転職先を考慮中に、気に入っていた企業の求人応募が終了してしまうことがあります。

そんな時、募集期間が過ぎてしまったので応募は断念するしかない、と思う人が大半ではないでしょうか。

しかし、実際は求人募集が終了しているからといって、あきらめる必要はありません。

求人掲載終了後の応募について、どのように応募をするべきか細かく解説していきます。

また、企業に連絡する時の注意点もしっかり確認しておきましょう。

求人掲載後の応募の仕方は

方法

転職先を探す方法は人によって様々です。

一般的には求人サイトや転職エージェントの紹介によって、企業の求人掲載をみて応募をする人が多いのではないでしょうか。

特に求人サイトや転職サイトを活用する人は、複数の企業を転職先の候補として思案します。

そんな折、気になっていた企業の求人掲載が終了してしまうことも少なくありません。

一足遅かったと後悔する人も多いのですが、企業の求人掲載が終了したからといって、必ずしも求人をとめている訳ではありません。

求人掲載の仕組みに注目しつつ、これから求人掲載後の応募方法を確認していきましょう。

求人掲載はなぜ終了するのか

指し棒を持つ女性

なぜ企業は、突然求人掲載を終了してしまうことがあるのでしょうか。

その理由は大きく分けて2つ、まずはその理由を把握しておきましょう。

求人の掲載期間が過ぎたから

1つ目は求人の掲載期間が過ぎてしまったから、という理由です。

一般的な転職サイトや求人サイトでは、契約内容やサイトのルールにより、一定期間の求人掲載期間が設けられています。

そのため、その期間が過ぎてしまった場合は掲載を終了してしまうことが多いのです。

掲載期間の終了が理由だった場合は、人材の募集自体は継続している可能性が高いといえます。

採用枠が埋まったから

2つ目の理由は採用枠が埋まってしまったから、というものです。

企業側で募集している部署の採用人数をみると、大半は限られています。

欠員が出たためその代わりの1名、もしくは2名を探している、という少人数の募集の場合もあります。

掲載期間に余裕があっても、突然終了してしまう求人広告は採用枠が埋まってしまったという可能性が高いのではないでしょうか。

採用枠が埋まっていなくても掲載が終了する?

上記しましたが、求人掲載期間が終了しても実際には採用枠が埋まっていない可能性もあります。

掲載期間は全ての企業に対して一定期間設けられています。

しかし予想よりも応募者が少なく内定者が決まっていない場合でも、掲載期間の延長を依頼しない限り終了してしまうのです。

その場合、掲載期間が終了してもまだ企業へ応募できる可能性は出てきます。

一方、企業側の採用見直しなどの事情で採用募集自体を辞めてしまう場合もあります。

企業側が求人自体を取り下げた場合は、採用掲載が消去されてしまいます。

実際に求人が止められたのか、まだ募集をしているのかは問い合わせをしてみないと分かりません。

どこから求人情報を再確認したり、応募したりすればよいのでしょう。

求人サイトだけでなく企業のHPで募集している場合も

ホームページ

事業拡大を進めている企業や、多くの優秀な人材を探している企業は自社のHPで採用を募集しているところもあります。

自社のHP記載は転職サイトや求人サイトよりも、詳しい情報を載せている場合が多いのも特徴です。

求人が掲載終了したからといって落胆するのではなく、HPでも求人募集をしているか確認してみましょう。

また転職したい企業がすでに固まっているのならば、こまめに対象企業のHPに目を通しておくことをおすすめします。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


掲載が終了していても早めの行動が重要

オフィスにいる女性

転職先として人気がある企業は、あっという間に募集が打ち切られてしまうこともあるでしょう。

掲載期間よりも早く終了してしまうことも考えらます。

転職活動では、早めの行動が成功の鍵を握っています。

同様に掲載が終了している場合も、なるべく早めに問い合わせることが大切です。

機を逃してしまったという人が、他にも募集の問い合わせをしている可能性を忘れてはいけません。

企業側としても、出来るだけ短期で採用を決めたいはずなのです。

希望する企業が求人を締め切っていないか、詳しい情報を知りたい人は無料の転職エージェントをおすすめします。

 

無料転職相談をして詳しい求人情報を手に入れよう

 

応募したい時の応募方法をチェック

スマホを操作する女性

実際に採用掲載が終了した企業に応募するには、どのように応募すればいいのか、その方法を確認していきましょう。

転職・求人サイトからの問い合わせ

多くの転職サイトや求人サイトは、求人掲載にあたり企業の採用担当者と求人情報や求める人材のタイプ等の情報共有をしています。

そのため掲載を終了した後でも、サイトの担当者に企業への仲介を頼むことも可能です。

まだ応募を受け付けてもらえるか否か、転職サイトや求人サイトに問い合わせてみるのもいいでしょう。

例え希望企業への応募を終了していても、新たな情報を紹介してもらえる可能性もあるので、諦めずに行動していきましょう。

企業のHPから問い合わせ

上記の方法が難しい場合は、一度企業HPを確認しHPからの応募が可能か確認してみましょう。

HP上の求人は、サイトに掲載があった情報とは多少内容が異なる場合があるかもしれません。

そんな時は求人サイトで求人情報を見た、ということを併せて伝えることでスムーズに話が進みます。

多くの場合は、採用ページからのフォームやメールで問い合わせをすることが可能です。

企業へ電話による問い合わせ

履歴書

企業のHP上にメールアドレスが記載されていないなど、連絡方法に迷うケースもあるでしょう。

そのような場合は、直接企業へ電話をして確認する選択肢もあります。

採用担当者宛てへ電話をすることで直接、求人の内容や応募が可能かどうか企業側と話すことが出来ます。

場合によっては時間の短縮が出来て、スピーディに面接を申し込める場合もあるのではないでしょうか。

失礼に当たらないようにする注意点

罰印

企業へ直接問い合わせをすることはメリットもありますが、採用担当者へマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。

いきなり電話をかけるのは控えよう

電話で企業へ問い合わせをしよう、と即行動することは大切ですが、その前にワンクッションが必要です。

電話は多少なりとも相手側の時間をいただくことになります。

そして、求人についての問い合わせとなると、短時間で終了する電話にはならないことが予想されます。

電話をする前に再度企業のHPを隅々まで目を通し、問い合わせ先がないか再確認しましょう。

問い合わせ先が記載されていたにもかかわらず、いきなり電話をするのはマナー違反と判断される場合があるからです。

どうしても問い合わせ先がない場合に限り、電話という選択肢を選びましょう。

電話での問い合わせをするなら

検索

電話で問い合わせをする場合は、電話をかける時間帯を考慮します。

始業はじめの朝の時間や、終業間際の忙しい時間はなるべく避けたいものです。

相手の立場になって電話をかけることが大切です。

また、電話口での話し方にも注意が必要となります。

面接時同様に緊張すると人は早口になりがちなので、落ち着いて要点をまとめて話せるように心がけましょう。

メールマナーを意識しよう

メールでの問い合わせの場合も、電話同様にビジネスマナーに気を付けたいものです。

メールはゆっくり内容を考えられる利点もありますが、文章だけでその人の印象を変えてしまうデメリットも持ちあわせています。

企業へ送るメールは、件名を見ただけでどのような内容のメールか分かるものにしましょう。

そして、忘れがちなのが相手が返信するための連絡先です。

送信したメールに返信する形で返ってくる場合がほとんどですが、文末に自分の連絡先やメールアドレスを記載するのがマナーです。

電話やメールでの問い合わせで意識すること

連絡を取る女性

メールにせよ電話にせよ企業へ直接連絡を取る際には、すでに面接活動の一環であることを忘れないようにしましょう。

電話やメールでの問い合わせ時に何を意識すべきか、下記の注意点を参考にしてください。

電話が繋がった瞬間から面接だと思おう

企業への電話での問い合わせは緊張するものです。

企業側は電話の受け答えからも、応募者の人となりを判断しているのです。

当然のことながら、最初に電話を受け取った人が採用担当者であるとは限りません。

しかし、企業への電話が繋がった瞬間から応募者の面接は始まっていると意識したほうがいいでしょう。

電話が第一次面接だと思って問い合わせをすることが大事です。

話し方や文章で印象が決まる

メールや電話での問い合わせは、気軽に思えるかもしれません。

しかし、問い合わせの文章や話し方は採用に関わってくる要素といえます。

もしもマナーを無視したメールが送られてきたら、例え採用募集を締め切っていなくても、断りの文面が返信されるでしょう。

電話でも同様のことがいえます。

メールは簡潔に内容を伝える文面とし、電話では何を話すのかを事前にまとめて置くと丁寧な問い合わせが出来るはずです。

熱意が届く場合もある

ガッツポーズ

企業側は求人掲載を終了した時点で、並行して面接を行い内定者を決める段階に進んでいることがあります。

その時点での問い合わせとなったら、採用に進むのは難しいといえます。

しかし企業側に優秀な人物かも知れないと判断されたら、別枠で面接を実施してくれる可能性もあるのです。

採用人数の上限に達していても、他部署などを薦めてもらえるかもしれません。

だからこそ問い合わせ時の対応は大切です。

働きたいという企業への想いを、丁寧な態度でしっかりと伝えていきましょう。

とはいえ、問い合わせの電話で志望動機や自己PRを熱く語るのはNGです。

あくまでも問い合わせであることを念頭にいれ、募集の有無を確認してください。

企業側のメリットを考えよう

応募期間を過ぎてからの問い合わせは、企業側へのメリットがあるのでしょうか。

求人を行うことは企業側にとっても人員を裂かれ、予算を使うものです。

期間中に集中して終わらせたいというのが、本音ではないでしょうか。

当然のことながら、求人掲載をしている時期には広告を見て多くの人が応募してきます。

しかし、求人掲載を終了してもなお応募の意志を示してくる人というのは、強い意思や熱意を持っている人材が多いのです。

中には、どうしても入社したいという熱意をもって、HPから応募する人もいるでしょう。

応募期間を過ぎてからの問い合わせには、積極性のある人材が隠れているのです。

また自ら行動を起こす行動力のある人物と判断されることもあるでしょう。

尽力してくれる人材を求めている企業にとって、熱意ある応募者は大きなメリットといえるのではないでしょうか。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


最後まで諦めず応募しよう

転職

転職を考えている多くの人は、複数の企業の採用掲載を比較し応募や面接を行うことが一般的です。

しかし強く希望する企業の求人が掲載終了になっていたら、後悔しながらもほとんどの人が諦めてしまいます。

自分の熱意を活かし、最後まで諦めずに応募していくことで希望企業の面接に繋がるのではないでしょうか。

企業側の内情をみると、募集期間中に求める人材が集まらず再度求人掲載をだす企業も少なくありません。

このように転職のチャンスは、見えないところに転がっているといえるでしょう。

諦めない意志が内定をもらえるチャンスに繋がるのです。

困ったら転職エージェントを活用しよう

OKサイン

転職希望者にとって、現職に就きながら転職活動をすることはとても大変なことです。

現在転職人気も高まり、採用枠の競争率もあがってきています。

どの企業が人材を募集しているのかに加え、どのような人材を欲しているのかをしっかりと把握しておくことが大切です。

今回は問い合わせ方法を紹介しましたが、より詳しい文面などを相談したいのならば転職エージェントを活用してはいかがでしょうか。

条件が合えば、他には記載されていない募集内容なども紹介してくれるでしょう。

不安を無くし万全の態勢で挑んでこそ、転職の成功率を上げることが出来るのです。

まとめ

指をさす女性

求人掲載終了後の応募について、気になる点や採用に繋がる問い合わせの方法をお伝えしました。

求人掲載というものは、求める人材を確保するためのツールの1つに過ぎません。

掲載期間が終了していても、あきらめず企業に自分を売り込んでいきましょう。

企業側のメリットや求人掲載のルールを知ったことで、自信をもって応募することが出来るのではないでしょうか。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!