自分のキャリアアップや好きなことを仕事にするための転職が当たり前になりつつあります。

転職に対する考え方も変化してきているのです。

今回は転職に対する世間の印象や本音をご紹介します。

Contents

転職に対する世間の印象

面接を受ける女性

日本の企業は新卒で採用されてから定年まで、ずっと同じ企業に働く終身雇用が当たり前でした。

その考えを今でも大切にしている方達は、転職者に対して冷たい目を今でも向ける可能性があるというのが実態です。

ところが、働き方が多様化する中で日本独特の年功序列の雇用形態を見直す企業が増えています。

それに伴い転職に関しての考え方がポジティブな方向に変化しつつあります。

転職に対するイメージや本音とは?

悩む女性

働き方の変化とともに、様々な目的をもって転職する人は増加傾向にあります。

転職のポジティブなイメージとしてあげられるのが、職場環境が良くなることや、キャリアアップにつながるなどです。

中途採用を積極的に行う企業も増えつつあり、転職者を受け入れる企業の姿勢も変化してきています。

しかし長らく終身雇用を大切に守ってきた企業などではネガティブな印象をもつところもあるのが実態です。

また、ポジティブな印象はあるけれどいざ自分が転職するとなると別として考える人もいます。

転職失敗のリスクなどを危惧してネガティブに考えてしまうのです。

これが転職を考えながらなかなか行動を起こせない理由となっています。

転職にポジティブなイメージを抱く理由は?

転職にポジティブなイメージを抱く理由とはどのような理由なのでしょうか。具体的に解説していきます。

働く環境が良くなる

会社の研修のイメージ

転職を考える目的の1つは、新しい職場で働く環境が良くなることです。

働く環境が良くなれば気持ちも新たに始められるでしょう。

現在の仕事に満足していなかったり人間関係に悩んでいた場合、その会社でずっと働き続けたいでしょうか。

嫌々働き続けるよりは、転職をして職場環境の良い違う会社の新しい仕事に挑戦したいという気持ちが芽生えることでしょう。

心機一転して一からスタートすることは、自分自身の成長にもつながります。

これまでの経験を活かせる

ノートPCで作業する女性

転職をしなくても、勤務している会社で経験や知識、スキルは身につきます。

しかし会社によって長く働くことで成長し続けられる環境かどうかは異なります。

場合によっては今の会社ではこれ以上のスキルアップができないと限界を感じることもあるでしょう。

さらなるステップアップのために転職をすることもよくある転職理由の1つです。

今まで積み上げた経験や知識を活かすことができますし、さらにスキルを磨くこともできます。

視野が広くなる

同じ会社の同じ人間関係に身を置いて働くことはとても居心地が良いものです。

必要以上に頑張らなくても、ずっと勤務することができることへ安心感を持っている人もいるでしょう。

こうした変化のない環境にいることで、気が付いたら向上心をなくしてしまうことは十分にありえます。

しかしこれではルーティーンワークの中で仕事も人間関係も完結してしまうでしょう。

転職して違う職場の新たな人間関係を構築する経験は、自分の視野を広げ、知識や教養を広げることにつながります。

新しいことへ挑戦ができる

転職によってこれまではできなかったような新しいことへの挑戦ができるようにもなります。

前職とまったく違う業界に飛び込む場合は、経験したことのないことの連続です。

前職と同じであっても会社や一緒に仕事をする仲間が違えば新鮮みを感じることでしょう。

その中で自分の以前の仕事で培った経験と知識とスキルは非常に役に立つ武器になります。

その武器を最大限活かして新しいことに挑戦することによって、自身のさらなる成長につなげていけます。

それによってさらなるステップアップへの可能性も見えてくるはずです。

転職にネガティブなイメージを抱く人の特徴

悩む女性

終身雇用を未だ信じてやまない方々には、転職は根性のない人不義理と見えるようです。

また、転職に対する全般的なイメージはポジティブに考える人が多い傾向があります。

しかしいざ自分の転職となると、ネガティブなイメージを抱く人が多数いるのです。

自分のことになるとネガティブになるのは”未知の世界に対する恐れ“を抱いているからです。

いざ実際に自分が転職することを考えると様々な不安が浮かんできます。

具体的には応募して採用されるのか、新しい職場での人間関係が上手くできるかといった不安です。

こうした不安によって転職を躊躇う人は一定数います。

転職が当たり前になった理由は?

日本では長らく終身雇用が当たり前で、転職する人は少数派でした。

しかし今では転職が当たり前になりつつあります。

こうした変化はどのようにしておこったのか、その理由を解説します。

転職が当たり前になった背景

面接

先述した通り日本の企業では終身雇用は成り立たなくなっています。

日本経済はバブル崩壊やリーマンショックを経て低迷が続きました。

終身雇用は右肩上がりの経済成長が前提であり、将来的な成長を見越して確実に人材を確保するためのシステムです。

バブル崩壊後の失われた30年間とまでいわれた経済低迷の中にあって、終身雇用の維持が難しくなっています

業績次第では定年前に途中で解雇しなければならない状況もあり得ます。

さらに拍車をかけているのが少子高齢化によって若い世代の労働者が不足しているという状況です。

従業員の高齢化が進んだり、新卒者だけでは必要な労働力を確保できなくなりつつあります。

女性の活用や外国人の採用など様々な試みが各企業によって行われています。

この様な状況にあって、経験があり即戦力になり得る転職者にとっては大きな雇用チャンスといえるでしょう。

海外の働き方との違い

海外での働き方は日本とどう違うのか、アメリカを例に見てみましょう。

アメリカでは新卒者採用の方が圧倒的に少なく、転職が当たり前です。

アメリカの採用方法は、空きが出た職や新しく作られた職に対してへのピンポイント採用が一般的です。

日本の新卒採用で雇用してから各々のポジションを決めて配属するのではなく、応募時点でどのポジションに就くかが決まっています。

応募者はそのポジションに対して応募し、その人が持つ経験やスキルをアピールして採用されるのです。

さらなるステップアップや昇進昇給を望む場合の最大の手段が転職なのです。

またアメリカの雇用関係は対等で、従業員は簡単に会社を辞めることができます。

雇用側も会社の都合で解雇(レイオフ)ができるため、流動的な労働市場ともいえるのです。

また、ジョブディスクリプションと呼ばれる制度も浸透しています。

これはその職に対する上司から期待される仕事の内容が明確に示される評価制度です。

デリバブルと呼ばれる達成しなければいけない項目が示されて、それに対する成果が個々人の評価になるのです。

こうした完全な成果・実力主義が浸透していることで転職へのハードルも日本より低くなっています。

年功序列から実力主義への働き方の変化

働き方の多様化や少子高齢化による人材不足など、日本での雇用の在り方も変化しています。

日本独特な年功序列の制度も見直され、実力主義に移行する企業が増えている理由を解説します。

年功序列は日本固有の働き方

パソコンを見ながら話す人々

年功序列は終身雇用を前提とした日本特有のもので、年齢や勤続年数に応じて役職や昇給が決まります。

年功序列では長く務めている人が入社したばかりの新人より給料も高く、役職も高いのです。

企業側には安定した雇用の確保、従業員には安定した収入と生活を保障できるメリットがありました。

しかし勤続年数が多く、年齢が高い方が知識や仕事のスキルが優れているとは限りません。

長く勤めていても仕事の成果が出せないベテラン社員もいれば、数年で大きな成果を出す若手もいます。

そうした状況の中で企業として成長するためにも実力主義を採用する企業が増えているのです。

実力主義の企業が増えている

面接

終身雇用が維持できなくなりつつある日本企業にとって、年功序列も成り立たなくなってきています。

年功序列の問題点としてあげられるのが給与面の問題です。

年齢や勤続年数に応じて昇給昇格を決めると、従業員の勤続年数が多いほど給料を上げ続ける必要があります。

給与が高ければベテラン社員は仕事の出来・不出来に拘わらず会社に留まるでしょう。

一方若い人材は給与がなかなか上がらないことに不満を持って辞める可能性があります。

これでは若手の定着率が低く、優秀な人材の流出が止められません。

そのため、仕事の成果で評価をし、昇給昇格を決める実力主義に移行している企業が増えています。

年齢や勤続年数に拘わらず、スキルを持つ人材を評価できるシステムを導入して人材を確保するのが狙いです。

長く働く側にとっては厳しい面もあるかもしれません。

しかし年齢や勤続年数に関係なく実力や功績が評価されるシステムの方がやりがいのある職場といえるでしょう。

転職活動前に考えておきたいこと

ここまで転職に関するイメージや日本企業の環境を見てきました。

続いて転職活動をする前に考えておきたい必要な事柄を見ていきましょう。

今の実力を他社で発揮できるか

開いたノートとペン

自分のスキルや経験といった強みが応募先の企業で発揮できるかどうかを見極めましょう。

どれだけ高いスキルを持っていても、転職先で活かすことができなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

応募要項と照らし合わせて、他社でも発揮できるかどうかを見極めることが大切です。

転職活動において必要な知識や経験の確認

転職活動において必要になる知識や経験の確認をしましょう。

あなたの強みや長所・勤めてきた会社で得られた知識・経験・スキルをリストアップしましょう。

これらの知識や経験は、転職者を採用する際の面接で面接官が最も知りたいことです。

自分の強みを最大限アピールするために、企業で発揮できる知識や経験は何かを把握しましょう。

理想の転職を成功させるために確認したいこと

いざ転職をしてみたら理想と違った、という後悔は誰もが恐れていることです。

転職をするならば自分の理想を叶えた転職にしたいと誰しも思っていることでしょう。

続いて転職を成功させるために確認したい事項を解説します。

仕事とプライベートの両立が可能か

デスクトップPCで作業する人

仕事とプライベートの両立を見直したいという理由で転職を検討する人は多いことでしょう。

長時間労働でプライベートの時間が確保できない、仕事に追われる日々は心身共に負担が大きいものです。

その状況を改善したいと思っているならば、転職先で仕事とプライベートの両立ができるかも事前に確認しましょう。

面接やその他の確認出来るタイミングで採用担当者に質問してみてください。

仕事とプライベートの両立ができる企業であれば特に問題なく教えてもらえるでしょう。

ただし、この点や待遇面ばかりを質問したら自分の待遇だけを気にしていると思われてしまいます。

あまりしつこく確認すると印象が悪くなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

どの程度の期間で転職可能か

スケジュール確認

理想的な転職は、現職についたまま転職活動をして採用が決定することです。

今の会社の退職と、次の会社への就職に切れ目がないように転職したい人は多いことでしょう。

そのために、今の会社が退職希望を出してからどのくらいの期間で退職できるかを事前に調べておきましょう。

転職先の企業には現職に就いたままで転職活動をしていること、いつから仕事が開始できるかを伝えます。

その上で企業側の採用タイミングと合うかどうかを面接時に必ず確認しましょう。

環境や待遇面の確認をしよう

職場環境待遇面も転職する理由の1つです。

転職先企業に給与や福利厚生について面接時に聞くことをためらう人は多いことでしょう。

しかし確認できるタイミングで確認せずに入ってから理想と違えば後悔してしまうことになります。

そのため躊躇せず、積極的に確認してみましょう。

転職は会社のためにするのではなく、自分のために行うものです。

自分が働く環境や受けられる福利厚生などを確認することは、転職を成功させるためには大切なことです。

働く女性の中には産休・育休制度や、勤労時間短縮や自宅勤務の可能性も確認したい人もいるでしょう。

またキャリアアップを目指すなら女性がどの程度活躍しているのかも気になります。

これらを確認して嫌な顔をされてしまったらその会社とは縁がなかったと割り切りましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

資料を見ながら話す女性

転職が当たり前になりつつあるとはいえ、いざ自分が転職するとなると不安はつきものです。

身近にいる転職を成功させた人の話をきいたとしても、自分もその通りにできるとは限りません。

もし不安がぬぐいきれずに二の足を踏んでいるのだとしたら、是非転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントなら自己分析や面接対策など、転職に関わるあらゆる場面のサポートをしてくれます。

まとめ

ガッツポーズをするビジネスウーマン

今回は転職に対する世間のイメージを解説しました。

終身雇用の変化とともに、特に若い世代では転職は当たり前になりつつあります。

世間的にもポジティブに受け止められるように変化しつつあります。

転職によって得られる利点もありますが、転職は必ず成功するとは限りません。

その不安が転職に対するネガティブな印象を生み出しています。

転職エージェントに相談したり自分でも事前準備を徹底することで不安を払拭し、転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら