転職活動で求人企業の求人票をチェックする際は、募集背景の項目を確認することが重要です。

募集背景を確認することで、転職後に後悔する転職リスクをぐっと減らせます。

そこでこの記事では、募集背景がなぜ重要なのかを解説したうえで転職活動に活かせるポイントについてまとめました。

また確認すべき内容についても詳しくご紹介しています。

転職活動を効率よく進めるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

募集背景の確認をする重要性

初心者マークを持つ女性

募集背景を確認することが重要な理由は、求人企業の状況希望する人材のタイプが推定できるからです。

求人情報にある項目のひとつとなる募集背景には、企業がなぜ人材を募集するに至ったかの経緯が記されています。

その経緯の種類によって、企業側が転職者に対して何を求めているかが見えてくるのです。

何を求められているのかを理解することで、より採用担当者の期待に応える効率的な自己アピールができるでしょう。

また、転職後に「思っていた働き方ができない」といった考えのズレを未然に防止できます。

募集背景を知ることで転職リスクを減らそう

リクルートのイメージ

募集背景を知ることで、転職リスク未然に減らすことが可能です。

深刻な場合はせっかく転職してもすぐに退職してしまうケースがあるので、転職リスクは少ないに越したことはありません。

募集背景を確認すると、転職リスクを減らすために行うべき行動が決められます。

とはいえ転職リスクを過度に恐れていては、転職活動自体が上手く進められません。

自分にとって何が重大なリスクかを考え、募集背景の傾向を理解して求人を探すと効率的な転職活動ができます。

転職にはリスクがある場合も

ビル

転職には様々なリスクが考えられます。

特に多いケースが、「求人で募集していた仕事内容と違うものだった」というものです。

また「求人情報にあった条件と違う」という声も少なくありません。

とはいえ大抵の場合、求人会社が求人票に嘘の情報を掲載することは違法となるので考えにくいです。

求人情報はポイントを抑えてしっかりチェックしなければ、リスクを減らすのは難しいでしょう。

求人の募集背景を確認しよう

人材のデーターベース

求人情報に掲載された募集背景には今後の働き方についてのヒントが入っているので、しっかり確認するのがおすすめです。

そもそも中途採用を行うのに、企業にとって明確な理由がなければ上層部からの許可は下りません。

会社全体で将来的にどうしていきたいか、そのために必要なものが何かを考えたうえで求人が出されています。

つまり中途採用の求人は、企業の重要な経営戦略なのです。

そしてこれらの情報は、募集背景の項目から読み取ることができます。

転職リスクの例をチェック

リスクとメリット

いくつかある転職リスクの中でも特に悩みやすい例として、人間関係業務知識に関しての問題があります。

リスクを知っているといざ直面したときに対処する準備ができるので、転職前にチェックしておきましょう。

とはいえ転職は新しいスタートなので、リスクを完全に避けることは難しいです。

転職先の会社ではそれぞれに独自のルールがあるもので、慣れるまでにはある程度時間がかかるでしょう。

最初は思い通りに進まないもどかしさがあっても、柔軟に対応していく姿勢が大切です。

人間関係

人間関係

どの会社でも想定されるリスクが、人間関係の問題です。

職場内では大抵ある程度の人間関係ができあがっているので、中途採用として入ると慣れるのに時間がかかります。

しかし協力して業務を進めるにあたっては、円滑なコミュニケーションが必要です。

そのため人間関係が上手くいかないと、業務に支障が出てくるケースもあり得ます。

入社時は自分から積極的にコミュニケーションを取る努力が大切でしょう。

業務知識

本と小さな鍵

新しい業界に転職した際に、業務知識のリスクに悩む方は少なくありません。

職種によっては専門的な知識が必要とされているものの、中には教育体制が整っていない場合があります。

求人情報には「未経験者歓迎」と記されていても、実際には自分で学んでいかなければいけないというケースもあるのです。

この場合自分のスキルがどの程度転職先で活用できるか、他に何が必要かを面接で確認しておくとリスクが軽減できます。

また求人情報をチェックするときに「教育制度完備」といった情報があると安心です。

募集背景には入社した後に活躍するヒントがある?

リクルート

募集背景は大まかに分けて4種類あり、それぞれ入社後に活躍するヒントがあります。

なぜなら募集背景からは求人会社の現在の状況や今後の考え方などが読み解けるからです。

求人会社の意向がわかれば、応募者に対して求められていることも自然とわかってきます。

そうすると採用担当者の目につくような効果的な自己アピールができるでしょう。

自分が入社した後のことをしっかりとイメージできるかどうかが大切です。

「欠員募集」

猫の手

退職や出向などで欠員が生じた場合に、補充する人材を募集する方法が「欠員募集」です。

同じ意味で欠員補充ともいわれています。

会社側としては欠員の状態を早く穴埋めしたいと考えているため、入社時期を明示しているケースが多いです。

そのため採用までの過程が他と比べて短期間になることが考えられます。

転職活動中の方にとっては、効率よく転職できるチャンスです。

「増員募集」

ガッツポーズする女性

企業の方針として新たな人材を増やす目的で募集する方法が「増員募集」です。

主に新規事業の立ち上げ新支店の設立の際によく行われます。

企業側が業績を伸ばすために挑戦を試み、積極的に人材を求めている状況です。

また新たなことを始めるケースが多いので、スキルや経験があると重要なポジションを与えてくれる可能性が高まります。

さらに欠員募集と比較して、転職時期にある程度融通が利きやすいのもメリットといえるでしょう。

「大量募集」

チームワークのイメージ

一般的に5名以上の人材をまとめて採用する意向の募集が「大量募集」です。

新支店の設立や新しい部署の立ち上げの際によく行われます。

会社の考え方にもよりますが、人材の確保を優先している場合は応募資格の条件を厳しくしていないケースも多いです。

スキルや経験に自信がない方は、モチベーションの高さといった性格面をアピールすると成功率が高まります。

また大量募集には動機がいるという特徴もあるので、心強い場面も多いでしょう。

「即戦力募集」

ガッツポーズの女性

文字通り即戦力として活躍する人材を求めているのが「即戦力募集」です。

多くの場合応募資格の項目には実務経験が必要と明記されています。

既に前職・現職で経験やスキルを持っている方は、キャリアアップを目指せる可能性が高いのでおすすめです。

入社時には今までより高い役職を与えられたり、重要な仕事を任されるケースも多いです。

また入社するタイミングについても、スキルを認められれば交渉に応じてもらいやすいでしょう。

募集背景で確認すべきこと

応募

募集背景の種類を把握したうえで、次はいざ転職を検討するときに確認すべきことがあります。

それは自分の仕事に対する考え方を明確にしておくことです。

たとえ募集背景から求められている人材が推測できても、それが自分の考え方と合っていなければ意味がありません。

自分に合った企業を選ぶのが転職を成功させる近道です。

効率的に転職活動を進めるためにも、募集背景を元に自分自身と向き合ってみましょう。

転職理由ややりたいことと仕事が合っているか

カフェ女性スタッフ

まずは求人企業の仕事内容が、自分のやりたいことと合っているかどうか冷静に考えてみましょう。

例えば欠員募集でせっかくの機会だからと勢いで応募し、入社後に後悔するケースなどが考えられます。

欠員募集は特に入社までの準備期間が短い傾向なので、応募してから考える猶予は少ないです。

条件のいい求人だったとしても、そもそも自分の転職理由が何だったのか振り返ってみると気持ちの整理ができます。

今までの経験を活かしたいのか新たな挑戦をしたいのかによっても、募集背景をチェックすると効率よく選べるでしょう。

職種名は一緒でも会社によって仕事内容が違う場合もある

人事のハテナ

企業によっては、職種名は一緒でも仕事内容が違う場合があるので注意が必要です。

特に増員募集のケースでは、事業拡大のために新事業を立ち上げる可能性も考えられます。

そのため企業が今まで行っていた仕事内容とは違うということもあるのです。

面接の際には改めて募集背景を確認し、仕事内容について説明を求めた方が安心できるでしょう。

重複した内容を防ぐためにも、求人情報はあらかじめしっかりチェックしておいてください。

募集背景を確認する時は募集タイミングもチェック

ビジネス

募集背景を確認するときは、募集のタイミングも合わせてチェックするのがおすすめです。

大まかなタイミングがわかれば、企業の状況今後の展開がさらにわかりやすくなります。

また転職活動のスケジュールも組み立てやすくなるでしょう。

タイミングには企業による都合・世界情勢・季節の3通りが主に挙げられます。

ここからはひとつずつ確認していきましょう。

「企業」の都合による募集

紹介する男性社員

企業の都合による募集は、企業側で急遽人材を補充しなければならない状況になったケースです。

つまり募集背景の中では欠員募集が該当します。

他企業とは関わりなく唐突に出る求人なので、決まったタイミングはありません。

もし欠員募集が頻繁に出ている求人企業の場合、それだけ退職者が多いと考えることもできます。

一概にはいえませんが、一度企業の状況を情報収集した方がいいでしょう。

「世界情勢」による募集

夜明けと世界情勢

世界情勢による募集は、世界的な経済情勢に左右されて募集が増減するケースです。

世界的な経済危機が訪れると、募集が減り人員削減が行われるようになります。

一方世界が好景気になると、人員削減した穴埋めを行おうと求人を増やす企業が多いです。

景気が良ければ新たな挑戦に目を向ける企業も出始め、大量募集の可能性も高くなります。

景気の波を上手く活用すれば、転職を成功させることが可能です。

「季節」による募集

春の青空

季節による募集は、多くの企業時期によって募集が増減するケースです。

多くの企業は3月の年度末で仕事が一区切りとなるため、新たな4月のスタートに向けて採用の準備をする傾向にあります。

そのため1~2月が最も求人・応募者共に増えることが多いです。

特に3月で退職が決まっている社員の欠員募集を行う際は、新卒より早く中途採用を決める動きが活発になります。

応募の選択肢が広がる反面、入社までのスケジュールはタイトになる傾向が強いです。

転職リスクを減らすポイントは

意見を選ぶ

転職リスクを減らすポイントは、求人情報をしっかりチェックすることです。

特に募集背景には求人企業に関するヒントが含まれているので、重要な項目といえるでしょう。

また合わせてチェックしておきたい項目が、応募資格です。

応募資格には年齢条件や必要な経験・スキルが記載されています。

2つの項目をチェックすることで、企業側がどんな経緯で何を必要としているのかが見えてくるでしょう。

募集背景の情報は表に出ていない?

たくさんのデッサン人形

募集背景の記載方法に決まりはないため、会社によっては情報を表に出さない場合もあります。

この場合は、面接時に採用担当者へ直接聞いてみるのもひとつの方法です。

求人票に明記したくない情報も、口頭であれば話してくれることがあります。

しかしあまり詳しく聞き出そうとするのは、採用担当者の印象が悪くなるのでおすすめできません。

会話の中で場の雰囲気を見ながら質問してください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

人事のイラスト

転職に悩んだときは、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

採用担当者に直接聞きにくいことも、転職エージェントが仲介して代わりに聞いてくれることもあります。

また表に出ていない募集背景についても、独自のデータを持っているケースがあるので参考になるでしょう。

その他転職に関する悩みは個別面談で随時アドバイスがもらえます。

転職活動のサポートも行ってくれるので、スムーズな転職活動のためにもぜひ活用してみてください。

まとめ

OL女性

募集背景は、求人票の中でも企業側の考えがわかる重要なチェック項目です。

求人企業が求めていることを把握し、効果的な自己アピールを行いましょう。

そのためには、自分の仕事に対する考え方を明確にしておくことが大切です。

また募集背景が明確でない場合は、転職エージェントに相談することで新たな解決方法が見つけられます。

ポイントを抑えた効率的な転職活動で、スムーズに転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら