転職活動をしていると、いきなり社長面接となることがあります。

このようなケースでは書類選考や一次面接などを通過しての社長面接ではないため不安を抱えることもあるでしょう。

今回の記事ではいきなりの社長面接に対しての対策や、最初から社長面接となる理由などについて解説していきます。

Contents

転職のいきなり社長面接の対策法

指をさす女性

いきなり社長面接となった場合、多くの転職志望者は動揺してしまうことでしょう。

急に志望している会社の社長と面接だと萎縮してしまい自分のことを上手くPRできない可能性もあります。

今回社長面接から選考がスタートした場合の対策方法について解説していきましょう。

転職で一次面接が社長になる理由は

不安そうな女性

通常の選考では書類選考からスタートして一次面接、二次面接と進んでいきます。

しかしながら最初から社長面接となる企業は一定数存在しているのです。

このような場合に考えられる理由について解説していきます。

その理由を知っていきなりの社長面接にも落ち着いて対応していきましょう。

採用フローの関係

一般的な採用フローでは、最終面接として社長面接が行われます。

しかしこのようなフローの場合、どれだけ人事や管理職が気に入っても、社長が首を縦に振らなければ採用されません。

企業の経営理念や社風にフィットしない人材は社長によって弾かれてしまうでしょう。

しかし逆に社長面接からスタートした場合にはまず社長のビジョンに合った人材が選ばれるのです。

そしてその後に人事・管理職による採用面接を行い、現場レベルでその人材が必要かどうか、認められるかどうかを考えます。

社長面接からスタートすると、最初から会社で1番の意思決定権がある社長が判断を下します。

そこで多くの人材が審査から落とされるため、人事による無駄な選考時間を削減することが可能なのです。

面接1回で判断したい

女性の横顔

面接1回で判断したいため、選考が社長面接からとなるケースもあるようです。

この場合には欠員が出たなどの理由ですぐに採用したい場合などに多く、時間の削減が目的となっています。

企業がすぐに採用したい場合の社長面接では即戦力となるような人材が求められるでしょう。

また、応募したのが社長直下のポジションであった場合にも社長面接だけで決まることもあるようです。

社長だけの判断で決まるということで社長のビジョンに合った優秀な人材であることが求められるでしょう。

会社の規模が小さいため

会社の規模が小さい中小企業やベンチャー企業などでは最初から社長面接となる場合があります。

会社規模が小さいと社内に人事部が存在していないケースもあり、そのような場合には社長自ら面接を行うことがあるようです。

こうした企業では社長と社員の距離も近く会社全体のことを把握しているため、社長による面接でも問題なく選考を行えます。

社長面接で応募者のどこを見ているの?

机に座る女性

社長面接では応募者のどこを見て採用を決めているのでしょうか。

面接において何を基準に選んでいるのかを知ることで高評価に繋がる対策を行っていきましょう。

以下のような点に気をつけることで社長もあなたに関して知りたい情報を得ることができ、安心して採用することができます。

応募者の人間性

応募者の人間性というのは採用を決める上で重要なポイントの1つです。

自社で働く人材がマナーや常識を備えているかどうかというのは採用する上での最低ラインです。

社長は自社の価値観や社風と合うかどうかということを応募者の人間性を通して確認しています。

優秀な人材であっても人間性が伴っていなければ、会社の雰囲気を悪くする可能性もあるでしょう。

また、社内外でトラブルを起こす可能性もあります。

優秀でも企業のイメージを壊しかねないような人材を雇ってしまうとそれは大きなデメリットとなってしまうのです。

社長が自ら面接する時、応募者が自社に相応しいかどうかというポイントは重要視していると考えて良いでしょう。

会社や仕事への熱意

桜とスーツの女性

どれだけ優秀な人材であっても会社や仕事へ熱意が無ければ、期待した結果を出してくれることはないでしょう。

社長にとっては優秀であるかと同じくらい、自社の仕事に対して熱意を持って取り組んでくれるかという点も重要なのです。

同じくらい優秀な人材が2人いたとして、そこに熱意の差があったらきっと誰もが熱意のある方を取ろうと思うでしょう。

社長面接では自分がどれだけその会社に入りたいのかをアピールすることが大切です。

会社に貢献してくれそうか

会社に貢献してくれるかどうかというのは、その人材のスキルや経験が自社にマッチするかどうかも関係しています。

また、入社後に求めるキャリアなども大切になるでしょう。

社長から見て自社にとって必要な人材であると思えば、それだけ内定は近づきます。

自分の能力がどういった形で会社に貢献できるかというのを明確にプレゼンするようにしましょう。

もし応募した会社と自分の求めるものが合致していれば社長に自社で働いて欲しいと思ってもらうことができます。

転職のいきなり社長面接までにやっておきたいこと

ガッツ

社長面接が決まったからといって安心して良いわけではありません。

いきなりの社長面接のケースでは逆に厳しく応募者のことを審査することが多いためです。

自分の存在を売り込むためには以下のようなことを重点的に行っていきましょう。

十分に対策を行えていれば必要以上に緊張をすることもなくなります。

準備不足で面接へ出向くことがないようにしましょう。

企業研究をしよう

企業研究というのは転職活動において基本的な部分ではありますが1番重要なポイントでもあります。

企業のホームページを隅々まで確認するのは勿論、企業の価値観や社風と自分の強みが合致するかどうかなども確認しましょう。

もし自分の今までの経験やスキルがそこで通用する場合にはそこをポイントとして重点的にアピールします。

そうすることで企業の求める人物像に合った人材であると考えてもらえる確率も上がるでしょう。

企業のトップである社長と行う面接では、企業研究不足はすぐに見透かされてしまいます。

しっかりと、不足のない準備を欠かさないようにしましょう。

自己分析をしよう

考え事をする女性

企業研究した内容を自身の能力と照らし合わせ、売り込むポイントを見つけるためには自己分析を十分に行うことが大切です。

自己分析を十分に行っておかなければ、自分の長所や短所、今までの経験から培った能力なども明確化することができません。

自分のことを社長に対してアピールするためにも自己分析は徹底的に行っておきましょう。

特に転職活動では今までの経験について聞かれることが多いため、それに対して十分に回答できる必要があります。

自己PRをまとめておこう

自己PRで自分のどのような点をアピールするのかを面接の前に決めておきましょう。

その際、前述した企業研究と自己分析の内容が大変役立ちます。

企業が求める人物像に対して自分が提示できるものは何か。

そういった視点で自己PRをまとめると、社長から興味を持ってもらえる可能性も上がります。

自己PRは今までの経験を通して自分が培ってきたものをまとめて言語化することを心がけましょう。

いきなり社長面接で逆質問をしよう

女性エージェント

面接では逆質問をできる場面が必ずあります。

社長に対して直に自分の疑問に思っていることを聞くことのできるチャンスです。

ただ、この逆質問も面接の審査対象になっています。

どうすれば好印象を与えられるのかも同時にチェックしていきましょう。

逆質問時のマナーをチェック

逆質問では自分が疑問に思っていることを社長に対して聞くことができます。

しかしながらその際、マナー違反になるようなことは避けなければいけません。

例えば、企業のホームページなど調べれば分かるようなことを聞くことは避けましょう。

このようなことを聞いてしまえば、企業研究が足りないため会社への志望度が低いと見なされてしまいます。

また、既に社長が言及している内容を質問するのも避けましょう。

この場合、社長は自分の話を聞いていないと感じてしまい、悪い印象を与えてしまいます。

他にも業務内容について質問せず、給与などの待遇面ばかり気にすることも止めておいた方が良いでしょう。

待遇ばかりを気にして業務内容には興味がないのだと思われる可能性があります。

好印象を与える逆質問は?

逆質問で好印象を与えるためには、業務内容や仕事の評価方法などについて尋ねると良いでしょう。

こうした1歩踏み込んだ質問内容は、仕事へのやる気を感じるため社長も好印象を抱きます。

また、入社までに準備すべきことなどを質問するのも良いでしょう。

仕事への前向きさをアピールできるため、良い印象を抱いてもらいやすいと思われます。

いきなり社長面接をする時の注意点

OKサインを出す女性

社長面接というとなかなか経験がないために不安が膨らんでしまうことも多いでしょう。

そのため、ここではいきなりの社長面接であった場合に注意すべき点を解説していきます。

以下のようなことに注意して、自分の実力を発揮できるような状況を作り出していきましょう。

いきなり社長面接をする会社はブラック企業と決めつけない

社長面接からスタートだと何か裏があるのではないかと勘繰ってしまうこともあるでしょう。

しかしながら中小企業やベンチャー企業などではこのようなケースは珍しくはありません。

ブラック企業であると決めつけて選考に望んでは内定の機会を損失することにも成りかねないでしょう。

いきなりの社長面接であっても、そういった選考方法なのだと納得して真っ直ぐな気持ちで選考に臨むようにすることが大切です。

もしかしたらあなたに期待していきなりの社長面接になっているのかもしれません。

あまり憶測をせずに自身の転職準備の成果を存分に発揮するようにしましょう。

事前告知されないで社長面接になる可能性も

求人によっては事前に面接相手を告知されず、非公開な状態で当日行くまで相手が誰か分からないという場合もあります。

このようなケースでは面接に行ってみたら社長が出てきたということもあるようです。

人事による一次面接だと思って油断していると、面接の内容が散々な結果になってしまう可能性があります。

そうしたことが無いように、いつでも面接対策が万全の状態にしておくようにしましょう。

いきなり社長面接になるかどうか知る方法は?

人差し指を立てる女性

転職エージェント転職サイトを利用しての応募の場合には、面接相手が誰になるか教えてもらうケースが多いようです。

そのため、いきなり社長面接からのスタートとなるかどうか知りたい方はそういったサービスを利用すると良いでしょう。

こうしたサービスでは企業が自分の職務経歴を知った上で声をかけてくれることもあり、有利に選考を進められるケースもあります。

事前に社長面接だと知っておけば、事前にある程度心構えができるため面接が始まった瞬間に頭が真っ白ということもありません。

社長面接かどうか知っておいた方が自分の実力が出せるという方は転職エージェントや転職サイトを利用しましょう。

社長が納得するキャリアプランを伝えよう

メモを取る女性

キャリアプランを伝える際に社長を納得させるためには、徹底した企業研究がポイントとなります。

何故なら社長にとって、キャリアプランが自社の考え方と合致しているかどうかというのが重要な判断基準だからです。

それが自社では叶わないようなものであった場合、企業と人材のミスマッチを避けるために採用を見送られるでしょう。

また、キャリアプランに関しては具体的な回答が求められます。

曖昧な答えであったり、そのプランを成功させるために行動をしているかというのも評価ポイントです。

社長はキャリアプランを通してあなたが信用できる人材かを確認しています。

自分の将来を明確に提示することで、自社に必要な人材であると思ってもらえるようにしましょう。

面接対策は転職エージェントを活用しよう

資料を見ながら話す女性

もし社長面接での回答や逆質問などに不安を抱えているのであれば転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

面接というのは自分だけでは客観的に相手がどう思うのかというのが分かりにくいものです。

転職エージェントを利用すれば模擬面接を行ってもらうこともできるため、プロの意見を聞くことができます。

社長面接で気に入られれば内定までもう少しです。

転職エージェントのサポートを受ければ、理想の転職を実現するチャンスも格段に上がります。

自分のことを的確にプレゼンするために転職のプロの力を上手く活用していきましょう。

まとめ

笑顔の女性

今回は社長面接の対策方法やいきなり社長が面接する理由などを解説してきました。

いきなり社長面接からスタートとなると不安になってしまう転職志望者の方もいるでしょう。

しかしながら必要以上に不安がる必要はありません。

世の中にはそうした選考手順を取る企業もいますし、珍しいことでは無いのです。

まずは全力を尽くして面接準備を行うようにしましょう。

その際には転職エージェントを活用すれば、面接に関する不安点を解消することもできます。

この機会に転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

プロの力を借りることによって自分の実力を更に引き出してもらえるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら