面接で自分の方言が気になるという人は多いのではないでしょうか。

方言が出ると失礼なのか、不利になるのではないかと不安になってしまいますね。

今回はそんな面接で方言が不利にならない方法をご紹介します。

Contents

面接で方言が不利にならない方法とは?

面接で合否を気にする女性

方言が面接で不利になるのではないかと不安になる人もいるのではないでしょうか。

日本には多くの方言や訛りがあります。

生まれ育った場所が違うと普通に話しているつもりが「何て言ったの?」となることもあるでしょう。

そんな方言が面接で不利になることはあるのでしょうか。

もしそうだとしたら面接前に直しておきたいと思う人も多いでしょう。

しかし面接官がチェックしているのは方言や訛りではありません。

仕事上で大切な言葉遣いがしっかりしているか、コミュニケーションが取れているかを見ているのです。

つまり方言で不利にならない方法は言葉遣いや態度・姿勢をしっかりするということです。

だからといって相手に伝わらない方言では面接官も理解できないこともあるでしょう。

そのため面接ではできるだけ標準語で話すことを意識してくださいね。

方言だけで不利になるわけではない

疑問

実際に方言だけで転職の面接が不利になることはあるのでしょうか。

もし不利になるのであれば地方出身の人はもともと不利ということになってしまいます。

まずは方言が採用・不採用に関係するのかを見ていきましょう。

方言が理由で不採用になることはない

不採用になると「方言が原因?」と思う人もいるでしょう。

あの時方言や訛りが出てしまったと後悔すうることもあるかもしれません。

方言が理由で不採用になることはあるのでしょうか。

実際のところ方言が理由で不採用になることはないので安心してください。

しかし人と人とのコミュニケーションは方言や訛りだけではありません。

方言だけではない他のコミュニケーションが原因で不採用になることはあるのです。

そのため方言にこだわらず言葉遣いや面接の態度を見直す必要があるでしょう。

コミュニケーションの妨げになるかも

頭を抱えるスーツの女性

先ほど方言が面接で不利になったり不採用の理由になることはないと説明しました。

しかし方言がきっかけでコミュニケーションの妨げになることはあるでしょう。

転職の面接では面接官はコミュニケーション能力をチェックしています。

そのためコミュニケーション能力の面で不採用になる可能性はあるということです。

思いを伝えることが大切

面接

面接では面接官に自分の思いを伝えることが大切です。

これは方言が出る・出ないに関わらず心がけたいところですね。

それでは転職の面接で心がけたい基本を振り返ってきましょう。

相手の目を見てしっかりと話す

面接の様子

相手の目を見てしっかりと話すことは面接をする上で大切なことです。

自分の話を聞いてもらうためにはそれなりの態度が必要です。

面接官の目を見て思いを伝えましょう。

しかし面接官の顔をじっと見ると緊張してしまうという人もいるのではないでしょうか。

その場合は少し目線を落として口元やネクタイを見るようにしてみてください。

はきはきと会話する

人とコミュニケーションをとる時には相手に伝わるように話す必要があります。

そのためにははきはきと会話をするように心がけてください。

方言が出ないように気にしていると自信がないように見えてしまうことがあります。

そうならないようにハッキリと話すようにしましょう。

方言が出たとしてもそれを理由に不採用にすることはありません。

自信をもって面接官にあなたの思いを伝えてくださいね。

挨拶はしっかりとする

面接の場面

挨拶は社会人としての基本です。

転職の面接でも挨拶はしっかりとしましょう。

すでに社会人経験があるので社会人としてのマナーもチェックされます。

面接官を初めて会うことになるので第一印象は大切ですね。

しっかりと面接官の目を見てはっきりとした挨拶を心がけてください。

挨拶だけでなく入室時のノックや着席のマナーも事前に確認しておくことをおすすめします。

誰にでも分かる話し方をする

面接で重要なのは誰にでも分かる話し方をすることです。

面接官は地方出身者だから、方言が出るからといって不採用にするわけではありません。

しかしそれによって相手が分かりにくい話し方にならないように注意する必要はあるでしょう。

またあまりに分かりにくい訛りの場合は気をつけた方がいいです。

誰にでも分かるというのは仕事をする上で大切なことだからです。

面接では自分の癖や姿勢で不利になることも

気をつけてと書かれた紙と矢印

転職の面接では自分の癖や姿勢で不利になることもあります。

先ほど方言が直接不採用の理由になるわけではないとお伝えしました。

しかし方言を気にしすぎて自信がなくなるという人もいるのではないでしょうか。

自信がないとうつむき気味になったり声が小さくなってしまうことも。

そのような姿勢を面接官はしっかりとチェックしています。

また方言だけでなく話し方の癖がある人は気をつけた方がいいでしょう。

例えば話し始める前に「えーと」と言ったり、失敗した時に「やばっ」と言ってしまうという人です。

面接の場なので話し方や言葉の遣い方には注意してくださいね。

面接までに直したい方言や訛りは?

考える女性

方言だけで不利になることはないとはいっても面接までに直したいという人もいるでしょう。

ここでは面接までに直したい方言や訛りについてご紹介します。

一般的に馴染みのない単語

クエスチョンマーク

方言の中には話し方だけでなく単語も含まれています。

別々の地方で生まれ育った人が会話をする時に「それ何?」という単語もあるでしょう。

そのため面接では一般的に馴染みのない単語は避けた方がいいです。

一般的に馴染みのない単語には例えば愛知県の「B紙」があります。

これは標準語で「模造紙」のことを指しますが他の地域の人には馴染みのない単語ですね。

友人同士では馴染みのない単語が会話のきっかけになることもあるでしょう。

しかし面接では「それはどういう意味ですか?」と聞かれないようにした方がいいです。

方言のことで話が止まってしまうとスムーズな面接のやり取りができなくなる恐れがあるからです。

そのため「これって馴染みのない言葉?」と不安に思うことがあれば調べておくといいでしょう。

聞き取りづらいイントネーション

方言は単語だけでなく訛りも含まれます。

イントネーションが異なるので聞き取りにくいこともあるでしょう。

関西弁などはテレビで聞きなれているという人もいるのではないでしょうか。

しかし面接では聞き取りにくくないようにできるだけイントネーションを標準語に合わせましょう。

その地域でずっと暮らしていると自分のイントネーションが聞き取りにくいのかわからないこともあります。

不安な方は標準語を話す知人と会話をしてみることをおすすめします。

また報道番組のアナウンサーのイントネーションを参考にしてみるという方法もありますよ。

誤解を招く言葉

面接では誤解を招く言葉を避けて標準語で伝えるようにしましょう。

同じ言葉でも地方によって意味が異なるものもあります。

例えば「えらい」という言葉は地方によってどのような意味があるかご存じでしょうか。

東海地方・甲信地方では「しんどい・だるい」という意味ですが他の地域では「優れた・偉大」という意味になります。

このような意味が異なる言葉は面接で誤解を招くリスクがあるでしょう。

そういうつもりで言ったわけではないのに…という事態を防ぐためにも避けた方がいいですね。

面接のために知っておくべき言葉遣いとは

調べる

普段方言で話している人にとって遣い慣れていない標準語を使うのはなかなか難しいですね。

ここでは面接で困らないために知っておいてほしい言葉遣いをご紹介します。

方言が出たとしても、言葉遣いを気をつけるだけで面接官の印象が変わってくるでしょう。

よく使う尊敬語は?

尊敬語は相手を敬う時に使う言葉です。

目上の人に使うので面接では尊敬語を使うことが多いでしょう。

よく使う尊敬語は「おっしゃる」「ご存じ」「くださる」です。

よく使う謙譲語は?

尊敬語と混同しやすい敬語の中に謙譲語があります。

謙譲語は自分がへりくだることで相手を立てる言葉です。

先ほどお伝えしたよく使う尊敬語を謙譲語にしてみましょう。

「言う」の尊敬語である「おっしゃる」は謙譲語で「申す・申し上げる」です。

「与える」の尊敬語である「くださる」は謙譲語で「差し上げる」となります。

面接の場面で取引先やクライアントの話をする時に謙譲語を使うことが多いでしょう。

ですます調を徹底する

面接ではですます調を徹底するようにしてください。

「~です」「~だと思っています」という風に語尾はなからず「です・ます」にするのです。

そうすることでイントネーションの違いはあっても丁寧な印象を受けるでしょう。

またですます調で話すのは社会人としてもマナーでもあります。

仕事をする上でどれだけ親しくなっても丁寧語で話すのが基本だからです。

レポートや報告書などでは「~である」「~だ」という語尾にすることもあるでしょう。

これらは相手と会話する時には使わないように注意しましょう。

つい使ってしまう間違った敬語のチェックリスト

丸かバツか

普段使っている敬語が実は間違っているということもあります。

面接で間違った敬語を使うとマイナスポイントになることもあるので注意してください。

つい使いがちな敬語を正しい使い方と合わせて見ていきましょう。

  • 「了解しました」→「承知しました」「かしこまりました」
  • 「ご苦労様です」→「お疲れ様です」
  • 「~させていただいております」→「~しております」
  • 「なるほどですね」→「おっしゃる通りです」
  • 「よろしかったでしょうか」→「よろしいですか」
  • 「社長様」→「〇〇社長」「社長の〇〇様」

面接や転職活動中に使うことが多い言葉です。

つい使っていたという人も多いのではないでしょうか。

もし知らずに使っていた敬語があれば面接までに直していきましょう。

注意したい言葉遣いのチェックリスト

checkと書かれたノート

先ほどはつい使いがちな間違った敬語をご紹介しました。

転職の面接では方言や敬語だけでなく言葉遣いにも注意が必要です。

それでは注意したい言葉遣いをチェックしていきましょう。

  • 「なるほど」を繰り返し使う
  • 「あー」「えー」を連発する
  • 「あれ・それ・これ」が多い
  • 語尾をのばしている

こちらも癖でやってしまうという人もいるのではないでしょうか。

私生活の会話では困らないかもしれませんが面接では避けた方がいいでしょう。

面接での会話はビジネスシーンでどのような受け答えをするかのチェックにつながります。

そのためビジネスシーンを意識した言葉遣いを心がけてください。

転職での困りごとは転職エージェントに相談するのがおすすめ

悩む女性

地方出身者の方は面接で方言が出たらどうしよう不利になるの?と不安になることもあるでしょう。

標準語はテレビやラジオから知ることができます。

しかし実際に自分が相手に伝わるような話し方ができているか分からないこともあります。

そのような場合は転職相談に登録して転職エージェントに相談することをおすすめします。

不安に思うことがあれば転職エージェントが相談にのります。

転職は面接対策が大切なので少しでも不安を減らして臨みたいですね。

方言はその地域では当然のように使っている言葉なので自分では気づきにくいこともあるでしょう。

そんな時は転職エージェントと面接対策を行えば確認することができます。

伝わりにくい単語・イントネーション・誤解される言葉といったものを避ける方法が見つかります。

まとめ

ガッツポーズする女性

今回は転職の面接で方言が不利にならない方法をご紹介しました。

面接中に方言が出ると不利になるのか不安になる人もいるでしょう。

方言が理由で不採用になることはありません。

しかし馴染みのない言葉や聞き取りにくいイントネーションがコミュニケーションの妨げになることはあります。

面接は面接官に自分の思いを伝えることが大切です。

そんな中で方言が妨げになって伝わらなければもったいないですね。

そのため面接前に伝わりにくいイントネーションではないかなどを第3者に確認してもらうことをおすすめします。

転職相談に登録すると担当の転職エージェントがあなたの転職活動をサポートします。

面接対策として間違った言葉遣いや敬語の使い方をしていないかも確認していきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら