス職」は給料はそんなに高くないですが、スキルを得るまでの時間や費用はそんなにかかりません。

職種によってそれぞれのメリットとデメリットがありますので自分の目指すキャリアに1番合う職種を探してみましょう。

手に職をつけるためにすること

本、ページ、空

手に職をつけるためには自分の強みを知ることも大切です。

「〇〇の資格がある」や「〇〇の経験が長い」など人によって強みは様々です。

手に職をつけるということは資格を取得すること考える人も多いのですが、「手に職=資格」という考え方は間違いです。

もちろん資格を持っていると役立つことは多いですが、それが全てではないということは理解しておいで下さい。

ここで紹介する「手に職」はあくまで「自分の経験やスキルを強みとして仕事ができる状態」を表しています。

まずは「手に職」を得るために必要なスキルを以下のポイントを参考に考えてみましょう。

また手に職といってもその職種に需要がなければ仕事につくことが出来ません。

またお金をかけて学校に行かなければならない資格だと簡単に手を出すことが難しいのも事実です。

どんなスキルを習得できるのかは自分の置かれる環境によっても異なりますので十分に損益をリサーチしてから取り組みましょう。

 

ワンポイント

「手に職を選ぶ基準」

・将来的にも需要のあるスキルか

・給料の相場はどれくらいか

・資格の取得が必要か

・スキル取得にかかる費用と時間

「手に職を得るための手段」

・時間とお金をかけて専門学校などに通い専門的な資格を習得してから就職する

・企業で働きながら専門的な知識を身につけ「手に職」と言えるレベルまで経験を積む

・企業で働きながら独学で勉強しプラスアルファのスキルを身につけることで自身の付加価値を高める

 

スキルや資格を活かせる仕事や収入相場をチェック

では次に実際の職業を参考に活かせる資格やスキル、そして収入相場の確認をしてみましょう。

ここでは多くの女性が活躍しやすい職業を例に手に職の築き方を紹介します。

「一般事務」

タイピング、キーボード

一般事務は企業だけでなく官公庁やその他団体まで幅広く活躍することが可能な職種です。

平均年収は320万円程度で月収に換算すると月額26万円程度だといわれています。

初任給はさらに低く月額19万円程度が相場のようで、日本の平均年収と比較すると少し低い傾向にあります。

しかし業務のボリュームや作業内容は比較的難易度が低く女性にとって働きやすい人気の職種であるのも1つの特徴です。

組織には欠かせない職業ではありますが、一部作業においてはIT化が進むと共に縮小化の傾向もあります。

そこで将来的には一般事務の仕事も専門的なスキルを兼ね備えたエキスパートの需要が高まることが予想されます。

一般事務のステップアップの方法としては「人事」や「経理」など事務以外の分野の専門知識を身につけることがお勧めです。

同じ事務作業でも専門的な知識を掛け合わせることこで1つの需要のあるスキルになります。

またその先には「一般事務」から専門分野への職種変更という道も開くことが可能です。

一般事務の経験を自分の強みにするために専門性を磨いたり、業務に必要な資格を取得しておくと需要を高めることができるでしょう。

「営業事務」

ビジネス、パソコン

営業事務も女性に人気で幅広く活躍することが可能な職種です。

平均年収は約350万円程度で一般事務よりは少し高めの傾向にあります。

月給で換算すると月額29万円程度、初任給は20万円程度が相場だといわれています。

営業事務は一般事務に比べ営業部門に特化した事務作業を求められるため専門性を持っています。

主な作業としては商品の発受注や見積書・請求書の作成、データ入力などです。

しかし営業事務は営業担当とコミュニケーションを取りながら営業担当のサポート役として存在するため様々なスキルが求められます。

基本的なPCスキルは前提として、コミュニケーションスキルや段取り力、時には判断力も求められます。

基本的な事務作業に加えて営業の専門性を高められる職種なので極めると需要の高い「手に職」を得られるでしょう。

一般事務より少しハードルが高いですが未経験でも応募できる職種なので働きながらスキルを身につけたい人にお勧めです。

「一般事務」におすすめのスキルや資格

では次に「一般事務」におすすめのスキルや資格を紹介します。

下記の項目は今後「需要のある一般事務」を目指す上で身につけた方が強みになるスキルですので是非参考にしてください。

秘書検定

秘書

一般事務の仕事は「秘書」の仕事ではありませんが秘書検定を取得しておくと需要が高まる資格です。

なぜなら一般事務の仕事でも事務以外に電話対応や来客対応を任される場合があるためです。

企業は新たな人材を採用する際にビジネスマナーや良識のある人材を採用したいと考える傾向にあります。

秘書検定を取得しておくとオフィスでの立ち振る舞いやオフィス用語や名詞交換の知識などが備わっている証明となるため効果的です。

秘書検定は1級から3級に分かれていて1級に近づくほど高いレベルとして知られています。

試験は6月と11月、そして2月の年3回実施しており受験費用は2800円~6500円までレベルによって変わります。

秘書検定は費用も数千円程度で仕事の合間に独学で取得も目指せる資格なので余裕のある人は是非取得しましょう。

日商簿記検定

パソコン、計算

実際は事務の仕事に簿記の資格が必須かどうかと聞かれると必須ではありません。

しかし一般事務として働く際は伝票や帳簿を扱ったり、経理に関わる仕事をすることがよくあります。

その際に経理の基本スキルが詰まった日商簿記の資格を保有しているとスムーズに対応することが可能です。

日商簿記検定も1級から3級に分かれていて1級に近づくほど高いレベルとなります。

試験は6月と11月、そして2月の年3回実施しており受験費用は2850円~7850円でレベルによって異なります。

日商簿記検定2級程度のスキルを持ち合わせていると仕事の需要が高まるだけでなく他分野でも活躍できる可能性が広がります。

2級程度のスキルを持っていると転職の際に優遇される可能性も高まるのでスキルアップを目指したい人は取得してください。

MOS

マイクロソフト

MOSはWord(ワード)やExcel(エクセル)のスキルを証明する資格で、一般事務の作業を行う上で欠かせないスキルの1つです。

正式名称はマイクロソフト・オフィス・スペシャリストで頭文字をとってMOSとして知られています。

一般事務の仕事は基本的にワードやエクセルを使った資料作成やデータ入力が求められます。

ワードやエクセルをある程度使いこなせれば資格がなくても就職はできます。

しかし「PCができる」という言葉はあいまいで人によってスキルレベルに差があるため資格で証明出来た方が需要が高まります。

試験科目はワードやエクセル等とカテゴリ―別にわかれており全6種類あります。

レベルは各項目バージョン別に一般レベルと上級レベルで分かれているのが特徴です。

受験料は1科目9800円(税別)か11800円(税別)にレベル別に分かれており、試験日程は年間で全13回程度と多めです。

最近はワードやエクセルだけでなくAccess(アクセス)等の資格まで取得しておくとスキルアップだけでなく需要も高まります。

「営業事務」おすすめのスキルや資格

次は「営業事務」としての需要を高めるためにお勧めのスキルや資格について紹介します。

営業事務は一般事務とくらべて営業職に特化した作業ですので一般事務とは違うスキルが求められます。

以下の項目を参考に営業事務としてのスキルアップ方法を考えてみましょう。

PowerPointプレゼンテーション技能検定

パソコン、パワーポイント

営業事務の仕事では営業担当のプレゼンに使用するための資料作成を依頼されることが多々あります。

多くのプレゼン資料はマイクロソフトのパワーポイントを使用して作成されるためパワーポイントの知識は必須です。

実際にプレゼンを行うのは営業担当者ですがプレゼンに効果的な資料を作成する能力が高いと営業事務としての評価が高まります。

PowerPointプレゼンテーション技能検定はスライド作成の技能やプレゼンに効果的な書式設定などの知識と技術を証明できる資格です。

バージョン別に初級と上級ででベルが分かれており初級は5900円、上級は7100円で受験可能です。

試験日は年間4日以上設けられており日程に関しては試験実施団体が随時発表しています。

即戦力として営業事務としてスキルアップを目指すのであれば取得しておきましょう。

Excel表計算処理技能認定試験

エクセル資料

Excel表計算処理技能認定試験はグラフやマクロなどの機能を使用したマイクロソフトエクセルでの表計算処理技術を認定する資格です。

営業部門では常に数字を意識して働く必要があります。

営業事務の仕事は営業担当の売上実績や商品の受発注の記録を分かりやすく表やグラフにしてまとめるスキルが求められます。

Excel表計算処理技能認定試験の方がマイクロソフトのMOSよりも少し難易度が高いため高度なエクセルスキルをアピール出来ます。

レベルは1級から3級にわかれており1級に近づくほど高いスキルの証明となります。

受験費用は5900円~8100円でレベル別にことなり、日程は試験実施団体が設定した日にちで随時受験可能です。

マクロなども使いこなせるとエクセルスキル上級者として高い評価を得られるのでステップアップのために取得を目指しましょう。

TOEIC

TOEIC

最後にお勧めしたいのがTOEICの資格取得です。

国際化が進む中でTOEICのスキルも求められる企業が多くなってきました。

営業事務に必須の科目ではありませんがTOEICを受験して英語力を高めておくと海外営業など仕事の幅が広がります。

また英語を使用する営業事務の仕事はお給料が少し高めな傾向もあります。

将来のキャリアアップの為にもTOEICで高得点を取得できるよう英語の勉強をすることをお勧めします。

貿易事務で必要な英語力がTOEIC600点前後ですので600点以上のスコアを保持していると優遇される可能性が高まります。

TOEICは月1回程度のペースで受験が可能です。費用は1回6490円ですが団体受験や割引制度を使用すると安くなる時もあります。

英語力は事務職だけでなく他分野へのステップアップにもつながりますので積極的に取得してみましょう。

一般事務と営業事務に求められる能力は

スキルから収入、女性

では一般事務と営業事務に求められる能力はどんな能力なのでしょうか。

これまで一般事務と営業事務を職種分けして紹介してきましたが、基本的には求められる能力は似ています。

事務の仕事も人と人との関わりのなかで作業をするのでPCスキルだけ備わっていても採用はされません。

効率よく仕事ができるバランスのとれた人材になることが求められます。

以下のポイントを参考に常に企業から求められる人材を目指して「手に職」を手に入れましょう。

 

ワンポイント

・基本的なPCスキル(ワード、エクセル、パワーポイント)

・コミュニケーションスキル

・スケジュール管理能力

・臨機応変な対応力

・作業の正確性とスピード

・(英語力があれば尚可)

 

一般事務や営業事務は資格やスキルでアピールしよう

女性、ワンポイント

一般事務や営業事務への就職は資格やスキルを客観的に証明できるとアピールしやすい仕事です。

女性に人気な職種で応募者数も多い傾向にあるため、資格があると他社と差別化しやすいのは事実です。

資格だけでなく過去のキャリアや実際に作業できるソフトなどを具体的に伝える事が合格に繋がります。

事務仕事てもその道を極めれば立派な「手に職」です。

常に企業に求められる人材を意識してスキルアップをし続けることがスムーズな転職に繋がります。

どんな環境でもスムーズに仕事を得られるよう出来る努力は今のうちからしておきましょう。

転職対策は転職エージェントを活用しよう

ビジネスマン、男女

「手に職をつけたい」といっても何から始めて良いか分からない人は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントはまさに転職市場の情報を網羅しているプロフェッショナルです。

どんな仕事が将来的に需要があって自分にはどんな仕事が向いているのかを客観的にアドバイスしてもらうのも良いでしょう。

ワンポイント

<転職エージェントの活用ポイント>

・自分に合う仕事を紹介してもらえる

・様々な転職人関する相談ができる

・各業界の動向や将来性についても敏感でアドバイスのプロ

・転職に必要な知識をサポートしてもらえる

 

まとめ

手、レインボーライト

手に職をつけるメリットや取得しておくと転職に役立つスキルは参考になりましたか。

今回は事務系の仕事を例に紹介させていただきましたが、他にもたくさん手に職につながる職業は存在します。

まずは自分の目指すキャリアを具体化して、目標達成に必要なスキルを積極的に身につける努力をしてみましょう。

スキルが増えれば増えるほど仕事の幅も広がります。

またスキルを身につけることは自分の自信にもつながりますのでお勧めです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら