1ヶ月で退職した時に履歴書にどう書くべきか悩む人は多いでしょう。

また短期退職が転職で不利になるのか気になるところですね。

今回は1ヶ月という短期退職が選考で不利になるのかや履歴書の書き方などを詳しくご紹介します。

1ヶ月で退職した時の履歴書の書き方

履歴書と職務経歴書

短期退職と聞くとどれくらいの期間を思い浮かべるでしょうか。

転職したらまずは「3年」といわれますが1ヶ月で退職はやはり短期ですね。

退職理由は人それぞれありますし入職してすぐに辞めるのは職場に原因があることも。

しかし転職する時にはその1ヶ月間の職歴がどのように捉えられるか気になるでしょう。

転職はまず履歴書・職務経歴書といった応募書類を提出します。

その応募書類をもとに採用担当者が選考を行うのです。

そのため1ヶ月で退職した事実をどう伝えるのかがポイントとなります。

1ヶ月の短期退職だからといって自分がやりたい仕事を諦める必要はありません。

1ヶ月の短期退職は選考で不利になる?

転職の応募書類

入社後1ヶ月で退職すると転職の選考で不利になるのか不安な人も多いでしょう。

まずは短期退職で不利になるのかどうかを見ていきます。

転職市場では敬遠されやすい

渋い表情の採用担当者

実際のところ1ヶ月の短期退職は転職市場では敬遠されやすいです。

採用担当者は履歴書を見て「どうしてすぐに辞めたんだろう?」という疑問がまず出てくるでしょう。

そして「我慢できなかったのか?」「転職してもまたすぐに退職するのでは?」という不信感が出てきます。

その時は何らかの理由があってたまたま1ヶ月の早期退職だったのかもしれません。

しかし履歴書を見た印象では敬遠されやすいということを承知しておきましょう。

会社都合の退職の場合は問題視されない

単に退職といっても「自己都合退職」と「会社都合退職」があります。

短期退職でも会社都合の場合は問題視されないと思っていいです。

内定が決定していた時にすでに会社の業績が悪化していたという場合もあります。

そして入社後すぐに会社側の理由で退職せざるを得ないのなら仕方のないことですね。

また転職後すぐに倒産ということも全くないわけではないでしょう。

無料転職相談をして転職の不安を解消しよう

1ヶ月で退職しても履歴書に書くべき理由

履歴書を書く女性

転職で応募する履歴書には1ヶ月で退職した職歴も書きます。

1ヶ月という短期退職なら書かない方がいいのではと思う人もいるのではないでしょうか。

ここでは1ヶ月で退職しても履歴書に書くべき理由をご紹介します。

職歴詐欺で「選考中止」や「解雇」される可能性がある

違反と書かれた黒板

転職の応募書類には偽りを書かないことが基本です。

もしもその経歴を偽った場合は選考途中なら「選考中止」となるリスクがあります。

そして入社後にバレると職歴詐称で「解雇」となることもあるのです。

1ヶ月の早期退職は不利かも…と思って書かなかったことで最悪の事態を招くことになりかねません。

そのため不利になるかもしれないと思っても履歴書には正直に書いてください。

転職後も罪悪感をもち続けてしまう

不利になるかもしれないと思って1ヶ月間の職歴を隠したとします。

それで転職が成功して入社したとしても罪悪感をもつという人も多いでしょう。

「会社のことをダマしてしまった」と思い続けて働くのは辛いことです。

短期退職は転職で不利になることもあります。

しかし気持ちよく転職するためにも正直に書くことをおすすめします。

ウソは提出書類でバレる可能性がある

ウソがバレる女性

採用担当者は転職希望者の応募書類をよくチェックしています。

細かな経歴も見逃さないという採用担当者も多いはずです。

もしそこで1ヶ月の空白期間があったらどう思うでしょうか。

退職日を偽っていても何らかの理由でバレることもあります。

「どこかおかしい」「もしかして偽っている?」という不信感を抱かれないようにすることが大切です。

もし入社できたとしても雇用保険の関係でバレる可能性もあるでしょう。

転職が不利になる可能性とバレた時のリスク、あなたならどちらをとるでしょうか。

 

ワンポイント
 短期退職のことを履歴書に書かないとバレた時のリスクが大きい。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


1ヶ月の短期退職でも好印象を与えるポイント

グーサインをする女性

1ヶ月の短期退職はどうしても転職で不利になりやすいです。

しかし伝え方次第では好印象を与えることもできます。

まずは書類選考を通過するために採用担当者に好印象を与える履歴書を作成しましょう。

短期退職することになった正当な理由を用意しよう

好印象を与えるためには短期退職することになった正当な理由が必要です。

正当な理由がないと「嫌だから辞めた」「うちもすぐに辞めるのでは?」と思われる可能性があるからです。

この理由なら短期退職しても仕方がないと思ってもらうようにしましょう。

短期退職の正当な理由は転職前には会社に提示されなかった条件・環境が入社後にわかったというものです。

例えば残業が月20時間程度と聞いていたのに実際は毎日3時間以上残業しているということがこれにあたります。

また転職前と入社後で仕事内容や裁量が異なるのも正当な理由と捉えられるでしょう。

入社後の活躍が期待できることをアピールしよう

オフィスで働くビジネスウーマン

転職を成功させるポイントの1つに入社後にどのような貢献ができるかのアピールがあります。

会社側も応募者が入社することでどのようなメリットをもたらしてくれるのかを知りたいのです。

特に1ヶ月という短期退職の場合は最初から不利に傾ていることも多くこのアピールが重要といえます。

しかし1ヶ月て退職した会社での経験やスキルでは説得力がありません。

それ以前の仕事での経験・スキル・資格といったことから貢献できることを伝えてください。

入社後に活躍できる人材だということが伝われば好印象を与える可能性が出てきます。

 

ワンポイント
 正当な退職理由と自己アピールを準備しておこう。

1ヶ月の短期退職でも転職を成功させる方法は?

考える女性

1ヶ月の短期退職でも自分の希望に合った転職を諦める必要はありません。

それでは短期退職からの転職を成功させる方法を見ていきましょう。

退職前に転職活動を始めよう

退職届を書く手

転職活動が先か退職を伝えるのが先か悩むという人も多いのではないでしょうか。

1ヶ月で退職したいという場合は転職活動を先に行うことをおすすめします。

理由は短期退職が不利になることでなかなか転職先が決まらないことがあるからです。

転職先がすぐに見つかると思って先に退職すると無職という事態になる恐れがあるのです。

1ヶ月で退職して無職になると、その後の再就職でまた不利になる可能性がでてきます。

計画性がない人というマイナス評価をされる場合があるからです。

そのため転職先が決定してから退職するのがいいでしょう。

転職エージェントを使おう

1ヶ月の短期退職でも転職を成功させるには転職エージェントを使うことをおすすめします。

短期退職という不利な状況でも転職しやすい仕事や職種もあります。

また希望に沿った求人の紹介も可能です。

そしてまずは書類選考を通過しなければならず履歴書の書き方に悩む人も多いでしょう。

履歴書の書き方も転職エージェントが相談にのることができます。

短期退職の理由をどう伝えるかを一緒に考えましょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

退職理由はどう伝える?

ポイントと書かれた紙

転職の履歴書・職務経歴書で1ヶ月の短期退職はどのように伝えればいいのでしょうか。

伝え方を間違えると好印象どころかマイナス評価になりかねません。

反対にどう伝えるかで「仕方がない」と捉えてもらうこともできるのです。

退職理由は正直に伝えよう

退職理由は正直に伝えるようにしてください。

誰でも退職するのにはそれぞれの理由があります。

人間関係・職場環境・労働条件・上司との関係など短期退職を決めた理由を正直に伝えましょう。

ここでウソを伝えてしまうと面接で突っ込まれた時にバレる可能性があります。

そのため正直な理由を伝えた方がいいのです。

伝え方に気をつけよう

1ヶ月の短期退職の理由を伝える時はその伝え方に気をつけた方がいいでしょう。

退職理由は人それぞれで、会社側が原因ということもあります。

しかし転職の際には前職のことをあまりに悪く伝えるのは避けた方がいいです。

先ほど好印象を与えるポイントのところで「正当な退職理由」についてご紹介しました。

この正当な退職理由として個人的な恨みのような伝え方をしないということです。

「自分は悪くない」「前の職場がすべて悪い」というニュアンスで伝わるとマイナスの印象になりかねません。

退職理由の例文をチェック

指をさす女性

退職理由の伝え方の例文をご紹介します。

先ほどご紹介した「正直に伝える」「伝え方に気をつけて」ということを踏まえて例文を見ていきましょう。

自分も努力したという姿勢を伝えることも必要です。

労働条件が異なっていた

「1ヶ月で退職した理由は労働条件の相違です。

入社前は残業は月10時間程度でほぼ定時に退社できると伺っていました。

しかし入社してみると日によってバラつきはあるものの週10時間以上の残業という状況です。

また朝は始業時間よりも1時間以上早く来て準備をするようにいわれました。

以前からの会社の慣行ということで転職したばかりの私は従うしかありませんでした。

ワークワイフバランスが崩れてしまったため退職を決めました」

残業時間はワークライフバランスを保つために大切なことです。

しかしそれが入社前に説明されたことと異なっていると「こんなはずでは」と思うでしょう。

この退職理由の場合は「御社はワークワーフバランスを大切にしていると伺いました」と付け加えてもいいですね。

教育体制が整っていない

「前職は未経験での転職でした。

未経験者で不安はあったもののやりたい仕事に挑戦しようと思ったのです。

教育体制がしっかりしているといわれていたのですが、実際は研修制度や教育体制がありませんでした。

それでも何とか仕事を覚えようとしたのですが、忙しくて誰でも聞けない状況でした。

本来やりたかった仕事があったのですがここでは勉強できないと思い退職を決めました」

未経験の転職で起こり得ることの1つです。

入社してみたものの会社側の受け入れ体制が整っていないと辛くなってしまいます。

その状況を正直に伝えて「御社は研修体制が整っていると伺い志望しました」とつなげていきましょう。

 

ワンポイント
 短期退職の理由では自分が努力したことも伝える。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


短期退職しないためのポイントは職場選び

成功のカギ

前職ではたまたま1ヶ月という短期退職だったという人もいるでしょう。

本当ならもっと長く働きたかった・もう少し様子を見れる会社ならと思う人もいるのではないでしょうか。

しかし1ヶ月で見切りをつけたのはあなたには合わなかったからです。

短期退職しないためには職場選びが重要です。

本当にやりたい仕事だったのか・妥協して決めた会社ではないかなど振り返ってみてください。

転職先を選ぶには企業研究も大切です。

社風や職場環境などは事前に調べておくこともできることです。

次の転職では短期退職しないようにと思う方はぜひ職場選びに重点を置いてください。

 

ワンポイント
 早期退職しないために企業研究と自分に合った職場選びをしよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

悩む女性

1ヶ月の短期退職では不利になるのではないかと不安になる人は多いはずです。

履歴書や職務経歴書に書くべきなのか、どう伝えればいいかなど悩むことが多いでしょう。

書類選考を通過して面接に進むとそこでも短期退職について聞かれる可能性があります。

そんな転職の悩みは転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントがあなたの転職を成功させるようにサポートします。

短期退職からの転職で悩んでいる方はぜひ転職相談に登録してください。

 

無料転職相談をしてて転職を成功に導こう

 

まとめ

明るい表情の女性

今回は1ヶ月で退職した時の履歴書の書き方についてご紹介しました。

1ヶ月の短期退職は書類選考で不利になる可能性があります。

しかし隠そうとしてもバレるリスクがあるので1ヶ月の在籍も正直に履歴書に書きましょう。

もし書かずに選考が進んだり入社すると職歴詐称で「選考中止」や「解雇」という場合もあります。

また退職理由についても正直に伝えるようにしてください。

1ヶ月の短期退職は不利になる可能性もありますが伝え方や内容次第で好印象を与えることもできます。

短期退職からの転職で不安という方は転職相談に登録して転職エージェントに相談しましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!