優秀な人材と見込まれ他社からスカウトされる引き抜き転職は、メリットが多い反面リスクもあります。

自分の実力が認められてどうしても気持ちは高まるものですが、転職前には一度冷静になって考えることが大切です。

そこでこの記事では、転職前に知っておきたい引き抜き転職の注意点について解説します。

またリスクを理解したうえで、転職を成功させるためのポイントもまとめました。

気になる方はぜひ読んでみてください。

引き抜き転職の注意点

パソコンを見て考える女性

引き抜き転職ではいくつかの注意点があります。

まずは現在働いている会社への対応と入社までの流れを確認しましょう。

入社後のトラブルに発展するリスクもあるので、注意点を意識してしっかり対処してください。

転職を伝えるタイミング

退職願

現在の会社に転職を伝えるタイミングは、最終的に転職を決断してからにするのがおすすめです。

高まった気持ちからつい同僚に話してしまう、というような軽率な行動は後悔するのでやめましょう。

転職を決断したら、まずは直属の上司に相談してください。

そして社内のメンバーに伝えるタイミングを決めてもらいましょう。

先に社内のメンバーに話して上司に伝わった場合、上司からの印象が悪くなり後味の悪い退職となってしまいます。

最終出勤日を迎えるまでの姿勢

ガッツポーズの女性

転職を公言してから最終出勤日までの期間は、働く姿勢変化させないことが重要です。

短い期間だからといって仕事の手を抜いてしまっては、上司や同僚から一気に信頼を失います。

引き抜きの話が来るほど仕事で力を発揮できたのは、上司・同僚・部下など周囲の支えがあったからではないでしょうか。

今までの感謝の気持ちを忘れてはいけません。

また悪い話は広がるもので、転職先の会社からも悪い印象を受け最悪の場合は引き抜きの話自体がなくなる恐れもあります。

入社した後にも気をつけよう

バッグを持つ女性

入社した後は、前の会社とのトラブルに注意する必要があります。

特に前職での顧客リストをはじめとした個人情報や、独自のノウハウが載っている機密情報などの流出は厳禁です。

判明した場合は前の会社から訴訟を起こされる可能性もあります。

企業によってはこうした事態を防ぐため、競業避止義務を職務規定で定めているケースもあるので確認しておきましょう。

規定には同業他社への転職を禁止している場合もありますが、法律上は引き抜き転職自体問題ではありません。

職業選択の自由は憲法で定められているので、会社の職務規定では対抗できないのです。

部下・同僚を複数引き連れての転職や情報の流出など、常識から外れた行為でなければ気にすることはないでしょう。

引き抜き転職のリスクとは

リスクとメリットをジャッジ

引き抜き転職によって無事に入社できたとしても、今度は転職先の会社で想定されるリスクがあります。

たとえ好条件を提示されたとしても、勢いで転職を決断するのはおすすめできません。

リスクを考慮したうえで、冷静になって判断しましょう。

引き抜き転職とはいえ、新たなスタートなのは他の転職と変わりありません。

今の会社で働き続けた未来と転職先での将来性を比較してみることが大切です。

期待値が大きい

空に向けた手

引き抜き転職で特徴的なリスクは、会社からの期待が大きいことです。

優秀な人材だと認められて入社するため、迎える側の期待度は当然高くなります。

そのため思った以上の成果を出せなかったり、ちょっとしたミスをしたことで周囲からの風当たりが強くなりがちです。

職場での人間関係を良好にするためには、ある程度自分から積極的に働きかける必要があります。

新しい環境で自分がどれだけやれるかを考え、覚悟をもって臨むことが大切です。

引き抜き条件と入社後の条件が違う

天秤にかけて比較

会社によっては、引き抜きの時に話していた条件と入社後の条件が違うリスクがあります。

年休や福利厚生などの労働条件や、仕事の内容は入社前に書面でしっかりと確認しておくことが大切です。

また転職した途端に会社の経営が悪化するリスクも考えられます。

好条件で入社できた理由が、じつは会社の建て直しのためだったという可能性もあるのです。

会社の業績や見通しについては、事前に情報収集しておきましょう。

引き抜き転職のメリットをチェック

人差し指を立てる女性

引き抜き転職は仕事での能力を認められてスカウトされるため、多くのメリットがあります。

なぜなら転職先の会社にとっては、人材育成のコストと手間がかからないからです。

能力の高い社員を入れることで、他の社員も影響を受けベースアップにも繋がります。

そのため多少条件を上げてでも、他社から優秀な人材引き抜きたいと考えるのです。

ちなみに似た言葉で「ヘッドハンティング」がありますが、幹部や経営陣が対象のため引き抜きとは役職の有無で異なります。

給与が上がる可能性がある

厳禁と電卓

引き抜き転職では多くの場合、給与が上がる可能性が高いです。

優秀な人材を他社から引き抜くのですから、目に見えるかたちで好条件を出したいと会社側は考えています。

中には今までと比べて年収が1.5倍になったというケースもあります。

また福利厚生に関しても、前職で不満な部分を改善することが期待できます。

年収・福利厚生の両面を比較するとメリットがわかりやすいです。

キャリアアップを狙える

明るいビジネス街

すでに転職先の会社からは仕事の能力を認めてもらっているわけですから、入社時にはキャリアアップを狙えます。

引き抜きの条件として、いいポジションを与えてくれるケースも多いです。

さらに事前に会社側と交渉することで、やりたい仕事ができる可能性も高まります。

また前職での経験を存分に活かせば、順調な出世が見込めるでしょう。

期待に応えた仕事をこなすと、その分将来性に期待できます。

転職活動の手間が省ける

白のノートパソコン

転職活動の手間が省けるというのも、引き抜き転職の大きなメリットです。

一般的な転職活動であれば、書類選考を経て面接を受ける必要があります。

そのためどうしても時間と労力がかかってしまうのです。

一方引き抜き転職の場合は、確定とまではいえませんが高い確率で転職できます。

書類選考面接のステップはないので、多くの手間が軽減できるでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

引き抜き転職のデメリットをチェック

デメリットの文字

引き抜き転職にはメリットが多い反面、デメリットもあります。

例えば前の会社からは、引き抜きされたことで少なからず印象が悪くなる可能性は否めません。

引き抜きの方法に違法性があれば、損害賠償を請求される恐れもあります。

また転職先の会社では、人間関係に悩む方が少なくありません。

期待されている反面、入社時は周りからの風当たりが強くなりがちです。

引き抜きを断りたい時の対応

ストップのジェスチャー

転職するか悩んだ結果、引き抜き転職の話を断りたいケースもあるでしょう。

転職は誰にとっても大きな決断となるので、メリットとデメリットを比較したうえで断るという選択肢も大切です。

特に期待されて入社するのは相応の覚悟が必要となるので、自信がないときは思いとどまるべきでしょう。

考えたうえで断る決断をしたときは、早急に対処することがおすすめです。

ここからは引き抜きを断ると想定して、対応方法をご紹介します。

引き抜きの断り方

NO!

引き抜きを断るときは、電話で行うのがおすすめです。

お互いに無駄な時間を過ごさないためにも、早急に口頭で伝えましょう。

順序としては、まずはじめに声をかけてくれたことに対する感謝の気持ちを伝えます。

そのうえで、今回の話はお断りする旨をはっきりと伝えてください。

ちなみに今後転職する可能性を残したいのであれば、電話後にあらためてメールを入れると好印象を残せるでしょう。

引き抜きを断るのは失礼になる?

付箋と色鉛筆

転職は重大な決断なので、引き抜きを断ること自体は失礼になりません

しっかりと考えたうえで、声をかけてくれたことへの感謝丁寧に伝えれば印象は悪くならないでしょう。

ただし決断するまでは相手側も回答を待っている状態なので、時間をかけすぎるのは避けるべきです。

引き抜きの話を受けた時点で回答の期限を訊いておくと、考える余裕ができるので安心でしょう。

将来転職する可能性も考えて、「今回は見送らせていただきます」というような伝え方をすると期待を残せます。

引き抜き転職を成功させるポイント

ビジネスウーマン

引き抜き転職を成功させるポイントは、冷静になったうえでメリットとデメリットを総合的に判断することです。

引き抜きたいと考えている会社側は、魅力的に感じるメリットを提示してきます。

自分を認めてもらったという事実と好条件を目の前にすると、最初はどうしても気分が高まってしまいがちです。

一度話を持ち帰って、会社の仕事内容や経営状況に関して積極的に情報収集しましょう。

そのうえで自分が本当にやりたいと思えるかどうか、自分自身に問いかけてみてください。

引き抜き転職の成功事例

応援ポーズの女性

引き抜き転職はリスクを把握したうえで決断すれば、成功している事例が数多くあります。

成功の秘訣は、前職との違いをしっかりと比較していることです。

そのため一定のリスクは自分の力で克服し、メリットを最大限に活かしています。

ここからは実際にあった成功事例をピックアップしました。

ぜひ参考にしてみてください。

給与が上がり待遇も良くなった

浮かぶお金

好条件を提示された結果、給与のアップ福利厚生の改善の両方が実現した例も珍しくありません。

中には年収が前職から2倍になったというケースもあります。

優秀な即戦力と見込まれているからこそ実現する、引き抜き転職ならではのメリットといえるでしょう。

福利厚生の面では様々ですが、残業時間が減って時間にゆとりができたという声が多いです。

声をかける会社側としては条件を上げてでも相手を獲得したいと考えているので、熱意をもって接してくれます。

キャリアアップが実現した

ステップアップのイメージ

成功事例の二つ目は、「前職では期待できないキャリアアップが実現した」というケースです。

引き抜きの条件として、今よりいいポジションを与えてくれるという話は珍しくありません。

中には管理職を任され、重要な仕事に携われたという体験談もありました。

やりたい仕事ができる可能性も高まるでしょう。

また一般的な転職と比較して、有利に出世できることが多いです。

仕事にやりがいを感じる

オフィスの女性

引き抜き先ではやりたい仕事をさせてもらい、やりがいを感じているという成功事例もありました。

前職ではやりたいことができず、転職して実現したケースです。

やりたい仕事ができれば、より熱意をもって取り組みさらなる活躍を目指す意欲がわきます。

そのため働くこと自体が楽しくなったという声が多く出ていました。

現在働いている会社で仕事内容に不満がある方は、引き抜きの話が大きなチャンスとなっています。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

引き抜き転職によるトラブル事例

頭を抱える女性

引き抜き転職のトラブルで多いのは、前の会社との揉め事です。

例えば転職後に前の会社の機密情報や顧客情報を漏洩すると、訴訟を起こされる可能性もあります。

特に引き抜き先が前の会社と同業界である場合は、情報の取扱いに注意しましょう。

また前の会社にとってリスクが大きい複数人での転職は、たとえ上司の誘いがあっても避けるべきです。

会社幹部が部下を引き連れて転職した「ラクソン事件」では、実際に違法となり会社側が勝利しています。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ファイルを持つ女性

引き抜き転職だけでなく、転職に悩んだ時には転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントは個別にカウンセリングを行ってくれるので、いつでも適切なアドバイスがもらえます。

求人を探すときだけではなく相談だけでも利用できるため、気楽に頼ってみましょう。

ちなみに人気が高いのは、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」です。

また「doda」や「マイナビジョブ20’s」も合わせて利用すると、より効率的に転職活動ができるでしょう。

まとめ

オフィスにいる女性

引き抜き転職は自分の力を認めてもらったうえでスカウトされるため、好条件が期待できます。

気分が高揚するのは自然なことですが、まずは冷静になってから転職を考えるようにしましょう。

メリットとデメリットを総合的に判断し、自分が本当に希望していることなのか自問自答してみてください。

悩んだときは転職エージェントに相談すると、自分の答えを得る手助けをしてくれます。

いざ転職を決断したら、退職日まで今働いている会社に感謝を忘れずしっかり貢献しましょう。

そして転職後は新たな環境での活躍を目指して、新たな気持ちで頑張ってください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら