女性の転職面接試験にて、応募をした理由や当社を知ったきっかけは必ず聞かれます。

当社を知ったきっかけを問われた際の適切な対応方法・答え方についての特集です。

面接官が納得してくれるような回答方法を知っておくことがポイントになるでしょう。

Contents

面接の「当社を知ったきっかけは?」の答え方

陽にあたる女性の画像

転職面接の際に聞かれる質問事項の中でも、当社を知ったきっかけは何かという項目はかなりポピュラーです。

企業側としては、応募者が当社を知って面接に来た理由を知りたいのは自然なことでしょう。

一方で、企業を知るきっかけは多種多様にある中、素直に理由を言ってしまってもよいものかと悩むかもしれません。

そこで今回は、女性の転職面接にて「当社を知ったきっかけは?」と聞かれた場合の、効果的な回答方法を中心に解説していきます。

面接で「知ったきっかけ」を聞く理由とは

遠くを望む女性の画像

なぜ転職面接にて、採用担当者は当初を知ったきっかけを聞きたがるのでしょうか?

聞きたい気持ちは理解できますが、それが採用の合否と何か関係性があるのかと不安に考えてしまいます。

まずは、企業側がこの質問をしたがる理由について考えてみることが重要です。

では、転職面接にて、「当社を知ったきっかけは?」と質問する意図について解説しましょう。

情報収集能力があるか確認したい

当社を知ったきっかけを聞くことで、情報収集能力を確認しようとしています。

どのような方法を使って求人案件情報を収集し、どれくらい手間をかけてくれたのかを認識しておきたいのが理由です。

知った経緯の中にこそ、その人の明確な動機と方向性が感じられます。つまり今回の面接試験への当人の本気度を知りたいのです。

応募者の志望度を確認したい

デスクトップの画像

企業側が知ったきっかけを聞く理由は、応募者の志望する度合いを確認したいからです。

転職案件が無数にある中で当社に応募したのは、何か惹かれる動機付けがあったはずではないでしょうか?

なぜ興味を持ってくれて応募したのかを聞くことで、今日までの転職活動の過程や考え方が分かります。

応募者の本音の部分も見えてくるからです。

応募者の価値観を知りたい

業界内に多数の企業があることは承知しているのに、なぜ当社を選んだのかを聞けば、当社の強みや価値観が客観的に分かります。

それは応募者側にも言えることで、当人の持っている価値観や目的意識がどこまで到達しているのかを判断できるのが理由です。

誰しも個人としての信条を持っています。しっかりとした考え方を持って転職に臨んでいる人物なのかを、客観的に探っているのです。

アンケート程度の質問の場合も

企業によっては単にアンケートとして質問してくる場合もあります。応募者に関する評価には全く関わらない質問です。

その場合、求人案件を通じて当社がどのくらい認知されているのかを知りたいことが理由といえるでしょう。

その真意を応募者が察することは難しいので、知ったきっかけへの回答方法は、自分なりに考えて簡潔に述べるよう心がけましょう。

「知ったきっかけ」と志望動機は別だと意識しよう

パソコンを打つ女性の画像

本来なら、その企業の求人を知ったきっかけと、当人がなぜその仕事をしたいのかという志望動機は全く別な話しとなります。

事前にこれら2つの質問に対する回答方法は別々に考えておくほうがよいでしょう。

しかし決して同じ回答方法ではないとしても、うまく志望動機とリンクさせた回答例も併せて考えておくのも理想的です。

志望した企業のどのような点が自分の希望と合致しているのかを盛り込むことで、面接官へ好印象を与えることができます。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

面接で「知ったきっかけ」を回答する時のコツ

情報誌の画像

女性の転職面接の中で必ずといっていいほど聞かれるのが、「当社を知ったきっかけ」という質問です。

それに対する回答方法にはコツがあります。シンプルに動機を伝えながらも、その企業でなければならない理由を添えて説明することです。

では面接での、知ったきっかけへの回答方法を解説しましょう。

何をきっかけで知ったのか答えよう

質問の言葉をストレートに受け止めて、実際のどのようなきっかけがあったのかを回答してください。

知るきっかけはさまざまにある中で、まず最初にどのような媒体・頼り・事情があったのでしょうか?

Webサイトを閲覧したのか、あるいは転職情報誌を退掲載欄を見たなどの、さまざまな理由の中から1つに絞るとよいでしょう。

その際、嘘をつくことはよくありませんが、事実を多少デフォルメして伝えることは何も問題はありません。

企業の意図としては、応募者の情報収集力を確かめたいということを意識してみることです。

どのような経緯があり、それを通じてどう心が動き、何に苦心をしたのかを盛り込むと高評価されます。

企業のどんなことに興味を持ったのか答えよう

窓辺の画像

転職活動では、たくさんの企業候補がある中で、たまたま見つけたその企業の応募案件が気になって面接を受けに行ったはずです。

では、その気になった点・興味を覚えた理由について率直に伝えることができるでしょうか?

数ある応募案件の中から、その企業の何に惹かれたのかを答える工夫をしてみましょう。

そのためには、応募した企業の詳しい情報を分析しておくことが大切です。

展開している事業の中で、どのような点に感銘を受けましたか?それを知った自分は、どんなな人生観を得たのかを具体的に説明することです。

自分が入社した後のビジョンを伝えよう

仮に自分が入社したら、どのようなビジョンに従って仕事をしていきたいのかを説明しましょう。

当社を知ったきっかけについての回答の中で最も肝心な内容です。

実際に入社して現場で働く姿を想像し、どのようなキャリアビジョンが描けそうかを具体的な例をあげながら盛り込んでみましょう。

面接試験では、過去の実績を気にするのと同じくらい、応募者の未来に向かった考え方を奨励しています。

その企業にとってプラスになりそうなビジョンを持っているかどうかが問われるのです。

曖昧な表現ではなく具体的に答えることを意識しよう

面接試験以前にその人の性格や思考にもよりますが、表現方法が具体的であることが高評価につながります。

世の中には、どうしても無難であいまいな表現をする性格の人がいます。

質問の回答があまりにも抽象的で何を言っているのかよく分からないタイプの人がいるのです。

できれば、自分の回答事例を録音や動画にして、客観的に見直すとよい練習方法になるでしょう。

「知ったきっかけ」で好印象を与える例文

ノートの画像

では、女性の転職面接にて「当社を知ったきっかけは?」と聞かれた場合に、どのような回答をすれば高い評価をされるのでしょうか?

いくつかの例文を添えて紹介します。あくまでも事例なので、そのままコピーしては意味がありません。

必ず自分に該当しそうなシチュエーションへと変換してみるとよいでしょう。そのたたき台として参考にしてみてはいかがでしょうか?

御社のことを知ったのは、Webサイトを閲覧していた時でした。

希望業種は前職を生かせる営業と決めていたので、数ある案件の中でも成果と報酬とを正当に評価してくれる企業だと判断しました。

また、コミュニケーションのスキルを向上させることに興味があります。

さまざまな本を読みセミナーにも積極的に行くことが趣味です。それも、営業を通じて自分の可能性を知りたいと考えているからです。

入社後は、自分の言動で多くの影響力が出せるよう、精一杯努力したいと臨んでいます。

読書する画像

私は常に斬新なことに興味があり、その都度チャレンジすることが好きです。

ある時、友人が御社の存在を教えてくれました。新しい働き方ができる面白い会社があると勧めてくれたのがきっかけです。

実は以前にも御社のシンポジウムを観たことがあります。

世界を相手にした事業展開をしながらも、スタッフへの配慮をし続ける現実的な考え方に魅力を感じていました。

この度、転職案件として御社の募集を知り、迷わず応募したというのが経緯です。

御社を最初に知ったきっかけは、大学時代の金融論の講義の中です。

御社の事業例が取り上げられたことがあり、ずっと心に残っていました。

そこでインターンシップ制度があることを知って参加した経験があります。

営業や内勤の方々のフォローをしながら、企業の仕組みや進捗状況を肌で感じたことを思い出したのです。

たまたまこうして縁があって転職案件を見つけたことが選んだきっかけです。

「知ったきっかけ」のNG例

オフィスの画像

転職面接にて「当社を知ったきっかけは?」を聞かれた場合、冗長な回答やありきたりな表現をしないよう気をつけましょう。

ただしこの質問自体は最重要な内容を求めているわけではないので、気負わずシンプルに答えるようにしたほうがよいです。

では参考として、知ったきっかけを聞かれた際の、あまりやってはいけないNG回答例を紹介しましょう。

私が御社を知ったのはCMを見たからです。

御社の製品は以前から知っていましたし、かなり世の中に普及していることもあり安定した企業というイメージを持っています。

ある日御社のホームページを偶然拝見したところ、中途採用者を求めていると書いてあったので迷わず応募してみました。

御社の革新的な展開に魅了されているので、その一役を担えたらと考えております。

御社のことを知ったきっかけは商品を利用したからです。

同業他社の類似した商品を使っていましたが、あまりしっくりこないと思い御社の商品に変えたところ使いやすくて感動しました。

自分もこのような商品の開発にかかわれるような仕事をしてみたいと考えて応募しました。

これまでのユーザー目線を生かした展開ができることを考えております。

業界や職種別のアピールポイントをチェック

スマホを見る画像

転職面接を受ける企業や職種によって、展開方法やアピールポイントは適宜に変換していくようにしましょう。

応募企業への志望動機やきっかけを話す際に、多くの場合は熱烈なラブコールを示めす傾向です。

御社のファンだというアピールが強すぎるあまり、自分の経験やスキルが企業側とマッチしないパターに陥ります。

単なる憧れだけを動機にすると失敗する可能性が高まるのです。

そこで当社を選んだきっかけを聞かれたら、独自性のある理由を添えて話す工夫をしてみましょう。

その業種や職種を事前に考察しておくことはとても重要な作業です。その上で、なぜ当社なのか?という質問に適切な回答をしていきます。

多くの企業側が求めているように、情報収集をしっかり行うようにしましょう。

応募する業界や企業のことを十分に知らずに、なんとなく凡庸化された理由や志望動機ではありきたりな回答でしかありません。

その企業の商品やサービスを使ってみることや店舗に足を運んでみることです。

パンフレットを読んで顧客目線になってみるなど、いろいろな手法で情報を得ると自然な回答が見いだせます。

実際に自分で見たことや感じたことをきっかけの1つにしておきましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

「知ったきっかけ」を回答する時は簡潔にアピールしよう

メモを取る画像

「当社を知ったきっかけは?」と聞かれたら、回答をいかにして簡潔にまとめるのかに尽力することです。

つい自己アピールしたいからと、長くダラダラ話してしまうことだけは避けておきましょう。誰しも長すぎる話には興味を失っていくものです。

せっかくの良いエピソードがすべて台無しになりかねません。

まずは結論から述べる習慣を作り、簡潔に内容をまとめるトレーニングを心掛けてください。

面接対策は転職エージェントを活用しよう

ビルディングの画像

企業側からしてくる「当社を知ったきっかけは?」という質問には、志望度の強さと自社への理解の度合いを確認しているはずです。

企業が求める理想像に自分を近づけることは、転職活動において最重要な取り組みです。

そのために転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか?面接での質問の傾向や回答についてのアドバイスをしてくれるはずです。

転職に関する専門家である転職エージェントは大いに利用する価値があります。

まとめ

湖に立つ女性の画像

転職面接にて、「当社を知ったきっかけは?」と聞かれることはかなりの確率であるでしょう。

そのための回答を自分で用意しておくことで、よりスムーズな面接内容になっていくはずです。

この質問自体は面接のメインとはならないものですが、最初の切り口として活用されている以上は無視できません。

具体的なエピソードを添えて企業の理解度をアピールするのだと心得て臨んでみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら