女性が転職する際にも職務経歴書を作成するものですが、実際の職歴だけでなく、インターン経験も記載すべきです。

特に応募する企業や職種に関わるインターン経験がある場合は、書類選考を通過しやすくなるはずです。

そこで今回は、職歴欄にインターン経験を記載する方法とそのマナーについて、例文を交えて解説します。

Contents

職歴欄のインターン経験の記載方法

4192887_m

過去にインターン経験があったとしても、必ず記載した方がよいと断言できる内容ではありません。

インターン経験が生かせる企業または職種でない限り、基本的には不要な情報だからです。

しかし会社や職種に直接結びつかなくても、自己アピールにつながるエピソードがある場合は別です。

応募書類にインターン経験を書く時には、

・履歴書の学歴・職歴欄

・履歴書の自己PR欄

・履歴書の志望動機欄

・職務経歴書の職歴欄

・職務経歴書の自己PR欄

・職務経歴書の志望動機欄

などに記載することができます。詳細については、次章以降で説明します。

インターン経験の書き方のマナー

4084540_m

転職のための履歴書や職務経歴書にインターン経験を記載する場合は、マナーを守る必要があります。

他の規定項目と違うため、応募した企業に関連しないインターン経験を書きたい時には、適切な欄に記載するのがマナーです。

ここでは、応募書類にインターン経験を書く場合のマナーについて説明します。

自己PR欄にインターン経験を書く場合も

応募企業や職種には関連しないものの、自分のスキルやエピソードを紹介するためにインターン経験を書きたいこともあるでしょう。

その場合には履歴書や職務経歴書の職歴欄ではなく、自己PR欄にインターン経験を書くことをおすすめします。

その場合にはインターンをした期間や内容だけでなく、そこで得た成果を具体的なエピソードとともに書くのが基本です。

また書類選考を通過するためには1dayのものより、短くても1ヶ月以上のインターン経験を書く方が効果的です。

詳細な内容を書く場合は職務経歴書に書こう

4002995_m

応募する業界や企業、職種に関わるインターン経験がある場合は、詳しい内容を書いてアピールする方が内定に近づきやすくなります。

その場合には職務経歴書の中で、インターン経験を詳述しておくと、企業の採用担当者の目に留まる確率が高まるはずです。

書くべき内容については、後の章で詳しく説明します。

履歴書のインターン経験を記載する箇所をチェック

1730868_m

履歴書や職務経歴書の中に、インターン経験を書ける欄がいくつかあることは前述しました。

そのどの場所に記載するかで、書き方や採用担当者の受け止め方が変わるので注意するにこしたことはありません。

ここでは、履歴書にインターン経験を記載できる箇所を紹介します。

学歴・職歴欄に書く場合

履歴書の学歴・職歴欄にインターン経験を書く時には、職歴と記載した次の行に、会社名年月を入れるのが一般的です。

さらに会社名の後には必ず、(インターン)と記載します。学生時代のインターン経験は、社会人として勤務したものではないからです。

新卒入社した会社名は、インターン先の企業の後に列記しましょう。

自己PR・志望動機欄に書く場合

4101976_m

インターン経験によって自分のスキルや仕事への姿勢が向上したと感じているなら、自己PR志望動機欄に書くのもおすすめです。

自己PRに記載する時には、それにより自分がどう成長したのか、どんな成果をあげたのかを書くとよいでしょう。

志望動機に書く場合には、そこで感じた思いや意欲を入社後にどう生かしたいのかを書くのが基本です。

ここでのポイントは経験したことに止まらず、何を成し遂げたのか、その経験で何が得られたかをわかりやすく伝えることです。

プロジェクトにチームで取り組んだ場合などは、自分に協調性があることをアピールすることもできます。

インターン経験での具体的なエピソードを添えて、自己アピールにつなげましょう。

インターン経験を記載する時のポイント

4193266_m

自己アピールのためにインターン経験を記載して、書類選考通過を目指すなら、内容や書き方に配慮することが大事です。

企業の採用担当者に「面接して会ってみたい」と思われるためには、その内容がアピールになっていなければ意味がありません。

ここでは、応募書類にインターン経験を記載する時に気をつけたいポイントを3つ紹介します。

経験した仕事内容を具体的に書こう

応募書類にインターン経験を書く時には、仕事内容は簡潔に、なおかつ具体的に書くのがポイントです。

その際、単に担当した業務を書くのではなく、その仕事に従事した期間など、できるだけ数字を盛り込むように心がけましょう。

WordやExcelを使った業務を担当したのか、電話や来客の応対を行ったのかがわかると、応募者のスキルが想像しやすいものです。

様々な仕事を体験した場合は、応募した企業や職種に関わる内容を重点的に記載するよう意識してください。

意識したことや工夫したことを書こう

3810374_m

長期にわたるインターン経験がある場合、参加にあたって目的をもっていたはずです。

それが、業界研究や企業研究というケースもあるでしょう。

そうした目的を達成するために意識したことや、職場で役立てるよう自分なりに工夫したことを合わせて書くのもおすすめです。

特に中途採用の場合は、企業は指示待ちの人材よりも、主体的に仕事に取り組む人を求めるものです。

最初は2時間かかっていた資料作成を、先輩の実例を参考にひな形を用意しておき1時間で作れるようになるのは成長と考えられます。

そうした具体的なエピソードとともに、自分の仕事への姿勢や努力をアピールするのも方法の一つといえます。

失敗から学んだことも書こう

学生時代のインターン経験の際に、失敗して叱られた経験がある人もいることでしょう。

失敗を通して仕事に対する姿勢が変わったり、自分の成長につながったと感じているなら、それを素直に書くことをおすすめします。

失敗を自分の糧にしていることが伝われば、入社後も同じように努力してくれる人だと判断される可能性が高まります。

職歴にインターン経験を記載する時の注意点

3518566_m

採用活動の一環としてインターンを募集する企業が増えていますが、その期間や内容は様々です。

インターン経験によっては、応募書類に記載しない方がよいケースもあります。

ここでは職歴としてインターン経験を記載する時に、注意してほしいことを2つ紹介します。

インターン経験が長いものを記載しよう

職歴欄にインターン経験を記載する際には、できるだけ長期のものを書きましょう。

インターンの中には1日から数日というものもありますが、その場合は座学が主で実務に触れる機会が少ないものです。

インターン経験は実務体験を通して、仕事や社会を知るからこそ、自分の成長につながります。

自分なりのエピソードと成果を得たと、採用担当者に納得してもらう意味でも、就業期間が長いものの方が効果的です。

インターンで得た成果を記載しよう

2211864_m

インターンは、参加することに意義がありわけではありません。目的をもって主体的に取り組み、何かを得なければ意味がないのです。

そしてインターン経験を自己アピールにつなげるためには、成果を記載するのが一番伝わりやすいといえます。

「テレアポ20件という目標を、インターン生の中で一番に達成しました」など、より具体的に記載するとより効果的です。

インターン経験の職務経歴書を書いてアピールしよう

2327543_m

転職活動を行う場合には、職務経歴書の中にインターン経験を記載する方法もあります。

未経験職種に異業種転職を考えている場合などでは、過去のインターン経験が役立つことも珍しくありません。

その場合は評価につながるよう、書き方にも工夫が必要です。

ここでは職務経歴書に、自己アピールにつながるようインターン経験を書く方法を紹介します。

職務経歴書の構成

職務経歴書を作成するにあたり、転職活動でどんな役割を果たす書類なのかを理解しておくことが大切です。

職務経歴書とは、応募者がもつスキルや実務経験を確認する際に必要な書類で、A4版1~2枚に収めるのが一般的です。

それは「職務要約」「職務経歴」「スキル」「資格」「自己PR」で構成されます。

職務経歴書に記載する内容

2120407_m

書類選考を通過して面接に進むためには、企業の採用担当者が会いたくなるような職務経歴書を書く必要があります。

そのためには、前述した構成要素ごとに、盛り込むべき内容を押さえることが大事です。

・職務要約:自分の職歴を100字程度にまとめる。それまでの社会人経験にキャッチフレーズをつけるつもりで書くのがおすすめ

・職務経歴:在職期間会社名業務内容実績を書くのが基本。会社の規模や実績、自分があげた成果を具体的に書くのがポイントで、その際に工夫したことも盛り込むのがベスト

・スキル:応募する企業や職種に関連するスキルがあれば、必ず記載する。ない場合は「特になし」と書くのがセオリー

・資格:業務や職種に関連する資格があれば記載する

・自己PR:自分の社会人としての核となるスキルや経験を盛り込みながら作成する。文章なら5行以内箇条書きなら3つ以内にすると読みやすい

上記の記載内容は、もれなく記載するよう意識しましょう。

職務経歴書の書き方がわからない時には、転職エージェントに登録し、アドバイスをもらうのもおすすめです。

転職に活用できる例文をチェック

4020357_m

転職活動のための応募書類を作成するにあたり、インターン経験を自己アピールにつなげる書き方をすることが大事です。

そのためには、インターン経験を伝えるひな形を知り、自分に合わせてカスタマイズする方が書きやすいことでしょう。

ここでは転職活動に活用できる、インターン経験を交えた自己PRの例文を2つ紹介します。

旅行代理店でインターンシップ経験があるケース

私は日帰りバスツアーを多く手掛けている旅行代理店で、1ヵ月のインターンを経験しました。

その際に旅行の相談にいらしたお客さまの受付を担当させていただき、コミュニケーションをはかる仕事にやりがいを感じました。

お客さまの意図をくみ取ることが難しく、クレームになりかけたこともありましたが、相手に合わせて対応する大切さに気づけました。

この経験は接客だけでなく、職場の人間関係にも応用できると考えます。

私が入社させていただいた暁には事務職として、営業の方々が働きやすいように、サポートすることで貢献したいと思います。

Web制作会社でインターンシップ経験があるケース

4193251_m

私はWeb制作会社で3カ月のインターンを経験し、リニューアルサイトの制作に携わりました。

サイトのオープン日が決まっており、社員の方についてコーディング作業を担当しましたが、任された仕事が遅れたことがあります。

その原因は自分の作業時間の読みが甘かったことで、指導係の社員の方に迷惑をかけてしまいました。

その後はギリギリにスケジュールを組むのではなく、時間内に確認までできる業務量を意識して依頼を受けるようになりました。

また私が遅れた分を他のスタッフの方がカバーしてくださり、納期には影響せずに済みました。

この経験を通して学んだ、スケジューリングとチームワークの大切さを忘れることなく、貴社での業務に活かしたいと考えています。

インターン経験をどう活かしたいか考えて記載しよう

3484682_m

インターン経験を記載することが、企業の採用担当者の気持ちを動かすわけではありません。

インターン経験に対する取り組み姿勢やあげた成果、そこで何を学んだかが記載されて初めて、興味を寄せてくれるのです。

そのためには、インターン経験を自社に入社した後で、どのように活かしていきたいかを、しっかり書くとよいでしょう。

「接客業のインターンに参加した経験を活かして、お客さまが求めるサービスを提供できるよう真摯に向き合いたい」などです。

その内容が入社後の業務に役立つものであればあるほど、書類選考を通過する確率があがるはずです。

面接対策は転職エージェントに相談しよう

1340979_m

転職活動では書類選考を通過しただけでなく、面接を突破しなければ内定を得ることはできません。

転職活動中の女性の中には、面接に苦手意識を持っている人もいることでしょう。

そんな時には一人で悩まずに、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

模擬面接を通してプロからアドバイスをもらえれば、本番での質疑応答に役立てることができます。

また面接においては姿勢や立ち居振る舞い、声の出し方も大切です。そうした点も、キャリアカウンセラーにアドバイスしてもらえます。

転職エージェントに登録すると、無料で様々な相談にのってもらえるので、積極的に活用するとよいでしょう。

まとめ

3808393_m

今回は、職歴欄にインターン経験を記載する方法とそのマナーについて、例文を交えて解説しました。

インターン経験によって自分が成長したと感じているなら、応募書類の中で積極的にアピールすべきです。

その意欲が採用担当者に伝わるように、書き方や内容にも十分配慮することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら