就活・転職活動において内定辞退を経験することもあるでしょう。

もしその内定辞退した企業を再応募したくなった場合、それは果たして可能でしょうか?

今回の記事では内定辞退後の再応募について交渉や成功事例を含めて調査します。

内定辞退者が採用担当者に認めてもらうための方法も紹介していきましょう。

万が一内定を辞退して公開している女性の方がいましたら、是非参考にしてください。

Contents

内定辞退後の再応募が可能か調査

可能性

まず結論から述べますと、内定辞退後の再応募自体は可能です。

メールなり書類なりを送るだけならば誰にでもその資格はあります。

しかし再応募ができることと内定が再び取れることは全くの別問題です。

一次面接から受け直すことになりますし、再応募なのでハードルは当然上がります。

また、仮に再応募できたとしても既に募集が終了している可能性もあるのです。

転職活動のタイミングは基本的に一期一会でチャンスはその時にしか来ません。

それくらい難易度の高いことであるということを自覚してください。

内定辞退後の再応募に関する面接官の印象

内定辞退後に再応募する時面接官はどのような印象を抱くのでしょうか?

ここでは採用担当者側の気持ちを解説します。

マイナススタートの可能性が高い

マイナス

一般的には冒頭でも書いたようにマイナススタートの可能性が高いです。

少なくとも好印象を持つ方はあまり居ないと思われます。

考えてみれば当然の話であり、企業側の気持ちを想像してみてください。

会社は将来を担う人材が欲しいからからこそ選考に時間をかけて内定を出し準備します。

そんな会社の思いを内定者の自分勝手な判断によって断ってしまうのです。

企業側には内定辞退を拒絶する権利はないので、そこは内定者に自由があります。

しかし、自由に決められるということはそれだけの責任が伴うものです。

自分1人の問題ではなく会社全体の問題であるという自覚を持ちましょう。

以前に内定を出したことがプラスになる場合もある

プラスとマイナス

1度内定を出したことがかえってプラスに作用するケースももちろんあります。

それは余程面接官の印象に残った人か内定辞退を丁寧に行った人の場合です。

今はどの業界も売り手市場であり、人材不足が深刻化しています。

その為1人でも多く活躍できる優秀な人材が欲しいのが採用担当者の心情です。

しかし、こういうケースは余程のことがない限りまずありません。

またそういう人であっても内定辞退によって会社側の信頼を壊した事実は変わらないのです。

その事実をきちんと受け止めて真正面から丁寧に対応していくようにしてください。

内定辞退後に再度交渉することはできる?

それでは内定退職後に再応募する場合の交渉は可能なのでしょうか?

ここではその可能性について具体的に解説します。

募集していれば再応募可

応募

内定辞退した企業がその後も募集していれば再応募自体は可能です。

しかしその場合は内定承諾をせずに辞退した場合に限られます。

内定承諾後に辞退してしまうともう再応募はできません。

仮に再応募したとしてもエントリーの段階で弾かれてしまう可能性があります。

だから、内定辞退する時はもう受けられない気持ちで臨みましょう。

会社によっては応募できない場合も

会社によっては再応募を受け付けていない企業も当然あります。

上記したように再応募しようと思った頃には既に募集が終了していた場合です。

その他募集をかけていても全くの別枠だった場合応募できなくなるでしょう。

また採用規則で内定辞退者に再応募できない期間を設けているところもあります。

表に出回っていないだけで、そういうルールを設けている会社もあるのです。

だからこそ、その会社に再募集をしたいのであれば事前にきちんと確認してください。

それくらい内定辞退後の再応募は多大なリスクをはらんでいるものです。

基本的に選考は受け直し

受け直し

仮に交渉が上手く行って再応募できたとしても油断してはなりません。

その場合基本的に選考は最初から受け直すことになります。

面接の際に聞かれる質問のハードルも上がるので用意周到な準備をしておきましょう。

企業側は「なぜ1度辞退したのに再び受けるのか?」という理由を最も知りたいのです。

その疑問に対して納得の行く回答ができないと認めてもらえません。

内定辞退によって壊した信頼・信用を取り戻すのは簡単ではないのです。

本気でその企業に行きたいという信念を持って面接に臨んでください。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

内定辞退後に再応募する方法は?

それでは内定辞退後その企業に再応募する方法は何があるのでしょうか?

以下3つの方法をお伝えしますので是非参考にしてください。

メール

メール

最も一般的な手法はメールによる再応募です。

インターネット環境の発達によりエントリーをメールで受け付けている企業が増えています。

その為再応募するならまずはメールで行うのが一般的かつ無難です。

しかし、内定辞退者であることや再応募したいという趣旨をきちんと伝えておきましょう。

特に大事なのが上記の「なぜ辞退したのに再び応募するのか?」という理由です。

この部分をきちんと相手側に伝わる文章で丁寧に説明してください。

そこまできちんとフォローして初めて面接を受けさせてもらえるのではないでしょうか。

とにかく相手に対して粗相がないような文面にすることが大事です。

電話

電話

電話で再応募する場合は採用担当者と直接の交渉ができるのが最大のメリットです。

またメールと違い感情のこもった生の声なので内定辞退の理由なども伝わりやすくなるでしょう。

しかし採用担当者を会社の人は内定辞退者にあまり良いイメージを持っていません。

そのため無下に扱われることもありますし、最悪の場合門前払いを食らうこともあります。

それに対しては決して感情に流されず冷静に建設的な話を行うよう心がけてください。

また門前払いを食らって再応募不可能な場合は固執せずに諦めて次を探しましょう。

手紙

手紙

今の時代にはあまりないかもしれませんが、メールや電話の他に手紙という方法もあります。

履歴書・職務経歴書とは別に内定辞退者であることや再応募する理由を書いてください。

手紙の何がいいのかというと「手書き」であるというところでしょう。

電子メールが普及して多くのものがデジタル化している時代にアナログな手法なのがいいところです。

ゆっくり時間をかけて書かれたお手紙はまた企業にとっても格別ではないでしょうか。

もちろん手紙を書いてもその思いが伝わらず門前払いを食らうこともあるでしょう。

しかし何もしないよりはやるだけのことをやって、それでもダメだったら諦めてください。

一概にどの方法がいいとはいえませんが行動に移せる時点で十分素敵です。

内定辞退の謝罪の気持ちは伝えよう

謝罪

どの方法で再応募するにしても1番に伝えるべきは内定辞退の謝罪の気持ちです。

再三説明していますが、内定辞退は企業側にとって大きな損失になります。

単なる合否判定ではなく、この人に会社を牽引してほしいという将来性に対する投資です。

人件費や教育費をはじめ様々なコストを採用した人材に対してかけています。

採用担当者だけではなくその会社の社長や先輩社員など様々な人が関わっているのです。

要するに企業の出す内定とはそれだけの重みがそこに乗っかっています。

内定辞退は企業に関わる全ての人たちの期待を一瞬で裏切る行為であることを肝に銘じてください。

再応募を成功させるための事前準備のポイント

それでは再応募を成功させるにはどうすればいいのでしょうか?

ここでは具体的な事前準備のポイントを解説します。

企業側の気持ちを理解しよう

気持ち

まずは冷静に企業側の気持ちを理解していることを示すことです。

事情がどうあれ内定辞退によって企業側の期待を裏切ったことに変わりはありません。

そんな不義理を起こした応募者と再び面接したいという企業は少ないでしょう。

だからこそその気持ちをしっかり汲んで誠意を見せることが大切です。

とにかく大事なことは平身低頭の謝罪と信頼回復に努めることにあります。

この辺りがきちんと出来てやっと再応募できるかどうかが決まるのです。

険しい道のりではありますが、再度内定をもらうには信頼回復しかありません。

再応募したい企業の募集状況をチェック

次に再応募したい企業の募集状況を細かくチェックしてください。

もしかしたら全く違うポジションの募集かもしれません。

その場合は再応募しても採用してもらえる可能性はほとんどないでしょう。

最初の面接と同じポジションである場合まだ募集が終わっていないかもしれません。

その時は再度受けられる可能性もありますので前向きに考えて準備しましょう。

また、求人は出ているもののもう募集自体は終わっている企業もあります。

その辺りの細かい求人情報を掴んでおくことで無駄なことをせずに済むのです。

再応募を成功させるための面接対策のポイント

これまでの解説を踏まえて再応募を成功させる面接対策のポイントを解説しましょう。

果たしてどういったところに気をつければ再応募が成立するのでしょうか?

内定辞退をした理由を明確にしよう

なぜ

まず内定辞退をした理由をきちんと明確にしてください。

その際に大事なのは「なぜ再応募してまでその会社に行こうと思ったのか?」です。

このハードルをクリアしない限りまず再応募のチャンスがもらえることはありません。

1番いけないのは「他の会社も受けていてそこが不採用だったから」というパターンです。

消去法で仕方なく再応募にやってきた自分勝手な人という不快な印象を与えてしまいます。

逆に他の会社も受けた上で総合的に判断してもう1度その会社で働きたいからという理由です。

その場合はきちんと客観的に判断して慎重に選んだ丁寧さ・真摯さが伝わるでしょう。

志望動機を再度考えてみよう

動機

そしてこれが最も大切ですが、改めてその会社を目指す志望動機を熟慮することです。

当然ながら最初の面接で述べた志望動機を同じ手法で使うことはできません。

内定辞退をした理由と関連させた志望動機として再構築してください。

そうすることによって再応募する理由が明確になるのではないでしょうか。

またこの際にきちんと企業側の心情や気持ちを気遣っていることを示しましょう。

その上で再応募する志望動機を述べることができれば再度内定をもらえる確率が上がります。

何が何でもその企業でなければいけないんだということをアピールしてください。

内定辞退後の企業へ再応募した成功事例

成功

実際に内定辞退後の企業へ再応募して見事内定をいただいた成功事例はあります。

金融機関向けのITコンサルタントからリスク管理監査法人に転職した男性がそれに該当します。

その方は複数の会社から内定を頂きましたが、現職残留の結果1度は内定を辞退しました。

しかし、現職残留した結果あまり芳しくない現状に後悔し転職を決意しその会社へ再応募しています。

自分の置かれた状況転職希望する会社への熱意を伝えたところ見事に内定を勝ち取りました。

このように、正直に現状を話して再応募する理由や熱意を話せば再応募でも成功することがあるのです。

何事もやってみなければ分からないし、行動に移さなければ何も変わりません。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

内定辞退後の再応募でも諦めずに挑戦しよう

挑戦

このように内定辞退後の再応募であってもやり方や状況次第では十分採用の可能性はあります

相手側の企業だって人間ですから、きちんと話をすれば理解・共感を示してくださるでしょう。

ただし、内定辞退によって1度は信頼を壊していることを忘れないでください。

またその再応募する企業の募集がきちんと同じ条件であるかなど下調べを徹底することです。

これらを忘れずに謙虚に真摯に臨むことで閉ざされたはずの道が開けるかもしれません。

人生何かをやり直すことに遅すぎるということはないので、希望する方は是非実践してみてください。

内定辞退後の再応募は転職エージェントを活用しよう

コンサルタント

ここまで内定辞退後の再応募に関して説明してきましたが、1人で行うとハードルが非常に高いです。

そこで是非転職エージェントを有効活用することをおすすめします。

転職エージェントを介することでより企業側のその気持ちが伝わりやすくなるのです。

上記の成功事例も1人で成功させたのではなく転職エージェントの助力によって成功しました。

もし内定辞退後にその企業へ再応募したい時は1度転職エージェントへ相談してみてください。

現状分析から内定をいただくまでの道筋・戦略がかなり明確になります。

まとめ

採用

いかがでしたでしょうか?

今回は内定辞退後の再応募に関して細かく解説してきました。

内定辞退によって1度壊した信頼を取り戻すのは簡単なことではありません。

しかし大事なことはそこで諦めずにもう1度再応募ができないかを検討することです。

非常に厳しい勝負となりますが、内定を頂いたときの喜びは何物にも代え難いでしょう。

本稿が少しでも再応募で内定を頂きたい人の助けや参考になれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら