転職面接では、志望動機などに加え前職の退職理由などの質問が一般的です。

面接に向けた準備を完璧にしていても、予想外の質問に頭の中が真っ白になることもあるのではないでしょうか。

そんな意図が不明な質問だと感じても、面接官はきちんとした理由があって質問しています。

転職面接で、質問意図がわからない場合はどう対処すべきなのでしょうか。

どうしても答えが浮かばない時の対処方法や、女性ならではの切り抜け方をご紹介します。

本番であたふたしてしまわないように、意図の不明な質問への対処法を身に着けておきたいものです。

Contents

転職の面接で質問の意図が分からない場合の対処法を解説

悩み

書類選考を通過し面接へと望むわけですが、面接は誰しもが緊張してしまうものです。

失敗しないように対策を練り、志望動機や転職理由を考え抜きます。

しかし時には、完璧に仕上げたはずの面接の受け答えが、一瞬で乱されてしまう場合もあるでしょう。

どんな意図があるのか分からないような「意図が不明の質問」です。

言葉に詰まったり、適当に答えてしまったという人も中にはいるのではないでしょうか。

しかし、この質問は隠れた意図を持っているものなのです。

どんな意図が隠されているのか、どう答えるのが正解なのか、これから詳しく紹介していきます。

質問の意味が分からない時

クエスチョンマーク

予期できない質問の中には簡単に答えられるものと、逆に答えを出すのが難しいものとが存在します。

質問内容に関してもすぐに理解出来るものと、意味が理解出来ないものがあるはずです。

そんな質問に出会ったら、冷静に下記の受け答えをしていきましょう。

素直に聞き返す

転職面接時は緊張状態の為に、通常の思考が難しいのではないでしょうか。

よく考えれば簡単なことでも、緊張のせいで質問の意味すら理解出来ないこともあります。

そんな時、必死に答えようとしてトンチンカンな答えを出してしまうのはNGです。

何を聞かれているのか理解出来なかった時は、勇気をもって素直に聞き返しましょう

面接官によっては、再度少し嚙み砕いて質問をしてくれます。

質問に答える行為もコミュニケーション力のひとつです。

分からないまま答えてしまうと、質問の意図とかけ離れた答えになってしまいコミュニケーションスキルが低いとみなされます。

知ったかぶりをしない

転職面接は、自分の良さをアピールする場でもあります。

とはいえ、自分の実力以上のものを披露しようとするのは失敗の元です。

多くの人がやりがちなミスのひとつに、面接官の質問に対して知ったかぶりの回答をしてしまうことがあげられます。

よくわかっていないことや、勉強不足で理解出来ていないことを「知ってる」と見せかけ回答してしまうのです。

当然のことながら、面接官はその嘘を見破ることが出来ます。

知ったかぶりというのは、嘘をついているということに繋がってしまうので人間としての信頼度を落としてしまいます。

「勉強不足で…」などの言葉をつけ、質問の意味が理解出来ていないことを素直に謝るのも好印象を与えるきっかけとなります。

実は人となりをみるために、わざと理解出来ないような質問を投げかけてくる場合もあるのです。

質問の答えが浮かばない時

面接官

例え質問の意味が理解出来ても、答えがなかなか浮かばないこともあります。

時には「当社における社会的な責務は、何だと考えますか」など、すぐにまとめるのが難しい質問をされることもあるでしょう。

また「自分の欠点を客観的に分析してみて下さい」など、自分のマイナスな部分を引き出される場合もあります。

更に「例えるなら、あなたは何の動物ですか」といった、全く無関係に思える質問をされることも…。

質問の答えがすぐに出てこない時は、下記の対応を心がけましょう。

「分かりません」と即答するのはNG

上記では、質問の意味が分からない時の対応として素直に申し出る、という対応方法をあげました。

しかし答えがすぐに思いつかない場合は、「分かりません」と即答するのは避けるべきです。

考えもせずに諦めた、という印象を与えます。

難しい質問でも、心を落ち着かせて再度考えてみましょう。

その際に「少し、お時間を頂けますでしょうか」などの言葉をかけておきます。

転職面接は、コミュニケーションスキルを判断する場であることを念頭に入れておきましょう。

真剣に考えていることをアピールする

答えを出すのが難しい質問をされた時、多くの人はじっと考え込みます。

一般的に右利きの人は、言葉を考える時に右側に視線を向けるといわれています。

経験豊かな面接官なら「今考えているな」と察してくれるかもしれません。

しかし、沈黙が続くことになるのは避けたい事態です。

困って黙り込んでしまったのか、と取られることもあるでしょう。

ここで大切なのは、難しい質問に対して解決しようとしている姿をアピールすることです。

困難を解決しようとする姿こそ、見せておきたいポイントといえるでしょう。

落ち着いた態度で対応する

緊張

転職面接で緊張するのは当たり前です。

そんな緊張状態の中、質問の答えが浮かばなかったら、心の中がパニックになってしまうかもしれません。

しかし、その心の内を表面化させないように深呼吸を入れ、出来る限り気持ちを落ち着かせます。

難しい質問であることを、面接官は十分承知しているのです。

プレッシャーを受けた時の、受け答えも、みられています。

動揺し視線が泳いでしまったり、不安な顔になったりしていませんか。

考える時間をもらっても答えが出ない場合は「勉強不足で分かりません、帰宅後に再度調べます」といった言葉を続けましょう。

考えて分るか否か自分で判断し、分からなかった場合の回答の仕方をマスターしておけば怖がる質問はありません。

あくまでも、落ち着いた態度で対応出来るようにしておきたいものです。

答えに困って無言になるのはNG

質問の答えに困った時に、一番避けたいのは無言になってしまうことです。

対応力がない、プレッシャーに弱いなどの低い判定を出されてしまうでしょう。

大切なのは伝える力です。

今自分が考えているという意思表示を、しっかりと伝えておくべきです。

面接官は、すぐに答えられないことを責めている訳ではありません。

知識をみるための質問ではない、ということを忘れずにいれば過度に緊張をすることもないはずです。

無言になって固まらずに、適切な言葉を選びましょう。

実際にどんな質問をされるのかなど、転職についての不安は無料の転職エージェントに相談してはいかがでしょうか。

  目的のわからない質問をする面接官の意図は?

注目

面接官は、意味もなく質問をしている訳ではありません。

意図が不明の質問には、どんな目的が隠されているのでしょうか。

コミュニケーション能力を見る

仕事を円滑に進めていく為の基礎力ともいえるのがコミュニケーション能力です。

繰り返しますが、面接はコミュニケーション力を発揮する場ともいえます。

自分が分からないことをどのように告げて来るかなど、人対人のコミュニケーション力を確認しています。

だからこそ、沈黙は避けるべきなのです。

柔軟な対応力があるか見る

ガッツポーズ

質問の中には、全く想定出来ないようなものもあります。

その目的は対応力を確認する為です。

突然の出来事に冷静に対応出来るか、機転を利かせることが出来るかなどをみています。

仕事では、想定外のトラブルが発生することもあるでしょう。

そんな場面でどう対応するか、確認されているのです。

動揺せずに、落ち着いて対応出来る姿をみせましょう。

人柄を見る

企業側は採用に関して、人柄も重要視しています。

しかし面接は、用意周到に作り上げてくる応募者が大多数といえるでしょう。

そこで面接官は、応募者の本当の人柄を知るために面接前にアイスブレイクなどを用います。

同じように応募者の人となりを知るために、目的が不明と感じる質問を突然投げかけるのです。

だからこそ、分からない時も知ったかぶりをせず正直に答えることが大切です。

質問に回答する際の女性ならではの考え方

指をさす女性
女性は、コミュニケーション力が高いといわれています。

だからこそ意図が分からない質問をされたら、自己アピールのチャンス到来です。

答えられる範囲で回答する

難問と思えるような質問をされた場合、自分が分かる範囲で答えましょう。

「詳しくは分からないのですが」など言葉を付け加え、答えを出せるところまでを正直に伝えます。

上記したように、知ったかぶりの態度をとるのはNGです。

難問の質問をした面接官は、必ずしも完璧な答えを求めている訳ではありません。

どのようにその質問に取り組むか、どのように言葉を返してくるかをみているのです。

考える時間をもらう

時計

とっさに答えが出てこない時や、考えが上手くまとまらない時は考える為の時間をもらいましょう。

黙り込んで考えずに、一言添えて答えを待ってもらいます。

質問に対してじっくりと取り組む姿は、仕事にも繋がり好印象です。

「考える時間が欲しいのですが、お時間を頂いても大丈夫ですか?」と女性ならではの気配りも添えたいところです。

自分なりの考えを述べる

企業内部のことについてどう思うか、などの質問は答えにくいものです。

自分の熱い思いを伝えようとするあまり、出過ぎた回答と取られてしまうケースもあります。

答えることが難しいと感じた時は「自分はこのような認識を持っています」など、謙虚さを持って回答しましょう。

正解は何かを考え込む必要はありません。

面接官へは、自分がどのように思っているのかを素直に伝えます。

面接官の意図を汲み取るコツを紹介

ひらめき

面接官は応募者の何をみて、どう判断しているのか。

意図をくみ取ることが出来れば、不要な緊張をしなくて済むのではないでしょうか。

上記にも記しましたが、面接官は必ずしも正しい答えを期待している訳ではありません。

仕事の基礎となるコミュニケーション力や、判断力、対応力などを総合的にみています。

意図を読み取るコツとして、質問の傾向に着目してはいかがでしょう。

自分の欠点や自分の過去のミスなど、マイナス面の質問は自己判断がきちんと出来ているかが焦点です。

難解な言葉で理解出来ないような質問をされた場合、対応力人柄などが問われています。

またよくある質問として「面白い話はありますか」というものがあります。

こちらは、ストーリーを論理的にそして簡潔に伝えられるかなどが判断されるのです。

面接官が何を目的としているのか知る為には、その質問の傾向を研究し対策を練っておきましょう。

質問に答えられないからと言うだけで不採用にはならない

内定の案内書

質問には完璧な答えを出さなければならない、というわけではありません。

面接官が見ているのは質問に対処する態度

想定外の質問をする場合、大半は応募者の反応を確認しているといえるでしょう。

分からないとすぐに投げ出すのか、じっくりと考え抜くのか、仕事へ対する態度にも直結してくるからです。

確かな答えを出せなくても、問題に取り組む姿勢が重要視されるでしょう。

また、今は分からないけれど帰宅後調べる、といった向上心を伝えることで伸びる人材であると判断されることもあります。

誠実に分からないと認めることも必要

面接官は、意図的に答えられない難問を持ちかけることも少なくありません。

応募者にとっては冷や汗が出る瞬間ですが、答えられなくて当然の質問もあるのです。

時間をもらいじっくり考えても答えが分からない時は、分からないということを素直に伝えましょう。

仕事において分からないことを分からない、と言える力も大切な要素です。

質問の意図ばかり気にしすぎないことも大切

質問と答え

これまで記述したことと矛盾した意見になりますが、面接時に質問の意図ばかり気にしていると逆効果になることもあります。

「この質問の意図はこれだから、好印象を与えるように答えよう」

そんなことばかりを考えていると、徹底した準備が裏目に出てしまい嘘っぽい人物像になってしまうことも。

質問の意図を知るのは、あくまでも緊張せずに普段の自分を出せる為です。

質問に真摯に向き合い、正直に答えるということを大前提として向き合っていきましょう。

面接の対策をしたいなら転職エージェントに相談してみよう

初心者マーク

転職面接時には、予期しない質問をされることも少なくありません。

企業によって求める人材が異なるように、面接時の対応の仕方も変わってきます。

緊張を少しでも減らすために、転職エージェントに相談をして面接対策をしておくことをおすすめします。

落ち着いた気持ちで転職面接に臨みましょう。

まとめ

スーツを着た女性

面接時に思いもよらぬ質問をされたら、一気に緊張が高まります。

しかし、難しい質問をされた時こそ自己アピールのチャンスです。

面接はコミュニケションの場です。

女性ならではの高いコミュニケーション力を活かし、悔いのない受け答えをしてきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら