転職初日は誰でも緊張したり不安があるものです。

事前の準備を入念に行うことで転職当日を清々しい気持ちで迎えられるようにしましょう。

今回は入社前日までに確認すべきことや転職初日の持ち物についてご紹介します。

転職初日に用意すべき持ち物は

ビル、オフィス

転職初日の持ち物は企業や職種によって異なりますが、ここでは用意すべき代表的な持ち物を紹介します。

基本的には企業から事前に指示のあった持ち物を持参すれば問題ありません。

一般的には入社手続きに必要な書類や年金手帳や給与の振込先口座情報、雇用保険被保険者証などを求められます。

他にも身分証明書や健康診断書、印鑑など企業によって持ち物のボリュームは異なります。

筆記用具は時と場合で使いわけられるようボールペン(黒、赤)とシャープペンは最低限用意しましょう。

フリクションペンは消えてしまう可能性があるのでは正式な書類には使用しないのがマナーです。

初日はたくさんの書類を扱うためクリアファイルなど書類を保管できるものを準備しましょう。

女性であればエチケットとしてハンカチやティッシュ類も忘れないで下さい。

また携帯電話を覗き見るのは悪い印象を与える可能性があるので、腕時計で時間の管理が出来るようにしましょう。

携帯電話は充電がきれたりする場合があるので重要な情報は紙に印刷して持っておくと便利です。

転職前日までに確認すべきこと

 

転職前日まで確認すべきことを紹介します。

初出勤日は通常就業規則と出社時間が異なる場合があるため、出社時刻も確認することが必要です。

また入社手続きなどで持参する持ち物も多いため当日の持ち物は時間に余裕をもって確認するようにしましょう。

入社書類の中では用意するのに数日かかる場合もあるので直前の連絡はなるべく避けましょう。

また服装についても事前に確認しておくようにしましょう。

オフィスカジュアルや私服が大丈夫な会社でも初出勤日はジャケットなどを持参するようにすると無難です。

また当日慌てないために持ち物リストを作成して漏れのないように事前準備をすることをお勧めします。

服装や持ち物の用意をしておこう

手帳

服装や持ち物は入社日当日に確認するのではなく事前に用意しておきましょう。

当日慌てて準備をすると忘れ物や遅刻につながりますので、早め早めの準備が大切です。

持ち物は企業から指示のあった物は前提としてそれ以外にも必要性が想定出来るものは準備しておきましょう。

挨拶と自己紹介を考えておこう

スーツ女性、挨拶

入社当日は同僚への挨拶や自己紹介をする機会が多くなります。

自己紹介や入社挨拶の内容は事前に考えておきましょう。

自己紹介は長すぎず簡潔で分かりやすい方が好感につながります。

名前と過去の経験、入社への意気込みなどをサラッと伝えられるようにしましょう。

趣味などもあれば同僚との会話を広げるきっかけにもなります。

入社初日は自己紹介をする機会が複数回ある可能性もあるため何パターンか考えておくとスムーズです。

入社初日は第1印象が大切です。同僚に良いイメージで迎えてもらえるよう明るく堂々と挨拶ができるようにしましょう。

転職初日の服装と身だしなみで意識すること

入社初日の服装や身だしなみは第1印象を左右する非常に大切なアイテムです。

同僚に好感を持たれるよう以下の項目を確認して、転職初日にふさわしい恰好で出社しましょう。

シンプルな服装を選ぼう

服、コーディネート

仕事で好感を持たれる服装はシンプルで清潔感のある服装です。

初日は周りの同僚がどんな服装をしているのか分からないので、無難にシンプルな服装でまとめる事をお勧めします。

スーツではなく私服で出社する場合はオフィスカジュアルなイメージでジャケット等を羽織ると良いでしょう。

小物アクセサリーも目立つ大ぶりの物ではなく、小ぶりでシンプルなものを装着するようにしましょう。

派手なデザインや個性を出すのが好きな人は、同僚の服装を参考に仕事に慣れてきたら好きなものを身に着けると良いです。

カバンや小物は?

カバン、女性

カバンは仕事で使いやすいA4サイズのファイルが入る大きさのカバンを選ぶようにしましょう。

デザインは服装と同様シンプルで色も黒を基調とした落ち着いた色のカバンを選びましょう。

高級なカバンを持ち歩くのは仕事に適さない場合があるので、中堅ブランドのビジネスバッグを用意することをお勧めします。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職初日の流れをチェック

では転職初日や入社初日の流れを確認してみましょう。

もちろん企業によって違うのでこれが絶対ということではありませんがシュミレーションをしておくと安心です。

出社

女性、ビジネス

初出勤日はまずは出社をすることから始まります。

当然のことですが遅刻は絶対にしないようにして下さい。

予定よりも早めに到着できるよう就業場所は事前にしっかりと確認をしておくことも大切です。

初日は電車が遅延しても間に合うくらいの余裕を持って家を出ましょう。

出勤予定時刻より30分以上早くついてしまった場合は会社と少し離れた場所で待機します。

企業側も新入社員の受け入れ準備などがある場合があるので早く着きすぎて同僚の手を煩わせることは避けましょう。

手続きやオリエンテーション

オフィス紹介

無事出社をしたら、その後は先輩同僚方の指示に従って行動します。

初日は入社手続きで書類を提出したり、オリエンテーションでオフィスの案内や今後の業務の説明を受けます。

書類の提出はスムーズに作業が進むよう、事前にクリアファイル内にカテゴリー別にまとめておくと便利です。

オフィスの説明や業務の案内を受ける時は情報量が多いためメモをとるようにしましょう。

同僚に同じことを何回も説明させるのは失礼にあたりますのでメモをしっかりとることが大切です。

挨拶と自己紹介

挨拶、自己紹介

初日は新しい同僚との顔合わせの場でもあるます。

今後一緒に働く仲間ですので好印象を持ってもらえるよう積極的に挨拶をして自己紹介をしましょう。

自己紹介は簡潔に分かりやすく話すことが大切です。

以下のポイントを意識して自己紹介の内容を考えてみて下さい。

・名前(フルネーム)

・簡単な過去の経歴

・趣味や簡単な自己PR

・転職した企業で働く意気込み

人前で話すのが苦手な人も初日は職場での第1印象をつくる大切な日ですので自己紹介は大切にしましょう。

転職初日の不安と緊張を緩和させるポイント

誰でも初日は緊張するものです。

緊張を緩和させて当日を迎えるために以下の項目を確認しましょう。

笑顔でハキハキと話そう

女性、呼びかけ

笑顔でハキハキと話すことは緊張の緩和に効果的です。

転職初日は職場の仲間に好感をもってもらえるよう立ち振る舞うことも大切です。

緊張していても笑顔で声を発していると自然と緊張がほどけるでしょう。

笑顔を意識してハキハキと発言することを心掛けましょう。

十分に準備しておくこと

テントウムシ

事前準備が十分にできていると心に余裕をもって転職初日を迎えることができます。

緊張しやすい人は事前に準備できることは十分に準備しておきましょう。

自己紹介や挨拶の練習も事前にしておくと、緊張していてもスムーズに対応できます。

自分の第1印象を良くしたい人は、事前に自己紹介の練習風景をビデオに撮影してみると良いでしょう。

ビデオに自分の姿を映すと自身の欠点が客観的に観察できるため、第1印象を良くするのに役立ちます。

自分で欠点だと感じる姿は日ごろから改善するよう心掛けることが大切です。

当日は少し早起きして深呼吸を深くして心を落ち着かせてから出社するようにしましょう。

転職初日の心構え

転職初日は今後一緒に働く同僚に自身を印象づける大切な日です。

同僚に快く受け入れてもらえるよう努力をすることも大切です。

以下の項目を意識して転職して良かったと思える環境づくりをしましょう。

職場に溶け込める努力をしよう

花、桜

職場での人間関係は仕事をするモチベーションに非常に関係しています。

新しい職場でも良い人間関係が作れるように職場に溶け込む努力をすることが大切です。

以下のことを意識して新しい同僚と積極的にかかわるようにしましょう。

・挨拶や自己紹介は受け身ではなく自分から積極的におこなう

・笑顔でてきぱきと行動する

・周りの人への気配りを心掛ける

前職のやり方は持ち込まないようにしよう

女性、手

新しい環境では前職のやり方を持ち込まないようにしましょう。

企業によって働き方や価値観はそれぞれ違います。

前職でのやり方に固執してしまうと職場の仲間に悪い印象を与えてしまうことがあります。

まずは新しい職場でのやり方に従って動くことを心掛けましょう。

転職では環境の変化にともなって自分自身も変化できるスキルも必要です。

「郷に入っては郷に従え」という諺もありますが、最初は職場のやり方を尊重して働く気持ちを忘れないでください。

前職でのノウハウを新しい職場にも活かしたい場合は、新しい職場に十分慣れてから職場環境を分析することが大切です。

分析データに基づいて現状の業務の欠点などを明確した上で改善策を提案できると同僚も力を貸してくれるでしょう。

転職初日に関する疑問

転職初日は「これってどうすればよいの?」とう質問がたくさん頭によぎるはずです。

分からないことはそのままにせず転職エージェントなどを活用して解決しておくことをお勧めします。

ここではよくある転職初日に関する疑問について紹介します。

菓子折りはあったほうがいい?

エクレア、イチゴ

基本的に菓子折りなどの手土産は用意する必要がありません

しかしコミュニケーションのツールとして準備することが悪いわけではありません。

入社前に旅行をしてお土産を買ってきたなどであれば同僚との話が広がるきっかけになるかもしれません。

「これからお世話になります」というメッセージを添えるのもよいでしょう。

しかし人には好みがありますので菓子折りを用意するのであれば少し同僚の好みを把握してからをお勧めします。

転職初日は特に持ち物が多い日でもありますので菓子折りを気にするくらいなら忘れ物をしないよう注意してください。

何時に出社するべき?

時計

転職初日は基本的に会社に指示された時間に間に合うように出社してください。

遅刻は絶対にしないよう気をつけましょう。

初日から遅刻すると良識のない人として扱われてしまう危険性があります。

また通勤中は交通機関の遅延など予測のできないアクシデントが起こる可能性もあります。

初日はまだ通勤ルートに慣れていないため、アクシデントを想定した上で早めに家をでるようにしましょう。

早く着きすぎてしまった時はオフィスから少し離れたカフェなどで待機し就業時刻10分くらい前に余裕をもって出勤するのが理想です。

転職初日の出勤時刻は一般的には企業に指定された出社予定時刻の10分前くらいに到着するのが適切であると考えられています。

早めの行動は大切ですが、あまり早く着きすぎると受け入れ側の体制が整っていない場合があるので気をつけましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職初日の持ち物チェックリスト

チェックリスト

では改めて転職初日の持ち物例を紹介します。

以下チェックリストを参考に忘れ物をしないよう万全の準備を整えましょう。

・企業から指示された書類(健康診断書、住民票記載事項証明書、源泉徴収票など)

・印鑑(実印、シャシハタNG)

・年金手帳

・雇用保険受給資格者証

・通帳または給与振込口座の情報

・マイナンバーカード(あるいはマイナンバー番号の控え)

・身分証明書(運転免許証、パスポート等)

・筆記用具(鉛筆、ボールペン、フリクションペンなど)

・メモ帳

・クリアファイル

・ハンカチ、ティッシュ類

・腕時計(シンプルなもの)

・就業先の地図や連絡先の控え

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

女性、ビジネス、タブレット

転職に関する疑問は抱え込まず転職エージェントに相談してみましょう。

「こんなこと聞いたら恥ずかしい」ことや「周りにきっても解決しない」こともエージェントから適切な回答を得られます。

転職エージェントをは単に仕事を紹介してくれるだけではありません。

履歴書の添削や転職に関する様々な悩み相談にのってもらえます。

まだ転職エージェントを活用したことがない人は是非この機会に登録してみましょう。

まとめ

鳥、ビーチ

転職初日の持ち物は明確になりましたか。

基本的には企業から当日の持ち物の指示があるはずですが一般的に必要なものを知っておくと便利です。

入社前準備は入念に行い、新しい職場でスマートに始業できるよう心掛けましょう。

新しい環境で快適に仕事をするためにも、積極的な人間関係の構築は大切です。

またオフィスに適した服装や小物にまで気を配ることで人に好印象を持ってもらえるようにしましょう。

女性であればハンカチやティッシュなどはエチケットとして常備してください。

腕時計やクリアファイルなどはスムーズに業務を遂行するために役立ちますので事前に準備しておきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら