転職活動では「視野を広げる」ことが必要だと言われています。

しかしなぜ転職活動に「視野を広げる」ことが必要なのでしょうか。

視野を広げることで得られるメリットや、視野を広げようと意識することがどういった行動につながっていくのか解説します。

Contents

転職で必要な視野を広げる方法

開いたノートとスマホ

視野を広げるものの見方をするためにまず必要なことは強い思い込みを一旦捨て去ることです。

自分にはこの職種が向いている、こんな企業で活躍できる、という考えのもとで転職先を探しているのではないでしょうか。

しかし一度それらを忘れて一旦クリアな自分になると、新しい可能性を模索してくことができます。

そして次は仕事に関することなど、転職時に必要な情報をなるべく多く調べていくことが必要です。

少しの情報から決定するよりも、より多くの情報から道筋を選んでいく方が視野が広がる選択ができることは明白でしょう。

自分に合う仕事は「この仕事しかない」と思い込んでいるかもしれません。

しかしそれはこの世の仕事をすべて把握をしたうえで決めているものではないでしょう。

今は知らない仕事であっても、実は自分に向いているものがあるかもしれません。

さらに、自己分析をしていくことも視野を広げて転職活動をするためには必要です。

自分ではわかっているつもりでも、書き出してみないと自分のキャリアの傾向がわからないことがあります。

キャリアの自己分析をしていくことで、より高い視点からキャリアプランを見つめていくことができるのです。

転職に役立つ資格などを取得していくことも視野を広げる方法の1つです。

例えば資格取得のためにスクールに通って、そこで転職に役立つ出会いがあることもあるのです。

もちろんスクールに通うことがすべてではありません。

独学の中にも、勉強の過程で思わぬチャンスに出会うこともあるでしょう。

これらの前向きな行動の中で学べることを大切にすることで、転職に役立つ可能性が開けていきます。

「視野を広げる」の意味は?

スマホをいじる画像

視野を広げるという言葉の意味は「ひとつのことに固執しない」「広いところから今目指している地点を眺める」です。

つまり、今までは「自分」という主観的な目線から見ていた物事を俯瞰的に見ていくことを示しています。

そうすることで、自分という視点からしか見ていなかった物事に対して新しい見方ができるでしょう。

意識して視野を広げてみる癖をつけていくことで、物事の本質に気づきやすくなり、真実を発見する糸口にもなっていきます。

視野が広い人の特徴

視野が広い人とはどんな人でしょうか?その特徴を解説します。

周囲の人への偏見がない

会議をするビジネスマン

視野が広い人は物事や人に対する「決めつけ」がなく、まっさらな視点で物事を見ることができるので先入観が少ないともいえます。

物事をありのまま素直に見ることができるため、偏った見方をすることがなく、噂話に惑わされて人を判断することがありません。

また誰かに洗脳されていたり支配されていることも少ないため、他の誰かの意見に惑わされ物事を見てしまう可能性が低いのです。

周囲の空気を読んで的確に行動できる

オフィスの女性

空気を読んで行動するためには、相手との会話などのわかりやすい状況以外から的確に周囲の状況を把握する視点が必要です。

視野が広い人は外側の状況を観察する目が優れています。

外の状況を的確に把握するためにはいったん自分の内側から外に出て、物事を観察する目を持つことが必要でしょう。

いつも自分の内側にこもっていたり、自分の考えだけが「正しい」と感じていると、全体を見渡す心の余裕がなくなってしまいます。

自分の内側から積極的に交流しながら周囲を観察し、相手の気持ちなどの無言の気配も読み取ることに長けています。

その上で的確な行動を選択でき、そしてそれらを同時にこなしていく能力を備えていることも視野の広い人の特徴です。

ネガティブな感情に左右されない

視野を広く持つことを意識していると、つい陥ってしまいがちな「ネガティブなことに執着する心」も緩和されます。

他人の意見を聞いて切磋琢磨していこうとする姿勢が、自分の中にあるネガティブの量も減らしていくのです。

もちろんここまで到達するためにはかなりの「視野の広さ」が必要でしょう。

しかし「感情」が持つエネルギーはとても自己的で、行動を左右することもあるものです。

このことを意識すれば「感情を疎かにしないが、感情に振り回されない」といったスタンスができあがります。

視野の広さを意識していると、つい感情的になってしまうような場面でもそれが自分を助けてくれる武器となっていくのです。

視野が広いことのメリットを知ろう

視野の広さを意識していくと、どんなよいこのがあるのか見ていきます。

メリットを意識すると、前向きに「視野を広く持とう」と思えるのではないでしょうか。

相手の立場を考えることができる

打ち合わせをする女性

先入観や思い込みが強いと、相手を「こういう人」と決め込んで接してしまうことがあります。

しかしビジネスでこれをしてしまうと誤解を招きやすく、人間関係に摩擦が生じかねません。

視野を広く持つことで、噂話や先入観に惑わされず、相手の本当の姿を見やすくなってくるでしょう。

相手を様々な「色眼鏡」をかけて見ないことも、視野を広げることにつながります。

そういった視点を持つことで初めて、相手の立場に立って物事を考えることができるのです。

相手の立場を理解することで人間関係のトラブルなどを回避できるでしょう。

発想力や分析力が高くなる

新しい考えを取り入れず、今までのやり方に固執していると新しい発想力が芽生えることはありません。

他の人の意見を参考にしたり新しい情報を収取することで新しい道が拓けていきます。

視野が狭いと集めた情報も自分の固定観念に則ってしか受け止められません。

視野が広い人は自分の考えに囚われずに情報を受け止めるため、より多角的に物事を捉えることができます。

同じ情報を得たとしても、視野が広い方が情報をより深く分析し、そこから新たな発想が浮かぶのです。

環境に左右されずポジティブになる

視野が狭い人は古い価値観に固執しがちな傾向があります。

しかし視野の広い人は古い態勢に対する執着心は無意味だと気づいているものです。

そして新しい価値観を得るためにはこれまでと同じ行動ばかりをとっていても時間を浪費するだけになってしまいます。

今までとは違う行動をしたり積極的に行動し、より自由になり古い観念を脱ぎ捨てていけるでしょう。

視野を広げることを意識していれば、変化を厭わず受け入れることが自然とできるようになります。

視野が狭いことによるデメリットは

視野が狭くなってしまうとどんなデメリットがあるでしょうか。

気づかないうちについ視野が狭まっていることもあるので、意識的に視野の狭くなっていないか振り返ってみましょう。

同じ間違いを繰り返してしまう

考える女性

視野が狭い人の特徴的として、人の話を素直に受け止められないというものがあります。

他人が自分のためを思って注意してくれていても、プライドを傷つけられたと感じて聞く耳を持たない場合もあるでしょう。

また、途中で他人の話を遮って自分の過ちを認めようとしない場合も考えられます。

この時の気持ちとしては、相手が自分を攻撃していると感じてしまっているのです。

注意に耳を傾けない行動は、一時的に自分を攻撃から守ったような気持ちになるかもしれません。

しかし同じ間違いを何度も繰り返してしまうことがあります。

きちんと注意された点を反省することで、間違いが正され減っていくのです。

攻撃的に感じてしまう場合、相手の気持ちを確認するための質問などをしてみましょう。

そうして確認しながら「攻撃ではない」と自分が感じれるようにコミュニケーションを取っていく工夫が必要です。

自分の成長を妨げる

視野が狭いと自分の意見を押し通そうとしたり、自分のエゴ主観だけで物事を決めようとしてしまいます。

自分の考えだけで行動していた場合、自分が想定していなかったことへの対応はできないでしょう。

起こっている物事に対して臨機応変に対応できなくなるため、感情に振り回されたり冷静さを失いやすくなってしまうのです。

これによりチャンスを逃してしまったり、良い流れが来ていても見逃してしまいやすくなってしまいます。

視野が狭くなる原因

視野が狭くなってしまうのはどんな原因があるのでしょうか。

避けられる要因は意識して避けることで、視野が狭くならないように取り組んでいけます。

知識や経験が足りない

本とノート

行ったことのない場所に行くと視野が広がりますし、本などで知識を得ようとすると他人の考えを知ることができます。

人と会話していても、なかなか「その人の考え」に到達するほど話が深まらないことも多々あるでしょう。

そんな時は読書という手段で人の考え方を知ることができます。

いつも同じルーティーンで生活をしていると、新しいものの見方ができずに通り一遍答の答えしか思い浮かばないことが多くなります。

新しい知識を得たりいつもの行動を変えてみるだけでも、少し視野が広がったことを実感できるでしょう。

ひとつの考えに固執している

視野が狭くなると他人の意見はあまり聞かず、自分の考えに固執することがあります。

固執することは一見自分を大切にしているように見えるかもしれません。

しかし歪んだ感覚を生み出してしまうこともあるので注意が必要です。

例えば、他人がなにげなく発した言葉を自分への当てつけだと捉えて怒ってしまったとします。

しかし後で冷静になると「なんであんなことで怒ってしまったのだろう」と反省してしまったりするのです。

普段から視野を広げることを意識できていれば、すぐに誤りだったと訂正できたり、初めから視野の広い考えが生まれてくるでしょう。

実践したい視野を広げるポイントをチェック

では具体的にどのような行動をしていくことで、視野が広がっていくのでしょうか。

具体的なポイントをチェックしていきます。

情報収集をして知識を得よう

開いた本とノート

視野を広げるためには、まずは情報収集をすることをおすすめします。

転職したい企業のことや希望の職種、取得した方が良い資格などの情報を多く集めてみましょう。

多くの情報に触れることで関係ないと思っていた物事が実はつながっていることに気づくなど、新たな発見があるはずです。

さらに希望の職種が自分に本当に向いているのかどうかも見えてくるでしょう。

また、実際に年代の近い女性が仕事に対しどんな考えを持っているかを知ることも情報収集のひとつです。

「人の意見を知って何のメリットがあるの?」思う人がいるかもしれません。

しかし人の意見などにも耳を傾けながら最終的に自分で判断を下してもよいのではないでしょうか。

「人に左右される」ことと「人の意見を参考にし、よい点だけを取り入れる」のは別です。

他の女性の仕事に対する考え方などは派遣サイトのコラムやWebサイトなどで掲載されていることがよくあります。

読書量を増やして様々な価値観を知ろう

本棚

読書量を増やすことも視野を広げるためには有効です。

本を読むことは著者の考えに触れることでもあります。

例えば自分が興味のある話題を扱った自己啓発系の本を読んだとしても、著者は自分とは違う視点でその話題を捉えていることでしょう。

さらに関連する話題を広く知ることもできるため、自然と知識量は増えていきます。

小説であっても自分が知らなかった言葉や表現に触れることができ、それによって感性が磨かれていくでしょう。

様々なジャンルの本を読むことで多様な価値観に触れ、それを吸収することで視野が広がることにつながっていきます。

仕事に限らず様々な経験をしよう

デスクトップPC

視野を広げるための「新たな経験」というのに決まりはありません。

例えば旅に出ることも新たな経験として良い影響があるはずです。

馴染みのない土地に出かけることで、新しい発見や出会いがあり、視野が広がることに間違いありません。

しかし転職活動中で旅行に行くよりも、なるべく出費を抑えたい人もいるでしょう。

その場合におすすめなのは派遣会社の無料スクールに通うことです。

派遣会社によって様々なワークやスクールを用意しおり、PCの無料スクールを開催している派遣会社もあります。

登録スタッフなら無料で参加できるセミナーもあるので、転職活動がてらそういった派遣会社に登録をすると良いでしょう。

これからの転職活動に向けてスキルアップしておいても損はないはずです。

視野の広さは転職活動で活かせるアピールポイント

面接を受ける女性

視野が広いと、自分の考えや発想ばかりに執着せずにチームで協調しながら結果を導きだすことができます。

自分の価値観を他人の価値観をぶつけ合うことを「喧嘩」と捉えてしまうと、心的苦痛が生じてしまうでしょう。

しかし「新たな価値観を生み出す瞬間」と前向きに捉えると、一人では思いつかない解決法にたどり着くこともあります。

ただし「視野の広さ」を自分のアピールポイントとすると漠然とした印象になってしまいます。

自分の経験なども交えて「視野の広さ」をアピールするとよいでしょう。

例えば仕事上で他者の立場になって考えたことでプロジェクトの成功に至ったエピソードなどでアピールします。

それにより人事担当者は、チームメンバーなどと協力して仕事をする姿を想像しやすくなり良い印象を抱いてくれるでしょう。

転職対策で困った時は転職エージェントを活用しよう

面接をする女性

ここまで視野を広げる方法やメリットを解説してきました。

しかし価値観が自分の中で固まっている人ほど、別の視点から考えるということが難しいと感じてしまうものです。

その場合は転職エージェントに相談することを検討してみてください。

転職エージェントであれば自己分析今後のキャリアの展望について一緒に考えて欲しいといった相談もできます。

まとめ

ノートに書き込む女性

今回は視野を広げる方法やメリットを解説しました。

転職において「視野を広げる」というのは漠然とした言葉ですが、さまざまな意味が含まれています。

転職活動先で「視野を広げよう」と言われたとしてもがっかりする必要はありません。

裏を返せば「もっと自社に興味を持って欲しい」という気持ちの表れであることもあるのです。

転職先の会社でも、仕事で活躍していくためには視野の広いものの見方ができることが欠かせません。

転職活動中から視野の広さを意識しておいても損はないはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら