面接官は応募者の人柄や特徴を知るためにありとあらゆる質問をします。

その中の1つとして「自分を動物に例えると?」と質問されることがある人も多いでしょう。

今回は自分の特徴に合せた動物の選び方や面接官に好印象を与える回答をご紹介します。

Contents

面接の「自分を動物に例えると?」の答え方

質問と答え

面接で自分を動物に例えると何か聞かれたときは以下の3つのポイントをセットで回答するようにしましょう。

  • 動物の名称
  • なぜその動物を選んだのか
  • その動物と自分のどこが似ているのか

面接官は単に応募者と外見や性格が似ている動物が知りたいわけではありません。

面接官は動物に興味があるのではなく、応募者がその動物を選んだ理由や根拠が知りたいのです。

面接官の質問にはすべて意図があります。

面接官の質問意図を理解して、自己PRにつながる回答をしましょう。

面接官の質問意図は?

まずは「自分を動物に例えると?」の質問に込められた意図を解説します。

このような質問が出されても落ち着いて回答できるように事前準備をしておきましょう。

性格や特徴を自己分析できているか

女性、動物の頭蓋骨

面接官は質問を通して応募者が十分に自己分析をして自分の性格や特徴を把握しているのかをチェックしています。

自分に似た動物を答えるためには自分がどんな人間なのかを明確にしておく事が必要です。

自己分析をしっかり行い面接に臨む際は自身の長所と短所、そして特徴を簡潔に伝えられるように準備しましょう。

自己分析ができていれば、面接官は応募者が自分の価値観なども把握しており、その上で応募しているのだと判断できます。

それによって「思っていたのと違う」などの企業とのミスマッチを防ぐことができるのです。

また、自己分析を行うと「あなたの強みは?」や「自分を一言で例えると?」などの質問にも応用が出来ます。

どんな質問をだされても自分のことを分かりやすく自己PR出来るように分析しておくことは大切です。

変化球の質問に機転がきく対応力があるか

ボール、女性

面接官は応募者のコミュニケーション力や頭の回転の早さなどもチェックしています。

「自分を動物に例えると?」のような質問はいわば変化球的な質問です。

応募者の性格や特徴を知りたいだけならば「あなたの長所と短所は?」という質問でも良いはずです。

しかしあえて変化球の質問を出すことで、応募者が機転を利かせて回答できる人材なのか試しているのです。

思わぬ事態に臨機応変に対応できる柔軟性は、仕事に取り組む上で必要な能力でもあります。

面接に臨む際は思いがけない質問にこそ堂々と自信をもって回答できると面接官に好印象を与えることが出来るでしょう。

どんな質問にもスムーズに回答できるよういろんな場面を想定して面接の準備をすることが大切です。

論理的に説明することができるか

パズル、ハート

論理的に説明することができるかも面接官がチェックしたいポイントの1つです。

面接官に分かりやすく伝えるためにも論理的な会話ができるよう訓練しておく必要があります。

面接では短い時間で簡潔に回答するスキルが求められますので以下のことを意識して回答してみましょう。

  • 結論から述べる
  • 結論のあとに理由を述べる
  • 具体的なエピソードを添える
  • 志望動機や自己PRにつながるようまとめる

上記のポイントは簡潔に分かりやすく話す時に役立つPREP法を使用しています。

要点→理由→具体例→要点の流れで回答をすることで、面接官に分かりやすく信憑性のある回答が出来ます。

面接官の質問に回答する際は文章構成も意識して話すようにしましょう。

 

ワンポイント
面接官の質問意図を理解して回答を作成しましょう。

多くの人が選ぶ代表的な動物

多くの応募者は面接で「自分を動物に例えると?」と質問された際に犬や猫などの身近な動物に例える傾向があります。

では実際に犬や猫に例えた場合にどんな自己PRができるのかを確認しましょう。

応募先企業の業種と自分の自己PRを照らし合わせて、面接官に響きそうな要素を伝えることが大切です。

自分を「犬」に例えた時の自己PR

犬、女性

犬は協調性や社交性、素直さなどをアピールしたい人に当てはまる動物です。

犬の特徴として代表的な具体的性格としては以下が考えられます。

  • 素直で従順な性格
  • 人懐っこい
  • 団体行動が得意
  • 好奇心が旺盛

他にも番犬などは責任感がありますし、狩猟犬は獲物を狩る力を表現できます。

犬の特徴としてあげられる性格は、ビジネスにおいても必要とされやすいものです。

ただし会社によって求めている人材の性格は異なります。

会社に求められている人材に近い特徴と照らし合わせてアピールポイントを選ぶことも忘れないようにしましょう。

自分を「猫」に例えた時の自己PR

子猫

冷静さや判断力、芯の強さなどをアピールしたい人には「猫」が当てはまります。

猫の代表的な性格としては以下の特徴が考えられます

  • マイペースで自分の軸をしっかりと持っている
  • 心を開いた人には人懐っこい
  • 周囲の状況をよく観察し冷静に行動する
  • 好き嫌いがはっきりしている

他にも野生の猫であれば自立していることや狩猟能力が高いことなども表現出来ます。

しかし猫は群れをなさず協調性に欠ける生き物、という特徴も持っています。

協調性が求められる職種には適さない場合があるため、注意が必要です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

性格別動物の選び方をチェック

上記の犬や猫は回答する人が多いため、印象に残りにくい可能性があります。

周りと差をつけるためにはもう少し印象的な動物がおすすめです。

動物の性格別に以下の項目を参考に自分にあった動物を探してみましょう。

責任感なら「ミーアキャット」

ミーアキャット、家族

ミーアキャットは責任感の強さを自己PRするにはぴったりな動物です。

群れで生活する習性があり、群れのなかで個々のミーアキャットはそれぞれ役割を担っています。

餌を調達する係や子育ての係、そして見張り役などミーアキャットも人間のように役割分担をして生活をするのです。

それぞれが役割をこなさなければ群れが絶滅する可能性があるため、非常に責任感が強いといわれています。

面接官に責任感を自己PRしたい人は是非ミーアキャットを例に回答してみてください。

真面目さなら「ハイエナ」

ハイエナ

真面目さを自己PRするならハイエナに例えるのがおすすめです。

一般的にハイエナは他の動物の獲物を横取りする卑怯な動物のイメージがありますが、実はそうではありません。

実際は群れで協力して自分達で狩猟を行います。

狩猟の成功率は6割以上であり、陸上で狩りを行う動物の中でもトップクラスです。

狩猟をするときは獲物を疲れさせるまで追いかけることから非常にスタミナがある動物としても知られています。

さらに、獲物を獲得したら食べる順番や場所などもルールに忠実に行動しするため、仲間同士で争うことはほぼありません。

仲間が怪我したら手厚く保護したり群れの秩序を誠実に守るため、実は非常に真面目な動物なのです。

組織のなかでルールを守り仲間と協力して目標を達成するという特徴は企業で役立つ性質です。

面接官に真面目さを自己PRしたい人は是非ハイエナを例に回答してみましょう。

向上心なら「ラクダ」

ラクダ

向上心を自己PRしたい人はラクダに例えるのがおすすめです。

ラクダは背中にコブがあり砂漠で生活をする生き物として知られています。

実はラクダには現在の姿になるまで様々な進化を遂げている歴史があります。

砂漠という特殊な環境で生き延びるために、手足の先から頭の先まで砂漠仕様に進化をとげ、現在の姿があります。

蹄は砂漠の砂に埋もれないように、コブは栄養を蓄える貯蔵庫として、そしてまつ毛は砂が目に入らないように。

自分の置かれた環境を全身で受け止めて生きるための進化を続けるラクダは向上心の象徴的な動物ともいえます。

また、向上心だけでなく環境への「適応力」も優れている動物です。

自分の置かれた環境に対応する適応力を表現したいときにもぴったりの動物といえるでしょう。

継続力なら「カモノハシ」

カモノハシ

継続力を自己PRしたい人はカモノハシに例えるのがおすすめです。

ラクダとは対照的に、カモノハシは古代から変わらない生体を維持している動物として有名です。

多くの動物は環境の変化に適応していくために自分自身も変化していく中で、カモノハシは変わらない姿で生き続けています。

どんなに周辺の環境が変わっても自分自身の姿を変えず継続して同じものであり続ける姿は継続力のPRにぴったりです。
「環境に左右
されない力」
をアピールしたいときにもおすすめの動物といえるでしょう。

忍耐力なら「ナマケモノ」

ナマケモノ

忍耐力をアピールするならナマケモノに例えるのがおすすめです。

ナマケモノはじっと動かず仕事をしないイメージにつながるので注意が必要です。

ナマケモノを例に例えて回答するのであれば、ナマケモノの特徴をしっかりと面接官に伝えましょう。

ナマケモノは本来怠けているからじっと動かないのではありません。

じっと動かないのは自己分析をした結果、天敵から身を隠すための最適な手段として選んでいるのです。

自身の行動が他の動物にくらべて遅いことをしっかりと認識しているからこそ、忍耐強く木陰に潜んでいます。

自分の欠点を忍耐力で補っているというのがナマケモノに適した表現ではないでしょうか。

自分の弱点を忍耐力でカバーする力をアピールしたい人はナマケモノに例えるのも良いでしょう。

適応力なら「ラッコ」

ラッコ

適応力を自己PRしたい人はラッコに例えるのがおすすめです。

海で生活するラッコは道具を使って食事をしたり、寒さに適応する能力が高いという特徴があります。

水に浮く暖かい毛皮をまとっているのも、寒さや海に適応するために遂げた進化の1つです。

さらに海老などの甲殻類を食べるために石を使う知恵を持っており、いつでもその石を使えるよう持ち運べるポケットもあります。

これらは全て周りの環境に適応するために進化を続けてきた姿だといわれています。

ラッコはもともとイタチが水中に進出し進化した生態だと考えられています。

環境への適応力があったからこそ生存するラッコの歴史を考えると非常に適応力のある動物といえるでしょう。

 

ワンポイント
自分のアピールしたい特徴にあった動物を選びましょう。

「自分を動物に例えると?」の質問で好印象を与えるポイント

「自分を動物に例えると?」という質問に対し、他の応募者と似たような回答をしていては面接官の印象に残りません。

面接官に好印象を与えるために意識したい、好印象を与えるポイントを解説します。

自分の強みや性格を明確にしよう

女性、強さ

自分を動物に例える際に、自分の強みや性格が分かっていないと信憑性のある回答が出来ません。

面接官は動物の特徴や性格から応募者自身について知りたいと思っています。

そのため、動物の性格や特徴を自分と結びつけて分かりやすく説明する力が求められます。

まずは自分に1番ぴったりな動物をみつけるためにも自己分析を入念に行いましょう。

自己分析を行う際は自分のどんな特徴が応募先企業で活かせるのかを意識することが大切です。

また、自己分析を徹底することで、印象に残りやすいオリジナリティのある回答を考えることもできます。

応募先企業が求める人物像と自身の自己PRを結びつけられる動物を選ぶことが理想的な回答ができるでしょう。

どれだけ自己分析ができており、能力が高くとも、企業が求めている人材像とマッチしていなければ採用は遠のいてしまいます。

動物の特徴を上手く自己PRに結びつけて応募先企業で一緒に働くイメージを持ってもらえるようにしましょう。

自分の強みや性格に似ている能力の動物を選ぼう

サル

動物を選ぶ際は応募先企業に自己PRできる自分の強みや性格に似ている能力の動物を探して下さい。

自己分析で自分の強みや特徴がわかったらまずはその特徴をリストアップしましょう。

リストの中から最も企業にPRできる特徴を見つけ、その特徴を持つ動物をリストアップします。

動物を選ぶ際には、それぞれの特性を調べ総合的に自分と1番近い動物を選ぶようにしましょう。

 

ワンポイント
例える動物を選ぶにはしっかりとした自己分析が必要です。

「自分を動物に例えると?」を答える時の注意点

自然、地球、手

面接官に「自分を動物に例えると?」の回答をする際にいくつかの注意点があります。

以下のポイントを参考に動物選びをするようにしてください。

  • ある程度知名度のある動物を選ぶ
  • 一般的にマイナスイメージの強い動物を避ける
  • 外見ではなくて性格や特徴が似ている動物を選ぶ

面接官へ回答をする際、珍しい動物の方が印象に残りやすいのは事実です。

しかし面接官が全く姿を想像できないような知名度の低い動物は避けるようにしましょう。

面接官がイメージできない動物では応募者の人となりが掴めず、どんなに良い自己PRをしても面接官の印象に残りません。

また一般的にマイナスイメージが強い動物に自分を例える場合は注意が必要です。

回答をする際に面接官に好印象を持ってもらいやすい動物を選ぶことを心掛けましょう。

面接官がこの質問で知りたいのは応募者の内面です。

外見が似ていることや性格以外の要素を理由に回答をしては、面接官の質問意図からずれてしまいます。

面接の質問意図を意識しつつ自己PRにつながる回答をすることを大切にしましょう。

 

ワンポイント
マイナスな印象を抱かれないような回答作りを心がけましょう。

「自分を動物に例えると?」の回答例

では実際に「自分を動物に例えると?」の回答例を紹介します。

例文を参考に自分にぴったりの動物で自分なりの回答を考えてみましょう。

ネズミに例える場合

ネズミ

私を動物に例えると「ネズミ」です。

ねずみ年に生まれたというのもありますが「思考力」と「俊敏さ」という点でもねずみに似ていると考えます。

ねずみは繁殖や食料の確保において非常に知能が高く、小回りの聞く素早い動きが得意な動物です。

私は趣味のバスケットボールでポイントガードのポジションを担っています。

ポイントガードは常にチームメンバーの特徴を熟知して俊敏に動きボールを届ける役割を担うポジションです。

目標を効率的に達成する思考力と臨機応変に俊敏に対応する能力が「ねずみ」と似ていると思います。

入社後もこの思考力と俊敏に対応する能力を活かして御社に貢献して参ります。

ウサギに例える場合

ウサギ

私を動物に例えると「ウサギ」です。

ウサギは大きな耳で人間には聞えない音も聞き分け、360%の視野で周りを見渡すことができる動物です。

私は人とのコミュニケーションで聞き役に回ることが好きで聞き上手とよく言われます。

また、いつも客観的に判断することを心がけ、周囲の状況をしっかり把握した上での行動が得意です。

こうした「周囲に耳を傾けるのが得意」で「周囲を見渡す力」ところがウサギに似ていると思っています。

御社に入社した後は、耳の良さと視野の広さを強みに人間関係を円滑に行動していきたいと考えています。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

自分を動物に例える質問は強みをアピールするチャンス

チャンス、インディアン

自分に似た動物の特徴をPRすることは自己PRにつながります。

「自分を動物に例えると?」のような質問を受けた時は、自己PRができるチャンスだと思って回答しましょう。

事前に自己分析をしっかりと行うことで具体的な自己PRができるようになります。

自己分析を深め、動物だけでなく「自分を一言で例えると?」や「自分を花に例えると?」の質問にも応用できるようにしましょう。

いろんなバージョンを想定して準備しておくと、面接でもスムーズに回答できます。

面接官に好印象を与えるためにもしっかりと準備しておきましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

ビジネス、女性

転職の相談は転職エージェントにするのが効率的です。

面接での頻出質問や回答の考え方など、様々な悩みを積極的に相談してみましょう。

Webで検索できる面接の例文や動物の例は他の応募者も参考にすることが多いのが事実です。

ユニークな回答で面接官を魅了するためにも、転職のプロの意見を取り入れつつ回答を考えることをおすすめします。

まとめ

草原

「自分を動物に例えると?」の質問の回答は参考になりましたか。

人にもそれぞれさまざまな特徴があるように動物にそれぞれたくさんの魅力的な特徴が詰まっています。

動物が好きな人はきっと楽しみながら調べることができる質問ではないでしょうか。

動物の特徴をいろいろ調べてみて、意外な特徴があったりするとその知識は面接官を驚かせる材料にもなります。

面接官の印象に残る回答をするためにも自分にぴったりな動物を探してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら