転職の面接は1度で終わるとは限りません。

面接回数を重ねてくると質問される内容もより深いものになることが多くあります。

その際に起こりがちなのが回答の矛盾です。

しっかりとした対策を取っておかないと回答の矛盾を指摘されかねません。

また緊張によって用意していた回答をうまく答えられないこともあるでしょう。

そうなると前回と矛盾した内容のように聞こえてしまうこともあります。

この記事では面接で矛盾を指摘されたときの対応について解説します。

Contents

面接で話の矛盾を指摘された時の対応方法

頭を抱える女性

面接で話の矛盾を指摘されたときはどのような対応をするとよいのでしょうか。

矛盾を指摘されると動揺して感情的になることもあるでしょう。

また矛盾をなんとか正当化しようとして支離滅裂なことをいってしまうこともあります。

矛盾を指摘された場合には、無理に正当化しようとしないことが大切です。

なぜ矛盾してしまったのかをきちんと説明して謝罪する姿勢をみせることが重要となります。

面接官が矛盾を指摘してくる理由

面接会場

面接官があえて矛盾を指摘するのはなぜでしょう。

これについては面接官があなたを落としたくてしていることではない点を理解することが大切です。

採用するつもりがなければ矛盾をあえて指摘せずそのまま不採用としてじてすむでしょう。

矛盾を指摘してくるということは、スキルや人間性をより深く知りたいと思っているからだと考えましょう。

仕事をするなかで自分がしたことの矛盾を指摘される場面も少なからずあります。

そうした場合にどのような対応をするのかなどを確認するために矛盾点を指摘することもあるということです。

面接官が矛盾を指摘することで知りたいことは

面接会場

面接官が矛盾を指摘するのはスキルや人間性をより深く知りたいと思っているからだと解説しました。

ではより具体的に面接官はどのようなスキルを判断しようとしているのでしょうか。

問題解決能力があるか

ひとつは問題解決能力です。

仕事で思わぬトラブルが起きた場合にこの人はどのような対応をするのだろうか。

そのような視点で面接官はあなたの対応をチェックします。

矛盾を指摘されたときに言い訳を並べ立ててあたふたとするような対応をする。

もしもそんな人がいたとしたら一緒に仕事ができるでしょうか。

問題解決能力は仕事をしていく上で重要なスキルです。

矛盾を指摘されても慌てずにしっかり切り返しができるようにしておきましょう。

対応力やコミュニケーション能力があるか

面接を受ける女性

もうひとつは対応力やコミュニケーション能力です。

矛盾を指摘されたときに感情的になってしまうと対応力が低くコミュニケーション能力に欠けると思われる可能性があります。

すぐに感情的になる人は業務に支障をきたす可能性もあるでしょう。

トラブルが起きた場合でも冷静に対応できる能力があるかどうかも面接でのチェックポイントです。

感情的な人はコミュニケーションにおいてもトラブルを起こしやすいと思われてしまいます。

矛盾を指摘されても感情的にならず冷静に対応できるよう事前にあらゆる策をねっておきましょう。

客観的に判断する能力があるか

面接ではどうしても緊張してしまいます。

緊張状態にあってもしっかりと自分を客観視できるかも重要なチェックポイントです。

特に自分にとって不利な自体が起きた場合の対応は仕事をする上で重要です。

矛盾を指摘されても冷静に客観的な判断をして切り抜けることができれば面接官からの印象もよくなるでしょう。

矛盾しないことが1番ですが、もしもの場合の切り抜け方を身につけておくことも大切です。

面接官がチェックしている内容は

面接会場

矛盾点を指摘する際に面接官をチェックする内容はどのような部分でしょうか。

矛盾が指摘されやすい内容について解説します。

面接中の回答と履歴書の内容

もっとも矛盾が指摘されやすいのは履歴書の内容です。

転職の面接は履歴書に記載されたことをもとに進められます。

そのため履歴書に記載されたことと、実際に面接で回答する内容がズレていると当然指摘されるでしょう。

当然のことながら履歴書は提出する前にコピーを取りましょう。

履歴書に記載したことをもとに面接で話す内容を用意することでこうした矛盾を避けることができます。

特に志望動機や転職理由は面接で必ず聞かれる内容です。

ここが矛盾していると指摘される可能性が高くなります。

指摘されない回答を用意しておくことも面接対策のひとつです。

一次面接や二次面接の回答内容

履歴書

転職面接で矛盾が生じやすいのは最終面接です。

最終面接は役員面接とも呼ばれ、人事担当ではなく社長や役などが面接を行うケースが大半となります。

担当者が変わったから違う話をしても大丈夫だろう。

今までの面接内容を忘れてしまったがなんとかなるだろう。

そんな気持ちで面接に臨むと矛盾を指摘されてしまう可能性が高まります。

担当者が変わっても履歴書や前回までの面接内容は面接官の手元にあります。

そのため矛盾した内容を平気で話すようなことがないように注意することが大切です。

矛盾が発生しやすい内容をチェック

手帳とペン

転職面接で矛盾が発生しやすい内容を抑えておくことも面接対策のひとつです。

どのような点に注意する必要があるのかをしっかり理解しましょう。

一次面接・二次面接・最終面接で回答が異なる

面接回数を重ねると話す内容が矛盾してしまう可能性が高くなります。

一次面接では履歴書の内容と矛盾がないことが重要です。

二次面接では履歴書だけでなく一次面接での発言と矛盾がないことがチェックされます。

最終面接では履歴書、それまでの面接の内容との矛盾がチェックされるでしょう。

つまり回数を重ねることで矛盾が生じやすくなるということです。

面接が終了したらできるだけ早く話した内容を書き留めるなどしておくと次回の面接で矛盾を起こしにくくなります。

転職理由と志望動機に矛盾が生じる

転職理由と志望動機に矛盾が生じることは多くあります。

自分では矛盾したことを話しているつもりがなくても聞いている側には矛盾を感じられるのがこのケースです。

転職理由が「自分の持つ○○の専門性を生かしたいと思った」と話したとします。

志望動機が「△△の専門性を生かして活躍したいです」と話たとしたらどうでしょう。

このケースでは自分の専門性が矛盾しています。

自分のことをきちんと分析できていないという点で矛盾を指摘される可能性が高くなります。

深掘りされる質問で内容がブレてくる

悩む女性

最終面接ではそれまでの面接で質問された内容をさらに深掘りされるケースがよくあります。

深掘りされることで回答内容がブレてくる可能性は理解しておきましょう。

転職理由や志望動機にしっかりとした軸がないと矛盾が生じます。

目的や理由をしっかりと一貫させておくことで深掘りされても一貫性のある回答ができるようになります。

面接中の発言と行動が矛盾している

たとえば、面接のなかで自分の強みをコミュニケーション能力だと発言したとしましょう。

コミュニケーション能力をあげておきながら、面接中にハキハキとした対応ができないとどうでしょうか。

小さな声、姿勢が悪い、相手の目が見れないなどの行動がこれにあたります。

こうなると自己分析や自己認知ができていないと判断されてしまいます。

自分を客観的にみて発言と行動が一致しているかを確認してみましょう。

自分だけではわかりにく場合には転職エージェントに相談してみることもおすすめです。

自分の興味についてなどを第三者に話すなかで自己分析ができていくこともあります。

矛盾を指摘された時の心得

矛盾を指摘された時は、下手な言い訳はしないことが大切です。

具体的には次の項目で解説します。

素直に認めて訂正するように心得ておくことが大切です。

矛盾を指摘された時の注意すべきこと

円バツの間に立つ女性

実際に面接中に矛盾を指摘されてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。

矛盾を指摘された時に注意するべきことについて解説します。

矛盾を指摘された時にどのように対応するかも合否に関係するポイントとなります。

誤魔化そうとしない

まず大切なことは誤魔化そうとしないことです。

誤魔化そうとすればするほど見苦しくなってしまいます。

誤魔化しは面接官には通用しないと考えておきましょう。

下手な誤魔化しは返って印象を悪くします。

言い訳に聞こえる回答をしない

面接を受ける女性

矛盾してしまうことは意図していなくても起こる可能性があります。

つまり悪気なく矛盾してしまうということです。

そのため、矛盾を指摘された場合には言い訳に聞こえるような回答をしないことも大切になります。

まずは素直に矛盾点を認めましょう。

感情的な反応をしない

もっともよくないのは感情的に反応することです。

矛盾を指摘されると動揺して感情的になってしまう人も少なくありません。

いずれにしても面接で感情をあらわにすることは控えたい行動です。

指摘されてもあくまでも冷静にしっかりと矛盾点を受け止めてから訂正するようにしましょう。

矛盾を指摘されたら素直に訂正しよう

面接を受ける女性

矛盾を指摘された時、大切なことは指摘されたことに動揺しないことです。

動揺するとなんとか誤魔化そうとしたり言い訳をしてしまいがちになります。

何をいわれても冷静に受け止めて、自信を持って堂々と対応しましょう。

とくに矛盾点はきちんと受け止めて素直に認めることが大切です。

面接官は矛盾していることを問題視するのではなく、矛盾を指摘したときの対応のほうを重視する傾向があります。

つまり矛盾を指摘されたときに逆ギレのような態度を取ることは言語道断となるわけです。

感情的になることなく、素直に認めて丁寧に訂正しましょう。

面接では緊張してしまうため、言い回しを間違えてしまうこともあります。

面接官に怒られたと感じるのではなく、ピンチこそチャンスと捉えてしっかりとした対応をしましょう。

面接時に矛盾が生じないようにするために

面接会場

そもそも面接で矛盾が生じないようにするにはどうすればよいのでしょうか。

矛盾が生じなければ指摘される心配もないため、このポイントをしっかり抑えておくことも大切です。

面接時に矛盾が生じないようにするためには次のような行動が大切です。

・面接内容を書き留めておく

・履歴書のコピーを取っておく

・面接を重ねるごとに前回の面接内容をきちんと復讐して臨む

・感情的にならないようにする

・自己分析をしておく

・ブレのない軸を作るために志望動機や転職理由についてしっかり自分の意見を持つ

このような面接対策を行うことで矛盾が生じないようにすることができるでしょう。

面接対策は転職エージェントを活用しよう

面接を受ける女性

 

面接対策は自分一人で行うとどうしても矛盾点に気がつけないこともあります。

友人や知人に面接の練習に付き合ってもらうこともいひとつの対策です。

ただ、せっかく依頼するのであれば転職のプロでもある転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは転職のプロであるため面接対策だけでなく、様々なアドバイスをしてくれます。

面接で行き詰まったら、ぜひ利用してみてください。

求人情報なども豊富に保有しているためよい求人に出会える確率も高くなるでしょ。

まとめ

手を取り合う人

転職活動で重要となるのは面接をいかにスムーズにクリアしていくかです。

面接で聞かれる質問内容はある程度想定することが可能です。

ただし面接回数を重ねることで自分の回答に矛盾が生じることも少なくありません。

面接を受けたあとには聞かれた内容、話た内容を忘れないうちに書き留めておくことも大切です。

自分でも気づかないうちに矛盾した話をしてしまっていることもあります。

もしも矛盾点を指摘された場合には、誤魔化したり言い訳したりすることはNGです。

マイナスの印象を与えてしまいます。

矛盾点を指摘された場合には、素直に認めてきちんと訂正するようにしましょう。

転職活動の面接でこのような事態を回避するためには、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは面接対策を万全に行います。

1度だけでなく回数を重ねた面接前の対策もしっかりとサポートしてもらうことができる点も魅力です。

矛盾した回答をしないように対策を行っておくことで安心して転職活動に臨むことができるでしょう。

面接だけでなく転職活動全般の相談にも乗ってもらうことが可能なため落ち着いて活動に取り組むこともできます。

不安を感じながら転職活動をしている場合には転職エージェントに登録して相談してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら