転職の面接では比較的よくされる質問というものがあります。

その中に「貢献できることは?」という質問がありますが、どのような答え方がいいのでしょうか。

今回は「貢献できることは?」の質問の答え方やポイントについて詳しくご紹介します。

Contents

面接で「貢献できることは?」と聞かれた時の答え方

面接

転職の面接では「貢献できること」を質問されることがあります。

質問の例は「弊社に貢献できることは何ですか?」「入社したらどのように貢献できると思いますか?」です。

このような質問をされた時にどのように回答すればいいのでしょうか。

回答次第によってはかなりの好印象になる場合もあります。

反対に回答の内容が薄いと志望度が低い・アピール力に欠けると思われることがあるので注意しましょう。

自己PRや志望動機の回答の中に会社への貢献について触れるという人もいるのではないでしょうか。

それだけこの「貢献できることは?」という質問には意味があるということです。

ぜひ答え方のポイントやコツを押さえて好印象な回答をしてください。

会社に貢献できることを答える際のポイント

ポイント

会社に貢献できることを聞かれた時の答え方のポイントをご紹介します。

ポイントを押さえて回答を準備しておきましょう。

自分のスキルをどう活かせるか伝える

貢献できることを回答する時には自分のスキルをどう活かせるかを伝えるのがポイントです。

いくらスキルがあっても活かせなければもったいないです。

どのようなスキルがあり転職先の会社でそれどどう活かすかが重要なのです。

そのため、ただスキルをアピールするだけでは伝わりにくいでしょう。

転職後にどのように活かすことで貢献できるのかをアピールしてください。

今までの経験談を交えて話す

仕事をする女性

今までの経験談を交えて話すことも会社に貢献できることを回答する時のポイントの1つです。

スキルと同じように経験も活かせなければもったいないですね。

転職だからこそこれまでの経験をアピールすることが大切です。

具体的な経験談を交えることで面接官はイメージしやすくなるでしょう。

営業職から営業職への転職なら顧客満足度の向上や業績を伝えることができます。

また異職種への転職でも企業の仕事内容に通じることをアピールすれば大丈夫です。

「未経験での転職だから今までの経験は必要ないかな」と自信がない人もいるのではないでしょうか。

どのような経験も無駄なものなんてありません。

この後どのように活かすかが大切なのです。

経験を交えて貢献できることを伝えていきましょう。

入社後のプランを伝える

ステップアップ

入社後に自分がどうしたいのかといったプランを伝えることも大切です。

プランがあれば入社後のことを具体的に考えているということがわかるからです。

具体的な話を聞くことができれば面接官は貢献できることをイメージしやすいでしょう。

キャリアアップのための転職なら今後どのようにステップアップするつもりなのかを伝えるといいですね。

企業に「欲しい人材」だと思わせよう

ガッツポーズをするビジネスウーマン

転職の面接で「貢献できることは?」という質問にはもちろん意味があります。

それは企業が求める人材かどうかを知りたいからです。

企業に「欲しい人材」と思ってもらうにはどうすればいいのでしょうか。

入社後の働き方をイメージしてもらう

「欲しい人材」と思わせるには入社後の働き方をイメージしてもらう必要があります。

先ほど答え方のポイントでお伝えした内容は入社後のイメージにつながることです。

どのようなスキルや経験があり入社後はどうなりたいのかを面接官に知ってもらうのです。

入社後のことがイメージできれば、どのように貢献できるかも伝わりやすいでしょう。

自分だけの強みをアピールする

アピールする女性

自分の強みをアピールすることも企業に「欲しい人材」と思わせる方法の1つです。

転職希望者は他の会社で働いた経験があるからこそもっている強みがあります。

面接官はその強みを知ることで会社にどう貢献できるかを見ることができます。

そのため自分だけの強みをアピールすることがポイントとなるでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

好印象を与える回答例

面接のイメージ

転職の面接で「貢献できることは?」と聞かれた時の回答例をご紹介します。

自分をしっかりとアピールして好印象を与える回答を目指してください。

コミュニケーション能力を伝える

「貢献できることは?」の質問にはコミュニケーション能力をアピールしながら回答する方法があります。

コミュニケーション能力でもいいの?と思う人もいるでしょう。

しかし仕事をする上でコミュニケーションは必ずといっていいほど必要なものです。

好印象を与える回答例はこちらです。

「前職は営業職で多くの顧客と接してきました。

私が顧客と接する時に大切にしているのが相手の話をしっかり聞くということです。

こちらから発信するだけではいい関係を作ることができないと考えるからです。

そのためまずは相手の話にしっかりと耳を傾けて何を求めているのかを把握しました。

そうしているうちにお客様からお褒めの言葉をいただくことができました。

私はこれからもこうしたコミュニケーションを大切にしていきたいと思っています。

御社でもこの姿勢は崩さず顧客満足度の向上に貢献したいと考えています」

コミュニケーションという目に見えないものですが具体的な内容なので面接官に伝わりやすいでしょう。

行動力をアピール

行動力をアピールすることで企業に貢献できることを伝ることもできます。

「行動力があるとよくいわれます」だけでは面接官には伝わりません。

それではどのように答えると好印象を与えるのでしょうか、回答例を見てみましょう。

「私はいざという時に積極的に行動できるところが強みだと思っています。

前職ではチームリーダーを任されたことがありました。

初めてチームリーダーとなり悩んだのが仕事の効率です。

なかなかメンバーをまとめられず仕事の効率化を図ることができませんでした。

そこで考えたのが業務のマニュアル作りです。

マニュアルを作ろうと思い立ってすぐに行動に移しました。

その結果1カ月後には業務の効率化を図ることができました。

入社後は積極的に行動していくことで御社に貢献できると思います」

こちらも具体的なエピソードを交えて行動力をアピールしています。

判断力をアピール

判断力をアピールして会社に貢献できることを伝える方法もあります。

好印象を与える回答例を見てみましょう。

「決断力があることが私の強みです。

前職では何度か判断を求められることがありました。

判断をする時には同僚の意見を聞くことと状況を見極めることを大切にしてきました。

即決ということはほとんどせず、しっかりと状況を見ることで判断力が培われました。

そのためこの状況をしっかり見極めて判断する力で御社に貢献できると思います」

仕事では様々な場面で判断が求められることがあります。

そんな時に判断力のある人がいれば期待できますね。

貢献できるポイントを整理しておこう

赤いペンで書かれたポイントの文字

転職は面接対策が重要です。

「貢献できるポイントは?」と聞かれて回答を準備しておかないとその場でアピールできないこともあるでしょう。

だからといって自分が会社にどう貢献できるか分からないという人もいるのではないでしょうか。

回答を考える時にはまず貢献できるポイントを整理しておくことをおすすめします。

面接は限られた時間の中で自分をアピールしなければなりません。

そのため貢献できるポイントを整理して面接官に伝わる答え方をしましょう。

貢献できるポイントを整理するコツ

ペンをもって考える女性

会社に貢献できるポイントはどのように整理したらいいのでしょうか。

ここでは貢献できるポイントを整理するコツをご紹介します。

これまでの経験やスキルを整理する

貢献できることを上手く伝えるためにこれまでの経験やスキルを整理しておきましょう。

経験とはその職種での経験年数だけではありません。

チームリーダーやマネージャーといった役割はアピールするべき経験の1つです。

また新規事業の立ち上げに関わったりリーダーの補佐も転職先で活かすことができるはずです。

もっているスキルは転職先の会社で必要なスキルがあれば積極的にアピールしてください。

未経験での転職でも活かせるスキルがあれば面接官に伝えるようにしましょう。

自分だけの強みを考える

自分だけの強みを考えることも貢献できることを整理するコツです。

強みなんてあるかな…と不安に思う人もいるのではないでしょうか。

誰にでも他の人にはない魅力をもっているものです。

そう思って自分の強みを考えてみてください。

例えば「とことん追求するタイプ」「正確性を求める性格」「諦めずにやり切る」という感じです。

自分の強みを考えると会社に貢献できるポイントも見えてくるでしょう。

入社後のビジョンも考えておく

貢献できるポイントを整理するために入社後のビジョンを考えておきましょう。

入社後に自分の経験やスキルをどのように活かしたいと思っているでしょうか。

またやってみたいことや取得したい資格・勉強したいことがある人もいるでしょう。

こういった入社後のビジョンを考えておくと自分が企業にどのような影響を与えるかが見えてきます。

企業に与える影響こそが貢献できることです。

転職だからこそ企業に新しい風を吹き込むことができるのです。

企業研究をしっかりすることも重要

パソコンとノート

企業についてよく知っておかないと貢献できることを答えることはできません。

よく知らないまま面接に臨むとアピールしても伝わないこともあるので注意してください。

それでは企業研究をするポイントを見ていきましょう。

転職先の企業の社風を研究する

企業文化

転職先の企業研究ではまず社風をよく調べてみてください。

その企業のビジョンやこれまでの歴史といったものです。

企業がホームーページを開設している場合は積極的にチェックしておくことをおすすめします。

社長など経営陣からのメッセージがあれば読んでおくと会社のビジョンが見えてくるでしょう。

最近の業績はどうか、何を得意としているかなどチャックすることはたくさんあります。

社風を知ることで自分がその企業にどう貢献できるかを考えることができます。

もし「ここはこうした方がいい」という改善点があればそこに触れてもいいですね。

面接では「しっかりと我が社の情報取集ができている」とプラスの評価になることが期待されます。

改善点があれば自分がどのようにそこに貢献できるのかをまとめておきましょう。

求めている人材を研究する

転職先が求めている人材を研究することも大切です。

どのような人材を求めているかを知ってこそアピールポイントも見えてくるからです。

求めている人材は求人や企業のホームページなどからチェックすることができます。

求人に「求める人材」という欄があるとわかりやすいですね。

「向上心がある人」「新しいものを作り上げるのが好きな人」という感じに書かれていることがあります。

また「〇〇の経験が〇年以上」「〇〇の資格をもっている人」と具体的な経験やスキル・資格が記載されていることも。

企業のホームページでは在籍する社員の紹介が掲載されている場合があります。

この紹介の中には求める人材やどのように働いているかといったヒントがつまっています。

ぜひ読み込んで企業が求める人材を研究しましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

回答が思い浮かばない時には得意なことに置き換えてみても

女性とひらめきのイラスト

「貢献できることは?」の回答がなかなか思い浮かばないという人もいるのではないでしょうか。

自分の強みや経験から考えてみるとはいってもピンとこないこともあります。

そんな時は自分の得意なことに置き換えて考えてみてもいいでしょう。

仕事でもプライベートでも何か得意なことはないでしょうか。

例えば「人の話を聞くのが好き」「細かな作業が得意」「集中力が高い」といったことでいいのです。

得意なことがあればそれを企業に貢献できることに当てはめてみましょう。

面接での不安点は転職エージェントに相談しよう

悩む女性

転職の面接はどのような質問をされるか不安になる人も多いでしょう。

面接対策としてよくある質問への回答を考えておくことも大切です。

また回答を考えるために自己分析をすることも必要ですね。

「貢献できることは?」という質問は自分の強みやアピールポイントを知っておく必要があります。

そんな転職の面接で不安点があるという人は転職相談に登録することをおすすめします。

転職相談に登録すると転職エージェントがあなたの相談にお答えします。

まとめ

女性、前向き

今回は転職の面接の「貢献できることは?」の質問の回答についてご紹介しました。

自分の強みや経験を伝えて企業に「欲しい人材」だと思わせるのがポイントです。

「貢献できることは?」の回答は具体的な経験談を交えることでより伝わりやすくなります。

貢献できるポイントを整理して自分をしっかりとアピールしましょう。

面接で不安なことがあれば転職相談に登録して転職エージェントに相談しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら