転職面接を受ける中で面接官との相性の良し悪しを感じることがままあります。

そんな中で面接官と今ひとつ噛み合わない時はどのような対処法が望ましいのでしょうか?

また、面接官の相性と企業との相性の関連性などについても見ていきましょう。

面接で注意すべきポイントをしっかり見極めて万全の面接対策を立てたいものです。

これから転職活動を行う女性の方は是非参考にしてみてください。

面接官と相性が合わない時の解決策

相性

面接官と相性が合わない時の解決策は様々ありますが、大事なのは「諦めない」ことです。

自分とうまく話が合わないと居心地が悪くなってしまい責められているように感じます。

しかし、会社の人事だってそんな就活生・転職者の心の内はお見通しです。

そこでいかに負けずにこれまで準備してきた普段通りの自分を出すことが出来るかが鍵を握ります。

面接官との相性が悪いからという理由で不採用になることはまずありません。

入社して共に仕事をするようになれば相性の合わない人とでも仕事をしないといけないのです。

そうした対応力を見られていると思えば、別段恐れる必要はないでしょう。

面接官と相性が合わないと感じる理由や原因

それでは面接官と相性が合わないと感じる理由や原因は何なのでしょうか?

ここでは具体的にその理由を掘り下げて面接官との相性に関する不安をなくしましょう。

人として相性が合わない

嫌い

相性が合わないと感じる1番の原因は人としての性格面での相性にあります。

面接では決められた質問がメインで共通の話題も見つけにくく圧迫面接のようになりがちです。

また面接官の中にはアピールや経験などを全否定してきたり絶望させることもいったりします。

「仕事はそんな甘いものじゃない」「現実を見ろ」という面接官はごまんといるのです。

しかもそれだけではなくいかに自分が苦労してきたかということを語る面接官もいるでしょう。

就活生や転職者に対して高圧的な態度で臨んでくる面接官はこのタイプが多いものです。

どんなに頑張っても上から押さえつけられると全否定されたように感じられます。

ずれた回答で面接官の反応が悪く見える

答え

2つ目は自分がずれた回答をすることで面接官の反応が悪く見えることです。

場合によっては「今のは答えになっていない」と否定されることもあります。

緊張感のある中で熱心に質問に答えても反応が悪いと暖簾に腕押しだと感じられるでしょう。

これが単なる面接官の性格であれば特に問題はありませんが、問題は回答に原因がある時です。

どんなに素晴らしい回答をしても、それが面接官の求めるものと合致しなければ意味がありません。

その場合は面接官ではなく自分側に原因があるので気をつけてください。

相性の合わない面接官かどうかは運次第

運

相性の合わない面接官かどうかは結局のところ運と縁次第としかいえません。

面接官の相性はそのまま企業との相性に繋がることが大半です。

そのため面接の時に抱いた違和感は入社後も尾を引くことがあります。

面接官は就活生・転職者にとっては会社の「」として出てくるのです。

したがって会社の社風・理念を体現したような象徴的な人物がタイプや適性を判断します。

どんなに頑張っても合わないのであれば、それは運や縁がなかったと思ってください。

会社は決して1社ではないのですから、思考を切り替えて自分に合う会社を探すことが大切です。

相性が合うように感じても要注意な面接官もいる

笑顔

相性が合わない面接官とは逆に相性が合うと感じる面接官も中にはいるでしょう。

就活生・転職者から見ると表面上は「いい人」に感じられ相性が合うように感じるかもしれません。

しかし、それは完全な罠であり決して気を抜いて不要なことを長々と話さないでください。

面接官の役割はあくまでも企業に適した見込みのある人材を見抜いて引き抜くことです。

顔は笑っていても目は笑っておらず、愛想の良い対応は他の人に対しても同じようにしています。

寧ろ採用の可能性がない人はお客様として丁寧に扱い気持ちよく帰ってもらうこともあるのです。

相性の良し悪しはこのように面接官の表面上の反応だけでわかるものではありません。

面接はあくまでも人生を賭けた真剣勝負であり遊びではないので油断せず行いましょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


面接官と相性が合わないと感じた時の対処法

それでは面接官と相性が合わないと感じた時にはどのような対処が望ましいのでしょうか?

ここでは圧迫面接でも持ち堪える方法について解説します。

気にせずアピールしよう

アピール

面接官との相性が悪いと感じても、とにかく最後まで粘ってアピールを続けてください

変に人目を気にして面接官の受けが良いことをいおうとしなくて良いのです。

相手の求めるものに答えることは大事ですが、相手に全てを合わせる必要はありません。

寧ろ面接官を自分のペースに巻き込む位の勢いで明るくアピールしましょう。

中には就活生や転職者にボロを出させるために意地悪な質問や指摘をする面接官もいます。

しかし、そういう質問に対しても事前に返答を用意しておけば乗り切ることが可能です。

その回答をしたことによる質問への返し方も含めて模擬面接で徹底反復しましょう。

合わないと感じた時こそ丁寧に

丁寧

話を全否定されるとまるで自分の人格までもが全否定されたかのように感じられます。

しかし、ここで評価されているのはそうした理不尽なクレームへの対応力です。

営業やサービス業など人と接する仕事では気難しい人や一筋縄ではいかない人もいます。

そうした人が目の前に現れた時に冷静さを欠くことなく対応できるかどうかが大事です。

逆にいえば、そうした壁や逆境を乗り越える力が試されていると思ってください。

合わないと感じた時こそ真摯かつ丁寧に対応することで精神力のある人だと評価されます。

面接官も人間ですから表面上厳しく見えてもしっかり見るべきところは見ているのです。

企業分析をしっかりしておこう

分析

面接以前に会社のホームページなどを見て企業分析を徹底して行ってください。

その企業分析に深みを出すためにはその会社だけを見れば良いわけではありません。

関連会社や市場などはもちろん何よりもどの層をターゲットにしているかを見ましょう。

そうすることである程度その会社の立ち位置や特色が相対化されてくるはずです。

そのように見ていくことで自分がなぜその企業を目指すのかも分かるでしょう。

またリサーチを深めていくと入社後にその会社で働くイメージも持ちやすくなります。

面接官に多少きつい質問をされてもブレない軸を作るためには事前の企業分析が大事です。

面接対策を徹底して選択肢を複数用意しよう

面接

友人や知人など頼れる人に頼り面接対策を徹底して選択肢を複数用意しましょう。

面接本番にならなければどのような質問が出てくるか分からないものです。

どんなに準備していたとしても想定外の質問や横槍が入ることは往々にしてあります。

その為1つの質問に対して常に違う角度の回答や選択肢を複数用意しておいてください。

手数や武器は多いに越したことはなく、その状況に応じた適切な返しができることは大切です。

そのためにも普段から練習を行い語彙を充実させておくと圧迫面接でも堂々と対応できます。

 

無料転職相談をして憧れの企業に転職しよう

 

面接で注意すべきポイント

面接で注意すべきポイントははたしてどこにあるのでしょうか?

相性の合わない面接官との面接への対処法をここではお伝えします。

態度や表情に出さないようにしよう

態度

まず面接官との相性が合わなかったとしても態度や表情に出さないてください

そのような態度は面接官にすぐ伝わってしまい見抜かれてしまいます。

面接官はあくまで会社の「門番」なので慎重に適性や人間性を見ているのです。

そういう怪訝な態度が向こうに伝わってしまうとその時点で落とされてしまいます。

だからこそ常に面接官に対しては敬意を持って接することを忘れないようにしましょう。

自信を失わないようにしよう

仮に面接官が圧迫面接を行い否定してきたとしても自信を失わないようにしましょう。

面接官も決して好きでこのような憎まれ役を買って出ているわけではありません。

苦楽を共にする仲間である以上遊びではないのですから判断や態度も厳しくなります。

逆にいえばそういう面接官が出て来た時は成長のチャンスだと思ってください。

逆境の中においてこそどれだけ自分を冷静に客観視して対応できるかが大切です。

たった30分〜1時間の中で人間性の全てを見抜けるわけがありません。

そう思って大胆不敵に構えて対応していけば大丈夫です。

面接官と相性が合わない時に企業との相性を見極めよう

面接官と相性が合わないと感じる時にこそ企業との相性はわかるものです。

ここでは面接官の相性と企業の相性の相関性を説明します。

相性が合わないと感じた人が上司になる可能性

上司

相性が合わないと感じた面接官が上司になる可能性はもちろんあります

特に人数の少ない中小企業だとその可能性は余計に高いでしょう。

その場合はできることなら入社を避けた方がいいかもしれません。

転職面接の場合は社会人としての経験値がある分面接官との相性が見えやすくなります。

意地悪な面接官が上司になると、それだけでうまく行かなくなる可能性があるのです。

面接官に応募者を選ぶ権利があるように応募者にも会社を選ぶ権利はあります。

この辺りは慎重に見極めてどうしてもダメなら避けてくださいね。

対応力を見るために「わざと」の場合も

チェック

相性が合わない面接官の中には対応力を見るために演技でそうしている可能性もあります。

上記したように営業やサービス業ではいい人ばかりを相手にするわけではありません。

また、社内の人間関係でも合う人と合わない人という相性の問題はどこにでもあるものです。

大事なのは多少相性が合わない人でもどう折り合いをつけて付き合っていけるかにあります。

また、わざと厳しくする面接官はその行動・言動の意図が明確で筋が通っているものです。

だからこそ多少なり嫌われ役になったとしても部下からは尊敬されます。

面接官との相性を見る時はその人が筋の通った厳しさを持った人かどうかを見極めてください。

面接官と相性が合わなくても内定はもらえる

面接官との相性が合わなくても内定をもらうこと自体は可能です。

ここでは具体的にその意味について解説していきましょう。

面接官も応募者を見極めようとしている

評価

面接官はあくまでも応募者の適性や人間性を見極めようとしているのです。

何度も述べて来たように面接官だって好きで憎まれ役を買うのではありません。

その人がきちんと自社の理念を理解・共感した上でどれだけ貢献してくれるのか?

そこを1番重視しているのでそこで揺らがない精神力があるのかが大事です。

厳しくされたとしてもそれは期待の裏返しである可能性もあります。

いずれにしても合否判定が出るまではその真意はわかるものではありません。

余計なことに気を揉まず目の前の面接をしっかりこなしていくことを考えましょう。

相性が合わないだけでは不採用にならない

不採用

相性が合わないという理由だけで不採用になることはまずありません

多少なり相性が合わない人とでも仕事はできますし関係性も作ることはできます。

大事なことは私情を挟まずに結果にこだわって仕事ができるかどうかにあるのです。

その面接官や企業と100%相性が合うなどという人はそうざらにいるものではありません。

むしろ入社後きちんとその会社のカラーに自分を合わせてくれるかが見られています。

そのあたりの可能性を面接の受け答えから総合的に判断しているのです。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


相性が合わないと感じても冷静でいられる面接練習をしよう

冷静

相性が合わない面接官であっても徹底した面接練習や場数を踏めばその苦手意識は克服できます。

結局のところ面接はどれだけ場数を踏んだかが最終的に物をいうのです。

だからこそ模擬面接を何度も行い冷静でいられるように鍛えてください。

面接官の質問の意図に気づきこういう答えが求められていると分かれば何も怖くありません。

試行錯誤を繰り返しながらどんな面接官が来ても大丈夫なようにしておきましょう。

転職活動は転職エージェントを活用しよう

転職エージェント

転職活動を行う上で圧迫面接や相性が合わない面接官への対処法が見えない時があるでしょう。

そういう時は思い切って転職エージェントに相談しアドバイスをもらってください。

プロの見地から面接官が否定するような話し方や厳しい質問をする意図を教えてくれます。

また、模擬面接はもちろんのこと面接官に伝わる言葉選びなど転職活動の問題が明確にわかるのです。

借りられる力は積極的に活用して是非とも理想の転職活動にしてください。

まとめ

面接官

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では面接官との相性が合わないと感じたときの対処法を細かく解説してきました。

確かに面接官に圧をかけられ否定的にいわれると自信喪失してしまいがちです。

しかし、それは決して意地悪でそうしているわけではありません。

そういう面接官も中にはいますが、多くの場合適性を見抜くための演技です。

表面的な態度に惑わされず徹底した企業分析と面接対策を行ってください。

そうすれば自ずと勝利の女神は微笑み、憧れの企業に転職できるのではないでしょうか。

本稿が少しでも転職活動のお役に立てれば幸いです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!