転職活動において自分の強みをどのように打ち出していくべきかというのは、転職者に共通する悩みではないでしょうか。

今回はそんな転職活動を助けてくれるポータブルスキルについて解説していきます。

転職を有利にするスキルや、日常業務において身につけておくべきことなどについてもご紹介しましょう。

Contents

転職に有利なポータブルスキル

メモを取る女性の画像

ポータブルスキルはテクニカルスキルなどのように職種に囚われないのが特徴です。

どのような業種・職種であっても効果を発揮するスキルであるため転職においては有利になります。

スキルというのは今までの経験や知識によって培われていくもの。

転職に活用するためには自分がどのようなポータブルスキルを持っているのかということに自覚的になることが大切です。

今回は転職で有利になるポータブルスキルについて解説していきます。

ポータブルスキルが重要視される理由

読書をする女性

ポータブルスキルが重要視されるのにはそれ相応の理由があります。

これには転職を取り巻く状況なども関係しているのです。

ここではポータブルスキルが大切な理由を解説していきます。

転職力を磨く必要のある時代

今の時代において転職力というのはとても重要視されています。

それは以前までと比べて年功序列制度や終身雇用制度などといったものを採用する企業が少なくなったためです。

これにより多くの企業が成果主義による評価制度に移行したため個人の技術や能力を磨く必要が出てきました。

また、多くの業界で人材不足となっているため、以前までのように新卒から長い期間をかけて育成することも難しくなっているのです。

育成に時間をかけられないため即戦力の人材を必要としており、優秀な人材にはそれ相応の対価が支払われるようになりました。

この変化によって終身雇用が一般的だった時代よりも転職の動きが活発となっているのです。

ポータブルスキルというのは転職に大きな効果を発揮するため、価値が以前にも増して高まっています。

どこでも活躍できる可能性が高い

ミーティングする女性たち

ポータブルスキルというのはどのような業種職種時代を問わず、通用するものです。

そのためポータブルスキルを磨くことによって、どのような場所であっても自身の能力を活かすことができるようになります。

技術的な能力は業種が異なれば、通用しなくなるケースもあるでしょう。

しかしながらポータブルスキルというのは、どんな仕事においても重要となる能力ばかりです。

そのためポータブルスキルを磨いておくことで、多くの企業から必要とされる人材になることができるでしょう。

活躍できる可能性を高めるためにも是非習得しておきたいものです。

ポータブルスキルを身につけるためのポイント

電話をする女性

ポータブルスキルを身につけるにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

技術スキルと違い客観視するのが難しいポータブルスキルは、身につけるのに苦労するケースもあります。

効率的な身につけ方をするために必要となるポイントを解説していきます。

普遍的なスキルを伸ばそう

ポータブルスキルというのはどのような職種でも活用できるものであるというのは先述してきた通りです。

しかしながらその中にも必要とされる頻度の高いものがあります。

そういった普遍的なスキルを伸ばすことによって、企業から優秀だと思ってもらえる確率が更に上がるでしょう。

普遍的なスキルというのはコミュニケーション能力や問題解決能力、スケジュール管理能力などがあります。

これらは全て社会人として必須となるスキルですが、これらを伸ばす経験をしていれば転職でもアピールすることができるでしょう。

自分が伸ばせそうで、尚且つ普遍的だと考えられるスキルを優先して成長させていくと効率的です。

これまでの経験が職場限定でないか確認しよう

指し棒を持つ女性

ポータブルスキルというものを整理する際に考えたいのがこれまでの経験が他の業種でも通用するかどうかです。

今の職場でしか使えないようなものはポータブルスキルとは呼べません。

その経験によって培ったスキルについて確認する際には、そのスキルが「持ち運び可能」かどうかという視点を持ちましょう。

つまり業種・職種などを問わず、場所を選ばないようであればポータブルスキルが身についているといえます。

また、その際に具体的な経験についてもセットで覚えておくと良いでしょう。

職務経歴書や面接などでアピールする際には具体的なエピソードがあると説得力が増します。

常に知識や情報のブラッシュアップしよう

「持ち運び可能」だからといって、ポータブルスキルがいつまでも古くならないかといえばそうではありません。

知識や情報というのはいつでも新しいものへと置き換わっていきます。

その時々によって最善となる方法は変わっていくのです。

ポータブルスキルを活用するには時代に合った形を知っておく必要があるでしょう。

そのためには知識や情報をブラッシュアップしていくことを忘れてはいけません。

知識を利用していくためには経験から得られたものだけではなく、自分から進んで学習していくことも必要です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職で重要視される能力やスキル

笑顔の女性

次は転職において特に重要視される能力について解説していきましょう。

以下のような能力があれば転職で大いに役立つと考えられます。

自分に以下のようなスキルが備わっている確認し、転職活動に役立てられるようにしましょう。

主体性や実行力など前に踏み出す能力

主体性実行力というのは業務を行っていく上で重要となる能力の1つです。

失敗を恐れずに前へと進んでいく力というのは多くの企業が重要視する能力となっています。

自分で考えて仕事に取り組んでいける人材ほど自分で学習しながら成長していくことができるためです。

もし主体性を持って仕事を行ってきた経験がある方は転職において有利に働くことでしょう。

選考で積極的にアピールするようにすると良いと思われます。

課題発見力や計画力など考える能力

面接官

課題発見力計画力というのはプロジェクトを成功に導く上で重要となる能力です。

スケジュールを組んだり、隠された課題を明らかにしたりするのには深く考える力が必要となります。

今やっていることに対して疑問を持ち、しっかりと考え抜ける人材は多くの現場で必要とされるでしょう。

特に事前にトラブルを防ぐ必要があったり、慎重な対応が求められたりする業務に向いています。

思慮深く物事に取り組んでいける人は今までのそうした経験をアピールすると人事に好印象を与えられるでしょう。

自ら学ぶ姿勢など仕事に向かうスタンス

仕事に向かう上で重要視されるの仕事に対しての意欲の高さです。

学ぶ姿勢がなければ人は大きく成長していくことができません。

現状維持では経験からしか何かを学ぶということはできなくなってしまうでしょう。

しかしながら何かを自分から進んで習得していこうと考える人材には企業からも良い評価が与えられます。

積極的に学習しながら仕事に取り組むことができる人材というのはどのような企業でも重宝されることでしょう。

能力やスキルがわからない時は自己分析をしよう

転職エージェント

もし自分がどういった能力・スキルを持っているのか分からないという方は自己分析をするようにしましょう。

ポータブルスキルというのは自分では気づきにくいものも多く、普段の仕事では意識しないようなものもあります。

そのため、今までの経験を振り返り、その中で培ってきた能力やスキルを明確にするようにしましょう。

自分の持っている能力やスキルに自覚的になることによって、転職でのアピールポイントも分かるようになります。

特にどんな仕事でも通用するポータブルスキルを確認できれば、職種問わず活用していくことができるでしょう。

自己分析をすることで企業に対して自分がどのように貢献できるのかが分かるようになります。

ポータブルスキルの活用例

企業研究

次はポータブルスキルの活用例について解説していきます。

以下のような活用方法があるということを知り、自分の能力も転職に役立てていきましょう。

実行力

実行力に長けていく場合には企業での新規事業を推進していくような仕事が向いているでしょう。

企業にとって初めての試みで合っても、実行力のある人間がいればプロジェクトを積極的に動かしていけます。

特に未経験分野においては中々、事業を引っ張っていくことができる人材というのはいません。

そのため未経験分野でも実行力を発揮していけるような人材は重宝されるでしょう。

適応力

適応力が高い場合には技術の移り変わりが激しい分野で特に活躍することができるでしょう。

技術が刻一刻と進化しているような分野においては適応力が低いと時代に置いていかれてしまいます。

そのため技術についていくためには新しいものに対して学習し取り入れていく力が必要となるのです。

もし適応力に自信がある場合には積極的に技術を学習してそのスキルを活用していくことができるでしょう。

日頃から新しいことに取り組むことが得意な方はそのスキルを活かしていくと転職で有利です。

マネジメント能力

マネジメント能力に自信がある場合には事業拡大を牽引していく人材となることができるでしょう。

プロジェクトのマネジメントを行ったり、事業全体を取りまとめたりする職種が特に向いています。

今までにマネジメント経験がある場合には、転職においてもこの能力を高く評価してもらえることでしょう。

どのような職種であっても業務を管理するマネジメント能力というのは活きます。

転職で積極的にアピールしていきましょう。

ポータブルスキルは日常業務で磨ける

スーツを着た女性

ポータブルスキルというのは決して特殊な環境下でしか育たないものではありません。

日常業務の中で磨いていけるものなのです。

特に以下のようなポータブルスキルは、日常業務で磨きやすいものとなっています。

この機会に是非、以下のスキルを磨いていくことを意識して日常業務を行っていきましょう。

目的を明確にし全体を読む力

日常業務を行っていく上で目的を明確にして、どうすればこの業務が成功するのかということを考えるようにしましょう。

そして目的が明確化できた場合には、それを成功に導くために全体を見渡すことが大切となります。

何故なら関わる人や状況によって成功までの道のりというのは変わってくるからです。

全体を読む力が身に付けば業務を成功に導くことができる確率も上昇していきます。

日常業務を行う上で、以上のことを意識するようにしましょう。

論理思考力

論理思考力というのはどのような業務においても重要視される能力です。

論理的に考えることによってその場面によって何が1番効率的であり的確な答えなのかを見つけ出すことができるようになります。

感情的にならず冷静に考えられるようになることで、業務の最適化が行えるでしょう。

1つ1つのことを妥協せず考え抜くことで最善を導き出すことができるようになるのです。

もし感情的になりがちな方は論理的に思考することを心がけるようにすると、転職でも役立ちます。

日常業務においても感情に流されないようにすることで論理思考力が伸びていくでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

ポータブルスキルを活用した実際の体験談

面接を受ける女性

実際の体験談として、社内での対応力が評価されて転職に繋がったケースがあります。

前職ではデザイン職だった女性は、社内に人が少なかったため、デザインに関する全工程に携わっていました。

そのため企画・立案からヒアリング、制作・入稿まで幅広くやっていた対応力が評価されたのです。

転職後にも同じデザイン職に就きましたが、今までの経験が認められすぐに実務を任されました。

このようにポータブルスキルをアピールすることによって人材としての価値を高く評価してもらうことも可能なのです。

これまでの経験を見直すことで、意外な部分が評価されることもあります。

そうしたスキルを見つけ出すためにはやはり自己分析が必須だといえるでしょう。

転職の不安は転職エージェントに相談しよう

面接

もし転職に対して不安を抱えている場合には転職エージェントに相談をしてみてはいかがでしょうか。

特にポータブルスキルを見つけ出すためには自己分析が必須となります。

自己分析した結果をどうやって選考書類の作成や面接に活かしていくのか。

そうしたことも転職エージェントに相談すれば明確にしていくことができるでしょう。

自分の人材としての強みを安心して打ち出していくためにも、エージェントを活用することを検討してみましょう。

きっと転職を成功に導いてくれるはずです。

まとめ

分析思考

今回は転職で有利になるポータブルスキルの活用方法について解説してきました。

多くの企業で重要視されるようになったポータブルスキルは、転職活動でも大いに役立ちます。

今まで培ってきたポータブルスキルを明確にする上で、自己分析というのは欠かせません。

転職をお考えの方は今までの業務経験を振り返り、培ってきたスキル・能力を明確にするようにしましょう。

また、もし自分の強みが何か迷ってしまった場合には転職エージェントへの相談を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

きっと転職活動の不安解消に繋がることでしょう。

この機会に是非、活用してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら