心配性という性格は多くの場合、短所だと考えられることが多く長所だとは考えられにくいものです。

しかしながら心配性だからこそ向いている仕事というのが世の中には存在しています。

今回は心配性の人が活躍していくためにどのような仕事に転職すれば良いのかご紹介していきましょう。

また、転職を成功させていくためのポイントなども解説していきます。

心配性に向いてる仕事は?

OKサインを出す女性

心配性というのは多くの場合マイナスなものとして捉えられてしまいがちです。

しかしながら心配性であるからこそ向いている仕事というものが世の中には存在しています。

まずは心配性に向いている職種を具体的にご紹介していきましょう。

以下のような仕事であれば自分の特性を存分に活かしていくことができます。

事務職

事務職では毎日ある程度固定された仕事をこなしていくこととなる職種であるため、ルーティンワークが中心となります。

また業務内容も責任が大きくのしかかるようなものは少ないため、過度に心配することはないでしょう。

そのため心配性であっても長期的に働いていけば効率的に仕事を行うことができるようになります。

事務職に転職すればストレスを受けすぎることなく働いていくことができるでしょう。

経理

白のノートパソコン

経理として働くのも心配性の人には合っていると考えられます。

業務内容としては社内のお金の管理を全て行うこととなるため、慎重な仕事が求められる職種です。

もし数字を間違えてしまえば、その間違いが会社の経営にも関わってきてしまいます。

経営というのは数字に基づいて戦略を練ることとなるためです。

企業の経営にお金の面から関わっていくことになる経理は正確に業務を行っていく必要があります。

心配性の人は1つ1つの仕事に対して慎重に取り組むことができるため、経理の仕事は向いているといえるでしょう。

この数字は本当に正しいのかと疑いながら正確に仕事を行っていける心配性の人は経理として重宝されるはずです。

経営コンサルタント

経営コンサルタントも心配性の人には向いている職種の1つです。

この職種はクライアントとなる企業の経営を更に良い状態とするために戦略を練ったり、課題を解決したりするものとなっています。

そのため企業の経営について深く考えたり、計画したりといった能力が必要です。

心配性の人はリスクや計画についてじっくりと考えることができるため最適な戦略を提案する能力が高いといえるでしょう。

企業の経営に対して真摯に向き合っていける心配性の人は、クライアントからも信頼されやすいと考えられます。

自身の能力を活かすために経営コンサルタントに転職するのも良いでしょう。

心配性におすすめの業種

面接をする女性

業種としてはIT業界コンサルティング業界などが合っていると考えられるでしょう。

ITにおいては業務上、プログラムと携わることが多いため問題解決能力やミスの少なさが重要視されます。

またプロジェクトを動かす際に危機回避能力やスケジューリングも大切になるでしょう。

こうしたことに長けている心配性の人はIT業界で働くのも良い選択です。

また、コンサルティングは前述した通り企業へのアドバイスが主な仕事となります。

そのため綿密に戦略を練ったり、最適解を出したりするためにじっくりと考えられる心配性の人は重宝されるでしょう。

心配性の人は真剣に業務に取り組むため、クライアントである企業からの信頼を得ることもできます。

コンサルティングというのは企業との信頼関係が重要なため、向いている業種の1つです。

IT・コンサルティングといった業種では心配性という特性がプラスに働くことが多いでしょう。

心配性を長所に変えるための考え方

考える女性

心配性というのは短所であるように思われがちですが、考え方次第で長所にも変えていくことができます。

そのため以下のような考え方で短所を長所だと捉えるようにしていきましょう。

そうすることで転職においても自身の特性を人事にポジティブにアピールしていくことができます。

リスクマネジメント力が高い

リスクを管理し損失を避けるためにはリスクマネジメントに長けていることが必要となります。

企業にとってリスクを回避するということは経営の上でとても大切なことです。

そのため心配性の人のリスクマネジメント力の高さは企業にとって非常に有益だといえます。

心配性であるということをプラスに活用していくためには自身のリスクマネジメント力を活かしていくと良いでしょう。

責任感が強い

必要以上に心配してしまうのは何故かというと、仕事への責任感が強いためだといえるでしょう。

責任感を強く持って業務が行える心配性の人は、周囲からも信頼されやすいのが特徴です。

仕事上でのミスが少なければそれだけ会社内での評価も上がることでしょう。

仕事が遅くてもミスが無いように心がければ結果的に、責任感の強さを評価してもらえます。

正確な仕事が求められる職種ではその特性がプラスに働くことでしょう。

視野が広い

振り返る女性

心配性の人はリスクマネジメント力が高いというのは前述した通りですが、それは視野が広いことも関係しています。

広い視野を持って仕事を行える人は周囲の人が気づかないことに先に気がつけることも多いでしょう。

そうするとトラブルが発生する前に未然に防ぐことができます。

また、広い視野で周りが考え付かないような発想に至ることもできるでしょう。

様々なことに目を向けられることは、業務を遂行する上でプラスに働きます。

真面目な性格

心配性の人の多くは真面目な性格であり、仕事においてもその性格が反映されているケースが多いようです。

また、真面目に業務に取り組んでいく人ほど、業績を伸ばしていきやすいため優秀な成績を残すことができます。

企業で仕事をする上でも不真面目な人には信頼が集まりにくいですが、真面目な人は多くの人から信頼されるでしょう。

心配性のデメリットは?

罰印

次に心配性の人のデメリットを解説していきます。

以下のようなデメリットがあるということを自覚することで、業務上の欠点を克服していくこともできるでしょう。

心配性であることをマイナスと受け止めるのでなく、業務上マイナスとなる部分だけを変えていくように心がけることが大切です。

以下のような部分には日頃から注意を払うようにしましょう。

決断力がない

決断力というのは仕事を行う上で重要な能力です。

例えばすぐに決断を下さなければいけない場面があったとしても、じっくり考えることが得意な心配性の人はうまく決められません。

そういった状況でもたもたしてしまうと周囲の心証も良く無いでしょう。

よく考えて決断するような場面ではその能力を発揮できますが、逆にすぐに決断を下すような場面は苦手です。

苦手を克服するためには普段から決断力を鍛えるようなトレーニングが必要となるでしょう。

時間をかけて考えられる場面では慎重に考え、すぐに決断しなければいけない時にはその場で決める。

そういったメリハリが大切になるでしょう。

行動が遅い

行動力がないことも心配性の人の欠点の1つです。

じっくりと考えなければ行動に移せないのが心配性の人のため、すぐに行動に移すということが難しくなってしまいます。

周囲はすぐに行動して欲しいのにそうできない場合、周囲からマイナスな評価を下されてしまうことでしょう。

慎重な行動は得意ですが、即座の行動には課題が残ります。

心配性な人に対する周囲のイメージは

指し棒を持つ女性

心配性をマイナスイメージに捉えられた場合、周囲からは行動が遅かったりマイナス思考だったりといったイメージをもたれます。

チームで仕事をする上でこの2つは問題となってしまうことが多いため注意が必要です。

心配性ということがマイナスに捉えられないようにするためには、こうした部分を改善していくことが重要です。

特にマイナス思考である思われてしまうとすぐに落ち込み、社内の雰囲気を悪くすると思われてしまいます。

心配性であっても、細かい失敗を気にしないようにして落ち込みすぎないように心がけると良いでしょう。

心配性を和らげる方法

スーツを着た女性

次は心配性を和らげるために実践すると良い方法をご紹介していきます。

以下のような方法を実践することによって、マイナスポイントを克服できるかもしれません。

自分を責めない

失敗やミスによって自分を責めすぎてしまうのが心配性の人の特徴です。

そのため自分を責めないようにする訓練をすると良いでしょう。

起こってしまった失敗やミスは仕方がないことなので、反省したらすぐに気持ちを切り替えることが大切です。

成功ばかりというのはあり得ないので、あまり気にしすぎないようにすることを心がけましょう。

あまり過去を引きずらずに、前を向くことを意識すると良い結果を生みやすくなります。

誰かのために目標を立てよう

分析思考

誰かのために目標を立てることによって、自分のためだけの行動ではなくなります。

自分の行動を自分だけの目標にしてしまうと、真面目さのせいでなかなか行動をしていくことが億劫になってしまうのが心配性の人です。

そのため誰かのためにこれを達成していくのだという意思を持てば、積極的に行動していくことができるかもしれません。

ちょっとしたことでも相談してみよう

心配性な性格の人は1つのことで長い間悩んでしまうことがあります。

そうすると自分の中で解決しないでずっとそれが引っかかって思うように前に進めないという事態になることもあるようです。

その場合には自分だけで抱えるのではなく、信頼できる人に自分の悩みを相談してみましょう。

ちょっとしたことだから相談するまでもないと思って、長い間悩んでいては時間ばかりが浪費されてしまいます。

他の人に対して自分の想いを言葉にすることで自分の考えをまとめることもできるかもしれません。

また、他の人にアドバイスしてもらうことで自分が思っているよりも簡単に答えが見つかることもあるでしょう。

悩んでいることは積極的に周囲に相談することを心がけると良い結果が生まれやすくなります。

ストレス解消法を見つける

心配性の人は日頃からストレスを溜めやすい傾向にあるようです。

そのためストレスを解消する方法というのを見つけておくと良いでしょう。

仕事から離れるために映画を見たり、お風呂に入ったりといった方法を見つけておく。

そうするとストレスが溜まってしまってもその方法を使えば、ストレスが少し緩和されるでしょう。

ストレスが溜まってしまうと思考もまとまりづらくなってしまいます。

考えることが得意な心配性の人にとってストレスというのは大敵です。

適度に解消することを忘れないようにしましょう。

転職を成功させるポイントをチェック

退職理由女性

転職を成功させるためには必要なポイントとして心配性であることを短所として強調しすぎないようにすることが大切です。

この記事でお伝えしてきたように、心配性であるということはアピールの仕方によって大きな長所となります。

そのため転職では心配性であるからこそ丁寧に仕事を行ったり、リスクマネジメントに長けていたりする点を強調しましょう。

そうすることで人事も心配性であることを長所であると捉えてくれるはずです。

捉え方を変えるだけで短所も長所に変えられるということを忘れないようにしましょう。

心配性な人が転職活動をする上で気をつけること

転職活動をする女性

心配性である人が転職活動をすると面接などにおいて事前準備をし過ぎる場合があります。

事前準備に頼った回答ばかりしてしまうと面接官もそれが分かってしまうでしょう。

そしてそのような場合には自分の転職に対しての熱意というのが伝わりづらくなってしまいます。

事前に準備した言葉では面接にかける想いというのが感じられないと思われてしまう可能性があるでしょう。

そのため、あまり準備しすぎずにその場の空気も大切にするようにすると更に良い評価を受けられます。

準備にし過ぎということはありませんが、回答を固める過ぎることは避けた方良いでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

仕事をする女性

心配性の人はいろいろなことに不安を抱えやすいため、転職活動も不安に感じている人が多いでしょう。

転職に対して悩みがある人は転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

プロの視点から転職について指導してもらうことができるため、悩みの解消に繋がります。

また、模擬面接を行ってもらったり、選考書類の作成を手伝ってもらったりすることも可能です。

転職エージェントを活用して、準備を万端にして転職活動を安心して行えるようにしましょう。

まとめ

ガッツポーズをする女性

今回は心配性の人に向いている職種や心配性を長所に変える方法などを解説しました。

心配性というのはマイナスに捉えられやすい特性ですが、捉え方次第でプラスにすることができます。

転職において見方を変えるというのは大変重要なことです。

自分の仕事に対しての真面目さや慎重さが大きなアピールポイントとなることを忘れないようにしましょう。

また、不安を抱えやすい心配性の方は転職エージェントへ相談することを考えてみてはいかがでしょうか。

きっと転職に関する悩みを的確に解消してくれることでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら