就活や転職活動の面接で応募者が聞かれる質問の1つに「熱中していることは?」があります。

自己PR・趣味・特技・志望動機と並んで面接官が就活生や転職者に聞く定番の質問です。

この質問を聞かれた時に多くの人が躓く理由は仕事と直接の関係性がないからでしょう。

中には「そもそも熱中できる程のものがないんだけどなあ」という人もいます。

今回の記事ではこの質問に対する答え方を高評価を得るポイントと共に解説しましょう。

具体的な回答や例文なども併せて紹介しますので転職活動中の方は是非参考にしてみてください。

女性の転職面接「熱中していることは?」の答え方

熱中

エントリーシートや面接でこの質問に上手に答えるには事前に回答を考えておかなければなりません。

転職活動の場合は1度就活を経験しているためにある程度の慣れや耐性はあるでしょう。

表現は違いますが「最近ハマっていること」「力をいれて取り組んでいること」も同じ趣旨の質問です。

これから具体的に解説しますが、大まかなコツを以下に挙げてみます。

  • 自己分析を徹底的に行う
  • 具体的なエピソードを添える
  • 仕事ときちんと関連させる

まずこの3つを押さえるだけでも採用率が自然に上がる回答を作ることが可能です。

面接官に伝わる回答を作るにはしっかり戦略を立てる必要があります。

「熱中していること」を聞かれる理由

それでは何故エントリーシートや面接で「熱中していること」を聞かれるのでしょうか?

面接官は決して無意味な質問はしないので、そこには必ず何かしらの意図があります。

まずここを知ることからはじめましょう。

どんなことに興味を持っているか知りたい

知る

まず転職者の女性が何に興味を持っているかを知るためです。

熱中していることは即ちその転職者がとても大切にしている根幹の価値観につながります。

この部分をしっかり聞き出すことで転職者の思いを知ることが出来るのです。

しかし、ここで大事なのはその価値観が企業の求めるものと合っているかにあります。

もし転職者が興味を持つ対象が企業とは大きく離れていたらその時点でNGです。

どんなに素晴らしい内容でも企業にとっては他の会社でいいではないかと判断されます。

熱中していることの内容1つで評価のされ方がまるで違うことは理解しておきましょう。

多くの転職者がこの質問で失敗してしまう理由はこのミスマッチにあります。

仕事にも熱中できるか知りたい

仕事

2つ目に熱中できる程何かに真剣に打ち込んだ経験があるかどうかを知りたいのです。

転職以前に何かに打ち込んだ経験がある人は仕事においても土壇場で頑張れる人と評価されます。

逆にそういう土壇場を若い時に経験しておかないと仕事に真剣に取り組めない人だと思われるのです。

この質問を行う企業が重要視しているのはまさしくここにあります。

実際しっかり仕事で結果を残している人はプライベートも充実していることが多いです。

逆にプライベートでだらしない人は仕事でもあまりいい結果を残せていない傾向があります。

プライベートと仕事は決して切り離されたものではなく互いに必要なものです。

常に不即不離の関係性でバランスよく進んでいかなければなりません。

人柄や人間性を知りたい

そして3つ目に企業側は応募者の人柄人間性を深くまで知りたいのです。

ここでのポイントはそのアピールする内容次第でまるで中身の違ったものになるということです。

同じ映画鑑賞でもただ娯楽として消費している人と批評的に見る人では取り組み方が違います。

また読書に熱中している人でも漫然と読む人と目的を持って知識・情報を吸収する人では違うのです。

これはどちらがいい悪いではなく、どちらの方がより企業の求めることに近いかに帰結します。

企業は必ずしも前のめりに必死になって取り組む人だけを評価しているわけではありません。

効率よくしっかり最善の結果を残せるかどうかもまた評価ポイントの対象になります。

企業がどういう人柄を好んでいるのかをしっかり把握することは入社後に大きく影響するのです。

「熱中していること」の探し方・選び方

それでは「熱中していること」はどのように探し選べばいいのでしょうか?

色々基準はありますが、大まかに分けると2種類あります。

1つが特技・趣味に関連するものでありもう1つが勉強・仕事に関連することです。

それぞれ具体的に掘り下げて解説しましょう。

特技や趣味から

趣味

まず1つ目が特技趣味という仕事と関係ない所から選ぶ場合です。

これは「趣味・特技」を聞かれず熱中できることとして聞かれた時に有効でしょう。

上記の読書や映画鑑賞以外にも以下のものが好印象ではないでしょうか。

  • スポーツ系
  • 料理・調理系
  • 家事系
  • 芸術系

一般的なものだとこの辺りが熱中できるものとして好印象です。

しかし企業がどの趣味・特技を好むのかは企業次第なので面接本番までわかりません。

その辺りは転職者がきちんと戦略を立てて選ぶ必要があります。

勉強や仕事から

勉強

2つ目が勉強部活仕事などに関連するものが挙げられるのではないでしょうか。

特に資格習得やスキル・実績などがあるとより高く評価してもらえます。

仕事と直結する内容ですから趣味と違って面接官にも話が見えやすいでしょう。

しかし、勉強・部活・仕事などをアピールする時は真面目過ぎないようにしてください。

伝え方次第では採用担当者に柔軟性のない堅物な人であると思われてしまいます。

そういう風に思われないためにも、適度な柔らかさを感じさせる必要があるのです。

また、仕事に関連するものである場合その業界と強い結びつきのあるものにしましょう。

全く関係ない業界や仕事のことを話題にしてもずれた回答になってしまいます。

企業の求めるものにきちんと合わせるようにしてください。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


「熱中していること」を答える時のポイント

それでは「熱中していること」を答える時のポイントはなんでしょうか?

熱中している理由を答えよう

理由

まず熱中するものを伝える時にはなぜそれに熱中しているのかという理由も添えてください。

何かに真剣に取り組むということはそれなりの理由やきっかけがあるはずです。

よく「好きなものに理由なんていらない」という人も居ますが面接では通用しません。

その理屈はあくまでも応募者の個人的感情に過ぎず外側には伝わらないものです。

面接官は応募者の人間性を知らないのですからきちんとした理由付けが必要になります。

アピール内容がよくても根拠がないと印象が悪くなり不採用になる可能性が高いのです。

どうしても言語化が苦手だという方は1度自分が熱中しているものを書き出してみましょう。

そうすると、なぜ自分が集中して取り組んでいるのかも見えてくるはずです。

とにかく徹底した自己分析を欠かさず行うことが大切ではないでしょうか。

数字や固有名詞で具体的に答えよう

数字

熱中していることを面接官の印象に残るように伝えたいならば具体性を持たせてください。

この場合の具体性とは数字や固有名詞などの実績・成果物を提示することです。

例えばスポーツであれば大会優勝というのが凄く効果的に印象に残ります。

また読書や映画にしても年間300本など数値化すると簡単に伝わるでしょう。

逆に数字や固有名詞が明確に出せないと目的意識がない人と判断されてしまいます。

だから熱中していたとしても数字がなければ単なる絵に描いた餅で終わるのです。

そのようにならない為にもきちんと可視化・数値化できるものを用意しておきましょう。

実績や目標があれば答えよう

目標

上記の内容と関連しますが、実績ないし目標がある場合はそれを明確に伝えてください

例えば仕事なら資格習得がそれに該当しますし、アルバイトなどでも売上などが該当するでしょう。

読書にしても年間何冊を目標にしていて、現在このくらい読んでいると示してください。

繰り返しますが仕事において求められるのは「結果」であり「過程」ではありません。

登山に例えと富士山を登るのかエベレストを登るのかで全然目標意識も辿るルートも異なります。

大事なのはその結果にコミットした戦略・戦術を取ることができるかどうかなのです。

ただがむしゃらに行うのではなく冷静沈着な戦略眼があるかどうかも見られています。

目標や実績とそれに伴う道筋を具体的に示すことで面接官に初めて高評価してもらえるでしょう。

 

無料転職相談をして憧れの企業に転職しよう

 

「熱中していること」を答える時の注意点

しかし、当然ながら「熱中していること」を答える際の落とし穴もまた存在します。

ここではどういうことをしたら面接官にマイナスの評価を与えてしまうのかを解説しましょう。

マイナスイメージがあるものは避けよう

ギャンブル

まず1点目に採用担当者並びに会社の人たちにとってマイナスイメージとなるものは避けてください。

当然ながら趣味や勉強しているものの中にも良し悪しはあり、いいイメージを持たれないものもあります。

面接で特に注意した方がいい「熱中していること」には以下のものが挙げられるでしょう。

  • 投機(競馬・競艇・宝くじ・カードゲームなど)
  • 投資(株式投資・ビットコイン・FXなど)
  • お酒タバコ(お酒は面接官次第)
  • アニメ漫画ゲーム(その業界以外では基本NG)

投機は論外ですが、投資やお酒に関しては面接官次第で興味を持つ方も中にはいます。

しかしそれなら自分でビジネスを立ち上げる力があり転職の必要がないと思われかねません。

また、アニメ・漫画・ゲームもその業界以外では基本好まれない趣味です。

そういった面接官や聞く人によって評価がまるで異なるグレーゾーンのものは避けましょう。

なんとなくやっているものは避けよう

そして2つ目に目標意識や実績がなくなんとなくで中途半端にやっているものも避けましょう。

そういう趣味をどれだけ面接官の前で熱く語ったとしても簡単に見透かされてしまいます。

人間は自分が体験・経験した以上のことを語ることはできません。

もちろん自分が体験したことがなくても想像力を膨らませて形にできる天才も中にはいるでしょう。

しかしそんな天才は一握りであり、殆どの人は自分が体験したことしか説得力をもって語れません。

その為何となくでやっていることを伝えると面接官に質問の意図が理解できていないと思われます。

また、仕事においてきちんと目的意識を持って取り組めない中途半端な人だと評価されるのです。

集中して取り組んでいることをアピールする場合は目的意識が明確なものを選んで伝えてください。

そうすれば面接官は応募者のいうことを理解し高く評価してくれるのではないでしょうか。

「熱中していること」の回答例をチェック

それでは具体的に「熱中していること」の回答例を3つ程ご紹介します。

これから転職を考えている方は是非参考にしてみてください。

読書の例

読書

「私は読書に熱中しており、年間200冊以上は必ず読むようにしており今年は110冊を読了しています。

その中でも最近はビジネスに関する書物として「金持ち父さん 貧乏父さん」を読みました。

この本を読むことで収入とマインドは常に比例することを知識として知ることができたのです。

そのマインドを持って仕事に取り組むと営業成績が1ヶ月で20%も上がりました。

この成功体験は自信となり御社の営業業務においても役立てられると思いますので精一杯頑張ります。」

この場合年間の目標数と現在の数を打ち出すことでしっかり目的意識があることが伺えます。

更に具体的な書籍名とその本の情報を述べた上で仕事にも実践していることまで示しているのです。

このように読書1つをとっても仕事に結びつけるアピールが可能だということがご理解頂けたでしょう。

スポーツの例

テニス

「私は小さい頃からテニスが好きであり大学生まで15年程続けてきました。

私はどうしてもバックハンドが苦手であり、その弱点を突かれて初めての練習試合で大負けしたのです。

それが堪らなく悔しくて努力に努力を重ねた結果4年目からレギュラーで出られるレベルになりました。

高校・大学のテニス大会では共に全国優勝を果たしており、15年間継続してよかったと思います。

このテニスで培った継続力と弱点を克服する為に頑張ることは仕事においても生かされています。

御社の事業においても苦境から逃げ出さずしっかり頑張って結果を残す所存です。」

テニスを例にしてみましたが、まず15年という期間と全国大会優勝という結果を出しています。

更に自分の弱みや敗北、そこからの這い上がりといった紆余曲折が含まれ物語性が感じられるでしょう。

仕事の例

仕事中の女性

「私が熱中していることは現職で取り組んでいるプログラミング作成です。

元々小さい頃から機械いじりが得意で、独自のプログラムやゲームを作っていました。

それをネットに公開したところ現在の職場から是非来ないかとオファーを頂いたのです。

結果として新しく取り組んだ事業は大きな成果を出し、150%の業績アップを果たしています。

ここで得た実績は御社のプログラミングの新規事業でも役立てられると思い志望しました。」

プログラミングを題材に趣味だったことが仕事に繋がったという例です。

好きを仕事にできた為、プライベートと仕事がシームレスに繋がっています。

更に150%の業績アップと具体的な実績もあり、転職先の事業とも関連するという無駄のない例文です。

「熱中していることはありません」はNG

悪い点

もしかしたら上記してきた熱中できる趣味がないという方も中にはいるかもしれません。

しかし本当に趣味がなかったとしても馬鹿正直に「ありません」と答えるのはNGです。

そう答えた時点で採用担当者からは「目的意識がなく漫然と日々を過ごしている人」という評価になります。

そのような評価をされないように、なんでもいいので常に目的意識を持った趣味を作っておきましょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


「熱中していること」が見つからない時は?

考える

逆に趣味はあるものの熱中しているといえるほどのものはないという方もいるでしょう。

そういう方の場合は自分が休日にやっていることや好きなものでいいのです。

中途半端な趣味は確かにNGですが、日常で習慣化しているものでも伝え方1つで変わります。

例えば家事や料理・掃除などの日常的なものでも目的意識を持って行えば違うでしょう。

そういう何気ない日常のものでも十分に熱中できるエピソードとして語れるのです。

転職活動はあくまでも戦略ですから、効果的な伝え方を行えば印象は変わります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

転職活動となると色々迷いや悩みがあるかもしれません。

そういう時は1人で戦わずに是非転職エージェントに頼ってみてください。

様々な視点からの的確なアドバイスは勿論面接対策のノウハウも教えてくれます。

借りられる力は素直に借りて素敵な転職活動を実現してください。

まとめ

熱中する女性

いかがでしたか?

今回は「熱中していること」について女性の転職と絡めて解説してきました。

とにかく普段から熱中できる趣味やスキルを作っておくことが大切です。

仮になかったとしても日常のさりげない積み重ねからエピソードを作ってみてください。

面接官は応募者が目的意識を持って取り組むことができる人かを評価しています。

本稿が少しでも転職活動の参考になれば幸いです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!