面接で「ストレス耐性は?」と聞かれた際にどうやって答えるのが良いのか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ストレス耐性を問う質問は「志望動機」や「職務履歴」のような答えがはっきりとしている質問に比べ何が正解か分かりづらい質問です。

何を答えてよいのかわからない質問はそれだけで不安になるでしょう。

このページでは「ストレス耐性は?」という質問に対しての答え方を解説しています。

面接官の質問の意図やストレス耐性が高い女性の特徴回答例も紹介しますので参考にしてください。

Contents

面接質問「ストレス耐性は?」の答え方

多くの企業は「すぐに心が折れない人」や「ストレスに耐性がある人」を採用したいと考えています。

今日では心の不調で休職・退職する社員の増加が深刻で、企業としてはリスクの高い人を避けたいのが本音といえるでしょう。

そのため採用担当者は、ストレス耐性の有無を面接時の重要項目として位置付けている場合が多いのです。

ですが根拠もなく「ストレスへの耐性はかなりあります。大丈夫です」といった回答をしてしまうのは良くありません。

採用されたいために強がりを言っても仕草や態度ですぐに見抜かれてしまいます。それよりも普段通りの態度で回答することが望ましいです。

無理して強がらず自分なりにストレスと向き合う方法を回答することで良い印象を持ってもらえるでしょう。

 

ワンポイント
採用担当者がストレス耐性の質問で知りたいのはストレスとの向き合い方。

面接官の質問の意図

面接官は応募者の回答に不自然なところがないかを見ています。

生まれつきストレスに強く心が折れないという人は多くはありません。

勤務をしていれば多かれ少なかれストレスに晒される機会はあるでしょう。その時に重要なのは自分で対処できるかどうかです。

もちろん心が強い人は魅力的ですが、それ以上にストレスを自分なりに克服できるような人材かどうかというポイントを面接官は見ています。

主な着目点は下記のとおりです。

  • ストレスを感じている要因について気づけるか(感知能力)
  • 性格的にストレスを作りやすいリスクがあるか(回避能力)
  • ストレスの原因に対して解決する力があるか(処理能力)
  • ストレスを前向きな考え方に転換できるか(転換能力)
  • 過去に起きたストレスを基に慣れることができるか(経験)
  • 自分がどの程度ストレスを抱えられるか把握しているか(容量)

以上のことを基にして、重要な項目について詳しくご紹介します。

会社に長く勤めてくれるか

ストレスの耐性を質問するのは採用後会社に長く働ける人材かどうかを見極めるためでもあります。

採用しても仕事のストレスに耐えきれず、すぐに休職してしまうような人材は企業としても避けたいところです。

ストレスとどのように向き合いながら目の前の仕事に取り組んでいけるかを面接官は知りたいと思っています。

質問に対して仕事への意欲をアピールできれば、高評価に繋がるでしょう。

問題解決能力があるか

ストレスを感じたり苦手なことに直面したりすると逃げてしまうような人材では、業務も上手く回りません。長く働くこともできないでしょう。

面接官はあなたが自分なりに問題に向き合って解決できる能力があるかどうかを知りたいと思っています。

仕事にはストレスやトラブルはつきものです。そのときに逃げないで対処できるかどうかは、ストレスの耐性について答える様子で判断することができます。

自分のストレス発散方法を持っているか

ストレスに晒された時に自分なりの発散方法があるかどうかも重要です。

社会人としてストレスを全く感じないという人はいないといっても過言ではありません。

大切なポイントはストレスを感じた時に自分でどのように対処するかです。

自分なりにストレスの発散方法を知っていればストレスに晒されてもやり過ごすことができるでしょう。

つまり、仕事でストレスを感じたときでも他で上手く発散しながら取り組める能力がある、という評価に繋がります。

その結果、面接官からは自社にマッチする人材として見てもらえるようになるでしょう。

ただ単にストレス耐性があるというよりも、自分で乗り越える経験があることがポイントになります。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

ストレス耐性が高い人の特徴

ストレス耐性が強い人の特徴をいくつか列挙します。

  • ポジティブな思考をする
  • オンとオフの切り替えが上手い
  • 自分に優しくできる
  • 嫌なことをスルーできる

ストレス耐性が高い人は基本的に物事を肯定的に捉えることができます。嫌なことを抱え込みません。

例えば仕事で批判的なことを言われたとしても、次はもっと良いやり方をしようというふうに気持ちを切り替えます。

他人に振り回されず、良い意味でマイペースな方はストレスを感じにくいでしょう。

またオンオフの切り替えが上手い方も、仕事の嫌なことをプライベートに引きずるようなことはなくストレス耐性が強いです。

そして自分に優しくできる方はストレスを上手に発散するので、嫌なことに気を取られず自分の時間を無駄にしません。

 

ワンポイント
ストレス耐性が高い人の特徴は物事を肯定的に捉えられること。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

「ストレス耐性は?」のよくある質問と回答例をチェック

ストレス耐性についての質問で「ストレス耐性はありますか?」と直球で聞かれることはほとんどありません。

多くの場合、面接官は別の質問をすることでストレスの耐性を見極めようとします。

ここではストレス耐性を確かめる質問と回答例を紹介するので、参考にしてみてください。

苦手なことはありますか?

この質問はあなたが苦手なことに直面した時にどのように対処するのかどうかを見極めるものです。

ストレスに対する対処方法も知ることができます。

この質問に対する回答として「○○は苦手です」といったネガティブな言い回しで締めくくることは避けましょう。

また「苦手なことは全然ありません」といった質問の意図を理解していない回答も良くありません。

苦手な例として工夫して克服できるものを選びその対処法も併せて答えるようにします。

回答例はこちらです。

「私は頼まれると断ることができずについつい自分の力量以上の仕事を引き受けてしまうところがありました。

現在はスケジュール管理を見直すことで自分の稼働状況を整理し、請け負う仕事の量を確認するようにしています」

今まで経験した大きな挫折はどういったものですか?

ガッツ
大きな挫折失敗はストレスです。ストレスを感じた時にあなたがどのように対処したのかを面接官は知りたいと思っています。

この質問をされた時には「○○が一番の挫折でした。とても辛かったです」といった答え方はNGです。

必ず自分がその挫折にどのように対処乗り越えたのかを説明しましょう。

回答例はこちらです。

「前職で新人の教育を初めて任されたときのことです。

早く一人前になってもらえるように焦るあまり、私は新人に対して厳しい態度で接していました。

その結果、次第に新人の元気がなくなり異動願いを出されてしまったのです。

そこで、以降はただ厳しいだけではなく仕事の楽しさややりがいを感じてもらえるよう気を配るようにしました。

すると指導した新人は配属された部署で活躍できていると評価され、私自身大きな達成感を感じられたのです」

上記の例では、挫折した経験を糧にして成功に繋げた過程を説明しています。

最後は前向きに捉えられるようなエピソードを選ぶことがおすすめです。

眠れなくなるような時がありますか?

悩みがあったりストレスを抱え込んでいたりすると眠れなくなります。この質問への答え方は人によってかなりの違いが出るでしょう。

面接官がストレス耐性について知りたいと思っている時に「お客様からのクレームを考えると眠れなくなります」といった回答は良くありません。

それは企業にとってできるだけ避けたいストレスであるため、面接官に不安を感じさせてしまうでしょう。

回答例はこちらです。

「私はチームの中で新しい役割を割り当てられると不安で寝付けないことがありました。

そこで不安に感じたことを書き出すようにしたところ、その多くが杞憂であることに気づいたのです。

それからは、不安に思うことがあると1度書き出して見直すことにしています。

書き出した中からチーム内で相談できることが見えてくることも多いです」

あるいは「楽しいビックイベントの前日には眠れなくなることがあります」といった前向きな発言を返すのもひとつの手です。

クレームを頻繁に口にするお客様をどう思いますか?

クレーム対応はストレスの原因になるものです。

面接官はお客様への反応を見て、あなたがストレスに対してどのように考え対処するのかを判断します。

決して「クレームを口にするお客様の対応は嫌になります」といった答え方をしないようにしましょう。

どのように対処するか前向きな回答を心がけます。

回答例はこちらです。

「お客様は何かに対して強い不満を感じていらっしゃることと思います。

まずは不快な思いをさせてしまったことについて謝罪をした後、お客様のお話を聞きたいです。

必要に応じてメモを取り、お客様の話の内容を理解します」

どんな時にストレスを感じますか?

うつむき

どのような時にストレスを感じてどう対処するかは面接官にとって重要な情報になります。

気をつけるポイントは自分で対処できる話題を選ぶことです。

ネガティブな言葉で終わらないよう、自分の長所に繋げるようにしましょう。

回答例はこちらです。

「人間関係でストレスを感じることはあまりありません。

ただ、自分の理想通りの仕事ができなかった時に悔しい思いをしたことがありました。

現在は自分のできることを分析するために仕事の成果をまとめるようにしております。

そうすることで自分の力量を知ることができるようになりました」

上記の例では、まず最初にストレス耐性があることをアピールしたうえで具体的なエピソードを用いて質問に答えています。

ストレスに向き合う対処法をしっかり述べているので、責任感がある人というイメージも持ってもらえるでしょう。

「ストレス耐性は?」の回答のポイント

マルバツ

企業はストレスに直面した時に適切に対処できる人材を採用したいと考えています。

そのためストレスの耐性を質問された時には、ストレスに対して柔軟対応できることをアピールしましょう。

解決できるストレスで答えよう

オッケー

ストレスについて質問された時には「自分で対処できるもの」「自分で解決できるもの」について答えましょう。

多くのことに対してストレスを感じると受け取られてしまうと面接官の心象が悪くなってしまいます。

ストレス源は自分で解決できるというアピールにつなげてください。

ストレスの原因に柔軟な対応ができることを答えよう

女性

ストレスについて質問された時には、ストレスときちんと向き合うことができると伝えます。

ただ単にストレス源を列挙するのではなく、自分でどのように解決をするのかという前向きな姿勢を見せましょう。

仕事をしていれば様々なストレスがあります。その時柔軟に対応できる人材を企業は求めているのです。

 

ワンポイント
ストレス耐性についての質問は、解決できるという前向きな姿勢をアピールすることが大切。

「ストレス耐性は?」のNG回答は

マルバツ

ストレスの耐性について質問された時に悪い印象を与えないように気をつけましょう。

自分の能力以上のことを大げさに伝えたり質問の意図を理解していない回答を続けたりすることは良くありません。

何の根拠もなく「私は大丈夫です」と主張することがないように注意してください。

ストレスを感じません

ビル

「私はストレスを感じません」という応募者を見て面接官は「この人はストレスを感じないすごい人だ!」と思ってくれるかというと、決してそうではありません。

むしろ「無理をしているのではないか」「物事を大袈裟に言うくせがあるのではないか」という良くない印象を与えてしまいます。

口先だけで大丈夫だと強気の発言をしても、面接官にはそれが大袈裟かどうかすぐに見抜かれてしまうでしょう。

特にストレスは社会人として働いていれば誰しもが感じることなのです。

転職希望者であればストレスを感じないというより、ストレスにどう対処するのかをアピールするほうが有利になります。

業務上問題のあるストレス

事務職を希望しているのに「机にじっと座っていることがストレス」、営業職希望なのに「挨拶や会話が苦痛」と伝えてしまうのも良くありません。

希望している職種そのものがストレスになるのであれば、企業も安心して採用はできないでしょう。業務上問題のあるストレスを回答することはNGです。

印象の悪いストレス発散方法

いくら自分なりのストレス発散方法を持っていたとしても印象の悪い方法はNGです。

  • 「ストレスを感じた時は深夜までやけ酒をします」
  • 「ストレス発散をするためチェーンスモーカーになりました」
  • 「ギャンブルで勝負することがストレス発散になります」

このような回答は面接官に悪い印象しか与えません。

社会人としての回答としてNGですので気をつけてください。

ストレスに対しては健康や金銭に深刻な害がない発散方法を見つけておきましょう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

ストレス耐性の質問に答えにくい時は発想の転換をしよう

面接

ストレスの耐性に関する質問には多くのパターンがあるということを紹介しました。

もし回答例にない質問やどうしても答えにくいと思う質問をされたら発想の転換をしてみてください。

例えば「転職をしようと思ったのは前の会社でのストレスが原因では?」というような質問の場合はどうでしょうか。

もちろん前職に何らかの不満やストレスがあったからこそ転職活動をしているはずです。ですが正直に前職がストレス源であったということを伝える必要はありません。

そんなときは発想を転換させて自分のアピールポイントを伝えてみましょう。

具体例は下記のとおりです。

「はい。現職ではフロアマネージャーを任されております。その経験を活かせると思い貴社で人事の事務職を希望しました」

ポイントは転職が前向きな理由であることを伝えることです。

 

ワンポイント
答えにくいストレス耐性の質問に対してはポジティブな発想で自分をアピールしよう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

面接官は立居振る舞いや仕草からもストレス耐性を見ている?

面接官

面接官は面接をしながらあなたの回答だけを聞いて判断しているわけではありません。

回答する時の立ち居振る舞い仕草を見て、本当のことを話しているのか・自己分析がきちんとできているのかを判断します。

答えに詰まる質問をされた時にオロオロとしてしまったり黙り込んでしまったりしてはいけません。

面接官はあなたの行いをきちんと見ています。

また面接官によっては、転職者の回答に対して「それはなぜですか?」「詳しく教えてください」と追加で聞いてくることもあるでしょう。

この場合も、焦らずに素直な態度で臨むのがポイントです。

面接対策は転職エージェントに相談しよう

エージェント

面接で質問されることについてどのように回答すれば良いのか自分だけでは判断が難しい場合もあります。

そんなときは転職エージェントに相談してみてください。より詳しく対策を練ることができます。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

バンザイ

面接でストレスの耐性について質問されたら強がりを言わずに自然体で答えましょう。

ストレスをどのように克服するのか・どのように対処するのかを面接官は見ています。

面接官の質問の意図を理解して落ち着いて回答しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら