転職の面接で泣いたり、泣きそうになったりした経験がある女性もいるのではないでしょうか。

また、これから転職活動をするけれど感情的になりやすく泣いてしまうのではないか不安な方もいるかもしれません。

今回は、そんな面接で泣いたり泣きそうになったりした場合の対処法について詳しくご紹介します

Contents

面接で泣く・泣きそうな場合の対処法

不安な女性

面接で泣いたり、泣きそうになったりしたという女性は少なからずいます。

転職の面接は、今後の人生を左右することもあるイベントです。そのため、多くの女性や不安や緊張感をもって臨んでいるでしょう。

準備万端だと思っても、予想しなかった質問面接官の態度に戸惑うこともあります。

また、いつも以上に緊張してしまい気持ちをコントロールできない人もいるのではないでしょうか。

面接で泣いたり泣きそうになること自体が悪い訳ではなく、そうなった場合の対処法を押さえておくことが大切です。

今回の記事では面接で感情的にならないためのポイントや、泣く・泣きそうな場合の対処法について詳しくみていきましょう。

面接で泣いてしまう理由は?

面接で泣いてしまう理由は人それぞれですが、理由が分かると対処できることもあります。

まずは、どのような理由で泣いたり泣きそうになったりするのかをみていきましょう。

緊張感で泣いてしまった

不安げな女性
面接で泣いてしまう理由として多いのが、緊張感によるものです。

「この企業に入社したい」「他がダメだったから絶対に内定がほしい」という強い気持ちは、過度な緊張感につながりかねません。

また、普段から人前で話すのが苦手で「面接」というだけで緊張してしまう女性もいるでしょう。

面接官の質問に正確に回答しないといけないというプレッシャーを感じ、さらに緊張感が増してしまうのではないでしょうか。

緊張によって泣くパターンは2つあります。

  • 緊張のあまり自然に泣いてしまった
  • 予想外の質問がありパニックになった

どちらのパターンにしても、まずは緊張感を軽くするための対処が必要になります。

面接を通過できるか不安になった

面接を受けていると、「もしかして不合格かもしれない」と感じる場面があります。

そして、不合格かもしれないという不安が泣いてしまう原因になり得るのです。

面接を通過できるか不安になる例には、以下のようなものがあります。

  • 面接官の反応が薄い
  • 他の応募者と比較する
  • 思うような立ち振る舞いができなかった

面接中に、面接官の反応や顔色はどうしても気になるものです。

自分の回答に対しての反応が薄いと「ダメだったのかも…」と不安になることもあるでしょう。

また、複数人で行うグループ面接やディスカッション形式の選考では、他の応募者と比較して不安になる人も少なくありません。

質問に対して上手い切り返しができていたり、これまでの経験を聞いたりすると気になってしまう女性もいるでしょう。

それは、自分が不安なあまり、他の応募者がとても立派に見えてしまっているだけかもしれません。

しかし、それが原因となり「不合格かもしれない」と思って泣いてしまうのです。

他者と比較しなくても、自分の立ち振る舞いで「もうダメだ」と悲観的になるパターンもあります。

面接に向けて準備してきたのに失敗してしまったと思い、不安が募ってしまうのです。

思い通り答えらず悔しくなった

悔しい

緊張や不安だけでなく、悔しい思いから泣いてしまうこともあるでしょう。

転職面接でよく聞かれる質問やその回答を準備して臨む女性は多いのではないでしょうか。

しかし、準備して臨んでもその場の緊張感で思うように答えられないこともあります。

また、面接当日は思いもよらない質問をされることも珍しくありません。

予想していなかった質問に頭の中が真っ白になってしまう女性もいるでしょう。

「あれだけ準備したのに」「上手く答えられなかった」という悔しい思いから、感情的になって泣いてしまうのです。

面接官の言動や態度で傷ついた

面接官
面接官といっても人間なので、面接中の態度も人それぞれです。

中には圧迫面接をしたり、冷たく接する面接官もいるでしょう。

そして、ハラスメントと取れるような発言も絶対にないとはいえません。

そういった言動や態度に傷つき、泣いてしまう人もいるのです。

特に面接官は採用・不採用を決める絶対的存在に感じ、「どうしよう」と困惑してしまうでしょう。

面接で泣くと選考結果に響く?

考える女性

面接中に思いもよらず泣いてしまったとき、選考結果に響くのではないかと不安に思うのではないでしょうか。

結論からいうと、面接で泣いたからといって必ずしも不合格になる訳ではありません。

面接で泣いてしまっても、合格となったパターンもあるのです。

気持ちが高まり感情的になったことが、すべてマイナスなるとはいえません。

志望度の高さのあまり泣いてしまったのであれば、むしろポジティブな印象を与えることもあるでしょう。

そして、どのような理由であっても大切なのが、泣いたかどうかではなくどう対処したかです。

面接中に泣いたことで「ダメだ」と悲観的になるのではなく、その後の対処に目を向けましょう。

 

ワンポイント
面接で泣いたことではなく、その後の対処が選考に影響する可能性があります。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

面接官の印象

面接

面接中に泣いたことで必ずしも不合格となる訳ではありませんが、面接官の印象は気になるところです。

ここでは、面接で泣いてしまったときの面接官の印象を2つの視点からご紹介します。

泣いてしまった理由次第

面接で泣いたときの印象は、泣いてしまった理由次第で左右されることがあります。

先述したように、志望度が高いあまりに泣いてしまったのであれば、悪い印象はもたないでしょう。

しかし、質問に答えられず無言で泣いている場合は印象も変わってくるはずです。

転職の面接は社会人としてのマナーをチェックしたり、ビジネスシーンを想定したりしていることも少なくありません。

質問に答えられず泣いている応募者に対して、「やっていけるだろうか」「仕事中もこうなるのではないか」と不安視することになるでしょう。

面接官次第

応募者が面接中に泣くことについては、会社や面接官によって捉え方が異なる場合があります。

感情が高ぶって泣いてしまうことに好感をもつ面接官もいれば、理由はどうあれ泣くこと自体NGとする面接官もいるのです。

また、その後の対処の仕方によってプラス評価とする場合もあります。

面接官によって印象は異なりますが、いずれにしても諦めず対処することが大切です。

 

ワンポイント
面接で泣いてしまったときの印象は、泣いた理由や面接官次第といえます。

感情的にならないためのポイント

ポイント

面接で泣く・泣きそうになる背景には、感情的になるということがあげられます。

面接という特別な場だからこそ、冷静に対応したいと思う女性は多いのではないでしょうか。

ここでは、感情的にならないためのポイントを3つご紹介します。

日頃から人前で話す癖をつけよう

会話する女性たち

面接で感情的にならないために、日頃から人前で話す癖をつけるといいでしょう。

人前で話すことに慣れていないと、それが原因で強い緊張感につながることがあります。

そうでなくても、初めて会う面接官を前に話すのはどうしても緊張してしまうものです。

面接官はあなたの一言一句に注目しているので、緊張するのも無理もないでしょう。

人前で話す機会を増やし慣れておくことで、面接の緊張を和らげることにつながります。

面接練習をひたすら繰り返そう

面接練習をひたすら繰り返すことも、面接で感情的にならない方法の1つです。

面接で頭の中が真っ白になったり、パニックに陥ったりするのは、もしかしたら準備不足なのかもしれません。

よくある質問やそれに対する回答を準備して、入念に練習をしましょう。

家族や友人などに面接官役になってもらい練習するのがおすすめです。

繰り返し練習することで、だんだん受け答えに慣れていくでしょう。

面接の練習をしたという事実が、当日の安心感につながり冷静に対応できるはずです。

自己分析をしっかりやろう

自己分析

感情的にならないために自己分析をしっかり行うことも大切です。

自己分析をして、自分の長所や短所を把握してください。

どういう場面で緊張しやすいのか、泣きそうになるのかを知っておけばその対処法もみえてきます。

自分自身を理解してこそ、感情的にならず面接に臨むことができるでしょう。

面接で泣いてしまった時の対応をチェック

説明する女性

先述したように、泣いた後の対処が面接官の印象を左右することがあります。

しかし、いくら万全の対策をしたと思っても、いざ本番を迎えてみると緊張感が高まり泣いてしまうこともあるでしょう。

ここでは、面接で泣いてしまったときの対応をご紹介します。

一度断りを入れて落ち着く時間をもらおう

面接中に泣いてしまったら、そこから気持ちを切り替える必要があります。

感情的になった気持ちを落ち着かせ、面接に向き合わなければなりません。

すぐに切り替えができればいいのですが、なかなか思うようにはいかないでしょう。

その場合は、面接官に一度断りを入れて、落ち着くための時間をもらうことをおすすめします。

「申し訳ありません。少し時間をいただけますでしょうか」と丁寧に伝えてください。

気持ちを落ち着かせるとともに、ハンカチやティッシュで涙を拭く必要があります。

面接官によってはトイレ休憩をはさんでくれることもあるため、その際はお言葉に甘えましょう。

時間をもらった後は、しっかりと気持ちを切り替えて面接に臨むことが大切です。

面接官に泣いてしまった理由を伝えよう

面接中に泣いてしまったら、面接官に理由を伝えるようにしましょう。

先述したように、泣いている理由によって面接官の印象は異なります。

また、目の前で泣いている応募者に驚く面接官もいるでしょう。

その後のやり取りをスムーズにするためにも、理由を伝える必要があります。

ここで注意したいのが、長々と言い訳をしないということです。

  • 「御社の面接を受けられたことに感極まってしまいました」
  • 「辛かったことを思い出してしまいました」
  • 「緊張のあまり涙が出てしまいました」

例えば上記のように、簡潔に理由を伝えます。理由の前に「失礼しました」「申し訳ありません」と前置きをしましょう。

 

ワンポイント
泣いてしまったときは気持ちを切り替えて冷静になることが大切です。

面接で泣いてしまったときの対応実例

正解,不正解

面接中に泣いてしまったという例は、実は珍しいものではありません。

それでは、実際にどのような場面で泣き、どういった結果になったのでしょうか。

ここでは面接で泣いてしまった実例を2つご紹介します。

志望動機を話しながら泣いてしまった

実例1つ目は、志望動機を話しながら泣いてしまったケースです。

ずっと憧れていた企業で希望する職種の求人が出たので思い切って応募しました。

応募者が多いと聞いていたのですが、無事に書類選考と一次面接を通過し気持ちが高まっていたのです。

そして次の面接で合否が決まることになっており、期待と緊張が入り混じった状態でした。

「絶対に合格したい」という強い思いから、志望動機を話しているうちに自然と涙が流れてしまったのです。

しかし、志望動機を熱心に伝える応募者の思いは面接官に伝わっていました。

また、すぐに気持ちを切り替えて冷静になったため、支障なく面接を続けることができたのです。

志望度の高さと気持ちの切り替えが面接官に良い印象を与えて合格につながりました。

集団面接で自信がなくなり泣いてしまった

実例2つ目は、集団面接で自信がなくなり泣いてしまったケースです。

集団面接は個人面接と違って他の応募者のことがよく分かってしまいます。

他の応募者の回答や立ち振る舞いを見て、自信がなくなってしまったのです。

そして自分が質問をされたときに、「私はあんな風に答えられない」と思い泣いてしまいました。

突然のことに驚いた面接官ですが、気を遣って気持ちを落ち着かせる時間をくれたのです。

しかし気持ちの切り替えができず、泣きながら面接を受けることとなりました。

自信のなさから泣いてしまい、気持ちの切り替えができなかったため不合格となったパターンです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

面接で泣いてしまっても諦めないで

諦めない

面接で泣いてしまうと「きっと不合格だろう」と諦めてしまう人も多いでしょう。

しかし、面接の結果は最後まで分かりません。

ここまで説明してきたように、面接官の印象を左右するのは泣いたことではなく、理由とその後の対応です。

泣いてしまった後でも挽回のチャンスはあるので、まずは気持ちを切り替えるために冷静になりましょう。

もし面接を中断したのであれば、面接官への感謝と謝罪の気持ちを伝えることが大切です。

気持ちの切り替えができるということは、ビジネスシーンにおいても重要視されます。

反対に、泣いたことで諦めの気持ちになると面接官にも伝わるでしょう。

諦めが伝わるのはマイナス評価になるので注意してください。

 

ワンポイント
泣いてしまっても諦めなければ面接官の印象を変えることができます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職

もともと人前で話すのが苦手だったり、緊張しやすかったりすると面接が不安になるのではないでしょうか。

緊張や不安は面接で泣いたり、泣きそうになったりすることにつながりかねません。

泣いてしまったとしても気持ちの切り替えが大切ですが、そのためには自己分析や面接練習が必要です。

もし転職面接で不安や悩みがあれば、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントなら自己分析や面接練習のサポートができるので、自信をもって面接に臨めるでしょう。

泣いてしまったときの対処法についてのアドバイスもさせていただきます。

まとめ

喜ぶ女性

今回は、面接中に泣く・泣きそうな場合の対処法についてご紹介しました。

面接中に感情的になっても、それがすぐに不合格につながる訳ではありません。

泣いてしまった理由や面接官によって印象が左右されることを知っておきましょう。

もし面接で泣いてしまったら、落ち着くための時間をもらったり理由を説明したりすることが有効です。

気持ちを切り替えて面接に臨むことで、面接官の印象を変えることができます。

転職面接は緊張するものですが、繰り返し練習することで自信をもって当日を迎えられるでしょう。

転職の不安や悩みは転職エージェントに相談しながら面接に臨んでください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら