転職の求人を見ると「経験者優遇」という言葉を目にすることもあるでしょう。

未経験で「経験者優遇」の求人に応募することはできるのでしょうか。

今回はそんな「経験者優遇」の意味や未経験で転職する時の注意点についてご紹介します。

Contents

未経験で「経験者優遇」の求人に転職する方法

考える女性

新しいことに挑戦したい・やりたい仕事があるという理由で転職をする人も多いでしょう。

しかし未経験での転職は「経験がないけど大丈夫?」と不安になることも。

また「経験者優遇」と書かれた求人を見て諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。

そんな経験者優遇の求人ですが未経験でも応募できる可能性はあります。

ただし未経験でも採用になる可能性がある求人と、可能性が低い求人があるので気をつけてください。

未経験でも経験者優遇の求人に応募するには見極めも必要です。

経験者優遇の意味とは

指をさす女性

経験者優遇にはどのような意味があるのでしょうか。

未経験で経験者優遇の求人に応募するためにまずは意味を知っておきましょう。

経験者を優先する

経験者優遇の意味の1つに経験者を優先するというものがあります。

もし経験者と未経験者が応募した場合に経験者の方を優先的に採用するということです。

未経験者が採用になる可能性はゼロではありません。

しかし経験者優遇の求人は経験者の方が有利になるでしょう。

給料などを優遇する

経験者優遇の求人は経験者の給料を優遇するという意味が含まれることがあります。

未経験者と経験者では入社してから1人前に仕事ができるまでにかかる時間が異なります。

その仕事の経験がなければそれだけ教育に時間と人件費もかかるでしょう。

しかし経験者ならすぐに即戦力になる可能性がありますね。

そのため経験者の給料を優遇するということです。

未経験者でも応募可能ですが給料で差が出る可能性があることは承知しておいた方がいいででしょう。

経験者優遇の求人は未経験でも応募できるのか

考える女性

未経験だけどやりたい仕事・挑戦したいことがあるという人もいるでしょう。

しかし「経験者優遇」と書かれた求人には応募することはできないのでしょうか。

本当に経験者のみ募集のケース

初心者マークとバツ印

経験者優遇の求人の中には経験者のみを募集しているケースがあります。

本当に経験者のみを求めている場合は「経験者のみ」としている求人もあります。

しかし未経験者お断りといっているのと同じなので印象が悪いと思う人もいるでしょう。

そのような印象を避けるために「経験者のみ」ではなく「経験者優遇」にしているのです。

このケースでは未経験者が応募しても採用になる可能性は低いといえます。

書類選考の段階で不合格になる場合が多いでしょう。

経験者の給料を優遇するケース

お金

経験者の給料を優遇するのも経験者優遇のケースの1つです。

求人に記載されている年収・月給に幅がある場合は経験者の給料が優遇される可能性があります。

このパターンでは未経験者の入社時の給料は一番下の給料から始まることが多いでしょう。

そして経験者は経験年数や内容・スキルによって給料が決まるので未経験者より高くなります。

「未経験者は〇〇万円からスタート」「経験によって変動」という注意書きがある求人もあります。

経験者も未経験者も応募しているケース

経験者も未経験者も応募しているケースでも「経験者優遇」としていることがあります。

会社が求めている人材は経験者だけではありません。

未経験であってもその人が「やりたい」という熱意があれば入社後に成長する可能性を秘めているからです。

しかしポテンシャルを見て採用したいという会社もあれば、人手不足で未経験でも受け入れるという会社もあります。

できれば経験者がいいけれど人手不足だから未経験者でも可という会社の思いです。

未経験でも応募することはできますが入社後のサポートを確認しておく必要があるでしょう。

あまりに人手不足の場合は仕事を教えてくれる人材も足りない可能性があるからです。

経験者の判断基準は?

条件

「経験者優遇」とありますが経験者とはどういった基準なのでしょうか。

ここでは経験者の基準についてご紹介します。

自分では経験者だと思っても会社は経験者と捉えない場合もあるので基準は要チェックです。

指定されている期間の実務経験

履歴書と職務経歴書

経験者の基準の1つに指定されている期間の実務経験があります。

少しでも経験したら経験者になるのでは?と思う人もいるでしょう。

特に知識や技術が求められる職種では期間が指定されることがあるので注意してください。

求人に記載される例には「〇〇の業務で実務経験2年以上」というものがあります。

実務経験はあっても指定された期間に達していなければ転職時に経験者として見なされません。

しかし経験者と見なされなくても全くの未経験ではないです。

そのため、履歴書や職務経歴書にその仕事の経験について書けばアピールにつながるでしょう。

応募する職種の求めるスキルがある

仕事をする女性

経験者を優遇する求人では知識や経験が求められるものが多いでしょう。

そのため応募する職種にスキルが必要なこともあります。

応募する求人に必要な資格やスキルが明記されていたら要チェックです。

もしその資格やスキルがなければ経験者と見なされない可能性があるからです。

経験者が優遇される理由

はてなマークを手にする女性

求人に「経験者優遇」と書かれていると未経験者にとってはがっかりすることもあるでしょう。

しかし経験者優遇の求人には理由があるのです。

それでは会社が経験者を優遇する理由について見ていきましょう。

即戦力の人材が欲しいから

会社が経験者を優遇するのは即戦力の人材が欲しいという理由があります。

未経験者を受け入れると企業は1から仕事を教えることになります。

1人で仕事ができるようになるまで教える人材が必要です。

戦力になるまでに時間もかかりますね。

人手に余裕があればじっくり教えることもできますが人材不足の会社ではそうはいきません。

その反面、経験者であれば会社の規則や使用するツールなどを教えるだけでいいという場合もあります。

つまり入社後すぐに戦力になることができることが期待できるのです。

人材不足や教育にかかる人件費の削減を考えて即戦力を求める会社は多いでしょう。

仕事内容が難しいから

経験者優遇の求人は仕事内容が難しい職種ということもあります。

仕事内容が難しいと教えるのに時間がかかり人件費もかかります。

そのためすでに知識や技術をもっている経験者を積極的に採用したいということです。

しかしそういった職種は人材不足になることも多く人材育成にも力を入れなければなりません。

人材育成に力を入れている会社なら仕事内容が難しくても未経験を受け入れている可能性があります。

実績から将来性を見やすいから

経験者はこれまでの経験や実績から将来性を見やすいといえます。

経験年数と年収のバランスで前の職場での評価を見ることもできます。

またどういった立ち位置で業務を行ってきたのかを知ることで入職後のイメージが湧きやすいでしょう。

未経験者の場合は入社して仕事を始めてみてわかる部分も多いです。

もし仕事が合わなければ辞めてしまうというリスクもあります。

そのため将来性が見えやすい経験者を優遇したいと思っているのです。

未経験でも狙える求人の探し方

スマホで調べる女性

未経験でも「経験者優遇」の求人に応募できないというわけではありません。

むしろ人材育成のために未経験者も採用したいと考える企業もいるのです。

それでは未経験者でも狙える求人はどのように探せばいいのでしょうか。

まず「経験者優遇」「経験者のみ」「未経験者歓迎」という言葉があるか確認しましょう。

ここで「経験者のみ」という記載があれば未経験者は応募できない可能性が高いです。

経験者を優遇する企業でも未経験者を受け入れているところもあります。

未経験者でも狙える求人を探すのなら転職相談への登録がおすすめです。

「未経験だからダメかな?」と諦めず応募可能な求人を検索してみましょう。

未経験者が経験者優遇の求人を応募する時に確認したいこと

チェック項目

未経験者が「経験者優遇」の求人に応募する時にはどのようなことに注意したらいいのでしょうか。

応募する前に求人や企業の情報から確認しておきましょう。

未経験歓迎の記載がある

初心者マークをもってOKを出す女性

「経験者優遇」の求人でも未経験者が応募できるか確認できる方法があります。

最もわかりやすいのは「未経験者歓迎」という言葉です。

この場合は「経験者を優遇するけど未経験者も歓迎します」という意味だと思ってください。

未経験者歓迎というからには未経験だからという理由で不合格になることはないでしょう。

ただし未経験者歓迎でも受け入れ体制ができていなければ入社から辛くなることも。

単に人材が欲しいから未経験者を採用するのか、人材育成ができる企業かの見極めが必要です。

未経験で入社している事例がある

未経験で入社している事例があれば未経験でも採用になる可能性があります。

社員紹介などが掲載されていることがあるので企業のホームページを確認してみてください。

もしそこで未経験で転職した人の紹介があればわかりやすいですね。

未経験で入社した人がいるのなら受け入れ体制ができているといえるでしょう。

人材育成に力を入れている会社という捉え方もできます。

研修制度が充実している企業

会社の研修のイメージ

未経験での転職は「仕事ができるようになるか?」「教育はどうなっているか?」と不安になる人も多いでしょう。

経験者優遇の求人に応募する時には企業の研修体制を確認しておくことをおすすめします。

入社後の研修体制がしっかりしている企業なら未経験でも安心して転職できます。

未経験者を受け入れる体制が整っているということになるからです。

もし受け入れ体制ができていなければ、せっかく転職しても仕事が思うようにできず辛くなってしまうことも。

研修については求人や企業のホームページを確認してみてください。

求人情報や事例から求める人材を見極めよう

マルとバツのカードをもつ女性

転職では応募しても書類選考で落ちてしまうこともあります。

不合格になったのが未経験だからという理由ではがっかりしてしまうでしょう。

履歴書や職務経歴書を準備したのにそもそも「経験者のみ」の求人だとするともったいないです。

効率よく転職活動をするためには企業が求める人材を見極めることが大切なのです。

経験者だけでなく未経験者も求めてるのかどうかは事例から確認することができます。

また求人にはどのような人材を求めているか記載されていることもあるので要チェックです。

未経験でも会社が求める人材であれば有利になる可能性もあるからです。

求める人材を見極めて自己アピールにつなげてください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

悩む女性

やりたい仕事があっても未経験だと不安になったり応募をためらう人もいるでしょう。

特に「経験者優遇」と書かれた求人だと応募してもいいのかと思ってしまいますね。

「未経験だけど大丈夫?」「応募してもいいの?」という転職の悩みがある方は転職相談に登録しましょう。

転職エージェントがあなたの転職の悩みにお答えします。

「経験者のみ」の求人だと応募しても書類選考で不合格になる可能性が高いです。

しかし実際には未経験でも応募できる「経験者優遇」の求人もあります。

先ほどお伝えしたように経験者優遇の求人に応募する時には確認しておきたいことがあります。

求人や企業のホームページに書かれていればわかりやすいですが必ずしもそうとは限りません。

そのような時も転職エージェントへの相談がおすすめです。

未経験者が入社した事例があるのかや研修制度について会社に確認することもできます。

転職エージェントに相談しながら未経験者が応募できる求人を見つけてください。

まとめ

ガッツポーズする女性

今回は未経験で「経験者優遇」の求人に応募する方法をご紹介しました。

経験者優遇には本当に経験者のみを採用するケースもあります。

しかし未経験でも採用している会社もあるので諦める必要はありません。

その企業がどのような人材を求めているのかをしっかりと見極めてください。

また未経験で応募する時には前例があるのかや研修制度がどうなっているのかも確認しておきましょう。

未経験で入社した人が活躍していれば安心して応募することができます。

また未経験の転職では「仕事ができるようになるか?」という不安を抱く人もいるでしょう。

入社後の研修制度がしっかりしていれば企業が未経験者を受け入れる体制が整っているということです。

未経験で応募する時は様々な不安や困りごとが出てくるものです。

そんな時は転職相談に登録して転職エージェントに相談してくださいね。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら