年々増加の傾向にある転職希望者ですが、募集要項が大きな壁になっているようです。

要項を満たしていないから、と転職活動を諦めていませんか?

実は募集要項を満たしていなくても、諦める必要はないのです。

大切なのは自分のスキル職務経験のアピール方法といえます。

希望企業の募集要項に沿っていなくても、ポイントを掴むことが出来れば採用の可能性が生れます。

あくまでも募集要項はひとつの判断基準、募集要項を満たしていない求人に、どのように応募するのかを確認していきましょう。

Contents

募集要項を満たしていない求人の応募方法をチェック

人差し指を立てる女性

企業側の目線で考えるならば、採用活動の最終目的は企業の利益に寄与してくれる人材を雇用することです。

実際に応募要項を満たしていない人材を採用した、という企業は半数を超えています。

応募者が募集要項に沿っているかどうかは、ひとつの目安といえるのではないでしょうか。

では条件を満たしていない状態で、その企業に就職したい場合はどのように自己アピールをすべきなのでしょう。

成功する方法応募方法を伝授します。

募集要項とその条件

条件

応募要項に記載されていることは、応募の上での絶対条件といえるのでしょうか。

そもそも応募要項に記載されている条件とは、どのような意味を持つものなのでしょう。

募集要項は目安

募集要項はあくまで採用の目安に過ぎません。

採用する企業が求めていることは、優秀な人材の確保であり市場価格の高い人材です。

その為、企業がどのような人材を求めているかその指標を示す為の募集要項ともいえるのではないでしょうか。

特に「〇年以上」というものは同等のスキルを持っていればいい、と捉えることが出来ます。

条件は全て揃っていないとダメ?

悩み

募集要項の条件が絶対条件とはいい切れません。

中にはどれか一つを満たしていれば良い、というものも存在します。

そして全てをクリアしていれば理想的ですが、全て揃っていなくても問題ないという企業がほとんどです。

募集要項に記載されていることは、標準よりも高めのスキルである場合も多く、優秀な人材を確保するための手段ともいえるでしょう。

しかし、資格保有者を求めている場合は必須の条件ということが多いようです。

条件は任意である場合もある

企業側の意図が「このような条件がある方が好ましい」という場合、応募条件は必要条件ではないといえます。

しかし、条件を満たしている方が有利なのはいうまでもありません。

だからこそ、アピールの仕方が重要なポイントになるのです。

上手くスキルや自己アピールが出来れば、採用を勝ち取ることも出来るでしょう。

迷った時は応募してみよう

応援ポーズの女性

応募要項を満たしていないと、応募をためらってしまう気持ちもわかります。

しかし実際の採用状況をみると、募集要項を満たしていない人の採用率は低くありません。

全ての条件をクリアしていなくても、問題はないといえるでしょう。

またほとんど条件を満たしていない、という場合でも企業への熱い思いがあるのならチャレンジすべきではないでしょうか。

企業は様々なスキルを求めています。

今回の募集には当てはまらないけれど、企業にとってプラスになる人材だ、と判断されれば採用に繋がることもあるでしょう。

注意しておく記載は?

面接

迷った時には応募するというのが、転職活動において成功率をあげる秘訣です。

しかしその場合であっても、注意すべき記載があります。

上記しましたが、募集要項に資格が必要と記載のある職種の場合です。

例えば営業職を志す場合に、資格を指定している場合があります。

営業職は車を使用する場合も多く、運転免許証が必須になることがあるからです。

業務に必要な資格はチェックしておきましょう。

また現在は、雇用対策法によって年齢制限の禁止が義務となっています。

しかし、募集要項には年齢を匂わせる記載があることもあります。

かけ離れていても採用されないというわけではありませんが、注意すべき点のひとつといえるでしょう。

企業によって求める人材は異なります。

希望する企業がどのような人材を求めているか、詳細に情報を集めたい人は無料の転職エージェントに相談してはいかがでしょう。

募集要項を満たしていない人が採用されるのに必要なこと

ビジネスウーマン

募集要項を満たしていない人が採用されるために必要なこととは一体何でしょう。

一つ一つ確認していきましょう。

スキルを活かせる

募集要項の条件に記載されている資格などを保有していない場合でも、同系統のスキルを持っていれば採用の可能性は高まります。

例えば経理の場合、日商簿記検定やFASS検定の資格などがあげられます。

経理部門の採用募集の場合はこれらの資格を持っていた方が有利ですが、前職で経理業務を行なっていた経験は充分にアピール出来る内容です。

実際の職務経験は高く評価されるため、前職のスキルはしっかりとアピールしておきましょう。

同職種でない場合も、前職のスキルを活かせる可能性もあります。

希望企業との共通点を見つけることで、自分のもつスキルは大きな武器になるのです。

前職の経験値が高くその経験を活かせる

前職での経験値の有無も注目点となってきます。

自分が前職でどのような立場にあったか、どのような貢献をしてきたのか。

採用する企業は、前職での経験値も重要視するはずです。

よく目にする募集要項に「~経験〇年以上」というものがあります。

こちらもスキルを測る一つの目安なのですが、記載されている年数に足りなくても同等の経験をしていれば問題ありません。

前職での成績が優秀

優秀

経験値に加えて、プラスと判断されるのが前職での成績です。

具体的な数値や受賞した賞の名前などがあれば、より効果的です。

例えば営業職の場合は、成約件数や売上実績、部署内でのランキングなど誇れるものがあればアピールポイントとなるでしょう。

当然のことながら、企業は優秀な人材を採用したいと思っているので、前職で優秀な成績を収めていれば採用の確率は上がります。

全く別の職種であっても、前職での優秀な成績は自分をアピールするのに十分なものとなるでしょう。

他部署で活躍できそうな場合

企業が募集している部署の条件と違っていても、採用される可能性があります。

この人材は、他の部署で活躍してくれるのではないか…。

企業が選ぶのは、期待を持たせてくれる人材です。

募集はあくまでも、今現在組織に必要な人材を補充するためです。

しかし長期的な視野で考えるならば、企業に貢献してくれる人材こそ企業が本当に欲しい人材といえます。

自分の持つスキルや経験が、思わぬところで採用につながるものです。

仕事への意欲が高い

エージェント

また仕事の実績だけではなく、仕事への意欲や熱意をどれだけ持っているかも重要視されます。

これは、人間性にも関わってくる大切な要素といえるでしょう。

仕事で成果を出すための勉強や準備をしている、企業研究をしっかりしている、といった人材は高く評価されます。

例え応募条件を満たしていない場合でも、仕事への意欲が高い人材なら、採用後に大きな成長をみせてくれるでしょう。

自社に貢献してくれる可能性が高いと判断されるのです。

また仕事への意欲が高い人材を採用すれば、社内の活性化にもつながります。

応募者は多方面から判断されているのです。

募集要項を満たしていない場合の志望動機

経歴書

ここまで募集要項を満たしていない場合でも、応募することが可能と説明してきました。

それでは志望動機はどのように記載すべきなのでしょう。

募集要項を満たしていないにもかかわらず、応募するに至った理由について企業側にしっかりと伝えたいものです。

応募要項を満たしていない場合、志望動機は特に充実させておきましょう。

自分が満たしていない応募要項について、何でそれを補うことが出来るのかをしっかり記載することが大切です。

必要な資格であれば、現在資格の取得に取り組んでいる旨を記載するのもいいでしょう。

そして仕事への意欲を伝えることも忘れてはいけません。

応募要項は満たしていないけれど、どうしても御社で働きたいという思いを書き込みましょう。

採用されるためのアピールポイント

コミュニケーション力

採用されるために最も重要なことはアピールの仕方です。

書類選考では記載可能な文字数が限られており、面接の際も与えられた時間は限られています。

最も自分の魅力が伝わる部分を選択し、その部分を集中してアピールしていきましょう。

自分の強みを伝えよう

スキルや熱意をアピールする際には自分の強みを伝える必要があります。

募集要項に当てはまらない場合でも、自分の持つ強みは仕事上で大きな力を発揮します。

特に未経験の分野に転職を希望している場合は、必要とされているスキルを補うものが必要です。

女性はコミュニケーション能力が高いといわれていますが、コミュニケーションスキルはどんな職場でも通用するものです。

また、自分の性格面に着目し適応能力が高いなどをアピールしてもいいのではないでしょうか。

前職の実績の詳細を伝えよう

事務作業

転職者の強みといえるのが職業経験です。

前職の実績の詳細を伝えることは、企業側にとって採用後のビジョンを思い描く材料となるでしょう。

業務の内容や数字面での結果など功績を伝えるだけではなく、反省点を伝えると高評価に繋がります。

自分のマイナス面を隠す人もいるようですが、自分の欠点や改善点を伝えることは自己分析の評価に繋がるのです。

足りない条件の今後の計画を伝えよう

募集要項を満たしていない人にとって、自分に足りない条件を満たす術を伝えることは必須条件です。

簿記2級の資格が必要であるのに、自分が持っていない場合に資格はいつ取得予定か、具体的な時期を記載することが肝要です。

いつまでに資格が取得可能なのか、マイルストーンを記載しましょう。

不足分の補い方について前向きに頑張っている姿は、仕事への向き合い方を感じさせます。

自己PRのNG例をチェック

NG

転職活動で最も大事なことは自己PRです。

しかし、やみくもなアピールをすればよいというわけでもありません。

ここで、このようなアピールは行わない方が良いという例を紹介します。

応募条件を満たしていないことを記載していない

中には自分が応募条件を満たしていない、ということを記載しない人がいます。

満たしていないことを書く必要がない、という考えはNGです。

企業側は目的があって応募要項を提示しています。

自分が条件をクリアしていないにもかかわらず、そのことに触れないのは企業についてしっかり調べていない、と判断されます。

自己PRには自分の現状を正直に記載するようにしましょう。

その際には、先ほど記載したように条件を満たすまでの予定もきちんと記載すると評価があがります。

応募条件を無視して応募する

応募要項を全く満たしていない場合や、自分のスキルとかけ離れている場合は注意が必要です。

応募要項に記述されたことを無視した自己PRになってしまいます。

企業が採用の指針として提示していることなので、無視してしまうのはNGであり、採用の確率は極めて低くなるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スマホ

募集要項を満たしていない求人でも、採用に至るための応募方法について記載してきました。

しかし、転職活動に絶対的な正解はありません。

企業によって様々な例が存在し、臨機応変な対応が求められます。

そのため転職希望者にとっても、相手がどんな人材を求めているのか頭を悩ますところではないでしょうか。

そんな時は、転職活動サポートのプロである転職エージェントに相談することをおすすめします。

希望している企業の採用傾向や、満たしておきたい条件などを事前に確認しておきましょう。

転職率が高まる中、一歩リードした企業研究が成功への近道となるのではないでしょうか。

まとめ

履歴書

応募要項は企業側の絶対的な条件だ、と考えていた人も多いのではないでしょうか。

せっかく入りたい企業があっても、スキル不足でチャンスを逃すのはとても勿体ないことです。

応募要項は採用時の指針であり、ひとつの目安であるということを念頭にいれ転職先を決めていきましょう。

実際の企業の採用状況で、応募要項を全てクリアしている人は半数ほどというデータがあります。

自分が希望する企業の応募要項を満たしていない場合でも、上手く自分をアピールしあきらめずトライしてみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら