転職活動を行う人の中には第二新卒で転職を考えているという人もいるでしょう。

一般的に就職後すぐに転職する場合、面接で早期退職した理由を確認されます。

印象を損なわないように退職した理由を伝えられるかが不安という人は多いことでしょう。

今回は第二新卒の早期退職理由をうまく伝える方法を解説します。

第二新卒の早期退職理由の伝え方

スーツを着た女性

第二新卒の転職活動では「早期退職理由を説明しなくてはならない」場面は想定しておくべきでしょう。

しかしこれは第二新卒で転職活動をする多くの人が不安に思うものです。

早期退職した理由を前向きに捉えた上での決断であると面接官に伝えることができるのかは面接の明暗も左右します。

早期退職する理由は人それぞれです。

サービス残業の多さや作業量に対する給料が少ない、やりたいことが他にあったなど様々な理由があるでしょう。

これらの理由をありのままに話しては良い印象よりも場合によっては悪印象を抱かれしまう可能性があります。

会社が目指しているのは人を雇うことで業績が向上し会社が成長していくことです。

そのため応募者には会社に長く在籍し、多くの貢献をしてくれることを会社は期待しています。

面接官が知りたいのは応募者の価値観仕事への適正です。

面接ではあらゆる質問の中でこれらの点をうまく表現する必要があります。

面接官が転職理由を聞く意図は?

面接官の質問は全て会社への適正や応募者自身の価値観を探るためのものです。

まずは具体的に面接官が転職理由を聞く意図を解説していきます。

仕事への意欲を確認したい

ノートPCで作業する女性

面接官は、その会社に対するあなたの仕事への意欲があるかどうかを確認したいと考えています。

仮に前職を退職した理由が「自分の能力が発揮できないと感じたため」だったとしましょう。

この時「能力を発揮できないから辞めた」と話すとあまり良いイメージを持たれません。

面接官は、やりたくないことをすぐ投げ出す人、または自分の好きなこと以外の仕事をしない人なのかと感じてしまいます。

この場合は自分なりの試行錯誤を繰り返したがそれでも変わらなかったため転職を決意したと伝えましょう。

試行錯誤の内容はなるべく具体的に述べることで、仕事を前向きに取り組んでいたことが伝わります。

自身の成長と現状を考慮した結果の第二新卒として転職活動だという背景が分かると面接官が受け取る印象は大きく変わるものです。

仕事に対し意欲的で成長環境を求めていること、その環境に応募企業が適していると感じたという明確な意思を伝えましょう。

長期的に活躍してくれるか判断したい

デスクトップPCで作業する人

面接官が面接で見極めているポイントの1つが、応募者が長期的に活躍してくれる人材かどうかという点です。

第二新卒の採用では新卒採用と同じく将来の期待値をコストを払ってまで雇いたいという企業側の思惑があります。

そのため企業としては就職して早期に退職されるリスクを避けようとします。

前職を早期退職した理由が会社の社風との不一致だったとして、企業側は同じ理由で早期退職されてしまう可能性を危惧するでしょう。

仕事を続けていると全て自分が思う通りに進むことはほとんどありません。

むしろ相手がいる以上うまくいかない場面の方が多いこともあります。

うまくいかなかった時、合いそうにないと思った時にその人が長期的に継続する努力ができる人かを面接官はみています。

具体的には、改善する努力をしたか、自分の中でうまく立て直す力が備わっているかなどです。

企業側で社員のケアをする努力は当然必要ですが、社員も同時に企業に貢献する努力をすることが望ましいでしょう。

ビジネスマネーが備わっているか判断したい

第二新卒の人に対してビジネスマナーが備わっているかを判断します。

第二新卒での転職活動の場合、まだ現場での経験や一般的なビジネスマナーが備わる前に早期退職をした可能性があるためです。

しかし社会人である以上基本的なビジネスマナーは「備えていて当然」という認識になります。

言葉遣い・立ち振る舞い・コミュニケーションなど、自分がビジネスマナーをきちんと備えているかもう一度確認しましょう。

転職面接で好印象を与える伝え方は

ノートとコーヒー

転職面接で好印象を与える伝え方は、ポジティブな理由に焦点を当てて話すことです。

もちろん退職・転職の理由にはポジティブな理由ばかりでなく、ネガティブな理由の場合もあります。

しかし全てが2つのどちらかでしかないということはないはずです。

そのため「ネガティブ発言完全NG」など自分の話を制限しすぎると、真実味がなかったり嘘を言ってしまうことにもつながります。

あくまでも、どちらもあるがポジティブな理由に焦点を当てて話す、ということを心がけましょう。

面接官が求める人材は「会社の業績に長期的に貢献できる人材」です。

面接で退職理由を話す時はこの点を意識して話すことで好印象を与えることができます。

自分が取り組むものに関する熱い情熱や自ら試行錯誤し問題を解決しようとする姿勢など仕事に対しての前向きな姿勢を示しましょう。

これらを伝えることで、面接官に自分が会社に貢献できる人材だと大きくアピールすることができます。

人間関係で上司と馬が合わなかったことが理由だとしても伝え方一つで大きく印象が変わるものです。

ネガティブな理由を先に出すのではなく、あくまで自分が企業に貢献する人という視点からポジティブな理由に焦点を当てて話しましょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


第二新卒の面接でのNG例

ここで、面接次のNG例をいくつかご紹介します。

伝え方で本来思っている意図と異なる解釈を面接官に与えてしまうこともあるため注意が必要です。

例①上司との馬が合わなかった。人間関係で苦しかったから退職した

スーツを着た女性

人間関係が上手くいかなかったとしても、それをそのまま伝えてしまうと良い印象を与えません。

あなたが新しい環境に身を置いたときに必ず良い人間関係が築ける保証はないからです。

同じ理由で「今度も人間関係が良くなかったらすぐ辞めてしまうかもしれない」と面接官に思われてしまいます。

複数人で仕事をするとその中に1人や2人、合わない人がいることは普通に起こり得ます。

そういった場合に、自分でも気遣いや適切なコミュニケーションをとる努力をする必要があるのです。

たとえ退職理由が人間関係が原因だったとしても伝え方を工夫して相手がどう受け取るかを考えながら言葉を選んでいきましょう。

例②給料や福利厚生がよくなく、待遇に不満があった

悩む女性

給料の話を面接の冒頭に話すことはあまりいい印象を与えません。

給料はあなたが会社に貢献したことに対する対価として支払われます。つまり「貢献→対価」の流れです。

先に給料の話をすると、会社に対する貢献度よりも自身の待遇を優先しているという印象を面接官に与えてしまいます。

待遇の話をするならばまずは自分が会社にどれくらい貢献できるかを明確に伝えてから話すように心がけましょう。

例③難しい仕事ばかりで自分の能力を発揮する前に降格などがあり居づらくなった

難しいことに取り組むことは大変ですし、それでうまくいかなかった時に後ろめたい気持ちになることもあります。

しかし、そもそも会社は学校ではないので、何でもかんでも教えてくれる環境はありません。

自分で試行錯誤し、改善をすることで周りからサポートともらう努力が必要です。

課題解決に向けて努力したことをうまく伝えることができたら面接官も「すぐ諦める人」という印象は抱きません。

段階でどういった努力をしたかのかという点を整理し、そこをうまく伝える方法を見つけましょう。

第二新卒に多い転職理由は

早期退職をする理由は人それぞれです。その中でも第二新卒の人に多い転職理由を紹介します。

人間関係

会議をする人々

人間関係で転職を考える人がとても多いため、当然面接官もその理由を多く聞くことになります。

上司からのハラスメントや同僚間での不和など、一口に人間関係といっても様々です。

ただしどのような人間関係だったのかを詳しく説明する必要はありません。

退職までに至った経緯の中で企業に貢献する姿勢をとった部分を掘り下げて話す内容を考えましょう。

給与や待遇面

重ねられたコイン

サービス残業や補助などの待遇が良くないと仕事へのモチベーション維持や生活が困難になるでしょう。

しかしこの理由をそのまま面接官にぶつけてもいい効果は期待できません。

まずは相手に自分が貢献できることは何か?という視点で話すように心がけましょう。

会社側に待遇面で何を望んでいるかを先に提示してしまうと良い印象にはなりづらいです。

仕事の内容

仕事内容が極端に難しかったり、逆に簡単な仕事しか任せてもらえずストレスを感じて転職を決意する人もいるでしょう。

上司・マネージャーの責任だと決めつける前に自分が改善できることはないか?というステップを必ず踏むようにしましょう。

面接官に伝える時はその時踏んだ過程をわかりやすく伝え、過程の努力をうまく伝えることを意識します。

会社の将来への不安

会社の将来への不安はどの会社に所属していても大なり小なり必ずつきまとうものです。

先行きが怪しいから自分はやめたという理由をそのまま伝えた場合、面接官は会社を見捨てたように感じてしまうでしょう。

不安だからこそ今自分が会社に対して何か貢献できることはないか?という視点も忘れずに持ちましょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

退職理由で嘘をつかない方がいい理由

メモを書く女性

ここまで転職面接で好印象を与える伝え方について解説してきました。

ただ、後ろめたい理由で退職したなど、本当のことを言うのが憚れる人もいるかもしれません。

しかし、嘘をつくことの方が実は賢明ではないです。

個人のSNSなどの発信や日常会話で嘘がバレる可能性は十分にあります。

今の時代SNSなどで個人の情報は多く入手できます。

その時上部だけ保つために嘘をついていたと面接官にバレてしまうとむしろ印象が悪くなるのです。

たとえバレなくても「嘘がバレてないか?」を常に意識し、余計なストレスを抱えることになるでしょう。

これはとても神経を使うことであり、本来の自分の話ができない恐れも出てきます。

あくまで嘘をつかず、その上で伝え方を工夫して堂々と面接をしていきましょう。

正直に答えても良い退職理由

面接をする女性

退職理由には後ろめいた理由以外にもポジティブな退職理由も当然あります。

やりたいことに向けてのステップアップや、他業界で活躍するためのスキルアップなどの理由です。

こういった向上心のもと決断したことに対してはマイナスのイメージを持たれることは少ないでしょう。

自分の中で計画があり、その上で転職を検討しているということを明確に伝えましょう。

面接官としても「目標を立て、その通りに実行する力がある人」という印象を持ってもらえます。

必ずしも退職=ネガティブという話ではないため、正直に伝えても問題ないものは自信を持って答えましょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


転職理由をポジティブにするポイントをチェック

最後に転職理由をポジティブにするポイントをチェックしていきます。

転職理由と志望動機をはっきりさせよう

開いたノートとペン

自分の転職理由とこの会社を選んだ志望動機をはっきりさせましょう。

転職理由をはっきりさせるのは、伝え方を整理することで良い印象を持ってもらう準備をするためです。

また志望動機を明確に伝えることで面接官に熱意を伝えることもできるでしょう。

それによって「またすぐ辞めるかも」という面接官の不安を拭うことができます。

先にポジティブな面での転職理由を整理し、就職後には会社で長期で働く意思も伝えましょう。

前向きな姿勢やチャレンジ精神を伝えよう

笑顔で話す女性

前向きな姿勢チャレンジ精神があることを伝えることで面接官も前向きに採用を検討してくれるでしょう。

転職理由として「別の業界にチャレンジして自己成長をしていきたい」など意欲的な気持ちを持っていたとします。

これをうまく伝えることで面接官に「この人に仕事を任せたら期待通りに役目を果たしてくれる」という印象を与えられるしょう。

ここで、120%の成果を出します!といった根拠のない意気込みだけを伝えるのはあまり得策ではありません。

あくまで「前向きにお仕事に取り組む気持ちを持ってます」ということを伝えるだけで十分です。

自分の成長が企業のメリットになることを伝えよう

個人の成長が企業にとってもメリットになることを伝えましょう。

例えば異なる業種への転職の場合、前職の経験を生かして新たな取り組みを模索することが可能と伝えることもできます。

それによって企業の成長に貢献できれば、それは会社にとっても十分なメリットです。

自分だけのメリットを考えるのではなく、双方にとってメリットになる理由を伝えるようにしましょう。

面接対策に困ったら転職エージェントに相談しよう

話し合う女性

ここまで面接対策について解説してきました。

1人で対策を行なっている時はどうしても不安に感じたり、誰かに相談して客観的な意見が欲しい時があります。

もちろん友人や家族に相談することもいいです。

それだけでは不安だという場合は、専門の経験を豊富に備えている転職エージェントへの相談をおすすめします。

自身で考えた内容以外にも過去の似たような相談などからさまざまな知見を生かしたアドバイスを受けることができるでしょう。

それにより確度を上げた転職活動ができます。

まとめ

開いたノートとペンを持つ手

いかがだったでしょうか?第二新卒は面接時に必ずといっていいほど「退職理由」を聞かれます。

自分の退職理由を整理し、その中でその企業に貢献できる人材だという視点を意識しながら話の内容を組み立てましょう。

また困った時は転職エージェントなどに相談することでより精度の高い面接対策が行えるはずです。

面接対策をしっかりと行い、転職を成功させましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!