面接当日に大型台風が接近したり地震が起きるなど予期せぬ事態が発生した場合はどのように対処すべきでしょうか。

自分からキャンセルの連絡をして良いものか悩む人も多いと思います。

今回は台風や天候不良と面接予定が重なった時の対処法をご紹介します。

Contents

台風や悪天候と面接予定が重なった時の対処法

女性、雨

台風や悪天候と面接予定が重なった時でも企業から面接日程の変更の連絡がない場合は予定通り面接は行われます。

面接日が迫っている場合は事前に天気予報の確認をしっかり行い、最悪の事態に備えておく心構えが必要です。

面接日が悪天候であれば当日の交通渋滞なども想定して通常よりも早め行動を意識し面接に支障がないよう備えましょう。

悪天候の場合は身だしなみが崩れやすいため、化粧道具やタオルなどを持参して身だしなみが整えられるようにすることも大切です。

面接が中止や延期になる可能性は

警報が出るようなよっぽどの悪天候でない限り面接が中止や延期になる可能性は低いです。

交通機関が運行しているのであれば基本的に面接へは予定通り向かう認識を持つようにしましょう。

では面接が中止や延期になる時はどのような場合でしょうか。

以下の項目を参考に悪天候時の面接対応について確認しましょう。

面接実施の判断は企業が行う

ビル、雨

面接を実施するかどうかの判断は基本的に企業が行います。

悪天候時の条件は応募者だけでなく面接官も同様です。

自己判断で面接をキャンセルするのは入社意欲が低いと捉えられるためしない方が賢明です。

遠方からの面接で自身の交通手段がなくなる等の場合は状況を企業に相談して企業側からの指示に従って行動するようにしましょう。

中止が考えられる状況

ビル、洪水

面接実施の中止が考えられる状況はいくつかあります。以下のポイントを押さえておきましょう。

・面接を実施する地域にて気象庁からの特別警報や警報が出されている状況

・多くの公共交通機関が停止或いは停止する恐れがある場合

・面接を行う面接官が出社できない状況

上記が予想される場合は企業から面接日程の中止や延期連絡がある可能性が高まります。

企業も就業者に対して安全性配慮義務というものがあるので、人的被害が予測される状況下ではキャンセルする場合があります。

しかし面接の実施はあくまで企業判断になりますので、企業から連絡がない場合は予定通り実施する方向で動きましょう。

当日ギリギリまで判断を待つ場合

雨、スマートフォン

面接の実施についての判断を企業が当日ギリギリまで渋っている場合は注意が必要です。

基本的には面接に臨む姿勢で企業連絡を待つようにしましょう。

また企業から連絡がなく自身で面接へ向かうことが難しいと判断した場合は一度企業に連絡を入れて確認しましょう。

その際は面接へ臨む姿勢があることを前提に、自分の周辺環境状況を具体的に伝え面接予定時間に行くことが難しい旨を伝えます。

「もう少し様子をみて時間をずらせないか」など自身の置かれる状況下でどうしたら面接を受けられるか相談してみましょう。

企業から連絡がこない場合にとるべき対応は

クエスチョンマーク

企業から連絡がこない場合はよっぽどの大災害が起こっている場合を除き予定どおり面接へは向かうようにします。

面接に向かう事が自分の身の危険を感じる事態であれば企業に連絡を入れて確認することも1つの方法です。

また企業の対応が遅れている場合は、移動中に連絡が入る可能性もあります。

携帯電話の充電はしっかりと行い、移動中でも企業とスムーズに連絡がとれるよう準備しておきましょう。

こちらからキャンセルすべきではない理由をチェック

キャンセル、連絡

基本的には応募者から悪天候を理由にキャンセルの連絡をいれるのは避けるようにしましょう。

悪天候でのリスクは面接官も同様ですので、企業が中止判断をしていないのにキャンセルしてしまうと入社意欲がないと判断されます。

また簡単にキャンセルする人は入社後も休みを簡単にとるイメージに繋がりますので不採用の確率が高まります。

入社意欲があるのであれば面接はなるべく自分からキャンセルしないように心掛けましょう。

また企業への面接の有無の確認の電話もなるべく避けた方が良いです。

応募者が多い企業は多くの応募者から当日電話がかかってきてしまうと電話対応に追われ、その他の重要な作業がスムーズに出来ません。

企業側の状況も配慮した上でスマートな対応ができるように意識しましょう。

台風や悪天候による影響がありそうな時の対応

面接当日に天候に左右されずにスムーズな対応をするためにも、普段から天気予報の確認をするようにしましょう。

事前に悪天候になることが分かっているのであれば、それなりの準備をすることが出来ます。

以下の項目を意識して、悪天候でも涼しい顔で面接に臨めるようになりましょう。

時間に余裕を持って面接に向かおう

時間、時計

悪天候の日は交通機関に影響が出る可能性が高まります。

電車の遅延や交通渋滞などを予測した上で、余裕をもって面接会場に到着できるようにしてください。

早めに面接会場へ到着すれば、身だしなみを整えたり面接時間まで気持ちを整理したりする時間も取れます。

面接本番で落ち着いた対応をするためにも早め早めの行動を心掛けましょう。

代替えの移動手段を事前に調べよう

電車、駅

悪天候の時には予定していた交通機関が停止してしまう事態も想定できます。

面接へ向かう際の交通手段は複数のルートを把握しておくようにしましょう。

万が一自分の予定していた交通手段が使えなくても直ぐに別ルートへ切り替えて会場へ向かうことが出来ます。

台風の特徴や天候に合わせて準備しておこう

傘、雨

面接当日の持ち物は天候によって変わります。

事前に天候を把握して準備しておくと当日に持ち物の確認で慌てることがなくなります。

レインコートが必要なのか、傘だけで大丈夫なのかなど天候の特徴もしっかりと確認して準備
しましょう。

雨天の場合は化粧道具、タオルやストッキングの予備も準備しておくことをお勧めします。

雨が降っていなくても折り畳み傘などを常備しておくと安心です。

悪天候の際の面接で応募者から悪天候の影響を感じさせない雰囲気が出ていると、面接官も好印象を持ちます。

どんな天候でも面接本番は万全の状態で臨めるように意識しておきましょう。

面接に向かう途中で交通機関が止まった場合

悪天候の場合面接に向かう途中で交通機関が止まってしまう事態も想定できます。

最悪の事態が起こっても慌てずに対応できるよう以下の項目を押さえておきましょう。

まずは安全確保を優先しよう

避難

まずは安全確保を第1優先しましょう。

企業も応募者に怪我をさせてまで面接に来てもらおうとは望んでいません。

自分の身に危険が迫っている場合は、まずは安全な場所を確保し面接よりも自分の体を優先するようにして下さい。

風が強い日は上から物が落ちてくることもあります。

周囲の状況をしっかりと把握し臨機応変な対応をするよう心掛けましょう。

企業の担当者に連絡しよう

スマートフォン

交通機関が止まってしまい面接会場へたどり着けない場合は安全確保をした上で企業にスムーズに連絡をするようにしましょう。

事前に面接当日の企業への連絡手段を確認しておき、電話番号を把握しておくとスムーズです。

電話をかける際はまずは丁寧に自分の名前と受験番号があればその番号を名乗り面接の担当者につないでもらいましょう。

担当者が電話先に出たら、改めて自分の名前と交通機関が停止して会場へ向かえない状況を伝えるようにしましょう。

状況によっては時間を変更して面接対応ができる場合もあるのでその後の行動は企業の指示に従って動くようにしてください。

企業から折り返しがあった場合

スーマートフォン、人混み

企業から折り返しの電話があった場合はなるべく静かな場所でメモなどがとれるように準備しておきましょう。

周りの雑音が大きいと担当者の声がきちんと聞えず大切な情報を聞き洩らしてしまう可能性があります。

電話での対応の仕方も担当者によっては採用の合否を判断する材料にされてしまうので、電話も面接だと思って対応しましょう。

電話のタイミングが移動中や人込みにいる時で対応が難しい場合は簡潔に状況を伝えて自ら状況を変えて折り返す旨を伝えるのも良いです。

電話ができない場合はメールを送ろう

Eメール

交通機関の停止で電車の中に閉じ込められてしまったなど企業の担当者と電話で直接話すのが難しい場合はメールを送ります。

メールの文章は記録に残りますので慌てずに丁寧な文章を作成して連絡するようにしてください。

以下の文章を参考にするとスムーズです。なるべく簡潔に要件と状況説明をするように心掛けましょう。

・宛名:〇〇株式会社(企業名) 〇〇様(或いはご担当者様)

・自己紹介:本日〇〇時より面接の〇〇(自分の名前)です。

・要件:大変恐縮ですが面接会場へ移動中に交通機関が停止してしまい、面接の時間に間に合いそうにありません。

・相談:現在交通機関の再開時刻も分からない状況ですが、面接時間の変更あるいは日程の変更などのご対応をお願いできますでしょうか。

・謝罪:大変申し訳ございませんが〇〇の理由で現在電話対応が難しいためメールにてご連絡させていただきました。

面接当日の持ち物や身だしなみをチェック

悪天候の際の面接は身だしなみにも普段以上に気を遣う必要があります。

どんなに雨が降っていてもずぶ濡れのスーツや取り乱した髪型で面接に臨むのは好ましくありません。

どんな天候でも面接には影響なく臨めるよう事前の準備や対策はしっかりと考えておきましょう。

台風でも家からスーツで行くべき?

雨、傘、女性

台風で家からスーツで行くと明らかにずぶ濡れになることが事前に分かるのであれば家からスーツを着る必要はありません。

私服で面接会場付近まで移動して面接会場付近でスーツに着替えるというのが賢明です。

着替えは公共のコインロッカーなどを利用して面接会場へは必要最低限のものを持っていきましょう。

自宅からスーツで向かう場合はスーツ全体を覆えるコートを上に着ていくなどして天候の影響が見た目に影響しないよう対策しましょう。

防水対策をしていこう

タオル

雨天の場合の防水対策も大切です。

雨天だと服だけでなく靴までびしょ濡れになってしまう可能性があります。

タオルなどを常備して面接会場で拭く対応もできますが、ひどい悪天候の場合は防水対策をしっかりしましょう。

・提出書類などはなるべくファイルやビニール袋の中に入れて濡れないよう持ち歩く

・レインコートや傘を使用してスーツや髪が濡れるのを防ぐ

・万が一服や髪が濡れてしまった場合のためにタオルや着替えを準備しておく

・事前にスーツや靴に防水スプレーをかけておく

上記のように防水対策は入念に行い、面接会場にて雨を感じさせない女性を目指しましょう。

メイクやヘアセット

メイクアップ

自宅でしっかりと身だしなみを整えても悪天候の日は面接会場に到着するまでにメイクや髪型が乱れてしまいます。

ヘアメイクは面接官に与える第1印象を左右するためきちんと整えることが大切です。

悪天候の場合は面接会場付近でヘアメイクを再度整えることができるよう必要最低限のメイク道具を持参しましょう。

ハード系のヘアスプレーやワックスがあると髪の乱れを綺麗に整えることができるので便利です。

面接には乱れた髪型ではなく清潔感を感じさせる整った髪型で臨むようにすると好印象に繋がります。

どうしても行くのが難しい時はオンライン面接を依頼してみよう

パソコン

悪天候の影響でどうしても面接会場へ行けない場合はオンライン面接を依頼してみるのも1つの手段です。

企業によってはオンライン面接の対応ができる可能性がありますので、自らキャンセルするくらいなら企業に相談してみましょう。

オンライン面接を依頼する際は簡潔に分かりやすく面接に行けない事情を説明するようにしましょう。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

オフィス、打ち合わせ

転職エージェントに登録しておくとたくさんのメリットがあります。

今回のように悪天候での面接の有無を確認する場合も転職エージェントに相談するとスムーズです。

自分では判断ができない事態が発生した場合はうまく転職エージェントを活用してアドバイスをもらうようにしましょう。

転職エージェントに登録すると応募先企業の情報をもらえるだけでなく、書類の添削や転職に関する様々な悩みを相談することができます。

相手は転職のプロですので、自分では気づかなかった視点からいろんなアドバイスをもらえるはずです。

まだ登録したことがない人は是非この機会に登録してみてください。

まとめ

 雨上がり、葉

台風や悪天候時の面接対応の仕方は参考になりましたか。

面接当日に予期せぬ事態が発生した場合は、落ち着いて対応できるよう事前に準備しておきましょう。

様々な可能性を事前に予測しておくことで、臨機応変な対応をとることが出来ます。

面接官は緊急時の対応の仕方などからも応募者の人柄や能力を判断することもあります。

高確率で内定をもらうためにも、悪天候などに左右されずいつでも落ち着いて面接に臨めるようにしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら