転職の面接では定番の質問がいくつかありますが、挫折経験を聞くこともその1つです。

この質問への回答によって、企業の採用担当者の応募者に対する印象は変わります。

そこで今回は面接で挫折経験を聞かれた時の答え方について、良い例と悪い例を取り上げながら解説します。

Contents

面接で挫折経験を聞かれた時の答え方

163484_l

挫折経験は面接時によく聞かれる質問です。

挫折経験と一口に言っても、人によって捉え方は様々であり、どのような経験を書けば良いか迷う人は多いことでしょう。

また、特に挫折といえる経験をしたことがない、という人もいるかもしれません。

この質問は、面接官がどのような意図で質問をしているのかを理解して回答する必要があります。

面接官の意図を汲み取り、自分のアピールにつながる回答をしましょう。

面接官が挫折経験を聞く理由とは

転職面接において面接官が挫折経験に関する質問をするのは、その回答によって応募者がどんな人材か見極められるからです。

ここでは、面接官が知りたがっていることを具体的に説明します。

努力をした経験があるか

4191343_m

挫折経験を質問する理由の1つが、応募者がこれまでに本気で努力した経験があるかどうかを知る、というものです。

挫折をした経験があるということは、高いあるいは困難な目標を掲げて挑戦した事実の表れです。

さらに、何かに真剣に打ち込むことができるということは、物事に意欲的に取り組めることの証明にもなります。

仕事で挫折しても乗り越える力があるか

3800699_m

挫折した際、その事実に打ちのめされて、前向きな努力をやめてしまう人がいます。

また、失敗をしたりミスをしたりといった、注意を受けるレベルの出来事でひどく落ち込んでしまう人もいるでしょう。

しかし仕事をしていれば大変なことに直面することは往々にしてあります。

その度に落ち込んでしまっていては業務にも支障がでてしまうでしょう。

挫折した事実から自分の弱みや改善点を見つけ、それを次に生かそうとする気持ちがあれば、それを乗り越えられます。

挫折経験とその後の対応を聞くことで、仕事でつまずいても乗り越える力をもった人材かどうかを、面接官は見極めるのです。

挫折を克服して成長できる人材か

本気で物事に取り組んだ結果、失敗してしまうと、大きな挫折を味わうことになります。

しかしその失敗を克服することができれば、それは成長につながるでしょう。

挫折したことで困難から逃げ出したり、反省せずそのままにしたりしては、それ以上の成長が望めません。

同じ状況に陥った際に、同じ失敗を繰り返してしまう可能性もあるでしょう。

挫折経験をどのように受け止め、そこから何を学び、その結果どう変わったかを説明できるかどうかを、面接官は見ています。

しっかり振り返りをして行動が変わっている応募者に対しては、挫折を克服して成長できる人材という印象を深めるはずです。

 

ワンポイント
質問の意図を意識して回答を作りましょう。

 
マイナビエージェント
登録はこちら(無料)
 

挫折経験を答える時のポイント

先述した通り、挫折経験に関する質問は面接官の意図をくんで回答する必要があります。

ここでは中でも重視してほしい2つのポイントについて、具体的に説明します。

挫折を克服したエピソードを話そう

2408683_l

挫折経験を話す前提として、克服したエピソードを話すことを心がけましょう。

克服できなかったエピソードでは、どう成長したのかをアピールできず、面接官の質問の意図が汲み取れていないと思われてしまいます。

面接官が知りたいのは、応募者の人間性や物事の考え方です。

面接官に対して、具体的なエピソードと共に、なぜそれが挫折になるのかという理由を伝えましょう。

挫折経験で明らかになった課題に対し、自分がどのように克服したのかを具体的に説明します。

挫折を乗り越えた「行動」と何を学んだのか話そう

162203_m

挫折経験について問われた時には、自分がとった行動と、その経験で学んだことを、合わせて説明しましょう。

挫折を経験した後、それを乗り越えるために行動し、そこから何かを学ぼうとする姿勢がなければ、次につながりません。

つまり挫折経験とそれを乗り越えるまでのプロセスを、しっかり伝える必要があります。

起こった出来事に対して反省や改善ができ、次のステップにつなげることができる人材であることをアピールしましょう。

また、どのように行動したのかを具体的に伝えることで、面接官は応募者が入社後どう仕事に取り組むのかイメージしやすくなります。

他の質問と整合性をもたせる

転職面接に臨むうえで大事なポイントに、すべての発言に一貫性があることがあげられます。

具体的には挫折経験から学んで得たスキルや考え方が、自分の長所や強み、アピールポイントと矛盾しないよう配慮が必要です。

例えば挫折経験に関する質問で、「失敗の原因を分析し、改善する習慣がついた」と回答したとします。

しかし自己PRで「ミスがあっても引きずることなく、次に進める心の強さがあります」と伝えると面接官に疑念がわきます。

面接前にすべての想定回答を整理し、矛盾がないかをチェックするようにしましょう。

 

ワンポイント
克服した際の行動が伝わるように意識しましょう。

挫折経験を答える時の注意点

転職面接で挫折経験について答える際、面接官が求めている回答であることが、内定に近づく第一歩です。

ここでは、面接で挫折経験について答える際に気をつけたいポイントを2つ紹介します。

挫折経験を話すだけでは足りない

1340967_l

1つめは、応募者の挫折経験の内容だけを伝えても意味がないと自覚することです。

面接官は、応募者の失敗談の詳細が聞きたいわけではありません。

その体験とどう向き合いどう克服したのかを聞くことで、応募者の人となりを把握しようとしています。

エピソードに終始するのではなく、自分がどう向き合い乗り越えたかを論理的に説明するよう意識しましょう。

具体的な構成としては、以下のような流れで話すことで、面接官に伝わりやすくなります。

  1. どんな挫折経験をしたのか、まず結論を語る
  2. 挫折経験について具体的に説明する
  3. なぜその体験が挫折だと思うのか、その理由を説明する
  4. その挫折経験への取り組み方を語る
  5. その挫折経験で何を得て学んだかを語る

これらの要素や順番を意識して、事前に回答例を作成しましょう。

レベルが低い挫折経験は話さない

919911_m

転職面接において挫折経験について質問する際、応募者がどのような目標を掲げたのかも、重要なチェックポイントです。

自分なりに精一杯努力しても、どうしてもうまくいかなかった時に初めて、人は挫折を感じるものです。

つまり自分の人生において困難だといえる内容でなければ、話す意味はありません。

「遅刻して叱られた」など、レベルが低い挫折経験を話すことはむしろマイナスに作用します。

日常の些細な失敗では印象に残らず、また、高い目標を掲げたことのない、意欲の低い人だと思われてしまうでしょう。

自分の挫折経験が面接時に話して適切かどうかを知りたいなら、転職エージェントに相談するのも1つの方法です。

転職に活用できる回答例をチェック

転職面接の際に挫折経験について話す時には、必ずしも前職でのエピソードである必要はありません。

ここでは転職面接に活用しやすい、挫折経験に対する回答例を3つ紹介します。

サークル活動での挫折経験

4192885_m

私の挫折経験は、高校最後の引退試合にケガで参加できなかったことです。

全国大会出場を目標に競技に取り組んでいたのですが、目標を達成しようという焦りによって過度なトレーニングを続けたことが原因でした。

部長として部員のお手本であろうと努力したつもりでしたが、方法を誤ったことでかえって迷惑をかけてしまいました。

部員からの信頼を回復し、部に貢献しようと思い行ったのが、対戦相手のデータ分析やそれをもとにしたアドバイスです。

最終的には部が全国大会出場を果たし、部長としてチームに貢献できたものの、自己管理の大切さを学びました。

この経験で得た考え方は、職場で協働するうえでも生かせると考えています。

事務職での挫折経験

4420879_m

私の挫折経験は、前職での事務業務が効率良くこなすことができなかったことです。

業務に取り組む際、仕事を完璧にこなしたいという思いから確認作業を徹底的に行っていました。

ところが、ミスを恐れるあまり確認作業に手間取り、他の人よりも対応が遅いと指摘されてしまったのです。

自分が担当していた業務を、自分では不十分だと判断されて後輩が担当することになったことでとても落ち込みました。

しかし、自分の業務スピードが求められている水準に達していないのは事実です。

そこで、自分のこれまでの取り組み方を見直し、どこに時間がかかっているのかを洗い出しました。

それによって自分の問題点や時間がかかっていた業務が明らかになります。

確認用のチェックリストを作成したり、チェック時間を計って常に意識したりすることで効率良く取り組むことができるようになりました。

この経験から学んだ業務への取り組み方や考え方は、貴社へ入社後も活かせると考えています。

後輩の指導での挫折経験

私の挫折経験は、前職でアルバイトの指導をしっかりと担えなかったことです。

勤務していた飲食店ではアルバイトを多く雇用しており、社員として新人教育を担当していました。

長く働いていたスタッフが多く辞めた時期に採用したアルバイトに対し、戦力になってもらうために厳しく指導を行いました。

その結果、私が指導係をしたグループのアルバイトだけ、離職率が高くなってしまったのです。

退職の理由を店長経由で聞いたところ、私に対して不満を募らせていたと聞き落ち込みました。

しかし振り返って考えてみれば、私の指導は仕事ができることのみを重視したものでした。

仕事の面白さを伝えたり、相手の成長を認めて褒めたりをしていなかったことに気づいたのです。

それ以後はアルバイトの指導方法を変え、離職率も下げることができました。

この経験から学んだ、人との関わり方を生かしながら、貴社でも活躍できればと考えています。

 

ワンポイント
挫折をどのように克服したのかを伝えましょう。

挫折経験のNG回答例

転職面接において挫折経験の回答方法を間違うと、面接官の評価を下げてしまうので注意が必要です。

ここでは、挫折経験について回答する際に気をつけたい、NG例を2つ紹介します。

取り上げるエピソードが浅い

3184109_l

「私の挫折経験は、レポートの提出期限を間違えてしまったことで必修単位を落としたことです。

その科目ではグループでの研究発表の準備も同時に行っており、提出期限は同じだと思い込んでいたことが原因です。

後輩と共に再履修した時には、必ず提出期限を確認する習慣がつき、無事に単位を取得しました。

この経験を生かして、入社後も期日に遅れずに業務を遂行する所存です。」

この例文では本人の勘違いによる失敗を述べています。

しかしこれではスケジュール管理ができない、うっかりミスをする可能性があると思われてしまうでしょう。

期日を守ることはビジネスにおいて非常に重要なことです。

場合によってはマイナスな印象抱かれてしまうため、こうしたエピソードは避けるようにしましょう。

挫折経験がないと言う

「私には、挫折経験と呼べるほどの体験はありません

アルバイトや受験でミスをしたことで一時的に落ち込んだことはありますが、その気持ちが長続きしたこともないと思います。

失敗してもやり直せばよいと考えているので、落ち込むより次につなげることを意識して、仕事に取り組みたいと考えています。」

挫折経験がないと答えてしまうのもNGです。

挫折したことがないということは、これまで高い目標に挑戦したことがない人だと思われてしまう可能性があります。

また、前向きな気持ちを持つのは良いことですが、失敗を振り返って反省しない人だと思われてしまうでしょう。

挫折経験がない時の対処法

転職準備を進めている女性の中には「自分には挫折経験がない」と考えている人もいることでしょう。

しかし想定回答を用意しておかなければ、面接で困ることになってしまいます。

ここでは、自分に挫折経験がないと感じた時の対処法を2つ紹介します。

今までの人間関係や周囲の環境の変化で考えてみよう

3810374_m

自分は大きな挑戦をしたことがないと感じているなら、これまでの人間関係周囲の環境の変化についてふり返ってみましょう。

クラスメート・部活動・職場など集団で協働した経験は、誰にでもあるはずです。

そうした中で良好な人間関係が築けなかったり、チームでの成果をあげられなかったりといった出来事は、挫折体験として説明できます。

また自分の発言や行動が、周囲の環境を変化させた経験をもつ女性もいることでしょう。

そうした悩みに直面した時に、自分はどう考えどんな行動をしたのかを考えると、回答を構成できるはずです。

その際、そうした経験を繰り返さないために、現在意識していることを盛り込むのを忘れないようにしましょう。

熱中していたことから考えてみよう

人間関係に大きくつまずいたエピソードがない時には、自分が熱中していたことを思い出してみましょう。

それがスポーツであっても習い事であっても、最初から上手にできる人はいません。

自分ではまだまだだと思っていても、周りからみれば十分な実力を身につけている可能性もあります。

無自覚であっても上達するからには、練習したり方法を考えたりといった、自分なりに工夫した点が必ずあるはずです。

エピソードとしては地味でも、努力を続ける姿勢が伝わる可能性が高いのでおすすめです。

 

ワンポイント
過去の経験を振り返って挫折したことがないか探してみましょう。

面接官が挫折経験を聞くことで何を知りたいのか理解して対策しよう

77839_m

転職面接では面接官に対して採用してもらえるよう、最大限自分をアピールする必要があります。

面接官が採用したいと思うのは、一緒に働きたいと思える人材です。

面接時に質問に対し的確な回答ができない応募者を、わざわざ採用しようとは思いません。

前述した通り、面接官は意図があって応募者に挫折体験を聞いています。

それを踏まえて回答することが、内定に近づく早道です。

また単に回答するのではなく、自分の人間性や長所も伝えられるように、エピソードや話し方はしっかり練習しましょう。

 
マイナビエージェント
登録はこちら(無料)
 

転職相談は転職エージェントを活用しよう

4193266_m

後悔のない転職を実現するためには、職場と自分の相性も重要なポイントです。

また自分の強みやスキルを生かせる職場を見極めるのは、簡単なことではありません。

適職や自分にマッチする職場の見つけ方、転職活動の進め方がわからない時には、プロのサポートを受けるのが一番です。

まずは転職エージェントに登録し、転職相談を受けることから始めましょう。

転職エージェントでは面接対策の相談をすることもできます。

挫折体験がどうしても浮かばない、うまくまとまらないという場合には、ぜひ相談してみてください。

キャリアアドバイザーによるカウンセリングを通して、自分では気づかなかった強みを引き出してもらえるかもしれません。

転職エージェントを積極的に活用し、満足できる転職をかなえましょう。

 
マイナビエージェント
登録はこちら(無料)
 

まとめ

2588276_m

今回は面接で挫折経験を聞かれた時の答え方について、良い例と悪い例を取り上げながら解説しました。

挫折経験に限らず、転職面接で定番の質問については、意図を理解し的確に回答することが大事です。

自己分析やキャリアの棚卸しを徹底し、転職エージェントも活用しながら、しっかり回答を準備しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら