女性に限らず、面接を突破して転職に成功するためには、自己肯定感をもって前向きに取り組むことが大切です。

しかし自分に自信をもてない、あるいは異業種転職なのでハンディがあると感じている女性もいることでしょう。

そこで今回は、未経験者が異業種転職を成功させるうえでも大事な自己肯定感を高める方法について解説します。

自己肯定感を高める方法

4193103_m

自己肯定感の有無は本来もっている性格によるところが大きいとはいえ、後天的に高める方法はあります。

それは自分が自分を大切に思える、または価値があると肯定できるようになる成功体験を得ることが早道です。

成功体験と聞くと大きな成果を連想するかもしれませんが、自分で自分を認められれば小さなことでも問題ありません。

また起こったことすべてを前向きにとらえるのではなく、否定せずに事実として受け入れることが大事です。

自己肯定感を高める具体的な方法については、後述します。

自己肯定感の低さが面接では不利になる

246329_m

なぜ転職活動をするにあたって自己肯定感を高めることが大切かというと、それが面接の際に採用担当者に伝わるからです。

ここでは採用担当者に、自己肯定感が低いと思われるデメリットを3つ説明します。

自信がないように見え暗い印象になる

自己肯定感が低い人は、面接の質疑応答を通して、採用担当者に自信がない人という印象を与えがちです。

自己肯定感が低いと物事をネガティブにとらえがちなので、そうした考え方が質疑応答の端々に表れてしまうのです。

中途採用をする場合、自信がない女性を積極的に採用しようとは思いません。

暗い印象を与えると内定が遠のくので、避けたいところです。

入社後の将来性が見出せない

837745_m

中途採用であっても、入社後に会社で実力を発揮して、成果を上げてくれる人材を採用するという目的は変わりません。

自己肯定感が低く自信がない人が、自社に入社した後で劇的に変わるとは考えにくいものです。

未経験者が異業種転職を目指す場合も、やる気が感じられる場合は採用する可能性があります。

しかし自己肯定感が低い人は物事に積極的に取り組むことがないと受け止められ、将来性がないと判断されがちです。

そのため、内定を得にくいと考えられます。

コミュニケーションに不安がある

自己肯定感が低い人は、人間関係の中でも悲観的になりやすく、自分の殻に閉じこもるケースが少なくありません。

そのため、既存の社員とのコミュニケーションが上手にはかれないのではないかと、採用担当者を不安視させてしまいます。

自分の考えを自分の言葉で話せない、あるいは他人の指摘を素直に受け止められない性質は、面接でも垣間見られます。

その結果、不採用につながってしまうのです。

自己肯定感の低さが転職に与える影響

4420879_m

転職活動において、自己肯定感の低さがマイナスに作用するのは、面接時だけではありません。

ここでは、自己肯定感の低さが転職に与えるマイナスの影響について説明します。

本来転職できる企業よりレベルを下げてしまう

自己肯定感の低い人はスキルや経験をもっていたとしても、それを自覚することができません。

そのため書類選考を通過する可能性が高い企業であっても、自分に自信がもてずに応募すらしないケースが多く見られます。

実力があっても、応募企業のレベルを下げてしまうのはもったいないことです。

自分の魅力を面接でアピールできない

163420_m

自己肯定感の低い人は、自分で自分の良さを認めることができません。そのため、自分の長所強み見つけにくいです。

そうした考え方をしていると、面接時に自分をアピールすることができなくなります。

その結果、採用担当者によい印象を残せず、不採用になりやすくなります。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


自己肯定感が低い原因を知ろう

162203_m

自己肯定感を高めるためには、どうして低くなってしまったかの原因を見つけ、対処することが大事です。

転職活動にあたって自己分析をする中で、自己肯定感が低くなった原因を見つける人も少なくありません。

ここでは自己肯定感が低い人に共通することが多い、原因を2つ紹介します。

過去に経験した失敗を引きずっている

自己肯定感が低い人に共通する特徴として、過去に失敗した経験を引きずっていることがあげられます。

特に失敗したことを責められた、それによって大きな挫折を味わった人は、精神的にダメージを受けてしまいがちです。

失敗によって受けたショックやダメージが大きければ大きいほど、自分を肯定できなくなります。

また同じ思いをしたくないと考えるようになり、似たような状況や環境に置かれることを避けるようになる人も珍しくありません。

周囲と比較してしまう

4193100_m

生まれてから育ってくる過程で常に他人と比較され、否定されてきた経験のある人も、自己肯定感が低くなりがちです。

常に自分と他人を比較する習慣がつき、自分の足りない部分にばかり目が向き、コンプレックスを感じてしまうのでしょう。

そうしたタイプは他人からの言葉や指摘を重く受け止めすぎ、自信をなくしてしまうため、ますます自己肯定感が低くなっていきます。

転職を成功させるための自信を持つポイント

3800699_m

転職活動を成功させるためには、面接時に自信をもって自己アピールすることが大切です。

しかし自己肯定感が低い人は、自分に自信をもつのが難しい現実があります。

ここでは、自信をつけるために実践すべきポイントを2つ紹介します。

小さな実績でも積み重ねよう

自分に自信をつけるためには、成功体験をするのが一番です。その際、目標を高く掲げると達成しにくくなってしまいます。

そのため日々の生活の中に小さな目標を掲げ、それを達成する実績を積み重ねていくことをおすすめします。

例えば「待ち合わせの5分前にはいるようにする」「資格取得のテキストを1ページ読む」など、目標は何でもかまいません。

自分でもできそうな小さな目標を設け、達成する経験の数が増えていくうちに、過去にできなかったことができるようになるはずです。

自分が成長できると実感できれば、自信をもちやすくなります。

どんなことでも自分を褒めてあげよう

3931414_m

自己肯定感が低い人は、他人と自分を比較して落ち込んだり、周囲の評価に左右され過ぎる傾向があります。

仕事の評価は他人がすることではあるものの、それと個人の人間性はイコールではありません。

そして自分に自信をもつためには、自分を好きになる必要があります。

「毎日自炊した」「約束の時間を守り通した」など、どんな小さなことでもかまわないので、できた自分を褒めてあげましょう。

がんばる自分を褒める習慣をつけることで、自分のことを好きになっていけるはずです。

自己肯定感を高めるための考え方

4020463_m

自己肯定感が低い人がそれを高めたいならば、それまでの自分の考え方のクセを変える努力が必要です。

ここでは日頃から意識してほしい考え方を4つ紹介しますので、常に意識して過ごしてみることをおすすめします。

他人の意見を聞き過ぎない

1つめは、他人の意見を聞き過ぎないことです。素直であることは評価のポイントではありますが、人の考えは千差万別です。

上司と先輩から真逆のアドバイスをされた時に判断できないなど、他人の意見を聞き過ぎることでの弊害があります。

また、意見を求めた相手が自分の発言に対し、責任をとってくれるとは限りません。

自己中心的にならないために他人に意見を求めるのはよいことですが、アドバイスの取捨選択をする意思を持ちましょう。

自分を俯瞰して見てみよう

3854363_m

2つめは、自分を俯瞰してみる習慣をつけることです。

自己肯定感の低い人はネガティブ思考であるだけでなく、視野が狭くなっている傾向が強いです。

自己肯定感が低いことで他人と接する時にオドオドしていたり、仕事を安心して任せられないと思われると、周囲と距離ができます。

また自己肯定感の低い人は必要以上に自分を責めがちですが、世の中にミスをしない人などいません。

周囲からどう見られているかではなく、自分から見る自分はどんな状態なのかに着目すると、俯瞰しやすくなるはずです。

「失敗は成功のもと」という意識を持とう

仕事での失敗により周囲に迷惑をかけてしまう経験は、誰でも一度くらいもっているものです。

ミスはしないにこしたことはありませんが、それ以上に大切なのは同じ間違いをくり返さないことです。

「失敗は成功のもと」という意識を持ち、失敗の原因を見つけて、それを改善するための対策をたてればよいのです。

そしてその対策を継続することで、ミスの発生を防ぐことができます。その姿勢が、自分の成長につながると考えましょう。

すべてを成功させようと思わない

1148259_m

世の中には完璧主義の女性も多く、関わった仕事をすべて成功させようと意気込んでいるかもしれません。

しかし社内外の人と関わりながら仕事をするのですから、がんばっても失敗に終わることもあります。

「失敗は許されない」と思い込むことで、自分の首を絞めてしまう人が少なくないのです。

仕事をしていれば成功する時も失敗する時もあると思えるようになるだけで、心の負担は軽くなります。

自分を責めたり追い詰めたりする考え方を、変える努力をすることをおすすめします。

自己肯定感の高い人と接する機会を増やす

職場だけでなく、家族や友人などプライベートな関りがある人たしの中には、自己肯定感の高い人がいるはずです。

そうした人と意識して一緒にいる時間を増やし、観察してみるのも一つの方法です。

自己肯定感の高い人は日ごろからどんな言動をしているのか、失敗した時にどう気持ちを切り替えているのかを知るのです。

自分とは違う考え方に触れ、できることは自分も実践してみるうちに、考え方の幅が広がりやすくなります。

前向きな発言をするよう心がける

3858092_m

自己肯定感の低い人はネガティブ思考に陥りやすく、「できない」「無理」「やりたくない」「大変そう」と思うことが少なくありません。

そうしたネガティブな言葉を日常的に使っていると、気持ちもそこに引っ張られてしまいます。

だからこそ自分の気持ちはさておき、「できる」「やりたい」「楽しそう」といった前向きな言葉を常に発するよう心がけましょう。

何度も言い続けているうちに、自分の気持ちもポジティブに引っ張られていくはずです。

自己肯定感を育てるには行動してみること

4029280_m

これまで自己肯定感を高める方法について説明しましたが、実践を伴わなければ自分を変えることはできません。

自分で自分を認められるようになることがスタートなので、まずは自分で決めて行動することから始めましょう。

他人の目が気になるのは相手の気持ちを考えられるからだと、視点を変えるだけでも、自分を好きになれます。

漠然とした不安を抱えているなら、紙に書き出して自分の気持ちを可視化することで、対策がたてやすくなるかもしれません。

「必ず相手より先に挨拶をする」などの目標をたて、毎日実践する中で周囲に褒められると、それが自信につながることもあります。

自ら行動しそれを継続する中で、少しずつ自己肯定感が高まっていくはずです。

その方法が見つからない時には、転職エージェントに相談するのも方法の一つです。

登録も相談も無料なので、積極的に活用することをおすすめします。

無料転職相談をしてアドバイスをもらおう

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


自己肯定感と自意識過剰は違うことに注意しよう

246345_m

自己肯定感が高い人は、新しいチャレンジや困難な仕事に対しても前向きに取り組むことができます。

一方で自己肯定感が高いのではなく、自意識過剰な人も少なくありません。

実績に裏打ちされた自信があるから、自己肯定感が高くなります。

しかし自意識過剰な人は、自信満々にみえて実績が伴わないため、失敗に終わるケースが多いのです。

ポジティブ思考であるという共通点はあっても、周囲の評価には雲泥の差があるので、見極めることが大事です。

自己肯定感の高さと周囲の評価がマッチしている人は、職場で生き生きと仕事ができるものです。

本人は楽しそうでも周囲から浮いている自意識過剰な人ではなく、評価が伴う自己肯定感の高い人を目指しましょう。

転職の悩みは転職エージェントを活用しよう

4353676_m

自己肯定感の低い人は、転職活動を行う際にも消極的な選択をしたり、アピール不足によって内定に結びつかないことが多いようです。

応募しても書類選考を通過しない、あるいは面接まで進んでも内定が出ないことが続くと、心が折れてしまいます。

そうした事態を避ける意味でも、転職に関する悩みがある時には、転職エージェントに相談することをおすすめします。

キャリアアドバイザーとのカウンセリングの中で、自分では気づけない長所や強みを見つけてもらえる可能性があります。

また、自分の不安や悩みを話すことで、転職先に求める条件の優先順位がつくこともあるでしょう。

何よりあなたの志向性やスキルを考慮したうえで、求人を紹介してもらえるのは魅力です。

自信をもって本番に臨めるよう、応募書類の添削や模擬面接などでアドバイスをもらえるのもメリットです。

まとめ

1115229_m

今回は、未経験者が異業種転職を成功させるうえでも大事な自己肯定感を高める方法について解説しました。

自己肯定感を高めるために必要なのは、誰もが認める大きな成功体験をすることではありません。

自分で自分を認める気持ちが、何よりも大切です。

すぐに実践できることを始めて継続し、自分を褒めることで、少しずつ自己肯定感が高まることを実感してみましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!