女性の転職活動にて、とりあえず応募をする求人案件にどのような対処をしていけばよいのかを解説していきます。

とりあえず応募する複数の案件の重要性や、迷った時の考え方とは何でしょうか?

複数の募集案件を受ける際のポイントや注意点についても触れていきます。

Contents

とりあえず応募することの重要性とは?

駅にいる女性の画像
転職活動は何かと不安が付きものです。第1志望の企業から内定がすぐに出ればよいのですが、そうもいかない場合が想定されます。

またそもそも志望する企業を決めかねている場合もあるでしょう。

そのようなときにとりあえず応募するという判断はとても重要になります。

なぜなら、応募企業は採用枠が埋まった時点で募集を止めてしまうからです。

他の人に内定が決まった後で後悔するぐらいであれば、とりあえず応募してみた方が気持ち的に楽になります。

たとえ不採用であったとしても諦めがつくでしょう。

また、スキルや経験を見た採用担当者から思わぬ好印象を受けることもあります。

チャンスを逃さない、という気持ちで臨むことが大切です。

とりあえず応募することの意義

メモを取る女性の画像

とりあえず応募しても効率が悪くなるだけでは、と思う方もいるかもしれませんが、実際はそうともいいきれません。

応募したからこそ、その企業がどう反応してくるかがわかります。

求人情報では一部の条件に魅力を感じなかったとしても、転職者に魅力を感じた企業から交渉を持ちかけてくるケースがあるのです。

とりあえず応募することは、可能性を広げる手段として大きな意義があります。

ここでは主な3点について見ていきましょう。

応募するという決断が大切

転職したい業種や企業は、自分の特性を重視しながらある程度は厳選する必要があります。

その中で複数の候補があるのなら、とりあえず応募をしてみるべきです。

あくまでもまだ応募の段階であるということを意識しておく必要があります。

必ずしもその企業に入社するかどうかは別問題です。全ての条件がうまく合致するとは到底思えません。

採用条件は譲歩しながらも刷り合わせて最終判断すればいいのです。まずは応募してみないと分からない部分もあります。

逆に応募したことで分かることもあり、それがより転職活動を明確にしてくれるはずです。

迷うのなら、まずは応募だけでもしてみましょう。

応募することで気持ちが前向きになる

パソコンとスマホの画像

転職活動は思うように進まないことがあります。応募しても選考で落とされることは日常的です。

どのような条件・環境なのかにもよりますが、簡単に理想的な転職先が見つかるケースは少ないといえます。

そこでめげることなくとりあえず応募することを繰り返せば、書類選考が通って面接に辿りつく可能性も広がります。

1つハードルをクリアすれば、前向きになってあきらめず続けるきっかけになるでしょう。

転職活動をダラダラ続けないため

最初から遠慮をしていたり選り好みばかりをしていると、転職活動がますます長引いてしまいます。

中途採用の場合は長期戦になることも考えておかなければなりません。

とはいえモチベーションが維持できずに、転職活動に中だるみをする時期が出てしまう可能性もあります。

そこでとりあえず興味があったら応募してみるというスタンスでいれば、自然と行動が身についていくはずです。

内定が出るまでひたすらやり続ける意識も出てきます。

迷ったらとりあえず応募するという気持ちで臨むようにしましょう。

 

ワンポイント
とりあえず応募することは転職活動を進める第一歩。

転職の面接を受けるか迷ったら確認すること

階段を歩く女性の画像

転職活動をする中で、ある企業の面接を受けたほうがよいのかどうか直前で迷うことがあるかもしれません。

もしとりあえず応募してみた会社の面接に戸惑うような場合は、考え方を改めてみるようにしましょう。

選ぶのは自分ではなく先方企業のほうであると自覚することです。転職の採用合否は時の運でもあります。

たまたまそのタイミングでその会社に応募したのですから、一応最後まで付きあってみるという考え方にシフトしてみてください。

そうすればいちいち迷う必要もなく素直に面接に臨めるからです。

もし内定が出たとしても最終的に入社するかどうかは、自分で後から決めればよいのではないでしょうか?

それまでは、転職活動そのものをとことん知りつくす機会だと思って、できる限りの行動をすることが大切です。

一番やってはいけないことは後悔です。面接に行かなかったことで後から失敗したと嘆いてももう遅いでしょう。

とりあえず応募して前向きに参加することでいろいろな体験もできます。

 

ワンポイント
面接を受けるか迷ったときは自分が1番後悔しない選択肢を選ぼう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

入社を迷っている企業から内定が出てしまったら?

パソコンを見る女性の画像

もし内定が取れても第1志望ではないので入社を迷っているとしたら、その時はどうすればよいでしょうか?

同じように悩んでしまう転職者は多いのですが、ここで考えてほしい点は1つしかありません。

転職の目的は何だったのかを改めて問い直すことにあります。

まずは迷っている企業と現職・前職の仕事を比較してみましょう。

本来の目的は、その職業が自分の活躍できるフィールドであるかどうかを見極めることです。

ちなみに迷っているときは、回答期限のギリギリまで返事を保留にすることも検討しましょう。

しっかり考えたうえで決めた結果であれば、入社するしないに関わらずきっと後悔することはありません。

ただし考えている間にその他数社からの結果待ちとなる場合も考えられるので、スケジュール調整をしておくことは重要です。

回答を待ってくれている企業に失礼のないよう、期限は必ず守りましょう。

複数応募する時のポイントは?

タブレットを見る女性の画像

女性の転職活動ではとりあえず応募をすることで、内定の確率を高めることができます。

とはいっても、なんでもいいから応募するという行為はよくありません。

やりたくもない業種・関心がない職種だというのにむやみに応募すると、キャリアビジョンから離れてしまいます。

もしくはやむを得ずすぐにでも就職しないといけない状況なら話は別です。ある程度覚悟もできるでしょう。

しかしそうではないのなら、複数案件への応募にもポイントやコツがあることを理解した上で取り組むことが大切です。

絶対に譲れない条件を決めておく

とりあえず応募するといっても、あまりにも広範囲に自分の専攻とは関係のない業種への応募は好ましくありません。

本当はまったく興味がない案件なのに応募するのは、かえって時間の浪費になってしまいます。

転職活動も時間を使うことに変わりはありません。当初から入社する気がないのに条件を譲歩することなども一切ないはずです。

原則として、絶対に越えてはならない線を決めて、本当にやりたいことを最優先にした求人をターゲットにしていきましょう。

はっきりと断ることも重要

とりあえず応募してみたが採用条件で折り合いがつきそうにない企業であれば、はっきりと断ることが重要です。

転職活動は焦ることもあります。なかなか内定が出なくて自分には合わない企業にも妥協して応募するケースも考えられます。

やっと決まった会社でも、どこか心の奥で納得していないのであれば断る勇気を持つことのほうが大切です。

仮に断りきれずに入社してしまった場合、きっと良い成果は出せず、再び転職を繰り返す可能性があります。

住めば都という言葉もあるので、実際に入社してやってみないと分からないのも確かです。

しかし心からやりたい仕事を最優先に選ぶほうが、採用結果がどうなろうと後悔はしないでしょう。

複数応募は採用企業に失礼ではない

計算機の画像

転職は最終的に1社だけに入社することはいうまでもありません。

それなのにとりあえず複数の企業に応募することは失礼な行為ではないかと思われる人もいるようです。

しかし、複数応募自体は全く失礼なことではありません。転職での求人後採用率の平均は30%前後がほとんどです。

多く見積もって半分は不採用になることを考えても、なるべく多くの求人案件に応募することは自然な流れでしょう。

その点についても、求人を出す各企業は分かり切った上で行なっています。

ただし、やみくもに応募することは得策ではありません。自分の中で最低限の条件やルールは決めておくようにしましょう。

基準には個人差があるので、仕事内容・給与体制・通勤条件などの観点から譲れないことを決めておきます

その範囲内で複数の案件を応募するとよいでしょう。

 

ワンポイント
転職活動を行ううえで複数応募することは企業側も理解している。

複数応募するメリット

キーボードの画像

とりあえず応募する転職案件は、なるべくできる範囲で多くの企業にトライしてみることをおすすめします。

複数応募には相乗効果が期待できるからです。

では、複数案件へとりあえず応募することでのメリットについて解説していきましょう。

応募する企業が増える

最初から厳選して応募する場合、第1志望がすぐに内定を出してくれるのであれば問題ありません。

しかし必ずしもそれは確定されていないのが現実です。

複数企業に応募することは、転職活動そのものを早い段階で済ませる意味でも必要だからです。

応募する企業が多ければ多いほど内定率が高まります。

その中から最終的に自分が入社したい会社を決定するほうが、精神的にも楽でスムーズな方法といえるでしょう。

多くの経験ができる

街の画像

とりあえず応募して面接をすれば場数が踏めるので、経験値が増えていきます。

1社のみの転職採用試験では、本来の転職活動の醍醐味が理解できません。

複数応募することで、面接での進行や質問内容の具体性がクリアになり、さまざまな気づきや発見があるからです。

内定が出る企業もあれば不採用で見送りにされる企業も考えられます。

良い知らせも不運な知らせも経験できるのは、転職活動ならではのことです。

今後の人生においても必ずプラスに働いてくれます。

企業の採用傾向が見えてくる

複数に応募したほうが企業の採用傾向が見えてくるのもメリットです。

まずは1社でも評価されて内定が取れれば、そこと類似した業種や企業への対策にもなります。

同じ職種の求人案件の中から、似たような条件の企業を選びやすくなり、書類選考通過の傾向もつかみやすくなるでしょう。

成功した体験が増えると自信につながる

選考に落ちる回数が増えてくると、自分に自信がなくなり気持ちはどんどん落ち込んでいってしまいます。

そんなとき1つでも成功を体験すると、予想以上に嬉しくなるものです。

とりあえず応募していけば成功体験が増えていく可能性が高いので、自信につながります。

そして次第に失敗の回数が気にならなくなってくるでしょう。

自信が出てやる気のある状態で臨めば、徐々に面接の攻略方法が自分なりに編み出せるようになります。

そうした経験の積み重ねから、最終的に入社したい企業がどこなのかも絞り込むことができるでしょう。

 

ワンポイント
複数応募するメリットは経験値を増やし前向きになれること。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

複数応募するデメリット

メモ用紙の画像

転職活動でとりあえず応募すると、複数の企業の面接体験ができるメリットがあります。

その反面、複数を受けるデメリットも生じる可能性があるので注意が必要です。

ここでは、注意すべき複数応募のデメリットについて解説していきましょう。

複数の企業を調べて応募する手間

まず考えられるデメリットは、応募する時間の手間がかかる点です。

複数の企業へ面接を受けに行くので、その移動に費やす時間・交通費・身体的疲労などの負担が掛かります。

転職活動は緊張の連続です。

自分が思っている以上に、体や精神的にも負荷があって不安になりやすいことも考慮しておく必要があります。

日程の調整が面倒になる

複数の企業から書類選考通過の知らせが届き、面接を受ける日程を調整するのが煩雑になりやすいデメリットがあります。

日程調整をしっかり行わないとダブルブッキングするリスクも考えられるでしょう。

また企業によっては進捗に時間が掛かることがあり、なかなか思うようにスケジューリングができないこともあり得るのです。

またハードな日程で転職活動を続けていると、体力・気力がついていけなくなる可能性も考えられます。

不合格が続くと自信が無くなる

複数企業へとりあえず応募するデメリットの中でも、辛いのは不採用が続いてしまう場合です。

1つでも内定が出ていればその後の面接試験も気が楽です。

ところが何度企業面接に行っても、内定が一切取れない状態が続くことも想定されます。

不合格ばかり続くと自信を失い、自分に落ち度があるのではと疑うようになってしまうでしょう。

そのような時でも、チャンスをものにするにはとにかく応募をしていくしか方法はありません。

めげずに続けていく強さを失わないことです。

内定が出たら断りづらい

複数企業への応募をすると、その中から内定を出してくれる企業も複数になる可能性があります。

しかし最終的に入社できる会社は1社のみです。

そのため、最後に入社を決めた会社以外へは入社辞退の返事をしなくてはなりません。

内定をせっかく頂いたのに断るのが心苦しいという状況に陥ります。

ただしこれは転職活動の常識でもあり、求人案件を出している企業もあらかじめ想定していることです。

あまり深く考えすぎず、申し訳ないという思いを込めて詫びれば悪い印象にはなりません。

そしてなるべく早めに辞退の連絡を入れるようにしましょう。

転職で応募するか迷ったらエージェントに相談しよう

眼鏡の画像
女性の転職活動ではさまざまな悩みや不安があるはずです。

内定がなかなか取れないことでの苛立ちや、面接試験の方法についての課題などが浮上します。

1人で抱え込む前に転職エージェントに登録して相談してみてはいかがでしょうか?

転職エージェントは転職についての専門性の高さが特徴です。

担当アドバイザーがさまざまな転職に関する悩みの解決に助力してくれることでしょう。

まとめ

窓に向けている画像

転職活動ではとりあえず応募してみるという前向きな姿勢が大切です。

もちろん最初から第1志望の会社があってそこに集中したいのであれば、いきなりチャレンジしてもよいでしょう。

しかし不採用という結果になったらかなり落ち込むのではないでしょうか?

まずは腕試しという気分でも構わないので、気になる募集案件に応募して転職ノウハウを試してみるのも方法の1つです。

また、複数企業の採用試験を受けることで傾向や対策が見えてくる可能性もありますので、トライしてみる価値は十分あります。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら