前職を退職する理由が、職場の人間関係であるケースは多いものです。中途採用するにあたり、協調性の有無も重要なポイントです。

そうした背景もあり、転職面接では「人間関係に困ったこと」について質問される機会は少なくありません。

そこで今回は人事が「人間関係に困ったこと」を聞く意図と、受け答えのコツについて、回答例を交えて解説します。

Contents

転職面接「人間関係に困ったこと」の答え方

715001_m

転職面接時に「人間関係に困ったこと」について質問するのは、その回答を通して知りたいことがあるからです。

そう考えると「あります」「ありません」と、事実を伝えるだけでは意味がないことが予想できます。

そして回答方法によって、面接官の心証をよくすることも悪くすることもできるので注意が必要です。

転職面接における「人間関係に困ったこと」の回答を考えるポイントを、次章以降で詳述します。

人事の質問意図を知ろう

4191343_m

転職面接時に「人間関係に困ったこと」について質問された時に、面接官の意図を知っておけば好印象を与える回答が用意できます。

ここでは、「人間関係に困ったこと」について質問する意図を具体的に説明します。

人間関係がうまくいかない時にどう対処するのか知りたい

中途採用をするにあたり、応募者が入社後に活躍してくれる人材かどうかを、面接官は見極めようとします。

活躍が期待できる理由の一つに、円滑な人間関係が築けそうな人材であることも含まれます。

面接官は人間関係に困った経験について質問することで、うまくいかなった時にどのような対処をする人材なのかを知るのが目的です。

職場の人間関係は好悪や相性を横におき、円滑に業務を遂行できるように関わらなければならないシーンが少なくありません。

そうした際に自分の感情を抑えて、どのように対処したのかを知りたいと考えているのです。

コミュニケーション能力があるのか知りたい

1414117_m

職場の人間関係に問題が発生した時、仕事を進めるためには逃げずに対処しなければなりません。

苦手な人やもめた相手であっても、自ら働きかけるコミュニケーション能力があるか否かも、この質問の回答から知ることができます。

人間関係で困ったことについて聞くことで、他者とどのように関係構築をしていくのかが垣間見えるからです。

協働するうえでコミュニケーション能力は必須ですので、上司や先輩、後輩を問わず関われる人材かどうかを見極めようとします。

人間関係に関する質問をされやすい応募者とは?

2327543_m

転職面接において、人間関係に関する質問をされやすい応募者と、そうでない人がいるのは事実です。

人間関係に関する質問をされやすい応募者として、過去の職歴を見た時に勤続年数が短い、あるいは転職回数が多い人があげられます。

これは職場の人間関係に問題があって、短期に退職しているのではないかと疑われやすいからです。

また企業風土や職種によっては、個人の能力を発揮するより、柔軟性をもって協働することが求められるケースもあります。

そうした場合には、協調性やコミュニケーション能力を見極めるために、人間関係に関する質問をされることが多いです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

「人間関係に困ったこと」受け答えのポイントをチェック

3810374_m

転職面接で人間関係に困ったことを問われた際、絶対に嘘をついてはいけません。

しかしストレートに話すことが、マイナスに作用するリスクがある人もいることでしょう。

事実は変わらなくても、話し方によって面接官の心証は変えられるので、受け答えのポイントをまとめておきます。

「人間関係の問題はなかった」は避けよう

過去に人間関係で大きなトラブルを起こした経験がない女性の中には、「問題はありません」と答えたくなる人もいることでしょう。

しかし転職面接において、「人間関係の問題はなかった」と回答するのはNGです。

面接を突破するために、応募者が過剰な自己アピールをしていると受け止められる可能性が高まるからです。

人間関係でトラブルになった経験がない場合には、誤解や行き違いがないようどんな配慮を行っていたかを話すのがおすすめです。

相手にせいにするのはNG

919911_m

過去の職場で人間関係のトラブルに巻き込まれた女性の中には、原因が上司や先輩、同僚などにあると考える人もいることでしょう。

しかしそれが事実であっても、転職面接でトラブルの原因を相手のせいにするのはNGです。

トラブルの原因や要因が何であっても、それを相手のせいにした時点で、反省するより他者を責める人だとの印象を与えてしまいます。

さらにトラブルになった相手を悪くいう様子を見るのは、面接官にとって楽しいことではありません。

相手がどうであっても自分にも責任があると考え、同じ過ちを繰り返さないためにどう改善するのかを伝える方が得策です。

人と関わらないもNG

職場や職種によっては自分の仕事に没頭し、他者と協働する機会が少ないこともあるでしょう。

しかし「人と関わる機会が少ないので、人間関係で困った経験がありません」と答えるのも、回答として好ましくありません。

企業に勤めるからには、人と関わりながら仕事をすることが前提ですので、協調性がないと判断されると不利になります。

人間関係で困ったことの改善で何をしたのか伝えよう

163484_m

面接官に人間関係で困ったことについて問われた時には、その経験と共に改善のため何をしたのかを伝えることが重要です。

仕事をするうえで人間関係を良好に保つ努力は不可欠ですし、改善のために自ら行動することが求められます。

トラブルが起こった時にどう感じたのか、その経験から何を学んだのかも合わせて、伝えることをおすすめします。

簡潔に1分程度で話すことを意識しよう

面接官は面接を通して、応募者が自社の企業風土や求める人材像にマッチしているかどうかを見極めようとしています。

そのため複数の質問をするのですから、人間関係で困ったことについて、長々と回答されることを望んでいません。

自分のエピソードやそこで何を得たのかなどを含みながら、1分程度にまとめて簡潔に回答できるように準備しましょう。

1分程度の回答にする自信がない人は、転職エージェントに相談すると、有益なアドバイスをもらえるのでおすすめです。

人間関係で困ったことがない場合の対処法

837745_m

転職活動中の女性の中には、過去に人間関係で困った経験がなく、回答を用意できないことに戸惑う人もいるかもしれません。

その場合、無理やりエピソードを探しても、説明の過程で嘘のように聞こえてしまうのも避けたいところです。

そこでおすすめなのが、人間関係が悪化しないように日頃から配慮しているとアピールしましょう。

上司や先輩に叱られた時には、しっかりと反省をしたうえで自分の落ち度を説明し、誠意をもって謝罪していると伝えるのです。

その場で謝るだけでなく、同じ間違いをくり返さないよう、相手にもその内容を伝えようとする姿勢は、好感を得られるはずです。

「人間関係に困ったこと」への有効な回答例

2408683_l

人間関係に困ったことについて問われた時に、回答にどのような内容を盛り込めばよいかは理解できたとしましょう。

しかし、回答として自分の言葉でまとめるのは難しいと、悩んでしまう女性もいると考えられます。

ここでは、人間関係に困ったことを聞かれた時に、有効な回答例を2つ紹介します。

わかりあう努力をした場合

前職では毎年のように上司が変わっていたのですが、中に苦手なタイプの人がいました。

常に自分の指示を忠実に守るよう求める上司でしたが、非効率な進め方を求められた時に反論し、叱責されたことがあります。

業務効率を考えて自分なりにした提案に耳を傾けることなく、感情に任せて一方的に叱責された時には落ち込みました。

しかしそれで苦手意識をもってしまうと、その上司の下で仕事をするのが辛くなると考え、それ以後は自ら相談するよう心がけました。

ルーティンワークは決まっているので、指示される前に進め方について相談すると、簡単に了承していただけたのです。

その後は上司との関係も良好となり、異動の際に「君がいてくれたから仕事がしやすかった」と言ってもらえました。

この経験を通して、苦手な人でもわかりあう努力をすることで理解し合えると考えるようになりました。

自分から働きかけた場合

私は人見知りなところがあり、学生時代も教室で雑談に花が咲いていても、その輪の中に入ることを苦手としていました。

女性スタッフが多い店でアルバイトをしていた時にも、緊張して表情が乏しくなり、「怒っているの?」と聞かれることが多かったです。

職場で良好な人間関係を築くうえで、第一印象が悪いことはマイナスになるので、前職ではいつも自分から明るく挨拶していました。

毎日笑顔で挨拶していると、「今日は元気だね」「その洋服に合っているよ」と声がけしてもらえることが増えたのです。

挨拶をきっかけに少しずつ雑談ができるようになると、仕事で困った時にも相談しやすくなりました。

貴社に入社した暁にはこの経験を生かして、1日も早く職場になじめるように努力する所存です。

「人間関係に困ったこと」のNG例

1960177_m

人間関係に困ったことの回答を間違うと、面接官の心証が悪くなるのは明白な事実です。

だからこそ回答のNG例を知り、絶対に避けるようにすべきでしょう。

ここでは、人間関係に困ったことのNG回答を2つ紹介します。

人との関わりを避けているという

私は前職で、仕事の進め方について先輩ともめた経験があります。業務効率が悪い方法を指示されたので、拒否したことが原因です。

話し合っても折り合いがつかなかったので、上司にかけあって自分のペースで仕事ができるよう取り計らってもらいました。

それ以後は自分と合わないと感じた人とは距離をとり、業務効率を向上させることを意識しながら、自分のペースで働いています。

人間関係悪化の原因を他人のせいにする

前職は中小企業でスタッフ数が少なかったため、自分の担当外の業務を依頼されることが珍しくありませんでした。

自分の担当業務だけでも残業しなければ終わらない量だったのにも関わらず、上司は予定外の仕事を次々押し付ける人でした。

ある時、自分が抱えている業務量を考えると、上司に指示された期日には間に合わないと考え、依頼を断ったことがあります。

その際に自分の状況は説明しましたが、できる方法を考えるよう叱責され、休日出勤をして何とか間に合わせました。

部下の仕事の状況を把握することなく、自分の仕事を押し付けた上司への不満はありますが、声をあげても査定が下がるだけです。

この経験を通して、自分では納得できなくても耐えるしかないことを学べたと考えています。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

その他の注意すべきことは?

4192885_m

転職面接ではいくつもの質疑応答を通して、応募者の話していることに整合性がとれているかも見られています。

そのため一つの質問に対する回答を考えるだけでは、困ることも珍しくありません。

ここでは、人間関係に困ったことを聞かれた時だけでなく、その他に注意すべき点を整理しておきます。

質問を深掘りされる場合も

転職面接において、応募者が前職を辞める理由が人間関係の問題かどうかは、大事なチェックポイントです。

そのため「前職の退職理由を教えてください」という質問の中で、人間関係について深掘りされることがあります。

職場の人間関係につまずいて転職活動していると思われると、面接官の心証が悪くなる可能性が高まります。

手を変え品を変えて質問されても、「人間関係が原因ではない」と、一貫して言い続けましょう。

その他類似する質問とは

1110616_m

転職面接の質疑応答において、「人間関係に困ったこと」に似ているものがいくつかあります。

「職場の上司や同僚と意見が異なった時はどうしていましたか」「職場の同僚からどんな人だといわれていますか」などです。

また「あなたの挫折体験を教えてください」という質問を通して、人間関係の問題を推察しようとする面接官もいます。

そうした類似した質問と、人間関係に困ったことに対する回答にずれがないよう、しっかり考えておきましょう。

面接対策は転職エージェントを活用しよう

1340967_m

転職活動を行っている女性の中には、資質やスキルには何の問題もないのに、面接が苦手で内定につながらない人もいることでしょう。

転職面接に成功するためには、苦手な面接を克服するまで、しっかり練習することが大切です。

そんな時に頼りになるのが、転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

転職エージェントは面接を受ける会社を紹介してくれた存在ですから、社風や求める人材を熟知しています。

そのため質疑応答で好まれる回答についても、具体的にアドバイスできます。

面接では声の大きさや高さ、目線の使い方も重要なので、転職エージェントを活用し、トータルにアドバイスしてもらいましょう。

まとめ

3184039_m

今回は人事が「人間関係に困ったこと」を聞く意図と、受け答えのコツを回答例を交えて解説しました。

職場の人間関係に困った経験があってもなくても、回答で何を話すべきかを理解しておくことで、話す内容を考えやすくなります。

その回答を通して自己アピールできるように、エピソード探しも含め、しっかり準備することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら