多くの人は憧れの会社として大企業を想定して就職活動・転職活動を行うでしょう。

しかし、実は日本の企業の90%が中小企業であることをご存知でしょうか?

仕事が人生の全てではありませんが、働く環境によって大きく左右されるのは事実です。

今回は日本の9割を占める従業員数の少ない企業で働くメリットを解説します。

社員数の少なさが与える影響や求人の探し方なども紹介するので参考にしてみてください。

Contents

従業員の少ない企業のメリット

日本人はなぜか大企業が安定していて中小企業が不安定であると考えがちです。

しかし従業員の少ない中小企業にもメリットは多々あるので、ここではそれを紹介します。

組織構成がわかりやすい

組織

従業員数が少ない会社は組織構成が具体的に見えやすいということです。

社長と役員・平社員との距離感が凄く近いので仕事の流れも把握しやすくなります。

1日の仕事の流れさえ把握してしまえば、自主性を持って前向きに取り組めるでしょう。

また同時に自分の立ち位置や任されている役割の意味も把握できるのです。

社長と社員の距離感が近いことから企業理念も浸透しやすい環境にあります。

フットワークが軽い

転職

2つ目はフットワークの軽さ、すなわちスピード感の速さです。

少数精鋭で社員同士の距離が近いことから承認を得やすい環境にあります。

大企業となると仕事が細分化されている為、承認を得るまでに時間がかかるのです。

一方中小企業ではこの辺りのプロセスを手短にできるというメリットがあります。

素早く対応できることからスキルや経験も素早く吸収できるのです。

このフットワークの軽さは中小企業ならではのものでありましょう。

人間関係が楽

楽な人間関係

1つ目の組織構成の分かりやすさと関連して、人間関係が楽です。

中小企業は社員が少ない分距離感も近くコミュニケーションが取りやすい環境にあります。

大手企業に比べ異動や配置転換も少ないことから密な関係を築きやすいのです。

細分化もされていないのでチームワークを大切にする気持ちも自ずと形成されます。

人間関係での煩わしさがなく純粋に仕事に集中できる環境があるのです。

企業外部との交流で人脈を増やせる

人脈

中小企業は取引先との外部交流も積極的で人同士の繋がりを増やすことができます。

顔をすぐに覚えてもらうのも関係性を築くのも比較的早いのです。

営業だと大体OJTで回ることが多く、早い段階でお得意様を紹介してもらえます

そこからプライベートの関係性に発展することも少なからずあるでしょう。

このように企業同士の距離感が近いのも大きなメリットです。

新規案件や新しいことを任される

従業員数が少ない企業では新人でも新規案件やプロジェクトといった大きな仕事を任されます。

大企業とは違い個人の力が会社全体に重要な決定をもたらす大きな原動力となるのです。

出世するスピードや個人スキルも大企業に比べて圧倒的に早いのが利点でしょう。

それは同時に新しいビジネスチャンスとして会社の事業拡大に貢献することにも繋がります。

入社してからたった2・3年で任された分野のエキスパートとなることも可能なのです。

会社の業績に直接の影響を個人が与えるという点も大きなメリットではないでしょうか。

従業員の少ない企業のデメリット

従業員数の少ない企業には数々のメリットがある一方でデメリットもまた大きいのです。

ここでは中小企業が抱えるデメリットについて具体的に解説します。

人間関係がデメリットになることも

喧嘩

中小企業ならではのアットホームな人間関係はメリットであると同時にデメリットにもなります。

もし気の合わない人だった場合、それがかえって衝突・軋轢を招く可能性もあるでしょう。

特に社長から高く評価されている先輩社員と険悪なムードになった場合は関係性の修復が難しくなるのです。

距離感の近さは同時に行き詰まった時の逃げ場がないというデメリットも生み出します。

家族経営などの場合は特にこの傾向が強く、打ち解けられないと排他的な雰囲気が強く出るのです。

最大の長所は同時に最大の短所にもなりうるということを非常に端的に表しているでしょう。

自分の担当範囲外の仕事をやることも

少数精鋭で新しい仕事を任されることは裏を返せば自分の担当範囲外の仕事をやることにもなります。

臨機応変な対応やスピードは身につきやすいですが、それが初めての仕事だった場合は大変でしょう。

身の丈に合っていない仕事や向いていない仕事まで任されることになるのですから。

どんな仕事にもその人の得手不得手向き不向きといった適材適所が存在します。

ここは従業員数が多い大企業の方に分があり、1人が休んでも代理を立てることが可能です。

少数精鋭ということは1人でも欠けたら他の人にかかる負担が大きくなることを意味します。

休みが取りにくい

休み

少数精鋭の話と関連して有給休暇が取りにくいというデメリットもまたあります。

会社によっては繁忙期になると休日出勤を余儀なくされることも珍しくありません。

大企業であれば仕事が細分化されて仕組みも整っているので、個人の仕事量はさほど影響を受けません。

人手が足りない時は下請けの取引先などにその仕事を振ることで対応できるからです。

しかし、小さな会社ではどうしても大きい仕事になった時にオーバーワークになる可能性があります。

福利厚生という面でどうしても大手に比べて難しい面があることは否定できないでしょう。

教育環境が充実していない

教育

中小企業が抱えることになる大きな問題として、新人教育の環境が十分に整っていないことが挙げられます。

大企業であれば3ヶ月〜半年とじっくり時間をかけてビジネススキルの研修を定着させることが可能です。

様々な人材教育のノウハウや歴史の蓄積もあるので、充実した新人教育へ投資することができます。

ところが中小企業の場合そういう教育研修が充実していないところもあり、実戦形式で学ぶ形となります。

叩き上げなのでスキルや経験は付きやすいのですが、それだけではカバーしきれない部分もあるでしょう。

従業員の少ない企業の安定性は?

会社

中小企業へ就職する女性の方が大企業と比較した時に気にするのが「安定性」ではないでしょうか。

パブリックイメージとしても中小企業より大企業の方が安定していると思われがちです。

しかし企業の安定性に関しては規模など関係なく、業績や事業内容の将来性などを見ないと分かりません。

ましてやコロナ禍において社員の働き方も多様化された現在は既存のビジネスモデルが通用しなくなっています。

大企業に勤めていても解雇されるリスクはありますし、逆に安定性を増している中小企業もあるでしょう。

また、個人の成長と企業の安定性も必ずしも比例するものではありません

安定性を中小企業と大企業の評価基準にするのは適切ではないといえます。

従業員の少ない企業の給料は?

給料

次に気になるのが中小企業の給料ですが、これもまたその会社の業績によります

しかし安定性と違うのは大手企業の方が平均年収は上だという傾向があることです。

人数が多ければ多いほど事業も大きいので得られるリターンも大きいのでしょう。

また、大企業の場合はボーナスもあるのでその分の差も影響しています。

とはいえ中小企業もボーナスがあるところは沢山ありますし、昇級の可能性は十分にあるのです。

安定性に続いて給与体系も結局は個々の企業で異なるのではないでしょうか。

従業員数が会社に与える影響

それでは従業員数が会社に与える影響はどんなものがあるのでしょうか?

社員数と従業員数の違いは

疑問

社員数と従業員数の違いは正規雇用のみか非正規雇用も含むのかという違いがあります。

例えば社員の場合は社長や役員をはじめとした正規雇用のみならず株主も含むのです。

一方従業員は会社に雇われて働いている全ての労働者のことを指します。

ですから、従業員という言葉は実質「労働者」を別言したものと見て間違いありません。

そこには正規雇用か非正規雇用かという違いはなく全員が従業員となります。

従業員数が多いほどビジネスの規模も大きくできる

ビッグプロジェクト

当然のことですが、従業員数が多ければ多いほどビジネスも大きくなるのです。

また、ビジネスの規模はそれだけ多くの企業から認められているということも意味します。

これもまた中小企業が大企業に遠く及ばないところではないでしょうか。

大きいビジネスを展開しようとすると、どうしても多くのコストがかかります。

大企業が人気を誇る理由の主たるものはここにあるのです。

従業員数が多い企業が必ずいいとは限らない

従業員数の多さが必ずしも企業の良し悪しを決めるわけではありません。

ここでは大企業を選ぶべき人と中小企業を選ぶべき人が重視するポイントを解説します。

大企業を選ぶべき人は

大企業

大企業を選ぶべき人が重視するのは何といってもビジネスの規模ではないでしょうか。

時には国全体を動かすレベルのビッグプロジェクトを任せてもらえる可能性もあるのです。

ここで大事なのはそのビッグプロジェクトが転職者の望むキャリアと合致しているかどうかでしょう。

上記したように安定性や給料は企業を選ぶ際の絶対的な基準にはなりません。

終身雇用で就職すれば安泰した人生を遅れるという時代はとうの昔に終わりを告げました。

大企業も今や積極的な意思を持って働かない人は即座に解雇されてもおかしくない時代です。

本当にその事業が自分のキャリアプランと合致しているかどうかを検討してください。

中小企業を選ぶべき人は

中小企業

中小企業を選ぶべき人が重視するのは個人スキルや成長という点ではないでしょうか。

人数が少ないからこそ個人の仕事の責任が重くなり、自主性をもって仕事ができます。

また、業績をしっかり出していくことで大きな仕事や新規事業も任せてもらえるのです。

大企業とは違い自分の意見や提案が会社の業績に直接的な影響を与えられるのが大きいでしょう。

個人の負担こそ大きくなりますが、その分充実感・達成感も大きく感じられるのではないでしょうか。

チャレンジ精神が旺盛な人こそ少数精鋭の中小企業で腕を磨いていくのにとても向いています。

成長したいなら従業員数が少ない企業がおすすめ

成長

上記してきたことを総括すると、成長したいなら従業員数が少ない企業がおすすめです。

やはり会社の成長と個人の成長が比例するのでやり甲斐はあるでしょう。

あとは自分のやりたいことや夢がその企業で実現できるかどうかということです。

企業理念や事業内容をしっかり把握し、その企業で何を実現したいのかを考えてください。

そこを軸に考えていくと面接の採用率も自然と上がるのではないでしょうか。

従業員数の少ない求人の探し方は

求人

そんな従業員数の少ない企業への転職活動はどのように行えばいいのでしょうか?

方法は様々ありますが、求人の探し方は自分のキャリアパスとスキルを軸に選んでください。

安定性や福利厚生・給与体系などはあくまでも後付けに過ぎません。

また取引先がきちんと信頼できるところかどうかも見てみましょう。

とにかく大事なのは徹底的に戦略を詰めてキャリアプランを具体化することです。

転職活動は転職エージェントを活用しよう

エージェント

中小企業への転職活動は是非転職エージェントを活用してください。

特に若い女性の場合はまだ知識も経験も不十分で分からないことも多々あるでしょう。

求人の探し方も自分1人では分からないことがあり、どこかで行き詰まります。

そういう時、転職エージェントはプロの見地から様々な意見やアドバイスをしてくれます。

また、非公開の求人などを紹介してくれることもあり転職活動の幅も大きく広がるのです。

まとめ

ビジネスプラン

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では従業員数が少ない企業のメリット・デメリットを中心に解説してきました。

働き方が益々多様化・複雑化する現代社会で何を基準に仕事を選べばいいのか分からないでしょう。

しかし、本当に大切なことは何も変わりません。

あくまでも「自分がその企業で何を実現したいのか?」が最終的な決め手でしょう。

それが企業理念や事業内容と大筋の部分で一致した時にこそ転職活動は成功します。

大企業も中小企業もメリット・デメリットは一長一短あってどれが正しいのかは不明です。

それよりはその企業を選ぶことで自分の可能性が広がるのかが大事ではないでしょうか。

本稿が少しでも中小企業を選ぶ女性への参考になれば幸いです。

後悔のないよう熟考の上で素敵な転職活動を行い理想のキャリアを実現してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら