コロナの影響で転職を考えるという人は多いのではないでしょうか。

しかしコロナ収束後に転職市場がどのようになるのか気になるところですね。

今回はそんなコロナ収束後の転職成功のポイントや転職市場についてご紹介します。

コロナ収束後の転職成功のポイント

成功のカギ

2020年に世界中で感染が拡大した新型コロナウイルス。

小中高の一斉休校や飲食店の時短営業、そして緊急事態宣言など私たちの生活に大きな影響を及ぼしました。

そして仕事の面では出社せずに自宅でテレワークをするという企業も増えましたね。

働き方が見直されたり新しいシステムの導入をするなど変化があったという人も多いのではないでしょうか。

コロナ禍においても転職を考えているという人もいるはず。

またコロナ収束後に転職活動をしたいと考える人もいるでしょう。

コロナ収束後の転職成功のカギは転職市場の動向を知っておくことです。

またコロナ禍ならではの面接や採用スタイルにも注目してください。

コロナ禍の転職市場動向

ファイルを持つ女性

新型コロナウイルスの感染拡大によって経済は大きな打撃を受けました。

そしてその影響が転職市場に変化をもたらしているといえます。

コロナ禍で影響を受けた代表的な業界は飲食・小売り・宿泊業です。

また海外からの部品の輸入の関係で一部の製造業にも影響が出ています。

こういった業界では現在いる従業員の雇用を守ることが精いっぱいという企業も多いでしょう。

そのため転職を希望しても求人自体が見つからないということも。

また求人を出していた企業がコロナ禍の影響で求人を取りやめるパターンもあるのです。

内定が決まっていたもののコロナ禍の影響で内定取り消しになったという人もいます。

このようにコロナ禍は転職市場に大きな影響を与えているのです。

そんな中でも求人がないというわけではありません。

テレワークやWeb会議などコロナ禍で普及したものがたくさんあります。

いつ感染が再拡大するかわからないのでインターネットを利用した業界は拡大してくことが考えられるでしょう。

またネットショッピングやテイクアウト、デリバリーサービスもコロナ禍で浸透してきたものです。

これらの業界ではコロナ禍でも人材が求められているといえます。

コロナが転職市場に与えた影響

コロナの影響

新型コロナウイルスの感染拡大によって働き方について考える機会になったという人も多いでしょう。

中には転職を考えるようになった人もいるはず。

コロナは転職市場にどのような影響を与えたのかを見ていきましょう。

求人数が減少

コロナの感染拡大によって求人数が減少しました。

経営難になる企業も多く現在の雇用を守るのが精いっぱいというところもあるでしょう。

そのため新たに人材を雇用する余裕がないという状況だったのです。

しかし働き方の見直しやテレワークの導入が進んでいる企業も多いです。

そのため新たな人材確保のために求人も増えていくことが期待されます。

もちろん求人が減ったといっても全くないわけではないのでチャンスはあるでしょう。

失業者が増加

会社の危機

コロナの感染拡大により失業者も増加しました。

時短営業や緊急事態宣言も影響もあるでしょう。

経営が厳しい企業は倒産に追い込まれたり、リストラという選択をとっているところもあります。

緊急事態宣下では宿泊業もお客さんがなく休業しているところも多かったでしょう。

そのため従業員は仕事がなくなり退職することもあるのです。

失業者が増加すると転職希望者も増えることになります。

採用スタイルの変化

ノートパソコン

コロナは転職市場の採用スタイルにも変化を与えました。

これまでの転職活動は書類選考を通過した人が一次面接へ進むことができました。

そして二次面接や最終面接などを重ねて採用に至るというパターンが多かったでしょう。

多くの場合その面接は応募した企業に出向いて面接官と対面で行ってきました。

しかしコロナの影響で対面での面接ではなくWeb面接を導入する企業も増えているのです。

また転職の説明会も対面ではなくオンラインで行う企業が増えています。

ネット環境さえあれば説明会に参加したり面接を受けることができるのが多きなポイントといえるでしょう。

遠方の人も直接出向かずに転職のチャンスをつかむことができるというメリットがあるのです。

 

ワンポイント
 コロナの影響でオンライン説明会やWeb面接を導入する企業が増えている。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

コロナ収束後の転職活動でやるべきことをチェック

マスク姿の女性

コロナ禍は転職市場に様々な影響を及ぼしました。

また採用スタイルにも変化が出てきていますね。

コロナ収束後を見据えて転職活動でやるべきことをチェックしておきましょう。

Web面接の対策

Web面接、Web会議

コロナ収束後の転職活動で確認しておきたいのがWeb面接の対策です。

感染対策の1つとして人との接触を減らすことが求められています。

そのためコロナ禍の面接も対面ではなくWeb面接を導入する企業が増えています。

Web面接は遠方に住む人が面接を受けることができ、交通費もかからないというメリットがあります。

しかしWeb面接には事前準備などの対策が必要です。

マイクやカメラの動作の確認や途中で通信が途切れた時の対処法を知っておかなければなりません。

オンラインで会話をする時には若干のタイムラグが生じるのでそれに慣れておくことも大切です。

自己分析し自分の強みを見つけること

マルとバツ、女性

コロナの影響で働き方が変わった人や仕事のやり方について考えるようになったという人は多いのではないでしょうか。

テレワークの導入やオンライン会議など、これまでにない仕事のやり方に困惑した人もいるでしょう。

そんな中で自分の強み・弱みに気づくことは大切なことですね。

コロナ収束後の転職活動では自分の強みを見つけてアピールすることが求められます。

コロナによる会社の危機にどう立ち向かうか?仕事のやり方の変化に順応できるか?

これらはコロナ禍において自分自身も会社側も感じてきたものでしょう。

コロナ禍を経験してこれまで以上にその人がもつ「強み」を必要とする企業が増えたといえます。

そのため自己分析をして自分の強みを見直してアピールするといいでしょう。

コロナ収束後の転職市場はどう変わる?

考える女性

コロナ収束後に転職したいという人もいるでしょう。

しかし転職市場が変わっていくのではないかと不安な人も多いはずです。

ここではコロナ収束後にどのように転職市場が変わるのかを解説していきます。

採用者数を少なくする企業が増える

先ほどお伝えしたようにコロナ禍において求人数が減りました。

これは企業の業績悪化によって新しい人材を採用することが難しくなったことが一因です。

それでは収束後は求人数が増えるのだろうか?と気になるところですね。

コロナ収束後は求人数はあるものの採用者数を少なくする企業が増える可能性があります。

1つの企業の採用者数が「数名」や「若干名」となることも増えるでしょう。

競争が激しくなる

選考結果の通知

コロナの影響で転職を考える人が増え、会社の業績悪化による失業者が増えました。

しかし先ほどお伝えしたようにコロナ収束後は採用者数を減らす企業が増える可能性があります。

そのため1つの企業あたりの応募者の人数が増えることが考えられるでしょう。

つまり倍率が高くなるということになります。

そういったことからコロナ収束後は転職希望者による競争が激しくなるといえるのです。

未経験の転職が難しくなる

初心者マークとバツ印

コロナ収束後は未経験の転職が難しくなる可能性があります。

コロナ以前も即戦力を求めて「経験者優遇」の求人は多くありました。

それでも新しい人材を求めて未経験者を受け入れる企業もあったのです。

しかしコロナ収束後はこれまでよりも即戦力を求める企業が増える可能性が高いです。

未経験者には研修などの教育体制が必要となりますが、これには人件費がかかります。

そのため即戦力となる経験者の方を採用する傾向になるでしょう。

 

ワンポイント
 コロナ収束後は転職希望者の競争が激しくなる可能性がある。

コロナの影響を受けにくい業界は

グーサインをする女性

コロナ禍でも転職の影響を受けにくい業界があります。

いつ感染が再拡大するかわからない不安をもつ人は多いでしょう。

コロナ収束後もこれらの業界は影響を受けず転職できる可能性があるといえます。

IT業界

IT業界はコロナの影響を受けにくい業界の1つです。

外出自粛によって会社に出勤せず仕事をするテレワークが普及しました。

また会議や打ち合わせなどは対面からWeb会議になりましたね。

テレワークやWeb会議もIT技術が必要です。

そのためIT業界はコロナ禍の影響を受けにくい業界なのです。

IT技術は導入して終わりではありません。

システムの保守・点検も重要な仕事なのでコロナ収束後も仕事がなくなることはないでしょう。

物流業界

コロナの影響を受けにくい業界には物流業界もあります。

外出自粛の影響でインターネットショッピングを活用する人が増えました。

インターネット環境さえあればお店に出向かず買い物ができます。

そのため物流業界はコロナ禍でも仕事が減りにくい業界といえます。

コロナの影響を受けにくく人材確保が必要な業界なので、求人が増える可能性もあるでしょう。

求職者に聞いた転職のホンネとは

スーツ姿の女性の心の内

求職者は転職についてどのような思いを抱いているのでしょうか。

コロナ禍だからこその転職理由もあります。

求職者の転職のホンネをのぞいてみましょう。

3ヶ月以内に入社したい人は7割

3ヶ月以内に入社したいと思って転職活動をしている人は求職者の7割といわれています。

半年や1年先を見越しての転職ではなく早めの転職を目指しているという人が多いのです。

これは給料面や働き方を変えたいという理由からでしょう。

早めの入社を目指すのなら効率のいい転職活動が必要です。

コロナが原因で転職活動を始めた

求職者の中にはコロナが原因で転職活動を始めたという人もいます。

コロナの影響で会社の業績が悪化し給料やボーナスが減ったというところも多いからです。

給料やボーナスが減ると生活に支障が出ることもあるでしょう。

またそれほど業績が悪化した企業で働き続けることに不安を抱くという人もいるのです。

そしてコロナ禍で導入が増えたテレワークが転職活動を始めるきっかけになるパターンもあります。

テレワークをしたいけれど会社が許可をしない・導入が遅れているという場合です。

今後はテレワークが出来るかどうかというところも転職を決める一因となるでしょう。

コロナにより転職活動に影響が出ている

コロナによって転職活動に影響が出ているという求職者も多いでしょう。

求人数の減少により応募したい企業が見つからないという人もいるのではないでしょうか。

オンライン説明会やWeb面接を導入している企業は必要に応じて募集をかけることができます。

しかし導入が遅れている企業は対面で行うか面接ができないという場合もあります。

また業績悪化で人員を増やすのが難しく求人を取りやめたり中断する企業もあるのです。

そういったことから、転職活動をしたくてもなかなか前に進めないという人もいるのです。

 

ワンポイント
 コロナの影響で早めの転職を考える人が増えている。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

コロナ収束後でも転職を成功させるために

ファイルを持つ女性

コロナ収束後は採用者数を減らす企業もあり転職者同士の競争が激しくなることが考えられます。

そんなコロナ収束後の転職を成功させるにはどうすればいいのでしょうか。

転職成功のために大切なことはコロナで転職市場がどう変わったかを知ることです。

そしてテレワーク導入によって自己管理できる人材が求められるようになったことにも注目しましょう。

会社で仕事をすると周囲の人の目があり、上司から進捗状況を確認されることもあるでしょう。

しかしテレワークは自宅で仕事をすることになるので自分でタイムスケジュールをしっかり立てる必要があります。

また対面ではなくWeb会議や書面でやり取りをすることも増えるので「伝え方」も大切です。

コロナ禍で必要とされてきたスキルはコロナ収束後も求められるようになるでしょう。

 

ワンポイント
 コロナ収束後の転職成功のカギは自己管理ができること・自分の強みをアピールすること。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

電話をする女性

コロナ収束後の転職活動に不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

求人の減少・採用者数の減少・失業者の増加など転職の競争率を上げる要素はたくさんあります。

しかしだからといって転職を諦めたり妥協したくはないですね。

そんな時は転職相談に登録して転職エージェントに相談しましょう。

コロナ収束後の転職の不安も転職エージェントがしっかりとサポートします。

まとめ

上を目指す女性

今回はコロナ収束後の転職成功のポイントについてご紹介しました。

コロナは転職市場に多くの影響を及ぼしました。

またテレワークの導入やWeb会議など仕事への影響も大きいですね。

これらのことはコロナ収束後の転職成功のポイントに関わってくるものです。

転職成功のためには自己分析をして自分の強みを知る必要があります。

競争が激しくなるコロナ収束後の転職ではいかに自分の強みをアピールするかが大切です。

コロナ収束後の転職で不安なことがあれば転職相談に登録してください。

転職エージェントに相談しながら転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら