転職活動においてPCスキルは必ず確認されるものです。

パソコンは事務作業で必須のスキルであり、PCスキルをアピールすることで転職活動が有利になります。

本項では、PCスキルをアピールするために必要なものや面接での答え方を解説していきます。

PCスキルを使いこなして転職活動を有利に進めていきましょう。

面接のPCスキルを聞かれた時の答え方

事務作業

面接でPCスキルの有無を聞かれた場合はどのように答えればいいでしょうか。

どの職種でも事務作業は必須であり、事務ソフトを使うことは転職に必須の条件といえるでしょう。

事務ソフトの中でもMicrosoft社がリリースしているオフィスは重要です。

オフィスはナンバーワンのシェアを誇る事務ソフトであり、オフィスを使いこなすことで様々な事務処理をこなせます。

オフィスを使いこなすことが転職活動には欠かせません。

面接においてPCのスキルを聞かれた時は、具体的に扱えるソフトを言いましょう。

面接ではどのソフトをどの程度扱えるのかを問われます。

例えば、Wordを扱える場合はWordで簡単な文書作成ができる、などと答えましょう。

オフィスソフトなどを用いてどのような仕事ができるのかをアピールするのが重要です。

企業が求めるPCスキルとは

事務作業

企業が求めるPCスキルにはどのようなものがあるでしょうか。

企業によってPCスキルを求めるレベルには差異があります。

部署によってもPCスキルのレベルは変わってくるでしょう。

しかし、PCスキルはどの部署においても普遍的に通用するものです。

事務仕事はどのような仕事においても欠かせない存在となっているのです。

Word

Wordは文書を作成するツールです。

Wordは文書を作成するときに役立つツールです。

基本的な操作は文章を打ち込むだけですが、使い込もうとすると奥が深いものです。

例えば、文書の装飾や校閲などといった機能があります。

社外へ提出するレター書類の作成などに作成します。

レター書類を作るときは多いので、Wordの経験が役に立つでしょう。

Excel

Excelは表計算を扱うツールです。

方眼紙上のシートにデータを入力するといった使い方があります。

表計算という名前なので、計算をするという使い方もできます。

Excelの使い方としては、方眼紙形式の書類を作成するというものです。

関数などを組み込むことでデータベースの管理をすることも可能です。

Excelの機能は数多く存在しており、日々新しい機能がアップデートされています。

日進月歩で進化する事務ツールともいえるでしょう。

Excelを応用すると、マクロを活用して業務を自動化するなど高度な使い方ができます。

VBAなどのプログラミングをすることでさらに複雑な処理をすることも可能です。

Excelを使いこなすことで、実務において様々なメリットがあるといえるでしょう。

Excelを使用できることは、事務作業においてかなりの価値があります。

転職するための事務スキルを身に着けるにはExcelの使い方は必須といえるでしょう。

PowerPoint

PowerPointはスライドショーを作成するソフトです。

主にプレゼンテーションの資料を作る際に用いられます。

「パワポ」という略称もある通り、プレゼンテーションには必須のツールとして親しまれています。

PowerPointを使用する際はスライドショーを作る技術はもちろん、プレゼンテーションの技術も重要です。

聞き手を惹きつけるようなスライドショーの作り方や、会話の間のとり方などを身に着けましょう。

職種によって求められるスキルは違う

事務作業

職種によってPCスキルが求められるレベルは異なってきます。

例えば、経理の仕事においてはデータを扱うためExcelを扱えることが必須になります。

数値管理を行うためにExcelの操作は欠かせないのです。

一方で、販売職などの仕事はお客様と接することがメインになるのでオフィスソフトの出番は少ないでしょう。

しかし、どの職種においてもある程度オフィスソフトを使うことは求められます。

どの職種を希望するとしても、最低限オフィスソフトに入力できるレベルの事務スキルは欲しいところです。

大事なのは何をどの程度使えるか理解すること

事務作業

転職において重要なのは、何をどの程度使えるか理解することです。

面接では自分のアピールポイントを明確にする必要があります。

自分で自分のアピールポイントをわかっていないと、面接でアピールすることはできません。

オフィスソフトの扱いについても同様のことが言えます。

自分がどの程度のオフィスソフトのスキルがあるかを理解しておきましょう。

まずは自分を知ることが重要になるのです。

PCスキルをアピールするには

事務作業

面接などでPCスキルをアピールするにはどのような点に注意する必要があるでしょうか。

重要なのは自分のできることを具体的に話すことです。

具体的に話すことで自分のスキルを具体的にイメージしてもらうことができます。

成果物などをイメージすると話すとイメージしてもらいやすいでしょう。

できることを具体的に話そう

PCスキルをアピールすためには、できることを具体的に話すことが重要です。

例えば、Excelを扱えることをアピールする場合はExcelを使ってどんなことをできるかを説明します。

請求書などの書類を作ることが出来る場合は、Excelを使って請求書を作った経験があることをアピールしましょう。

面接官としては具体的に成果物をイメージすることでその人が入社後にどのような活躍できるかをイメージできます。

面接でPCスキルをアピールするときは具体的な成果物をアピールしていきましょう。

履歴書・職務経歴書に書こう

事務作業

PCスキルは必ず履歴書や職務経歴書に書きましょう。

履歴書や職務経歴書は自身のスキルや売り込みたいことを書くものです。

オフィスのスキルは転職活動で役に立つので、必ず書いてください。

履歴書や職務経歴書に書くときは具体的に書きます。

例えば、Excelの関数を用いて簡単な計算ができるなどです。

また、履歴書や職務経歴書はWordやExcelを使って作るケースが多いです。

転職のために使用する書類を作る道中でオフィスのスキルが身に着くでしょう。

オフィスソフト以外にも使えるものはアピールしよう

オフィス以外にも様々な事務スキルがあります。

例えば、Outlookなどのメール管理ソフトを扱えることでメールを使いこなせるといえます。

日常的に使っているツールであってもオフィススキルに繋がるものがあるのです。

自分の身の回りの事務作業でどんなオフィスソフトが使われているかを把握しましょう。

PCスキルを聞かれた時の回答例

事務作業

PCスキルを聞かれた時はどのように答えればいいでしょうか。

重要なのはどのソフトを扱えるか、そのソフトを使って何をできるかです。

具体的な例文を交えて見ていきましょう。

例:Wordスキルをアピールする場合

私はWordを用いた事務スキルがあります。

現職ではWordを用いて社内向けに配布するレターの作成を行っていました。

読み手に伝わりやすい文書を作成することを心がけています。

具体的には、行間を空けるなどの工夫をしています。

文書の作成には一定のWordスキルを活用することができます。

例:Excelスキルをアピールする場合

私はExcelを用いた事務スキルがあります。

現職ではExcelを用いた数値管理をしており、一通りの関数はこなせます。

VLOOKUP関数を用いたデータ集計をすることが可能です。

関数を駆使することで、売上データを集計して資料を作成することができます。

Excelを用いた数値管理のスキルで御社に貢献いたします。

例:PowerPointスキルをアピールする場合

私はPowerPointを用いたプレゼンテーションのスキルがあります。

PowerPointを用いる時は常に聞き手の興味を惹きつけることを心がけています。

例えば、スライドショーに文字や情報を入れすぎなどの工夫が重要です。

スライドショーのページ送りをする場合には一定の間をおけるなどを心がけています。

PCスキルのレベル早見表をチェック

事務作業

PCスキルのレベルをチェックするにはどのような点に注意すればいいでしょうか。

具体的なチェック基準について紹介していきます。

早見表を確認して面接でのアピールポイントを把握しておきましょう。

Word

Wordは多機能ですが、基本的な機能は文書を作成することです。

装飾などの機能よりも基本的な文書作成をできることが重要です。

基本的な文書を作成することをアピールできればいいでしょう。

Excel

Excelは機能が充実しており、求められるレベルも多岐にわたります。

SUM関数などを扱えることをアピールすれば一定の関数を扱えることを証明できるでしょう。

VLOOKUP関数などを扱えるとかなり高度なExcelスキルを持っていることを証明できます。

Excelスキルをアピールする場合は関数を扱えることをアピールするといいでしょう。

PowerPoint

PowerPointは聞き手を積極的に惹きつけるためのツールです。

PowerPointでどんなことができるかよりも、どんなプレゼンができるかをアピールするといいでしょう。

スライドショーの技術としては、徴収を惹きつけるような演出などを組み込めるかが重要です。

動画や表などを挿入できるスキルがあるとアピールになるでしょう。

PCスキルを証明できる資格をチェック

事務作業

PCスキルを証明するにはMOS(Microsoft Office Specialist)がおすすめです。

MOSはマイクロソフト社が運営するベンダー資格です。

MOSを持っていることで一定の事務スキルを持っていることを証明できます。

「事務ソフトを扱えます」と言っても面接でスキルをアピールすることはできません。

MOSを持っていれば、一目で事務スキルを自在に扱えることを証明できるでしょう。

オフィスソフトは習うより慣れることが肝心です。

実際に操作することにより、使用する感覚を身に着けるのです。

テキストを読み込むだけでなく、普段から実用しましょう。

例えば、お小遣い帳をつけるときにExcelを活用するとビジネスレベルにも役立ちます。

普段からオフィスソフトに親しんでいきましょう。

PCスキルがない場合の対処法

事務作業

特にアピールするべきPCスキルが無い場合はどうすればいいでしょうか。

すぐに使えるスキルが無い場合は学習する意慾を見せましょう。

例えば、手持ちのパソコンで簡単な書類作成の練習をしておくなどです。

パソコンスクールなどに通って事務ソフトの扱いを学ぶのもいいでしょう。

事務スキルは習う以上に慣れることが重要です。

毎日ソフトを扱っていけばおのずと扱いに慣れるものです。

これといったスキルが無い場合は学習意欲の高さをアピールしておきましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

事務作業

転職活動で悩んだら転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは転職に関する様々なノウハウを持っています。

PCスキルに関しても適切な情報を貰えるでしょう。

また、どのようなPCスキルがアピールになるかも詳しく聞くことができます。

事務ソフトについてアピールしたいことがある場合は、転職エージェントに積極的に相談してみましょう。

まとめ

事務作業

PCスキルについて見ていきました。

PCスキルはどの職場でも普遍的に求められるものであり、持っていて絶対に得をするものです。

PCスキルが求められるレベルは企業によって異なります。

また、部署によってもレベルに差があるのです。

PCスキルに必要なものはWord、Excel、PowerPointといったオフィスソフトです。

これらのスキルを身に着けるためにはMOSなどの資格をとるのが有用でしょう。

パソコンスクールなどに通うことによりこれらのスキルを身に着けることができます。

また、こういったソフトは習うより慣れることが重要です。

日々学習する意慾を出して操作に馴染むことによりビジネスで使えるレベルまで使えるようになるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しましょう。

PCスキルは履歴書や職務経歴書を作成するのにも使用します。

PCスキルを制して転職活動を制していきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら