女性の転職活動にて、とりあえず応募をする求人案件にどのような対処をしていけばよいのかを解説していきます。

とりあえず応募する複数の案件の重要性や、迷った時の考え方とは何でしょうか?

複数の募集案件を受ける際のポイントや注意点についても触れていきます。

とりあえず応募することの重要性とは?

駅にいる女性の画像

転職活動は何かと不安が付きものです。第1志望の企業から内定がすぐに出ればよいのですが、そうもいかない場合が想定されます。

女性の転職にて問題になるのが、どれくらいの数の求人案件へ応募すべきかです。

第1志望の本命の企業があり、その他に候補をいくつか検討するというのはよくある流れといえます。

その中には、とりあえず応募してみる求人案件もあるでしょう。

とにかく内定が取れてから最終的な判断をしようという考え方です。

とりあえず応募していくという転職活動の方法には賛否両論があり、その方法について正しい答えは決まっていません。

今回は肯定的に捉えた上で、転職案件へとりあえず応募することについて考えていきましょう。

とりあえず応募することの意義

メモを取る女性の画像

とりあえず応募するという方法を良しととらえていない転職専門家もいます。

その理由は、応募者の意思がはっきりしていない証拠であり、集中力が出ず分散してしまうからです。

その一方で、とりあえず応募することができる企業へ、できる限りチャレンジすれば価値になるといった考え方もあります。

では、とりあえず応募することがなぜ得策なのか、その意義について解説していきましょう。

応募するという決断が大切

転職したい業種や企業は、自分の特性を重視しながらある程度は厳選する必要があります。

その中で複数の候補があるのなら、とりあえず応募をしてみるべきです。

あくまでもまだ応募の段階であるということを意識しておく必要があります。

必ずしもその企業に入社するかどうかは別問題です。全ての条件がうまく合致するとは到底思えません。

採用条件は譲歩しながらも刷り合わせて最終判断すればいいのです。まずは応募してみないと分からない部分もあります。

逆に応募したことで分かることもあり、それがより転職活動を明確にしてくれるはずです。

迷うのなら、まずは応募だけでもしてみましょう。

応募することで気持ちが前向きになる

パソコンとスマホの画像

転職活動は思うように進まないことがあります。応募しても選考で落とされることは日常的です。

どのような条件・環境なのかにもよりますが、簡単に理想的な転職先が見つかるケースは少ないといえます。

そこでめげることなくとりあえず応募することを繰り返せば、書類選考が通って面接に辿りつく可能性も広がります。

1つハードルをクリアすれば、前向きになってあきらめず続けるきっかけになるでしょう。

転職活動をダラダラ続けないため

最初から遠慮をしていたり寄り好みばかりをしていると、転職活動がますます長引いてしまいます。

中途採用の場合は長期戦になることも考えておかなければなりません。

モチベーションが維持できずに、転職活動に中だるみをする時期が出てしまう可能性もあります。

そこでとりあえず応募するという気持ちを失わなければ、自然と行動が身についていくはずです。

内定が出るまでひたすらやり続ける意識も出てきます。

迷ったらとりあえず応募するという習慣で臨むようにしましょう。

転職の面接を受けるか迷ったら確認すること

階段を歩く女性の画像

転職活動をする中で、ある企業の面接を受けたほうがよいのかどうか直前で迷うことがあるかもしれません。

もしとりあえず応募してみた会社の面接に戸惑うような場合は、考え方を改めてみるようにしましょう。

選ぶのは自分ではなく先方企業のほうであると自覚することです。転職の採用合否は時の運でもあります。

たまたまそのタイミングでその会社に応募したのですから、一応最後まで付きあってみるという考え方にシフトしてみてください。

そうすればいちいち迷う必要もなく素直に面接に臨めるからです。

もし内定が出たとしても最終的に入社するかどうかは、自分で後から決めればよいのではないでしょうか?

それまでは、転職活動そのものをとことん知りつくす機会だと思って、できる限りの行動をすることが大切です。

一番やってはいけないことは後悔です。面接に行かなかったことで後から失敗したと嘆いてももう遅いでしょう。

とりあえず応募して前向きに参加することでいろいろな体験もできます。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


入社を迷っている企業から内定が出てしまったら?

パソコンを見る女性の画像

もし内定が取れても第1志望ではないので入社を迷っているとしたら、その時はどうすればよいでしょうか?

内定者のほとんどが同じような迷いを持って当然です。ここで考えてほしい点は1つしかありません。

転職の目的は何だったのかを改めて問い直すことにあります。転職とは内定を数多く勝ち取ることではありません。

本来の目的は、その職業が自分の活躍できるフィールドであるかどうかを見極めることです。

回答期限のギリギリまで保留にし考えた上で返事をしましょう。

その他数社からの結果待ちである場合も考えられるの、その期間も含めたスケジュール調整をしておくことです。

企業側ももちろん他社を受けていることは承知してくれるはずです。

回答期限を約束してじっくり考え結論を出せばよいでしょう。

その上で決めた結果についてなら、入社するもしないもきっと後悔することはありません。

複数応募する時のポイントは?

タブレットを見る女性の画像

女性の転職活動ではとりあえず応募をすることで、内定の確率を高めることができます。

とはいっても、なんでもいいから応募するという行為はよくありません。

やりたくもない業種・関心がない職種だというのにむやみに応募すると、キャリアビジョンから離れてしまいます。

やむを得ず繋ぎでも就職しないといけない状況なら覚悟できるでしょう。

しかしそうではないのなら、複数案件への応募にもポイントやコツがあることを知って取り組むことが大切です。

絶対に譲れない条件を決めておく

とりあえず応募するといっても、あまりにも広範囲に自分の専攻とは関係のない業種への応募は好ましくありません。

本当はまったく興味がない案件なのに応募するのは、かえって時間の浪費になってしまいます。

転職活動も時間を使うことに変わりはありません。当初から入社する気がないのに条件を譲歩することなども一切ないはずです。

原則として、絶対に越えてはならない線を決めて、本当にやりたいことを最優先にした求人をターゲットにしていきましょう。

はっきりと断ることも重要

マウスを使う画像

とりあえず応募してみたが採用条件で折り合いがつきそうにない企業であれば、はっきりと断ることが重要です。

転職活動は焦ることもあります。なかなか内定が出なくて自分には合わない企業にも妥協して応募するケースも考えられます。

やっと決まった会社でも、どこか心の奥で納得していないのであれば断る勇気を持つことのほうが大切です。

仮に断りきれずに入社してしまった場合、きっと良い成果は出せず、再び転職を繰り返す可能性があります。

住めば都という言葉もあるので、実際に入社してやってみないと分からないのも確かです。

しかし心からやりたい仕事を最優先に選ぶほうが、採用結果がどうなろうと後悔はしないでしょう。

無料転職相談をして次の可能性へトライしよう

複数応募は採用企業に失礼ではない

計算機の画像

転職は最終的に1社だけに入社することは言うまでもありません。

それなのにとりあえず応募を複数の企業にすることは失礼な行為ではないかと思われる人もいるようです。

しかし、複数応募自体は全く失礼なことではありません。転職での求人後採用率の平均は30%前後がほとんどです。

多く見積もって半分は不採用になることを考えても、なるべく多くの求人案件に応募することは自然な流れでしょう。

その点についても、求人を出す各企業は分かり切った上で行なっています。

ただし、やみくもに応募することは得策ではありません。自分の中で最低限の条件やルールは決めておくようにしましょう。

基準には個人差があるので、仕事内容・給与体制・通勤条件などの観点から譲れないことを決めておきます

その範囲内での案件へ複数応募するとよいでしょう。

複数応募するメリット

キーボードの画像

とりあえず応募する転職案件は、なるべくできる範囲で多くの企業にトライしてみることをおすすめします。

複数応募には相乗効果が期待できるからです。

では、複数案件へとりあえず応募することでのメリットについて解説していきましょう。

応募する企業が増える

最初から厳選して応募する場合、第1志望がすぐに内定を出してくれるのであれば問題ありません。

しかし必ずしもそれは確定されていないのが現実です。

複数企業に応募することは、転職活動そのものを早い段階で済ませる意味でも必要だからです。

応募する企業が多ければ多いほど内定率が高まります。

その中から最終的に自分が入社したい会社を決定するほうが、精神的にも楽でスムーズな方法といえるでしょう。

多くの経験ができる

街の画像

とりあえず応募して面接をすれば場数が踏めるので、経験値が増えていきます。

1社のみの転職採用試験では、本来の転職活動のだいご味が理解できません。

複数応募することで、面接での進行や質問内容の具体性がクリアになり、さまざまな気づきや発見があるからです。

内定が出る企業もあれば不採用で見送りにされる企業も考えられます。

良い知らせも不運な知らせも経験できるのは、転職活動ならではのことです。

今後の人生においても必ずプラスに働いてくれます。

企業の採用傾向が見えてくる

複数に応募したほうが企業の採用傾向が見えてくるのもメリットです。

まずは1社でも評価されて内定が取れれば、そこと類似した業種や企業への対策にもなります。

同じ職種の求人案件の中から、似たような条件の企業を選びやすくなり、書類選考通過の傾向もつかみやすくなるでしょう。

成功した体験が増えると自信につながる

先述した、採用傾向が見えてくるメリットと同じような内容です。

1つでも成功して内定が出てくれれば、2つ目以降の面接試験に臨む際に安心した気持ちで受けることができます。

その繰り返しの成功体験ができるのも、複数企業へ応募をすることによるものです。

徐々に面接の攻略方法が自分なりに編み出せるようになります。

また、成功体験が増えるほど最終的に入社したい企業がどこなのかも絞り込むことができるでしょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


複数応募するデメリット

メモ用紙の画像

転職活動にてとりあえず応募すると、複数の企業の面接体験ができるメリットがあります。

その反面では、複数を受けるデメリットも生じやすくなります。

ここでは、注意すべき複数応募でのデメリットについて解説していきましょう。

複数の企業を調べて応募する手間

まず一番多く考えられるデメリットは時間の手間が掛かる点です。

複数の企業へ面接を受けに行くので、その移動に費やす時間・交通費・身体的疲労などの負担が掛かります。

転職活動は緊張の連続です。

自分が思っている以上に、体や精神的にも負荷があって不安になりやすいことも考慮しておく必要があります。

日程の調整が面倒になる

複数の企業から書類選考通過の知らせが届き、面接を受ける日程を調整するのに煩雑になりやすいデメリットがあります。

日程調整をしっかり行わないとダブルブッキングという恐れも考えられるでしょう。

また企業によっては進捗に時間が掛かることがあり、なかなか思うようにスケジューリングができないこともあり得るのです。

不合格が続くと自信が無くなる

複数企業へのとりあえず応募のデメリットの中でも辛いのは不採用な状態が続いてしまう場合です。

1つでも内定が出ていればその後の面接試験も気が楽です。

ところが何度も複数の企業面接に行っても、内定が一切取れない状態が続くことも想定されます。

不合格ばかり続くと自信を失い、自分に落ち度があるのではと疑うようになってしまうでしょう。

そのような時でも、チャンスをものにするにはとにかく応募をしていくしか方法はありません。

めげずに続けていく強さを失わないことです。

内定が出たら断りづらい

複数企業への応募をすると、その中から内定を出してくれる企業も複数になる可能性があります。

しかし最終的に入社できる会社は1社のみです。

そのため、最後に入社を決めた会社以外へは入社辞退の返事をしなくてはなりません。

内定をせっかく頂いたのに断るのが心苦しいという状況に陥ります。

ただしこれは転職活動の常識でもあり、求人案件を出している企業もあらかじめ想定していることです。

あまり深く気にする必要などないでしょう。申し訳ないことを詫びつつ、なるべく早めに辞退の連絡を入れるようにしましょう。

転職で応募するか迷ったらエージェントに相談しよう

眼鏡の画像

女性の転職活動ではさまざまな悩みや不安があるはずです。

内定がなかなか取れないことでの苛立ちや、面接試験の方法についての課題などが浮上します。

1人で抱え込む前に転職エージェントに登録して相談してみてはいかがでしょうか?

転職エージェントは転職についての専門性の高さが特徴です。

担当アドバイザーがさまざまな転職に関する悩みの解決に助力してくれることでしょう。

まとめ

窓に向けている画像

転職活動ではとりあえず応募してみるという前向きな姿勢が大切です。

もちろん最初から第1志望の会社があってそこに集中したいのであれば、いきなりチャレンジしてもよいでしょう。

しかし不採用という結果になったらかなり落ち込むのではないでしょうか?

まずは腕試しという気分でも構わないので、気になる募集案件に応募して転職ノウハウを試してみるのも方法の1つです。

また、複数企業の採用試験を受けることで傾向や対策が見えてくる可能性もありますので、トライしてみる価値は十分あります。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!