新型コロナウイルス感染拡大により企業も新しい転職を模索することになりました。

その1つがWeb面接であり、インターネットと通話アプリを使って行う形の面接です。

しかしオンラインでの面接は企業も転職者も慣れない面が多いのではないでしょうか。

そこで今回はWeb面接で失敗しないコツを細かく掘り下げてご紹介いたします。

スマホやイヤホンの使用は勿論失敗例や対策法などしっかり教えますので参考にしください。

Web面接で失敗しないコツは

Web面接

Web面接で失敗しないようにするためにはどうすればいいのでしょうか?

色々コツはありますが、大まかに分けると以下の要素が挙げられます。

  • 通信環境を良い状態にしておく
  • 企業が指定するアプリを使い慣れておく
  • 友人や知人を使って模擬面接をしておく

だいたいこの辺りが挙げられるでしょう。

特に2つ目と3つ目は事前準備としてしっかりやっておきたい対策です。

友人・知人で事前にシミュレーションを行っておくと本番もすんなり行けるでしょう。

また企業が指定する通話用アプリは初めて使うという方も少なからずいると思います。

そういう方は面接前に試運転をしてみて、通信速度や使用方法などを細かく確認してください。

こういう点を欠かさずに行うことで本番でも普段通りのパフォーマンスができます。

Web面接の流れを知り対策しよう

Web面接をスムーズに行うためには流れを知って対策を打つ必要があります。

ここではどのような対策を行えば良いのかを具体的に解説していきましょう。

面接開始前にログインの必要がある

ログイン

まず面接開始10分前までにはログインを済ませておいてください。

何故ならばマイクテスト通信環境の調整などそれ相応の時間が必要だからです。

また、場合によってはプログラム自体のアップデートで時間を要することもあります。

そのようないざという時のトラブルを想定して最低10分前までには準備を完了しましょう。

面接する会社も万全の態勢で面接に臨みますのでこちらも失礼のないようにしてください。

万が一こちら側に粗相があると迷惑をかけてしまうことになります。

起こりうるトラブルへの対処も含めて事前準備はしっかり行うことが大切です。

開始後は対面の面接との大きな違いはない

対面面接

一旦面接を開始すれば対面の面接との大きな違いはないでしょう。

確かに直接会場に向かうのと自宅で面接官と対面するのでは異なる部分もあります。

しかし、あくまでも面接は転職者と面接官の真剣勝負であることに変わりはありません。

自宅で受けられるから対面の面接より楽に受けられるということではないのです。

この点を忘れることなく万全の準備を終えて完璧な状態で面接に臨みましょう。

あくまでも面接の方式・やり方が違うだけで本質は昔と同じままです。

自宅だからと気を抜かず油断せずに最良の結果を残してください。

Web面接のメリット

Web面接と対面の面接で大きな差が特別にあるわけではありません。

しかし、Web面接にもまた独自のメリットがあることも事実です。

ここではそれを具体的に解説します。

面接官のプレッシャーを感じにくい

女性面接官

旧来の対面方式の面接では直に応募先に出向いて本番に臨まなければなりません。

そうなると会場の雰囲気や面接官からは逃れられず力を発揮できない可能性もあります。

しかし、Web面接の場合は自宅で面接を受けられるので対面と違いホームで本番に臨めるのです。

この場合平常心で本番に臨むことが可能であり、面接官の圧に負ける可能性は下がります。

勿論その緊張が完全に和らぐことはないのですが、旧来の面接に比べて冷静に対処できるのです。

この点はWeb面接ならではの大きなメリットであるといえるのではないでしょうか。

しかし、だからといって不躾な対応をして良いわけではないことは心得ておいてください。

見返すことが簡単

フィードバック

対面面接との1番の違いとして録音録画が可能で何度も見返すことが出来る点も挙げられます。

これは旧来の対面面接では到底不可能だった面接のフィードバックを可能にしているのです。

面接官が見逃していた点や聞き逃した点もしっかり客観視して見直すことができます。

対面面接でも企業次第では面接終了後に面接官がフィードバックしてくれることもあるでしょう。

しかし面接官も1人の人間ですから細かい点まで全てを覚えているわけがないのです。

映像に記録として残ることで旧来の面接ができなかったことを可能にしています。

何度も見直すことによって面接の受け答えの精度をより上げることができるでしょう。

Web面接でよくある失敗とは

上記のようにWeb面接にはWeb面接ならではのメリットがあることがわかりました。

しかし一方で失敗する要素もまたあるので、ここではそれを紹介していきましょう。

通信環境が良くない

通信環境

通信環境が良くないと面接を中断してしまうことになりますので気をつけてください。

また、映像が乱れたり音声が届かなかったりして内容が伝わりにくくなってしまいます。

どれだけ素晴らしい内容の回答を事前に準備しても上手くいかないのです。

転職希望先の会社もある程度はその辺りを考慮してくださるでしょう。

しかし、だからといってこちらが何も準備しなくていいということではありません。

万が一を想定して事前に通信環境は整えておくことが大切です。

雑音で集中できない

集中

2つ目に雑音で面接に集中できなくなることが挙げられます。

この場合の雑音は色々ありますが、具体的には以下の2つです。

  • 家の外から聞こえてくる雑音
  • PCの音声環境から混ざる雑音

特に1つ目の自宅自室の外から聞こえる雑音は注意しましょう。

PCのスピーカーは思っている以上に周囲の細かい雑音を拾います。

そのためどうしても音声が聞こえにくいこともあるのです。

Web面接で失敗しないためにチェックすること

失敗要素を踏まえてWeb面接で失敗しないためにはどうすればいいでしょうか?

ここでは失敗要素を減らすための具体的な工夫を解説します。

通信環境が良好な場所を用意しよう

通信環境

まず通信環境が良好な場所をきちんと用意してください。

  • PCの処理速度
  • インターネット通信環境の速度
  • 面接に使用しているプログラムの調子

これらがしっかり整っていないとスムーズなWeb面接はできません。

勿論多少なりのタイムラグはありますが、対策次第でこの失敗要素は減らせます

Wi-fiを導入したりPCの無駄なプログラムを断捨離するなどしておきましょう。

これらを実行するだけでもだいぶ環境は異なるはずです。

プライバシーを保てる場所にしよう

プライバシー

2つ目にプライバシーを保てる場所にしてください。

具体的には防音対策を整えて外に音声が漏れないようにする対策です。

Web面接も受ける場所次第では面接官とのやり取りが外に漏れる可能性があります。

面接の内容は企業秘密にも関わる極秘のことであり門外不出が原則です。

それが外に漏れてしまうとプライバシーを侵害しかねません。

また、防音対策は上記の外からの雑音を入りにくくする意味もあります。

こうしたネガティブシミュレーションは徹底して行ってください。

Web面接の服装は

Web面接

Web面接の服装は具体的にどのようなものを着ればいいのか気になるでしょう。

基本はスーツが望ましいですが企業によっては私服を指定してくるかもしれません。

その場合は私服でも構いませんが、どんな服装でもいいわけではないのです。

最低限スーツに近い色合いのジャケットを着て社会人に相応しい身なりにしてください。

入社後はカジュアルな服装でいいとしても、第一印象はきちんとしましょう。

人間見た目が9割なのはWeb面接においても変わることはないのですから。

こういうところに気を遣えるかどうかもまた社会人に求められることです。

Web面接を受ける時の注意点

それではWeb面接を受ける時にどのようなことに注意すべきなのでしょうか?

ここではその注意点について具体的に解説していきます。

10分前にはログインしよう

 時間

上記していますが、必ず10分前にはログインを完了してください。

通信環境や音声など整える部分はしっかり整えましょう。

ここがきちんとできていないと面接官から準備がきちんとできない人と思われます。

面接官は忙しい中貴重な時間を転職者の為に割いてくださっています。

そのご厚意にきちんと応えるためにも最適な環境で準備することが大切です。

面接の成功確率を上げることは難しいですが、失敗確率を下げることはすぐにできます。

失敗要素を減らして「負けない面接を行うようにしてください。

カメラを見て話そう

カメラ

そして面接本番ですがモニター画面ではくカメラを見て話してください。

どうしても面接官の表情を分かりやすくするために下の画面を見がちです。

しかし画面に目を向けると目線が下がって面接官を見ていないことになります。

相手を見ていないというのは面接官に失礼な印象を与えかねません。

面接中は基本的にカメラを見て面接官に視線を向けてください。

対面面接に比べると確かに視線が交わっていない違和感を覚えるでしょう。

その違和感に対しては友人知人との事前対策によって慣れるしかありません。

対面だろうとWebだろうと相手の目を見て話すことを心がけることが大切です。

Web面接に関する疑問を解消

Web面接を受ける際にいくつか疑問があるかと思います。

ここではその疑問に関して徹底的に掘り下げて解説しましょう。

これからWeb面接を受ける人は是非参考にしてください。

スマホやイヤホンの使用は?

スマホ

スマートフォンやイヤホンの使用に関してはNGであり、避けましょう。

まずスマホに関しては三脚で固定する場合は別として、手で持つと画面がブレます

ブレが生じると面接官に自分の表情や声のトーンなどが伝わりにくくなるのでやめてください。

またイヤホンに関しても同様に面接官の話を真面目に聞いていない人という印象を与えます。

スピーカーでは時々聞き取りにくい面接官の声を聞き取るためにイヤホンを使う人もいるでしょう。

しかしそれがかえって裏目に出てしまい面接官には不快な印象につながることもあるのです。

スマホやイヤホンもまたWeb面接において失敗要因となりうる危険要素です。

そのような不安要素を取り除き面接官ときちんとお話ができるインターネット環境を作ってください。

挨拶する時は座ったまま?

対面面接では面接が始まる前と終わった後では立って挨拶をするのが礼儀です。

一方のWeb面接ではパソコンの画面でしか顔や声を確認することはできません。

したがって挨拶する際には立たずに座ったまま受けてくださって結構です。

立って挨拶したい場合は事前に立ち位置とカメラの位置を調整しておいてください。

会社によっては立って挨拶というマナーを求めるところもあるかもしれません。

気になるようであれば立って挨拶をするか省略させていただくことを冒頭で伝えると良いでしょう。

Web面接では面接官と転職者がきちんと対面で受けることが最も重要なことだと覚えておいてください。

自宅以外でWeb面接を受けるのは?

オフィス

諸事情により自宅以外で面接を受けたいという方もいるでしょう。

その場合はホテルの一室や会議室など邪魔が入らない場所を使うのがおすすめです。

特に貸し会議室は自宅と違った環境なので対面面接に近い環境で受けることができます。

誰にも邪魔されることがないので純粋に面接に集中できる環境が整っているわけです。

逆に避けるべき場所はネットカフェの個室車内カラオケ公園などになります。

そのようなオープンスペースでは利用規約に反したり周囲に迷惑がかかるのです。

あくまでも周囲に迷惑をかけない環境での面接を心がけてください。

また事前にその施設を借りられるように管理者に問い合わせておきましょう。

転職活動は転職エージェントを活用しよう

エージェント

上記のアドバイスを経てもまだWeb面接が不安な方もいるかもしれません。

そんな方は是非とも転職エージェントを活用してみてください。

転職エージェントは常に転職活動に関するあらゆる情報や知識を仕入れています。

Web面接にも対応していますので、困った方は思い切って相談してみるといいでしょう。

模擬面接はもちろんのこと友人や知人でもわからない転職の細かいアドバイスをしてくれます。

中には表に出回っていない転職者の希望に沿う求人を案内してくれることもあるのです。

1人では心細い転職活動も共に頑張る仲間やサポーターがいると安心して取り組めるでしょう。

有効活用できるものはしっかり活用して素敵な転職活動にしてください。

まとめ

web面接

いかがでしたでしょうか?

今回はWeb面接に関しての基礎知識から対応策まであらゆる観点から解説してきました。

インターネット環境の充実により面接会場に足を運ばなくても受けられるのがWeb面接の利点です。

しかし、インターネット自体もまだまだ発展途上であり完璧な環境があるとはいえません。

Web面接を有利に運ぶためにも細かい失敗要素を少しずつ減らしていきましょう。

そのことが結果的には採用率を上げることにも繋がっていきます。

本記事が少しでもWeb面接対策のお役に立てれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら