転職面接で好印象な表情を作るにはどうすればいいでしょうか。

笑顔の作り方は、転職面接において重要なものです。

笑顔を作ることで、その人も印象も変わってくるでしょう。

本項では、転職面接においての表情について解説していきます。

面接における表情の作り方を理解して、良い転職活動に繋げていきましょう。

転職面接で好印象な表情の作り方は

メガホン

転職面接は企業が求職者を採用するために必要な場です。

面接においては、その人のスキルや実績を見極めるための場です。

しかし、それ以上に重要なのが表情の作り方となります。

人間というものは表情の作り方で印象が大きく変わるものです。

その人のスキルが同程度であれば、表情の印象が良い方を採用するというケースも少なくないでしょう。

スキルに優劣があっても、表情の出来次第で採用試験の結果が変わるというケースもあります。

面接官に好印象を与える人材というのは、入社後も友好な人間関係を築くことができるでしょう。

表情の作り方は良いビジネスパーソンになるための近道ともいえるのです。

転職面接の理想の表情は笑顔?真顔?

笑顔

転職面接での理想の表情は笑顔です。

笑顔を見せることで、面接官に好印象を与えることができるでしょう。

笑顔は転職だけでなく、ビジネスにおいても重要なものです。

不愛想な人と笑顔を作る人では、笑顔を作れる人のほうが心証が良いでしょう。

真顔でいるのはポーカーフェイスで落ち着いた人という印象もありますが、不愛想だと思われるかもしれません。

面接においては笑顔を作ることで相手の心証をよくしていきましょう。

転職面接で笑顔が必要な理由は

笑顔

人間は相手が笑顔でいると、良い気分になります。

転職面接でも笑顔でいることで良い効果があるでしょう。

不愛想な人よりも愛想のいい人のほうが相手の心証はよくなります。

笑顔でいることが、相手を喜ばせるための近道ともいえるでしょう。

採用の可否を決める企業に良い印象を持ってもらうことが、転職面接で笑顔が必要な理由です。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


転職面接中の表情は話す内容によって使い分けよう

メガホン

転職面接中の表情はどのように使い分けるべきでしょうか。

表情は話題に応じて適宜入れ替える必要があります。

ネガティブな話題であっても、明るい表情をすることでポジティブな気持ちにすることができます。

具体的にどのような表情の使い分けをしていくべきか、例を見ていきましょう。

挨拶をする時の表情

挨拶をする時の表情は明るくしましょう。

挨拶はその人の第一印象を決めるうえで重要なものです。

挨拶で明るい表情で話しかけると、総合的な印象も向上するでしょう。

明るくするだけでなく、目を見て話すなどの注意も必要です。

普段から明るく挨拶をするなどの練習をしておきましょう。

志望動機を伝える時の表情

志望動機を伝えるときは真剣な表情をしましょう。

真剣に誠意をもって話すことで言葉にも真剣さが増します。

誠実な姿勢を見せるには、相手の目を見て話すことです。

言葉が詰まってしまうと、つい目が泳ぎがちになりがちです。

重要な志望動機を話すときこそ、相手の目をしっかり見て話すことを意識しましょう。

転職や退職理由を伝える時の表情

転職や退職理由を話すときは、マイナスの感情になりがちです。

そういったときにも表情を繕うことでマイナスの感情を隠すことができます。

理路整然に理由を話すことにより、ポジティブな感情を抱かせるのです。

表情1つでネガティブな印象もポジティブな印象になり得るでしょう。

面接官の話を聞く時の表情

面接官の話を聴く時はしっかりと相手の目を見て聞き入りましょう。

目が合っていないと、話を聴いていないのではないかと思われてしまいます。

アイコンタクトによってしっかりと話を聴きいっていることのサインを出すのです。

必要に応じて相槌を入れていくのもいいでしょう。

しっかりと相手の話を聴いているというサインを出すことで、相手も気持ちよく話をすることができるでしょう。

会話は一方的な言葉のやりとりではなく、相互にするものです。

聞き手になるときは聞き手に徹し、アイコンタクトをすることで表情を作っていきましょう。

女性らしい笑顔の作り方を練習しよう

メガホン

笑顔の作り方をするにはどのようにすればいいでしょうか。

普段笑顔をしていない人がいきなり面接で笑顔をするのは難しいです。

普段から意識的に笑顔の作り方を練習しておくことで、面接などの舞台でも笑顔を作るのです。

笑顔を作るには自分の気持ちを安らげる効果もあります。

普段から面接対策に向けて笑顔を作る準備をしておきましょう。

笑顔に関連する筋肉を鍛えよう

笑顔をすぐに出せるには普段から笑顔を作りやすくする準備をしておく必要があります。

笑顔に関連する筋肉、表情筋を鍛えることですぐに笑顔を出せるように準備しておくのです。

表情筋を鍛えることで健康面でもメリットがあります。

シワやたるみを抑えることができるため、アンチエイジングにも繋がるのです。

表情筋を鍛えるには様々な効果があるので、普段の生活へ積極的に取り入れていきましょう。

歯を見せることを意識しよう

表情筋を鍛えるには、を見せることが重要です。

表情をほぐすと自然と歯が見えるものです。

歯が見えていないことは、まだ表情が硬いでしょう。

歯を見せることを意識して表情筋を鍛えましょう。

風船トレーニングが有効

風船

表情筋を鍛えるには風船トレーニングが有効です。

風船トレーニングとは、風船に息を吹き込んで表情筋を鍛えることです。

風船を用意して息を踏み込むことで、頬に力が入ります。

風船は力を入れないと膨らまないので、自発的に筋力を使うことになります。

風船を用意できない場合はペットボトルでもOKです。

ペットボトルの口に息を吹き込むことで、表情筋を鍛えるのです。

「う」と「い」を交互に発声しよう

笑顔の作り方をするには極端な動きをすることが重要です。

「う」と「い」を交互に発声してみましょう。

表情筋を意識しながら発声するのがポイントです。

「う」は口を前に尖らせながら息を発声します。

「い」は口を横に広げて息を発声します。

両者は口を極端に動かすため、表情筋がよく動くでしょう。

普段からこうした発声の練習をすることで、面接でも良いパフォーマンスを出せるでしょう。

鏡を見て面接の練習をしてみよう

笑顔をスムーズに出すためにはを見て練習をすることです。

鏡を見ながら喋ることにより、自分の表情がリアルタイムに分かります。

自分の姿を見ることで、思ったより笑顔が出来ていたり、笑顔が不自然であることが分かるでしょう。

鏡が用意できない場合は、ビデオで撮ることも有効です。

自分の喋る姿をビデオに収めることで自分の意識していない表情を修正できます。

転職面接での表情の注意点

風船

転職面接で表情を作る際はどのような点に注意すればいいでしょうか。

表情には感情が表れていることが多く、言葉にしない動揺なども見えてしまうことがあります。

動揺をしたときも、慌てずに表情を明るくすることが必要です。

面接において表情を作る際に気を付けるべきことを見ていきましょう。

面接官は表情から本音をみている

面接においては、転職希望者は必ずしも本音を言いません。

本音を言ってしまうと面接に不利になることもあるため、腹の内を隠しているのです。

面接官は本当のことを知りたいため、表情を観察して本音を探ろうとします。

そのため、表情を崩すために色々な質問をする場合もあるでしょう。

そのようなときにも動揺せずしっかりと答えるには、表情を崩さないことが必要です。

強い意志を持って表情を崩さないことで、相手にも好印象を与えることができます。

こちらの表情を崩そうとしているという逆境に負けず、しっかりとした表情で受け答えをしましょう。

様々な感情は表情に出ている

風船

人間の感情表情に出るものです。

例えば、面接で残業時間が多いという転職希望者に不利なことを聴いたときを想定してみましょう。

口では「残業は問題ない」と言っていても、表情が曇ってしまうと面接官の心証はよくないでしょう。

表情は隠そうと思っても中々隠せるものではないです。

それでも、露骨に表情に出ることがないようにマインドコントロールをする必要があるでしょう。

自分の心をマインドコントロールをすることにより、本音が表情に出てしまうことを抑えるのです。

転職面接で笑顔を印象付けるポイント

メガホン

転職面接において笑顔を印象付けるにはどのようなポイントに注意すればいいでしょうか。

笑顔を作るといっても抽象的で、何をしていいか分からないかもしれません。

転職面接において、面接官に笑顔を印象付けるポイントを見ていきましょう。

面接で明るい表情を作るには、普段からの準備が必要です。

普段から笑顔を作ることに慣れる準備をしておきましょう。

面接官の笑顔には笑顔で返そう

面接官が笑顔で話しかけてきたら、こちらも笑顔で返すべきです。

笑顔で話しかけてくるということは、友好的なサインを表しています。

そのようなサインを送っているのに、こちらが何も気づかないでいるとがっかりされてしまうでしょう。

自分から笑顔のサインを出すことも重要ですが、向こうからの笑顔に答えることも重要です。

面接官が笑顔で話しかけてきたら必ず笑顔で返すようにしましょう。

表情と合わせて明るい声で話そう

明るい表情で話す時は、明るい声と合わせて話すことが重要です。

明るい表情で話していても、声が暗くては印象は上がってきません。

表情を作ることに集中しすぎて、声が暗くなっては効果が落ちてしまいます。

明るい声で話すには、やはり普段から明るい声を発することが重要です。

面接に向けて明るい声で話すことを練習しておきましょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


転職面接は自然な笑顔を出せるようにしよう

笑顔

転職面接では自然に笑顔を出すことが求められます。

普段明るい表情をしない人は、面接においていきなり明るい表情を作ろうとしても無理が出てしまいます。

ひきつった笑い方になってしまうと、緊張しているのではないかという印象を受けてしまうでしょう。

普段から自然に笑顔を出せるように笑顔を作る練習をしておきましょう。

例えば、日常生活で他の人と会話をするときに笑顔を作る練習を意識してみます。

普段からの訓練が転職面接でのパフォーマンスを引き出すのです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

笑顔

転職活動に関する悩みは転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントでは、様々な転職希望者を転職成功に導いた実績があります。

転職面接に際しての表情の作り方についても、詳しく情報を集めることができるでしょう。

転職活動において対面で会話できる機会は必要です。

転職エージェントを面接官に見立てて表情の作り方を練習にするのもいいでしょう。

転職エージェントでは模擬面接などのサービスをしてくれる場合があります。

模擬面接では、エージェントを実際の面接官に見立てて自己PRや志望動機をします。

実際の面接を意識したやり取りを繰り返すことで、転職面接で表情や声を明るく繕うことの準備ができるでしょう。

模擬面接では、敢えて聞きづらい質問をしてくる場合もあります。

そういった逆境に立たされた時でも、強い意志を持って明るい表情を絶やさないことが転職面接の成功に導くのです。

無料転職相談をして理想の会社に転職しよう

まとめ

笑顔

転職面接における表情の重要性を見ていきました。

転職面接は表情を作ることによって相手の心証も変わってきます。

相手の心証が良くなれば、必然的に面接での印象がよくなるでしょう。

転職面接を制するためには、表情を制することが必要になるのです。

明るい表情を作るためには、日ごろから意識して表情を作る準備をしておくことが効果的です。

風船やペットボトルを用いて息を吹きかけることで表情筋を鍛えていきましょう。

転職面接は簡単なことでなく、自分の本心を問われることもあります。

そういった苦境にも明るい表情で接することにより、活路が見えてくるのです。

また、転職面接では明るい表情だけでなく、明るい声で話すことも重要です。

明るい自分を演出することで、採用する企業にとっても明るい人材であると思わせることができるでしょう。

転職するかどうか悩んだら転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェント共に協力していくことで、転職活動が上手くいきます。

表情を制することにより転職活動を上手く成功に導いてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!