転職面接でスポーツ経験があるか聞かれたことはありませんか?

志望動機や自己PRの準備はしっかりしたけれど、スポーツ経験の質問は想定していなかった!なんてことも。

当日慌てないように、ここでは面接で何かスポーツ経験があるか聞かれた時の対策を解説します。

スポーツ経験を聞くときの質問意図には何があるのでしょうか?

スポーツ経験をアピールする例文も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

面接で何かスポーツ経験があるかと質問された時の対策

スポーツ

実は、意外にも面接で何かスポーツ経験があるか聞かれることはたくさんあります。

スポーツ経験の質問をされたときに、ただ経験があるスポーツを答えるだけでは物足りません。

スポーツ経験を問われたときには、チームとして取り組む協調性や目標に向かって努力できる能力など、たくさんのアピールにもつなげられる質問。

スポーツ経験からいかに自分の強みをうまく説明できるか、対策を考えておくことが大切でしょう。

また、説明する際は過去の話になるので、長くならないことや具体的な数字を使って説明することも必要です。

次からの見出しをしっかり確認して面接にそなえてください。

スポーツ経験は企業に評価される?

スポーツ

スポーツ経験の質問の内容によっては、もちろん企業にしっかり評価されます。

アルバイトやサークルなどの経験を話す人も多い中で、ストイックにスポーツに取り組んだ話は珍しいので印象に残りやすいのも事実。

スポーツ経験はあるけど実績を残せなかった方もいるかもしれません。

しかし、自分がどれだけ努力したのか、何を取り組んできたのかをしっかり話すことで企業への印象にもつなげることができるでしょう。

単なる趣味や特技をきかれている質問とは考えずに、しっかり評価につながる質問としてしっかり準備しておくことが大切です。

スポーツ経験を聞かれる理由とは

スポーツ

企業がスポーツ経験の質問をされる理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

実は、スポーツ経験の有無や実績を知りたいということはほとんどありません。

スポーツ経験の質問をしたときの受け答えの上手さや、何を学んできたかという志望者の考えが知りたいという意図があることがほとんどでしょう。

スポーツ経験がある場合には、何をしてきたかどのような取り組みをしたのかを聞いていることもあります。

しかし、内容よりも志望者の人柄を見ようとすることが意図です。

経験がない場合には、スポーツの代わりに何をしていたのかをうまく切り返せるかなどを求めていることもあります。

質問の裏の意図をしっかり考えておくと良いかもしれません。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


スポーツの経験を伝える時の強みとは

スポーツ経験の質問をされたとき、スポーツ経験がある方は自分の強みをうまく伝えるチャンス。

ここではスポーツの経験をうまくアピールできる方法を紹介します。

チームワークやリーダーシップ

スポーツ

スポーツといえばほとんどがチームワークで取り組むものが多いでしょう。

個人で行うスポーツであったとしても、学生時代や社会人でもチームで動くこともあります。

スポーツを行う上で自分はどのような立ち位置にいたのか、リーダーシップを取っていたかなどがアピールしやすいでしょう。

リーダーだった場合はどのようにチームをまとめたのか、大変だったエピソードいれると説明しやすくなります。

リーダーでなくても、盛り上げ役や裏方として行動していたエピソードを話すのも良いでしょう。

自分がどのようにチームに貢献していたかを話すことで、企業へのアピールにもなります。

目的達成へのスタミナやメンタル

スポーツ

スポーツといえば目標達成のために努力した経験ではないでしょうか。

目標を達成するために努力をすることは、企業にとっても大きな評価ポイント。

目標達成のためにスタミナやメンタルがあると見ることができるので、その点をしっかりアピールすると良いでしょう。

辛いことがあったエピソードや、辛いことも努力したというメンタルの強さをアピールするのがおすすめです。

特に目標がなかった場合でも、スポーツをする上でできるようになったことやそのために努力したことをまとめると良いかもしれません。

スポーツ経験を答える時のポイント

ここではスポーツ経験の質問をされたときの答えるときのポイントをまとめています。

答え方にありがちなミスも記載していますので、ぜひ参考にしてください。

結論から話そう

スポーツ

スポーツ経験を話すときにやってしまいがちなのが、長々とエピソードを語ってしまうこと。

懐かしい話をする上でつい自分の中で盛り上がり、話が長くなりがちです。

面接ではいかに話を簡潔に話せるかがポイント。

言いたいことの結論をはじめに話して、エピソードは結論に付け加える形で説明すると良いでしょう。

結論から話すことで内容がわかりやすくなるだけではなく、説得力をもたせることもできます。

スポーツ経験だけではなく、過去の話をするときにはこの方法を使ってみてください。

数字や実績を具体的なエピソードで伝えよう

数字

スポーツ経験を話す上では数字や実績を伝えるのも大切なポイントでしょう。

「頑張りました」「努力しました」といっても、何を頑張ったのかいまいち伝わりません。

「〇〇大会で〇位だった」「何年行っていた」など、具体的な数字で説明するようにしましょう。

具体的なエピソードを話すときには、数字で説明することでイメージしやすくなるので相手にも伝わりやすくなります。

また、数字を使うことは他のエピソードを話す上でも有効的な手法です。

スポーツ経験を説明する際には特に使えるポイントなので忘れないようにしてください。

困難を改善するために行ったことを伝えよう

スポーツ

スポーツの経験を説明する上でありがちなのが、「大変でした」「辛かった」などの大変アピールをしてしまうこと。

困難があったことを伝えるだけでは、企業側も「それで?」となってしまいます。

ポイントは困難を改善するために行ったことを伝えることです。

困難に立ち向かった方法を説明することで、ストレス耐性にもつなげることができるでしょう。

企業側にも困難にも頑張れるとアピールすることができますし、話もまとめやすくなります。

この経験から入社後も頑張れるとアピールできる良い機会ではないでしょうか。

大変な経験があった方ほど、辛かったアピールをしてしまいがちなので注意してください。

スポーツ経験を通して得られる能力をチェック

次にスポーツ経験を通して得られる能力を紹介します。

面接で問われた際に、これらの能力と結び付けて説明できれば完璧でしょう。

協調性

スポーツ

チームで行うスポーツであればぜひ伝えたいのが協調性

企業はほとんどがチームで行う仕事で、チームなしでは仕事はなりたちません。

そこで、スポーツ経験から協調性を学んだというアピールができると良いでしょう。

チームで動くのは大変なこともありますが、自分がチームの中でどう貢献できるか説明するのがおすすめです。

リーダーシップや相談役、裏方などたくさんの立ち位置が考えられるでしょう。

スポーツ経験を通して、自分がどういった立ち位置で行動していたかなどを考えてみるとよいかもしれません。

ストレス耐性

スポーツ

困難を改善したところでも説明しましたが、スポーツは大変なことも多く発生します。

辛いことや大変だったことに対して、自分がいかに努力できたかどうかはストレス耐性にもつながるでしょう。

ストレス耐性があるということは、企業にとっては魅力的にうつります。

仕事をする上でも頑張ってくれるだろうと期待できるポイントだからです。

特に体力が必要な仕事や営業など、ストレスが強い会社へ希望する際には入社してからのこととあわせてアピールできると良いかもしれません。

柔軟性

スポーツ

実はスポーツ体験は、柔軟性もアピールできるポイントだと知っていますでしょうか?

柔軟性とはマニュアルにはない突発的なことにも対応できる能力のこと。

スポーツにおいては特に予想していなかったような、イレギュラーな展開が起こることも多いでしょう。

そのような場面においても、柔軟に行動して見事勝利できたなどのアピールをすることができます。

入社後においても、仕事は常にイレギュラーが起こるもの。

そんなときでも経験を活かして柔軟に行動できるとアピールすれば、企業側の評価も上がるかもしれません。

自己分析能力

スポーツ

スポーツにおいては、自分の能力がはっきり表れる場所でもあります。

得点やレベルにあわせて自分の位置がはっきりするからです。

そのため自分は何が得意で何が不得意なのかを、しっかり見極められているということにもつながるでしょう。

それは自己分析能力があるということになるのでその点もアピールできます。

自己分析能力は自分をしっかり理解できていること。

企業側としても自分のことを理解している人は、強みを生かせるのでポイントも高くなります。

効果的にスポーツ経験をアピールする例文

ここでは効果的にスポーツ経験をアピールする例文を紹介します。

自分に近い例文を見つけて、転職活動に役立ててください。

例1「リーダーだった経験」

私は大学時代にテニス部のキャプテンをしていました。

総勢50名というたくさんのメンバーがいるチームをまとめあげてきました。

週2回の練習とミーティングをかかさず行い、チーム内の課題点を把握して解決してきました。

それまではメンバーが辞めてしまうことも多いチームでしたが、私がリーダーになってからは辞めるメンバーを出さずに活動ができました。

入社後もこの経験を活かし、リーダーシップをとっていきたいと考えています。

例2「実績を残せた経験」

私の長所は目標達成能力があることです。

大学で所属していた水泳部において、〇〇大会で〇位に入るという目標がありました。

入部当初は大会に出るレベルではなかったため、毎週3回の練習と空いた日には自主練を繰り返しました。

目標を達成するために努力を続けてきた結果、卒業前の〇〇大会に選出され見事〇位入賞を果たすことができました。

このように、私は目標に向かって努力する能力があります。

入社後も数値目標を決めて、達成するための努力を怠らないようにしていきたいです。

例3「挫折を味わった経験」

私はどんな困難があっても乗り切れる自信があります。

大学時代に、バトミントンサークルにて活動をしていました。

大会に選出できるメンバーとして練習をしていましたが、大会直前に足を骨折するケガをしてしまいました。

その結果、大会に出場できなくなり辛い思いをしました。

しかし、卒業前の大会には出場したいという思いが強かったので、ケガが治ってからは毎日練習を行いました。

その結果、大会メンバーにも選ばれ試合に出ることもできました。入社後も困難があっても乗り越えていきたいと考えています。

例4「得た能力を話す場合」

私は柔軟性がある人間だと考えています。

所属していたバレー部では、どのように動くか大会の度に作戦を練っていました。

しかし、試合当日にはイレギュラーなことが多く起こりました。

メンバーの一人が欠席したり、相手のフォーメーションが変わっていたりといったことです。

その度に臨機応変に対応し、どうすれば勝利につながるかを考えて行動してきました。

バレー部でのイレギュラーに対してどう行動するか考えてきたことで、柔軟性の能力がかなり身に付いたと感じています。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


スポーツ経験がない場合は?

楽器

これまでスポーツ経験があると仮定して説明してきましたが、一方で全くスポーツをしたことがない方もいるかもしれません。

その場合、面接でどのように話すか迷うこともあるでしょう。

スポーツでなく、別の部活やサークルに入っていた場合はそこで学んだ話をしましょう。

また、もし経験が全くなかった場合はスポーツの代わりに打ち込んでいたことについて説明をすると良いかもしれません。

スポーツをしていればよいということではなく、別の経験から学んだことがあれば十分なのです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面接

面接においてスポーツ経験をうまく説明できない・・と困ることもあるかもしれません。

そんなときはプロの転職エージェントに相談すると良いでしょう。

プロの視点から面接を乗り切れる方法を伝授してくれます。

自分の経験をどう伝えれば良いか、スポーツ経験がないので悩むなど困ったことがあればどんなことでも相談してみてください。

無料転職相談で面接の相談をしよう

まとめ

スポーツ

スポーツ経験を聞かれたときの答え方について説明してきました。

転職面接では意外にもスポーツ経験を聞かれることも多いもの。

そんなときにスポーツ経験だけを答えるのでは意味がありません。

自分が学んだことや持っている能力をアピールするチャンスなので、その機会を逃さないようにしましょう。

記事にある例文を参考にしたり、転職エージェントに相談したりして転職を成功させてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!