転職活動において最初の関門となるのが書類選考です。

書類選考を通過しなければその後の選考に進むことさえできません。

しかしながら求人によっては書類選考が免除となるケースもあるようです。

今回は書類選考が免除になる条件や面接確約について解説していきます。

そのメリットや注意点などについてもご紹介していくので、是非参考にしてください。

書類選考が免除になる条件とは

緊張した様子で話を聞く女性

転職活動では通常であれば書類選考を行った後、その選考を通った人に対して面接による選考を行うのが一般的です。

しかし中には書類選考免除面接確約がされる場合があります。

そのような求人に応募することができれば、転職活動にかかる時間を短縮することもできるでしょう。

今回の記事では書類選考が免除となる条件について解説していきます。

書類選考免除の求人を活用して効率的に転職活動を行っていきましょう。

書類選考を免除するために活用しよう

喜ぶスーツ姿の女性

書類選考を免除にするためには以下のようなものを活用すると良いでしょう。

以下を活用することで一般的な求人に応募するよりも免除になる確率が上がることが予想されます。

短期間で転職活動を終えるべき理由がある方には効率的な方法となることでしょう。

転職エージェント

書類選考免除になるための手段の1つとして転職エージェントを利用するというものがあります。

転職エージェントでは求人を紹介してもらうことも可能です。

その中には書類選考が免除となる企業も含まれているため、そうした企業を狙うと高確率で免除してもらうことができるでしょう。

転職エージェントは人材の特性に応じて、条件の合う求人を転職希望者へと提供します。

そのため自身の経歴や能力が合致している企業があればそうした企業の求人を紹介してもらえます。

スカウトメール

転職サイトに登録している場合、サイト内のスカウトメール機能を利用することで免除してもらえる求人へ応募できる可能性があります。

スカウト機能から貰った自分の登録情報に合ったオファーへ応募することによって好条件で選考に参加できるのです。

自身の登録情報を企業の人事が気に入った場合には、順調に最終面接までコマを進めることができるでしょう。

もし書類選考を免除してもらいたい場合にはスカウトメール機能を利用してみてはいかがでしょうか。

書類選考が免除になる理由は?

エージェント

このように書類選考を免除してもらう方法はあるということはお分かりいただけたでしょう。

しかしながら何故書類選考が免除になるのでしょうか。

企業にとってはどのようなメリットがあるのか。

その理由について具体的に解説していきます。

より多くの人材確保

書類選考を免除にするとそれだけ多くの人材を確保しておくことができます。

一挙に多くの人材が必要な企業は、書類選考を免除することで内定者を多く出したいという狙いもあるようです。

転職希望者の中に自社が求める人材が居た場合には早期に内定を決めて確保しようと考えている場合もあります。

企業側は書類選考を免除すれば最初から面接で希望者のことを深く知ることができるのです。

そしてその面接で直接どの程度自社を志望しているのかも知ることができます。

もし書類審査で落としてしまった人材の中に自社への志望度が高い人材が居た場合、企業からすると機会の損失となってしまうのです。

人材を確保したい企業にとって書類選考が無い方が都合が良い場合もあり、そのような場合には書類選考を免除することもあります。

応募数の向上

面接

書類選考を免除すれば、試しに応募してみようと考える人の数も増えます。

応募してくる人が増えれば増えるほどその中に自社の求める人物像に合致する人材が含まれる確率も上がるのです。

自社に合った人材を求める企業にとって応募数の向上というのは大きなメリットとなります。

書類選考免除というのは企業にとっても転職希望者にとっても利点のあるものなのです。

書類選考免除の流れ

考え事をする女性

書類選考免除の具体的な流れについて解説していきましょう。

転職エージェントを利用した場合でも、オファーメールを受け取った場合でも基本的に面接までの流れは同じです。

まず自身の条件に合うと思われる求人についてエージェントから連絡が来たり、企業から直接プライベートオファーが届いたりします。

もしそれが自分が求めている条件や内容に合った求人であった場合には、その連絡に対して返信をしましょう。

返信をすると企業側から面接日程などを相談され、書類選考は免除となり面接から選考を行ってもらうことができます。

書類選考免除というのは企業からすると自社の求める人物像に近しいと思われる人材に素早くコンタクトを取れる方法なのです。

自分が入りたい企業が書類選考免除を行っている場合にはうまく活用していきましょう。

面接確約のメリットとは

人差し指を立てる女性

次に面接を確約してもらうことによって生じるメリットを解説していきます。

確約することによって具体的にどのような利点があるのかを理解して、転職活動に役立てていきましょう。

転職活動の時短につながる

転職活動というのは書類選考から内定まで、2〜3ヶ月ほどかかるのが一般的です。

そのためなるべく早く転職活動を終えたい方にとっては、面接確約によって時短を行えることがメリットとなるでしょう。

書類選考に通る確率は30〜50%といわれているため、書類で落とされずに面接までいければグッと内定が近付きます。

転職活動に時間をかけられない方は面接確約の求人に応募してみると良いでしょう。

無駄な転職活動をしなくていい

文字を書く女性

書類選考で落とされた場合には応募書類を揃える時間が無駄になってしまいます。

そのため初めから書類選考が免除されている場合には時間を効率的に使うことができるのです。

無駄なく時間を利用できるため、面接対策にも十分に時間をかけることができます。

志望度が高い選考に力を入れることができるため、入りたい企業が面接確約の求人を出していた場合には活用するようにしましょう。

面接確約は選考時に有利になる?

読書をする女性

面接確約は選考時にどれだけ有利になるのでしょうか。

企業側は面接確約のオファーメールを行ったり、転職エージェント経由で求人を出したりするのにもコストがかかります。

そのため誰にでも面接確約をしている企業というのは少ないと考えられるでしょう。

ある程度条件に合った人材に対象を絞っているため、選考時には一般的に有利になるものだと思われます。

しかし企業によっては、オファーを出したことによって逆に応募が殺到してしまうケースもあるようです。

このような場合では逆に選考に通りにくくなるため、有利とはいえない状況となります。

必ずしも有利になるとはいい難いですが、多くの場合選考を有利に進めていけるものと考えて良いでしょう。

書類選考免除と面接確約の注意点をチェック

書類選考免除と面接確約の求人に応募する際に注意すべき点を解説していきます。

これらの求人ではメリットばかりが目立ちますが、そればかりでは決してありません。

そこに存在している注意点にも目を向けて、転職を成功することができるように対策を行っていきましょう。

履歴書は必要になる

書類選考が免除になったとしても履歴書は必要になるため注意が必要です。

面接時に持っていくか事前に送付するという形となるため、忘れずに用意しましょう。

このようなケースでは選考が免除となったのだから履歴書の中身はそこまで重視されないだろうと思ってしまいがちです。

しかしながら企業側からすると履歴書も大切な判断材料です。

もし履歴書の内容が充実していなかった場合には人事はあなたの情報を十分に知ることができなくなってしまいます。

手抜きをせずに書類選考に応募する時と同じように内容を充実させることを心がけましょう。

内定確約ではない

転職対策

書類選考が免除されたからといって内定が確約されているわけではありません。

そのため無策で面接に挑んだ場合、散々な結果となり面接で落ちてしまう可能性があります。

内定が決まっているわけではなく、あくまで書類選考が免除されただけだということを心に留めておきましょう。

その後の選考に関しては、書類選考からスタートする通常の選考と変わりはありません。

自分の入社に対する熱意や入社後のビジョンなどをしっかり伝えられるように面接対策を十分に行っておくことが大切です。

通常の面接と同様の対策をしよう

書類選考を免除されているからといって面接内容が特殊なわけではありません。

通常の面接と同じようにしっかりとした対策が必要となります。

志望理由や自己PR、逆質問なども行うこととなるため、しっかりと事前に回答を考えておきましょう。

書類選考が無い分、逆に面接での回答が重要になってくる可能性もあります。

きちんとした対策によって内定を手繰り寄せることができるでしょう。

面接確約の求人に依存してしまう

転職相談する女性

面接確約の求人に応募すると、その求人に対して依存してしまい他の求人に応募しないというケースもあります。

しかしながらこのように面接確約の求人1本に絞ってしまうのはリスクが高すぎるため避けるのが無難です。

面接確約の求人は時短を行えるため楽ではありますが、他の求人もチェックして何社か応募するようにしましょう。

そうしないともし面接確約の求人に落ちた場合にその後の転職活動が難航する可能性があります。

時間は有限であるため効率的に転職活動を行っていきましょう。

楽を理由に応募するのは控えよう

書類選考免除・面接確約などの求人に楽だからという理由で応募するのは避けた方が良いでしょう。

転職というのはその後の人生に大きく影響してくる重大な出来事の1つです。

そのため楽という理由だけではなく、しっかりと自分の今後を考えた上で決断する必要があります。

自分が本当にやりたい仕事なのか、今後のキャリアの上でその選択は正しいのか。

総合的に考えて決断を行っていく必要があります。

自分にとって転職の成功とは何かを明確にし、それに沿った企業選びを行っていきましょう。

面接確約になった事例をチェック

仕事をする女性

次は面接が確約となったケースを具体的にチェックしていきましょう。

以下のような事例を参考にして、転職エージェントやスカウトメール経由で求人に応募してみてはいかがでしょうか。

事例1

転職エージェントに登録しておいたところ、企業から書類選考免除のスカウトメールが届いたケースです。

職務経歴書に記入していた情報を元に、企業が自社に合うかもしれないとメールを送ってくれました。

そしてその企業が自身の条件に合っていたため、返信したところ実際に書類選考免除で面接からの選考スタートとなったのです。

面接へと出向くと、そこではいきなり役員面接からのスタートとなり、今までの経歴を高く評価してもらえました。

その後最終面接へと進むこととなり、無事内定を勝ち取った様子です。

事例2

自身の転職市場での価値が気になったため、転職エージェントに登録したケースです。

面接確約のオファーが何件か来たため、自身が気になっていた業種の企業へと連絡をしました。

面接準備では転職エージェントを利用して模擬面接を行い、対策を練ったようです。

こちらも1回目の面接から役員面接でありましたが、普通の面接ではなく役員に話を聞けるような面談形式。

そのため雑談のような形で仕事に対して詳しく聞くことができ、貴重な体験となったようです。

その後、最終面接にも進むことができました。

このケースでは既に最終面接まで進むことがある程度決定されているような印象を受けます。

面接確約の事例ではこのように内定1歩手前まで行くことができるケースが比較的多いようです。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

ガッツポーズ

今回ご紹介してきたように書類選考免除の求人に応募したい方は転職エージェントを活用すると良いでしょう。

求人は基本、書類選考からのスタートとなりますが、うまく行けば入りたい企業の選考を面接からスタートすることができます。

書類選考が免除されることで転職活動の時短にも繋がるため是非活用してみてください。

また、転職エージェントは求人の紹介だけでなく、応募書類の作成や模擬面接の実施などもしてくれます。

転職活動を総合的にサポートしてもらうことができるため、不安なく選考を進めていくことができるでしょう。

この機会に転職エージェントへ1度相談してみてはいかがでしょうか。

きっと自分が入りたい企業の求人が見つかることでしょう。

まとめ

パソコンを操作する女性

今回は転職活動で書類選考免除になる条件や、面接確約のメリット注意点などをご紹介してきました。

その後の選考を有利に進められることの多い書類選考免除を賢く活用していきましょう。

そのためには転職エージェントへ相談を行うとより効率的にそうした求人を探すことができます。

もし転職活動に十分な時間を取れない場合にはこうした選考免除や面接確約といったものをうまく活用していきましょう。

うまく行けば時短しながら自分にとって理想となる企業へ転職することも可能です。

転職エージェントを利用して、安心して転職活動を進めていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら