多くの企業には、この人に辞められては困る、この人がいるから会社が回る、という非常に優秀な人材が何名かいるもの。

今回の記事では、そんな辞められたら困る優秀な人材の特徴や共通点についてご紹介します。

会社に必要な存在である一方、そんなできる社員ほど辞めがちなのも事実。なぜそのような傾向があるのかについても考察します。

退職を引き留められそうな時の対処法についても合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

辞められたら困る人の特徴

女性、パソコン

辞められたら困る人にはいくつかの特徴があります。

仕事内容を、時には他部署のことまで理解しているのが特徴の1つ。常に効率的で効果的な働きを意識して業務にあたります。

次にコミュニケーション能力が高いこと。チームの潤滑剤的な役割を果たしていて、いなくなると皆の関係がギクシャクします。

トラブル対処能力に優れている点も見逃せません。何かあった時も冷静かつ素早いリカバリーで被害を最小限に抑えます。

人によって様々ですが、辞められたら困る優秀な社員たちの多くは上記のような特徴を備えています。

会社にとって優秀な人とは

女性、作業

会社にとって優秀な人とは、とりもなおさず会社に利益を残してくれる人。ただ、一口に利益といってもその内容は様々です。

営業部員としてどんどん仕事を取って来る人は、当然、会社にとってとても有益な人物だと言えるでしょう。

他方、人に物を教えることに長けた社員は、優れた人材を育てて会社を支えてくれるという意味で有益です。

同じ職場どころか他社にもいないほどユニークなスキルを持った人物なら、それを活かして利益をもたらすのでこれも有益。

このように、会社にとって優秀な人には色々なタイプが存在するのです。

優秀な人の共通点とは

指をさす女性

色々なタイプの優秀な人がいるものですが、彼らの多くには共通して優れている点も多々あります。

ここからは、そんな優秀な人たちの共通点について見ていきましょう。

彼らのほとんどは、以下に挙げる特徴をほぼすべて、あるいはいくつか併せ持った状態で活躍しています。

常に向上心がある

向上心は成長の源。優秀な人たちはいつも前向きで、常に高い向上心を持っています。

たとえ仕事で良い結果を出せても、それに満足して現状維持に走るのではなく、更に上を目指して努力を続けるのです。

より良い技術はないか、より優れた素材はないか、より時短になるルートはないか等々、業務に当たって考えるべき事は様々。

優秀な人たちは、その高い向上心を活かして企業の効率的な経営を下支えし、会社に大きな利益を残すのです。

重要な役割を担当している

優秀な人たちの多くは重要な役割を担当しているか、会社にとって重要なポストに配属されているもの。

経理を司っていたり、資材の発注を一手に管理していたり、新しいプロジェクトの責任者を任されていたり、といった具合です。

重要な役割にはもれなく大きな責任が付いてきますし、業務そのものがかなりハードなものであることもしばしば。

日々それらを難なくこなせる点もまた、優秀な人たちが持つ優れた特徴の1つだと言えるでしょう。

目標を持って仕事をしている

優秀な人たちの多くは目標を持って仕事をしています。

社としての目標、チームとしての目標、個人としての目標など、目標のレベルは様々です。

業務の継続的な改善手法であるPDCAサイクルは、生産技術における品質管理以外の仕事に対しても有効性の高い手法。

優秀な人たちは、設定した目標に対してがむしゃらに働くのではなく、きちんと計画を立てて行動しています。

目標に対してブレずに進んでいくひたむきな姿勢が、周囲の目にはたいへん魅力的な人物として映ることも多々あります。

失敗を成功に活かせる

仕事に失敗は付き物です。優秀と言われる人たちの中にも、大きな失敗を経験した人は数多くいることでしょう。

すぐリカバリーできる程度のミスならまだいいですが、時には、社にとって大きな損失となるような失敗が起ることも。

しかし、優秀な人たちは転んでもただでは起きません。

彼らは失敗から学ぶことをよく知っていて、失敗を必ず次の成功の糧にするのです。

優秀な人たちは、失敗の原因は何だったのか、どうすればミスは起らなかったのかを考え、実行に移す力を備えています。

社内外での人望が厚い

優秀な人たちの中には、社内外の人々から厚い信頼を寄せられる人が数多くいます。

優秀な人たちの特徴の1つはその高いコミュニケーション能力。その点が大いに活かされているのです。

同じ社員として頼りになるだけでなく、彼らの多くは外部からも期待されているもの。仕事が捌けるので重宝されるのです。

そのため優秀な人たちはいつも人の輪の中にいて、周囲に社内外の人が集まる様子が見られます。

専門スキルを持っている

優秀な人たちの中には、広く業界を探してみてもあまりいないような、専門的なスキルを有する人もいます。

そのユニークなスキルを上手く業務に活かして価値の高い仕事をこなし、会社に大きな利益を残してくれるのです。

一般に職人技と呼ばれる高い技術を持つ人もこの中に含まれるでしょう。

このように、専門的なスキルを持つ優秀な人たちは、余人を持って代えがたい存在として社内で不動の地位を築いています。

優秀な人ほど辞める理由とは

女性、振り返る

仕事のできる優秀な人ほど早く会社を辞めがち。そんなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

優秀な人材のほとんどは自己分析能力や情報収集能力に長けていて、しかもたいてい高い行動力も備えています。

そのため、自分と会社との関係を見直し、自身にとって不利益だと感じれば、すぐに転職へと舵を切るのです。

ここからは、優秀な人たちが会社を辞めようと考える、その主な理由について3つご紹介しましょう。

成長できる見込みがないと感じた

女性、お手上げ

このままこの会社に勤め続けても成長することができない。そんな結論に至った時、優秀な人たちは転職活動を始めます。

優秀な人たちは、持ち前の向上心から常に成長の場を求めています。刺激に乏しい停滞感の漂う毎日はお呼びではありません。

規模が大きくて懐の深い会社ほど、新しくて難しい課題へのチャレンジを奨励しているもの。

そのため、優秀な人たちほど、より高いステージで自分自身を磨くために大企業への転職を希望しがちなのです。

仕事配分に納得がいかない

考える女性

優秀な人たちは、次から次へと新しい仕事を振られがちです。あの人に案件を頼めば早く済むし確実だ、などと思われています。

頼られることでやり甲斐を感じ、もっと頑張ろうという意識になれる人なら、そのままでも問題はないでしょう。

しかし、そんな人の良いタイプばかりはなかなかいないもの。多くは仕事の配分に不満を感じ、過負荷を理由に転職を考えます。

優秀なせいで周囲よりも多くの仕事を捌かなければならない。そんな状況に耐えかねて、できる人たちは会社を辞めていきます。

正当な評価がされない

女性、背中

優秀な中でもとりわけ若い人に多く見られる傾向ですが、周囲から正当な評価が得られないと感じた場合も退職を考えがちです。

周囲の同僚が任されているものよりも大きな仕事を、しかも複数こなしているのに、上司からの評価は周りと対して変わらない。

働きに見合ったポストやサラリーが得られず、今後も得られる見込みが少ないと思われるなら、そこに留まる理由はありません。

このように、優秀な人たちは正しい評価を得られない場合にも会社を去って行きます。

優秀な人材として活躍する方法

女性、作業

あの人は優秀だ。あの人は仕事が捌ける。転職先でそんな評価を受けながら生き生きと仕事をするには何が必要でしょうか。

優秀な人たちの中には、その能力について見ると、初めうちは周りと大して変わらなかったという人も少なくありません。

ある日を境に働く姿勢が変わり、徐々に実績を重ねて、いつの間にかできる人物とみなされるようになっていたパターンです。

そんな彼らと同じように、優秀な人材として活躍するためにはどんな方法があるか、2つ方法をご紹介します。

実績を作り成長しよう

周囲から優秀な人物だと見られるためには実績が不可欠。会社にとって有益な存在であることを証明するものが必要です。

ただし、肝心なのは急がば回れの精神。十分な実績と社内外からの厚い信頼は一朝一夕に得られるものではありません。

毎日、大きなミスをすることなく仕事をこなしながら、着実に積み上げていくべきものです。

優秀な人材として活躍したいなら、日々の業務を疎かにせず、時間をかけて自分自身を育てながら実績を作っていきましょう。

向上心を持とう

優秀な人材になって活躍するために欠かせないのが向上心。高い目標を掲げ、それに向かって日々邁進する姿勢です。

上に行こう、高みを目指そうという意識がないこと。それは現状維持で構わない、停滞して良いと考えることに他なりません。

そんな志の低い人に対して、周囲は優秀な社員だという評価を与えたりするでしょうか?

優秀な人材として活躍したいと思うなら、常に前向きで上昇志向、周りを巻き込んで高いステージへと導いてく姿勢が必要です。

優秀な人と都合のいい人は全く別

女性、拒絶

優秀な人都合のいい人は、たとえ同じように捌けても、主体性やコミュニケーション能力の点においてまったく違うものです。

優秀な人は自分の仕事に対して常に積極的。業務の中で生じた課題もトラブルも次々に片付けながら目標に向かって邁進します。

かなりボリュームのある仕事が目の前に現れても、チームを上手く使って負荷を分散させ、鮮やかに捌いてしまうことでしょう。

一方、都合のいい人の多くは仕事に対して消極的。けれど一応はこなせるので、後から後から仕事を頼まれて忙殺されがちです。

大きな仕事を振られてもなかなか自分から周りを頼ることができず、残業して1人でこなすという場合も少なくありません。

このように、優秀な人と都合のいい人は似て非なるものなのです。

都合のいい人間にはならないように転職を選択肢に入れよう

面接に向かう女性

十分な意欲と潜在的な能力を備えていると自負する人なら、誰でも優秀な人材として活躍することができます。

ただし優秀な人と都合のいい人は時に紙一重。能力があっても一歩間違えば使い潰されるだけの存在になってしまいかねません。

そうならないためにも、常に視野を広く持ち、転職して別の会社で活躍する自分を意識しておくことは無駄ではないでしょう。

自分を活かせる会社はここだけではない。そのことを知っておくだけでも、私たちの心には大きな余裕が生まれるものです。

退職を引き止められたら?

がっかりする女性

新しい環境で自分の可能性を試したい。そのために今の職場を辞めることにしたい。

しかし、そう考えるほど志の高い人には優秀な人材が多く、会社側としてもすんなり手放す訳にはいかないことがほとんどです。

退職の意思を伝えたいけれど、引き止められることは大いに考えられる。そんな時にはどのような対処法があるのでしょうか。

ここからは、退職交渉にあたって引き止められないための方法を2つご紹介します。

引き止められない退職理由を伝えよう

会社側が引き止めたくても引き止められないような、のっぴきならない退職理由を伝えるのは有力な方法です。

家族の介護をしなければならない。病気で療養が必要。今の会社ではまずできないことに挑戦するため、などなど。

労働法上、社員が会社側に辞める理由を説明しなければならない義務は、実はありません。「一身上の都合」で十分なのです。

ただ、円満に退職できた方が双方にとって幸せな場合がほとんど。嘘と失礼のない、冷静な退職交渉をしたいものです。

退職代行サービスを利用しよう

自分の言葉では退職の理由を上手く説明できそうにない。引き止められた時に強く断ることができないかもしれない。

そんな場合には、転職エージェントに相談してみることも1つの手段です。

転職エージェントが提供するサービスの中には、転職先の紹介だけでなく、退職代行サービスが含まれている場合もあります。

本人の代理として第三者的な立場で退職交渉をしてくれるので、ビジネスライクで円滑なやり取りと成果が期待できるでしょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

白いスーツを着た女性

転職を考えるにあたって、自分でリサーチすることはとても重要です。

ただ個人の力には限界があります。より理想に近い企業の存在を転職後に知って後悔する、などということも少なくありません。

そんな後悔をしないためにも、転職のことはプロである転職エージェントに相談しましょう。

色々な業界に精通し、数多くの求人情報を取り扱っているエージェントたちが、私たちの希望に沿った転職先を紹介してくれます。

まとめ

電話をする女性

いかがだったでしょうか。今回の記事では、会社側にとって辞められたら困る人の特徴や共通点についてご紹介しました。

人は周りから優秀な人だと思われたいもの。転職して新しい環境に移ったら、新人さんはできる人だと言われたいものです。

そのためにはどんな姿勢で仕事にのぞめばいいか、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

また、新しい環境に移りたいのに会社側の引き止めにあっているという場合には、転職エージェントに相談するのがおすすめ。

きっとより良い転職をサポートしてもらえますから、迷わず相談してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら