実力や能力ではなく、勤続年数や年齢によってポジションや給与が変動するのが年功序列です。

この制度には成果主義とはまた違ったメリットが存在しています。

今回は年功序列について詳しく説明していく記事です。

モチベーションをどのように保つか、制度の仕組みはどのようになっているのかなど詳しく説明していきます。

年功序列の「メリット」とは

オフィスにいる女性

年功序列というものは若手社員にとってはメリットが感じにくい制度です。

しかしながら、長い間日本に根付いてきたこの制度には明確なメリットが存在しています。

この制度が優れている理由とは一体何なのでしょうか。

そのメリットを具体的に解説していきましょう。

人生設計がしやすい

年功序列というのは勤続年数が伸びればそれだけ給与も高くなり、役職にも付くことができます。

終身雇用という言葉と共に語られる年功序列制度では、基本的に退職までの期間を1つの会社で過ごすのです。

そのため今後の見通しが付きやすく実力主義と比べて人生設計を行うことも容易となります。

キャリアパスもある程度固まってくるためプライベートにおいても仕事においても予想外のことが起こりにくいという利点があるのです。

これによってライフスタイルを固定したり、どのような出世の道が待っているのかを見通すことができます。

これは年功序列の大きなメリットの1つでしょう。

会社への帰属意識が強くなる

女性のスーツ姿

年功序列における大きなメリットとして、会社への帰属意識の強さがあります。

この制度においては長期的に同じ会社で働くことで昇給する可能性も上がるため、帰属意識が高まりやすい傾向にあるようです。

このおかげで会社内には社員の定着率の向上が望めます。

多くの社員が定着するということはそれだけ多くの社員と一緒に働く期間が長くなるということです。

これにより社員同士の理解が深まるため、お互いのことを良く知った上で業務を行えることもメリットとなります。

社員の連帯感が高まる

前述したように社員同士が長い間同じ職場で働いていることで、必然的に連帯感が生まれます。

お互いがどういった人材であるかということを理解できるため業務の効率化にも繋がるのです。

また実力主義ではないため社員間の争いというのも起こりづらくなっています。

もし連帯感のある職場で働きたいという場合は年功序列の会社に入社するのが良いでしょう。

社内の教育システムが作りやすい

年功序列の会社では明確に勤続年数や年齢によって上司と部下の関係が構築されます。

そのため教育システムも先に入社した人が新入社員に対して教えるという教育システムが作りやすいのが特徴です。

分かりやすい上下関係によって教育者と学習者が明確になります。

これにより教育システムのマニュアル化も容易に行うことができるのです。

人事評価が簡単

年功序列の人事評価は年齢や勤続年数が基準となっているため、評価するのが簡単というメリットがあります。

どのような基準で評価を行うかということが明確になっているため、社内でその基準を共有することも容易です。

人事評価が簡単であるため、人事が担当する業務の効率化も行え、そのためのコストも低く抑えることができるでしょう

勤続年数が長い人材が多いため、どのような部署に割り振るかということも各人員の特徴に合わせて行うことができます。

人事評価において、年功序列は評価基準が簡単であるという点においてメリットが感じられる制度です。

年功序列の「デメリット」は

転職活動をする女性

ここまでは年功序列のメリットについてお伝えしてきました。

しかしこの制度には明確なデメリットも存在しています。

次はそのデメリットについて解説していきましょう。

目的意識が弱くなり生産性が上がらない

年功序列では実力に関係なく給与や評価が決まるため、社内での競争意欲が高まりにくい環境となってしまいます。

そのため企業の経済活動における目的意識が弱まりやすいのがデメリットの1つです。

実力主義や成果主義では仕事の成果が評価に直結しますが、年功序列はそうではありません。

評価に影響を及ぼすことはあっても、基本的に勤続年数や年齢が評価基準の大きな割合を占めます。

そのため、仕事への意欲が低くなりがちで生産性が向上しにくいという傾向があるのです。

意識の高い若年層の労働意欲が低下する

ビジネスウーマン

年功序列の会社では新入社員や若手社員が仕事に対して打ち込むというのが難しくなってしまいます。

何故ならば、仕事の成果というのが給与や役職に反映されにくいからです。

仕事への意識が高い人であっても、そのような環境下では段々と意欲が低下してしまいます。

結果的に仕事へのやりがいも感じにくくなってしまうというのもデメリットの1つです。

社員の高齢化で人件費が高くなる

勤続年数の多い社員が増えれば評価の高い人材も多くなるため、比例して人件費も高くなります。

高い人件費を払い続ければ会社を経営していく上で大きな負担となることが予想できること。

長い間社員の高齢化が続いた場合、若年層の仕事における負担も増えることが予想されます。

年功序列の会社においてこれは明確なデメリットであり、解消するために早期退職などの制度が必要となるでしょう。

年功序列制度の仕組み

仕事をする女性

年功序列制度は長期間同じ会社に勤めていれば、その分だけスキルや能力も向上するであろうという考えに基づいています。

そのため、この制度では勤続年数や年齢を評価基準としているのです。

長期的に同じ会社に勤めていると、企業に対しての理解も深まり帰属意識も生まれます。

その意識というのが団結力を生み、仕事に対してポジティブな影響を与えると考えられているのです。

年功序列が生まれた背景を知ろう

ノートを手にして考え事をする女性

年功序列というのは日本独自の仕組みであるといわれています。

これは高度経済成長期に登場した制度であり、人手不足を解消するために考えられたものでした。

生活の安定を保証することによって長い間雇用できるようにしたのです。

この生活の安定というのは、先述したようにその評価基準が関係しています。

勤続年数や年齢が評価基準であるということは長い間働けばそれだけ評価が上がり給与も上がるということを意味するのです。

この制度により、多くの企業が働き手を確保することに成功しました。

そしてこの制度を今も採用している企業が日本にはまだ数多くあるのです。

年功序列のモチベーションは?

ガッツポーズをする女性

年功序列は長期的に安定して仕事をしていくことができる制度です。

若手社員の場合には長い期間を費やして育成してもらえるというのもメリットの1つとして挙げられます。

しかし年功序列は成果主義と違い、仕事での成果や自身の実力が評価に繋がりません。

そのため仕事に対してのモチベーションを保つのは難しいと考えられています。

年功序列が崩壊している?

スマホを置いた女性

以前と比べ、日本においても成果主義の会社は増えており年功序列の会社と双璧を成しているのです。

そのため、人々は自分に合った制度の企業を選ぶことができるようになりました。

このような状況において巷では年功序列は既に崩壊しているのではないかといわれています。

ここではその理由についてご紹介しましょう。

経済の停滞による働き方の見直し

経済が右肩上がりの時代であれば、年功序列であっても人件費が嵩んでも問題ありませんでした。

しかし経済が長期的に停滞していると、莫大な人件費を負担することが厳しくなるのは想像に難くありません。

そのため多くの企業が終身雇用の見直しを行い、実力主義や成果主義へと移行しているのです。

現在も人手不足が多くの企業で取り沙汰されています。

しかし今は今後の経済状況が不透明な状況のため年功序列を採用する企業は以前よりも減少しているのです。

労働人口が減っている

労働人口が減っていることが何故、年功序列の崩壊と関係があるのでしょうか。

近年、人手不足な状況を打破するために多くの企業が優秀な人材に対してそれ相応の報酬を出す評価形式を採用しています。

優秀な人材は年功序列の会社に入るよりも、こうした実力主義の会社に入った方が給与も評価も高くなるのです。

このような理由により年功序列の会社は優秀な人材を雇用する機会が無くなってしまいます。

そうした企業が優秀な人材を獲得したい場合には自社でも年功序列を辞める必要が出てくるのです。

こうしたことが続けられていくと年功序列は段々と意味をなくしてしまいます。

人手不足の状況において企業が優秀な人材を雇用するのには、実力主義が有利な状況となっているのです。

年功序列制度を廃止した企業事例をご紹介

カバンを抱える女性

次に年功序列制度を廃止した企業について、実例をご紹介していきます。

以下のように年功序列を辞めて実力主義へと移行したケースは少なくありません。

このようなケースもあるということを知れば、転職先の企業選びにも役立つのではないでしょうか。

日立製作所

日立製作所では2014年に課長以上の管理職に対して年功序列の廃止を行いました。

これにより給与を仕事に成果によって決定する成果主義へと移行したのです。

これは役割給ともいわれ、自身のポストに応じて給与が決定するため競争も活発になります。

役職に就いていない社員も成果を挙げればポストに就くことができ、その頑張りが給与にも反映されるのです。

成果主義によって社内競争を促進することで、企業を成長へと導こうとしています。

ソニー

ノートに書き込む人

ソニーは社内の40%いた管理職を20%まで削減し、成果主義の導入を決定しました。

それまで愛社精神を軸に会社の経営を行ってきたソニーですが、大きな方針転換を行なったのです。

これにより、コストの削減を実現し管理職が削減されたことによって意思決定も効率化されたといわれています。

今までよりも様々な面でスムーズに仕事を行えることになった上、成果主義により競争意識が高まりました。

パナソニック

パナソニックではそれまでの年功序列制度や終身雇用などを廃止しました。

そして2016年から管理職・一般社員の両方を対象として成果主義を導入することにしたのです。

パナソニックは日本で終身雇用と年功序列を初めて行なった企業ともいわれていました。

そのためこの方針転換は日本国内に大きな衝撃を与えたのです。

大手企業がこぞって年功序列制度を廃止しているのは、今の時代が成果主義の考え方にマッチしている面もあるのでしょう。

時代の流れによって大手企業は方針転換を余儀なくされているのです。

仕事の成果や役割が給与に反映されるようになったことで若手であってもチャンスがある会社へと変貌しました。

今の日本の年功序列の割合は?

資料を見る女性

年功序列制度は、1992年においては78.2%の国内企業で採用されていました。

しかし2018年にはこれが47.1%にまで減少しています。

これは日本国内の企業が年功序列から成果主義へとシフトしていることを意味すると考えられるでしょう。

以前まで年功序列制度を採用していた企業も、このような時代の波に乗って成果主義へと移行しているようです。

今後もこのような流れは続いていくと考えられ、成果主義の企業は増えていくことでしょう。

しかし年功序列が崩壊しているとはいっても、2018年時点でまだ47.1%も採用している状態です。

そのため、今後も現象はしても生き残ってはいくと考えられるでしょう。

人々は自分に合った働き方として年功序列か成果主義のどちらかを選ぶようになるのではないでしょうか。

困ったら転職エージェントに相談しよう

話をする女性

もし転職で困った場合には転職エージェントへの相談を検討してみてはいかがでしょうか。

今回のように年功序列か成果主義かで迷ってる場合なども、是非相談してみましょう。

転職後の働き方が自分に合っているのかを教えてくれるはずです。

また、転職エージェントに求人を紹介してもらったり入社後の労働条件について教えてもらったりすることもできます。

エージェントに相談すれば自分が入社したい企業を見つけることを最大限バックアップしてくれることでしょう。

また、他にも職務経歴書の作成や模擬面接の実施など、転職活動への不安を和らげる様々なサポートをして貰えます。

転職活動が不安な方は転職エージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

安心して転職活動を行っていけるはずです。

まとめ

面接

今回は年功序列について詳しく解説してきました。

成果主義の会社が増えていますが、今後も年功序列は働き方の1つの形として存在し続けるのは間違い無いでしょう。

もし自分が年功序列の会社に入りたい場合には今回ご紹介したメリットやデメリットについてよく考えることが必要です。

年功序列と成果主義のどちらが自分に合っているかを吟味しましょう。

もし転職活動で悩むことがあれば、転職エージェントに相談をしてみることをお勧めします。

転職に関する様々なサポートを行ってくれるだけでなく、プロの視点から面接や書類に対して評価をしてもらうこともできるでしょう。

不安なく転職活動を行っていくためにも、是非転職エージェントの利用を検討してみてくださいね

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら