性格上で根気がなく飽き性な女性もいることでしょう。そこで今回は飽き性な女性が仕事をこなすための方法について解説します。

飽き性の女性に向いている仕事についての他に、続かない理由・改善方法についても紹介していく特集です。

飽き性な女性に向いてる仕事とは

海にたたずむ女性の画像

「飽き性で、何をやっても続かない」「仕事に対しても飽きっぽくて、転職を繰り返している」という女性もいるのではないでしょうか?

現実的に飽き性の人にとって、その性格はデメリットとなって悩まされるものです。しかし中には飽き性だからこそ相応しい仕事も存在します。

飽き性な女性に向いている仕事を紹介しましょう。

営業職

飽き性な女性に向いている職業の代表格は営業職です。

どのような業種・職種か、そしてその企業の特徴にもよりますが、基本的に営業の仕事の場合は外回りが多いことが目立ちます。

そのため、会う人や行く場所も仕事の進捗状況によって変化していくからです。刺激があるので飽き性な女性に向いています。

コールセンター

古い電話の画像

テレホンアポイントやカスタマーセンターといったコールセンターの仕事は、飽き性な女性にも向いている内容といえます。

その企業の商品知識を覚える必要性があることや、日々見ず知らずの顧客と電話で会話をしていくため変化に富んでいます。

毎日があっという間に過ぎていく感覚なので飽きることがないのが魅力です。

しかし時としてクレームなどの対応も直接迫られるので精神的な強さが求められます。

そのため現実的には根気強さも求められる業種ですので、その折り合いがつけられなければ向いていない仕事にもなってしまいます。

仕事が続かない理由とは

靴の画像

飽き性になってしまう原因はどこにあるのでしょうか?

育った環境によることもあれば、メンタルの障害によって根気よく続けることへの恐怖心に支配されている場合など個人差があります。

どちらにしても熱しやすく冷めやすいことが特徴です。

仕事に関しても新しいものへの興味を抱きやすいのに、短期間でその興味が失せてやる気をなくしてしまう状態に陥るようです。

趣味や娯楽ならまだよいのですが、仕事ともなれば一定期間続けることができないと社会的信用を失いダメージを受けてしまいます。

どうにかして続けるための理由や動機を根付かせるしかありません。

飽き性なのは短所なの?

泣く女性の画像

飽き性であることは基本的にデメリットとみられています。

仕事や人付き合いに関してでは、できるだけ長く親しい間柄を友好的に続けたいというのに、途中で興味を失って関係性を保てなくなります。

確かに短所ばかりが目立ちつつも、実は飽き性だからこその長所にも注目される場合があります。

飽き性のイメージ

飽き性な性格は一般的にはマイナスイメージです。

やる気は常にあるにもかかわらず、短期間でもう別な物事へ気移りしてしまうので、気分屋で付き合いきれない人物という印象があります。

その言動があまりにも激しいようなら、信用を勝ち取ることが難しいと判断されます。

転職活動の際にも、仕事の継続性に確実なものが期待できず、常に新しい職場を求めてさまよい続けてしまう傾向があります。

飽き性には短所も長所もある

テーブルの画像

短所ばかりが目立ってしまう飽き性でも、実は長所とも思える部分があります。飽き性の人は好奇心が旺盛でもあるからです。

好きなものを見出せば誰よりも追求して、新しいことを恐れずに決行するバイタリティがあります。

また、既成概念にとらわれない柔軟な発想を繰り出すことができる性格です。敏感に時代の波にも乗れるタイプの人も多く存在します。

とにかく行動力があるので他者と会う機会も多く、思わぬチャンスを引き寄せることができるのです。

飽き性で仕事が続かない時は自己分析してみよう

本を持つ画像

飽き性は長所短所の両方の観点で見る必要があります。

ただし仕事とは、契約があらかじめ決まっていない限りできるだけ長期でやるという考え方で成立しています。

飽き性の女性にとって根気よく続けることは苦痛になるといえるでしょう。

そこでなるべく1つの仕事を続ける方法として、自分の中に潜在する強みを発見することをおすすめします。

強みを発見するには、自己分析をしてみましょう。

環境に飽きる場合

仕事と環境は重要な関係があります。

飽き性の人の中には、毎日同じ職場の同じ机に座って、同じ顔ぶれと接することが嫌になるというケースがあります。

環境に飽きる場合、それ以外の行動様式に変化を持たせる工夫をしてみましょう。

例えば直行直帰が可能なシフト制の仕事や、オフィス内ならどこに座ってもよいフリーな職場、ルート営業ではなく新規開拓営業などです。

環境ではなく行動に変化を持たせられる仕事をチェックしてみましょう。

業務に飽きる場合

いつも単調で刺激のない仕事をしている気がするという業務自体に飽きやすい人は、少し荒っぽい判断をしてみてはどうでしょうか?

それは今の自分以上のスキルやポテンシャルが要求されるものにチャレンジすることです。

より幅広い仕事をこなしていく意味で、資格や特殊技能を必要とする分野に挑むと刺激があります。当然ぼやぼやしている暇はありません。

やることが膨大になるので、飽きる暇がなくなるでしょう。

飽き性な女性の強み

ノートに書く画像

飽き性であることは性格でもあるので、自分から意識を高めない限り改善することは難しいといえます。

飽き性な人はデメリットが目立つと先述しましたが、逆にどのようなメリットがあって仕事に生かすことができるのでしょうか?

ここでは、飽き性な女性の強みについて解説していきましょう。

切り替えの早さ

飽き性な女性は頭が良くて切り替えの早さが特徴です。飽き性な人とは心的飽和が早いとされています。

これは、ものごとに対する熱意や満足が、普通の人よりもはやく到達しやすい性格の持ち主だからです。

その性格は表裏一体で、分かったつもりで全然分かっていない欠点もありつつ、誰よりも早く分別がつけられる潔さもあります。

気持ちを切り替えてマイナスをプラスにすることが得意だという強みです。

様々な経験をしていること

勉強する画像

飽き性な人は気移りが激しいこともあり、興味の対象がたくさん登場するのも特徴の1つです。

短期間のうちに多くのことに興味を示して実際にやり始めています。その行動力とバイタリティは後になって生かされる可能性も秘めています。

ただし、1つの分野について精通しているわけではありません。

あまりプロフェッショナル向きの業務はできず期待外れになりやすい欠点も併せ持っています。

実力がないので成果を出せません。そのため専門性よりも、数多い経験を生かせるための工夫をすることが望ましいでしょう。

フットワークの軽さ

飽き性である強みはフットワークが軽いこともあげられます。情報について敏感にキャッチして自分の本能で動く傾向があるようです。

そのため既成概念では考えにくい新しい発想を展開することができます。

一見クリエイティブな仕事やアーティスト性のある内容が向いていそうに思えて、実はあまり正しくありません。

1つの専門性を高めるには長くその分野にこだわり続ける根気強さが欠かせないからです。

成就させることは飽き性の人にとって苦痛に他ならないという、そんな皮肉さも併せ持っています。

一カ所に留まらず環境を転々とできる、フットワークの良さそのものを生かせるような業務自体が望ましいでしょう。

飽きないための条件・特徴

コーヒーと読書の画像

飽き性の人は環境や状況の変化を求めるわりには、自分自身があまり変わろうとしません。

辛くて苦しいことがあれば飽きて次に行けばいいという考え方なので、あえて自分から変わる必要がないからです。

しかし職場や人間関係など社会的立場を考えた時、飽き性を認めてうまく付き合っていかないとやっていけません。

では、飽き性の女性が比較的に飽きないための方法について解説しましょう。

毎日業務内容に変化がある

飽き性の女性がなるべく飽きないためには、業務内容の質とスピード性が重要になっていきます。

いつも同じことを繰り返して刺激が少ない仕事では物足りなさを感じて飽きてしまうでしょう。

そこでマルチタスクが充実している仕事や内容の変化に富んでいる仕事に就くことが理想です。

飽き性の人でも仕事にやりがいを求めていることに変わりはありません。

やることが多彩に用意されている仕事にチャレンジすれば、ほぼ飽きる暇がなく続けていけるはずです。

自分でやる作業を決められる

飽き性の女性に向いている仕事はマイペースでこなせるものが適当です。

どうしても飽き性の女性は1つのことに最後まで集中する精神性に乏しいことが欠点といえます。

それに上から押しつけられて強制的にこなす仕事も苦手でしょう。

もちろん企業に勤める以上は、会社の決まりや方法に従わなければなりません。

しかし、できる限り毎日の仕事量や方向性も自分が仕切れるような分野に従事するほうが、比較的に長く務めることができます。

飽き性な性格の改善方法

犬と女性の画像

飽き性はなかなか直すことができません。なぜなら、多くの場合、直そうという意識を持った人が少ないからです。

もし飽き性である自分について本当は悩んでいるというのであれば、思い切って飽きっぽい性格を改善する方法を理解する必要があります。

では、飽き性な性格を正す改善方法について解説しましょう。

簡単な目標をたくさん作ろう

飽き性な女性も将来の願望はしっかり持っています。しかしそこに至る各ステップで大切となる課題を理解していない人が目立ちます。

興味を持って始めてみても、些細な問題で諦めて放り出してしまう癖があるのです。

意固地なプライドが邪魔をし、各ステップの課題で押さえつけられる自分が嫌になってしまいます。

できない自分を素直に認めて、最初からできないのは自分だけではないことを心に刷り込ませてほしいのです。

誰しも最初からいきなりできるとは限りません。次のステップへ着実に進めるため、今やりかけている細かい目標のクリアにのみ集中しましょう。

そこが完了したら次の課題に進むといった段階的目標をたくさん作りあげて、その1つずつにだけ集中していくやり方を取るのです。

「あと少し頑張る」を続けてみよう

飽き性な自分を正すためには、あと一歩の努力を惜しまない姿勢を保つことが大切です。努力こそ飽き性の人にとっての苦手科目です。

しかしそれを行なわない限り一生堂々めぐりしてしまいます。

あと少し頑張るためには、本心で好きなことを見つけて打ち込めるような対象であることが条件です。

好奇心旺盛な飽き性の人は面白くて楽しそうという理由だけで始めてしまう傾向があります。

どのようなジャンルも興味から入るのですが、それが本心でやり遂げたいものではない限り、途中で放り出してしまいます。

本当に好きだと思えるものを見つけてみましょう。

そのためには、ちょっとした困難にあったとしても、騙されたと思ってやり通すしかありません。

その先で、本心から好きなことかどうかの分別がつくようになります。

やめたいと思った時こそ続けるきっかけだと自覚して取り組んでみてください。そこをクリアしない限り、本心に辿りつけないのです。

仕事を楽しむためのコツを知ろう

ジャンプする画像

楽しむというのは決して楽をすることではありません。

どのような仕事にも苦労したり辛い羽目にあったり、面倒なことを繰り返すという状況がたくさんあります。

それらも含めてやりたいことであれば続けられるのです。どうしても理不尽なことや環境が悪い会社であれば仕方ありません。

しかしそうではないのに簡単に飽きてしまうのは、本気で仕事をしていない証拠です。

まずは酸いも甘いも実感することを覚悟の上で、仕事を楽しもうという意思が大切でしょう。

やりこなす中で、どうすれば効率的でやりやすいかという自分なりの工夫ができるようになります。それが仕事をこなすコツとなるのです。

困った時は転職エージェントに相談しよう

オフィスの画像

飽き性な自分に困っていて仕事が定着しないと困っている方は、転職エージェントに登録して相談してみるのもよい方法です。

せっかく入った会社なのに定着しないのは、そもそもの考え方や性格による部分が大きいといえます。

しかし天職といえる自分に適した仕事を見つけることは誰にでも可能です。

そのためのノウハウや改善方法など、転職エージェントは専門家として相談にのってくれます。

まとめ

カレンダーの画像

飽き性の女性が自分に適した仕事に就くことは決して不可能ではありません。

飽き性である性格を受け入れながらも、どこまで納得できるかが決め手です。もちろん仕事ですから遊びとは違います。

ちょっとした理不尽なこともあるでしょうし、嫌になる出来事も考えられるでしょう。その時は客観的に考えて行動してください。

飽き性な人はどうしても主観的に捉えてしまいがちです。

すべてが我慢とまではいいませんが、時として我慢できたことにより新しい活路が見いだせる場合もたくさんあります。

立ち止った時はあと一歩だけ頑張って、我慢してみるマインドをこれからも養っていってほしいものです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら