退職後すぐに再就職しない場合は失業保険を受給できる可能性があります。

しかし失業保険の受給には必要書類も多くすぐにもらえるというわけではありません。

今回はそんな失業保険をもらうために必要な書類や手続きの流れについて詳しくご紹介します。

ハローワークで受け取る失業保険受給のための書類

ハローワーク

失業保険を受給するためにはハローワークで手続きをしなければなりません。

そして様々な書類を受け取ることになります。

どれも失業保険受給のために重要なものなので内容をチェックしておきましょう。

求職申込書

ハローワークで失業保険を申し込むには求職申込をする必要があります。

なぜなら失業保険は今後働く意思がある人への支援だからです。

そのためまずは求職申込書を渡されることになります。

求職申込書には希望する仕事・月収・資格・最終職歴といったことを記入します。

これによってハローワークで求職者登録がされるのです。

ハローワークカード

ハローワークを利用するのに便利なのがハローワークカードです。

求職申込書を提出するとこのカードが発行されます。

自分が希望する仕事や条件に合った求人を検索するときに使うと便利です。

またハローワークで開催されるセミナーの受講にも使います。

雇用保険受給資格者のしおり

失業給付金受給者のしおり

失業保険受給の前に雇用保険説明会に参加する必要があります。

ハローワークではそういったことが記載されている雇用保険受給資格者のしおりを受け取ります。

この時に説明会の日時を決めて参加しましょう。

雇用保険受給資格者証

雇用保険受給資格者証

雇用保険説明会で受け取る書類の1つに「雇用保険受給資格者証」があります。

ここには離職日や離職時の賃金日額といったことが記載されています。

また基本手当(失業保険)・給付日数・受給期間満了日といった受給に関する情報も記載されています。

失業保険受給のために重要な書類なのでなくさないように保管しましょう。

失業認定申告書

失業認定申告書

ハローワークでは「失業認定申告書」というものも配布されます。

失業保険を受給するためには4週に1回の頻度で失業認定を受けます。

その認定に必要なのが失業認定申請書です。

ここには就労の有無や収入・求職状況などを記載します。

もしも前回から今回の申請までにアルバイトや内職をしていたら申告をすることになります。

アルバイトや内職であっても就労時間・収入によっては就労とみなされる場合があります。

また失業保険受給の条件に月2回以上の求職活動があるので状況も記入しましょう。

失業保険受給に必要な書類とは

チェック項目

ハローワークで失業保険の申請をするために必要な書類をご紹介します。

失業保険の申請には期限があるので早めに必要な書類を準備しておきましょう。

離職票

離職票

失業保険の申請には離職票が必要です。

離職票はハローワークが交付して会社が退職者に郵送することになっています。

退職後に郵送されるので確認してください。

離職票には「雇用保険被保険者離職票-1」と「雇用保険被保険者離職票-2」の2種類があります。

前職で加入していた雇用保険の資格喪失を証明するのが「離職票-1」です。

そして退職前日までの賃金や離職理由が記載されているのが「離職票-2」です。

この2種類とも必要事項を記入してハローワークに提出することになっています。

印鑑・写真

失業手当の申請の際には印鑑と写真を忘れずに持参しましょう。

印鑑はスタンプ式のものは不可となっているので気をつけてください。

写真は最近のもので縦3cm×横2.5cmのものが2枚必要です。

履歴書に貼る証明写真と同じく正面上半身で帽子などを被っていない写真を用意します。

本人確認書類

申請時には本人確認書類の提示が必要です。

本人確認書類として認められている代表的なものは運転免許証・パスポート・住民基本台帳カードです。

またマイナンバーカードの場合はもう1つの必要書類である「マイナンバーがわかる書類」に含まれます。

マイナンバーカードを持っているという人はこちらを提示すると何かと便利です。

本人名義の普通預金通帳

失業保険は銀行口座に振り込まれることになっています。

そのため失業保険申請の際には普通預金通帳など口座情報がわかるものが必要です。

通帳がなければキャッシュカードでも可能です。

マイナンバーがわかる資料

マイナンバーカード

本人確認書類としてマイナンバーカードを提示しないという人もいるでしょう。

しかしそれでもマイナンバーがわかる資料が必要になります。

マイナンバー作成時に使う「通知カード」があればそちらでも大丈夫です。

離職票がないと失業保険給付に影響がでる

積み上げられたお金

失業保険の受給期間や金額は離職票に記載されている内容で決まります。

そのため失業保険の申請には離職票が必須となっているのです。

しかし何らかの理由で離職票が手元にないというトラブルもあるでしょう。

万が一離職票が手元にない場合でも仮申請は可能です。

ただし仮申請なので失業保険受給には必ず離職票を提出しなければなりません。

また離職票がなくて申請が遅れると失業保険を満額受給できないリスクがあります。

自己都合退職の場合、失業保険が受給できる期間は90~150日となっています。

例えば給付日数が90日の人では退職日から6か月以内に申請する必要があります。

この期間内に申請できなければ満額受給できないばかりか、1年経過すると打ち切られてしまうのです。

そのため離職票がないと失業保険給付に影響が出るのです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

離職票って何?

考える女性

失業保険の受給に需要な離職票ですがどのようなものなのでしょうか。

離職票は雇用保険に加入していた人がその会社を離職したことを証明するものです。

この離職票には雇用期間や雇用形態(正社員・契約社員等)・賃金などが記載されています。

退職が決まると会社は離職証明書を発行します。

そして会社側が離職証明書をハローワークに提出することで雇用保険から脱退する手続きを行います。

この段階でハローワークが離職票を発行して会社に届けます。

会社は離職票が届いたら退職者に郵送することが多いですが取りに来るよう連絡する場合もあります。

離職票は退職すると発行されることになっていますが、必ず発行しなければならないというわけではありません。

離職票は退職者の依頼による発行なので必要な場合は会社に依頼しておきましょう。

トラブルを避けるために退職者全員に離職票を発行する会社もあります。

離職票が届かない場合は?

CHECKと書かれたメモ

失業保険受給のために必要な離職票ですがなかなか届かない場合はどうすればいいのでしょうか。

ここでは離職票が届かない場合の対処法をご紹介します。

会社に問い合わせる

離職票が届かない理由として考えられるのは「会社が離職証明書を提出していない」か「離職票の発行を依頼していない」です。

会社は退職から10日以内にハローワークに離職証明書を提出する決まりになっています。

期限内に提出するつもりはあっても忙しくて提出が遅れてしまうこともあるでしょう。

また離職票は退職者の依頼による発行となっています。

そのためハローワークに離職証明書を提出する際に離職票の発行を依頼していないことがあります。

どちらにしても会社に離職票が届いていないことを問い合わせてみましょう。

もし離職票を依頼していないようなら、そこで発行の希望を伝えてください。

ハローワークで確認ができる

離職票の発行状況はハローワークで確認することができます。

退職した会社に連絡しづらいという人もいるのではないでしょうか。

その場合はハローワークで確認してもらうという方法もあります。

ここで離職証明書が会社から提出済なのかや離職票の発行依頼があったかがわかります。

まだ離職証明書が提出されていない状況ならハローワークから会社に催促してもらうこともできます。

離職票を紛失した場合は?

悩む女性

失業保険の受給申請には離職票が必要です。

そのため失業保険の受給を申請するつもりの人は大切に保管しておかなければなりません。

しかし退職の片付けなど何らかの理由で紛失してしまうこともあるでしょう。

離職票を紛失すると失業手当を受給できないのか不安になってしまいますね。

万が一離職票をなくしてしまっても再発行が可能なので安心してください。

再発行方法は「前の会社に依頼」「ハローワークで申請」の2パターンです。

会社は離職証明書を4年間保管する義務があります。

そのため退職後4年以内であれば会社からハローワークに依頼して離職票の再発行が可能なのです。

またハローワークで再発行する場合は「離職票再交付申請書」を提出します。

本人確認書類・印鑑・雇用保険被保険者証と申請書を持参してハローワークで手続きをしましょう。

ハローワークで再発行する場合は期限はありません。

失業保険の受給手続きの流れ

スケジュール確認

退職から失業保険受給までの手続きの流れを確認していきましょう。

まず退職が決まったら会社に離職票の発行を依頼します。

会社は離職証明書を作成しハローワークに提出します。

そしてハローワークが離職票を発行して会社に届けることになっています。

その後会社が退職者に離職票を郵送することになります。

退職から手元に離職票が届くまでに最大2週間程度かかると思っておきましょう。

離職票が届いたら離職理由などの記載内容を確認します。

そして離職票に必要事項を記入し書類をもってハローワークで申請します。

ハローワークで開催される説明会に参加して失業保険受給について確認しましょう。

会社都合退職の場合は7日間の待期期間を経て失業保険の給付が開始になります。

また自己都合退職の場合は3か月の給付制限があるのですぐに給付されるわけではありません。

この3か月の間にハローワークへ行き求職活動をしたり失業認定申請をする必要があるので忘れないようにしましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

必要書類に関する疑問

考える女性

失業保険の申請には様々な書類が必要です。

書類に不備があると受給できないのではないかと不安になる人もいるでしょう。

ここでは必要書類に関する疑問についてご紹介します。

身分証明書がないときは?

身分証明書として使われることが多いのが運転免許証とマイナンバーカードです。

しかしどちらも持っていないという人もいるでしょう。

その場合の身分証明書はどうすればいいのでしょうか。

先ほど必要書類のところでお伝えしたようにパスポートや住民基本台帳カードでも大丈夫です。

写真付きであれば官公庁が発行した資格証明書でも受け付けてもらえます。

また写真付きではないものでも身分証明ができることがあります。

例えば年金手帳・健康保険証・児童扶養手当証書といったものです。

この場合は2つ必要になるので準備しておきましょう。

マイナンバーがわからないときは?

マイナンバーの記入が必要になる書類も増えてきました。

しかしまだマイナンバーカードを作成していないという人も多いのではないでしょうか。

作成のために必要な通知カードも紛失してしまうと、自分のマイナンバーがわからないということもあり得ます。

そのような時は役所などでマイナンバーが記載された住民票を発行してもらいましょう。

住民票を発行する時にはマイナンバーの記載あり・なしを選択することができます。

記載ありに指定して住民票を発行すればいいのです。

ハローワークに提出するマイナンバーがわかる資料はこの住民票も有効です。

ただし住民票の発行には所定の手数料がかかるので注意してくださいね。

必要書類が揃っていないときは?

必要書類が揃っていない場合はまず管轄のハローワークで相談しましょう。

離職票は前職への依頼だけでなくハローワークでの再交付が可能です。

ハローワークでわたされる書類を紛失した場合は早めに申し出て再交付してもらってください。

困ったときは転職エージェントに相談しよう

スマホを手に考え事をする女性

退職後すぐに再就職しない場合はハローワークで失業保険の申請をすることができます。

失業手当の受給のためには必要な書類も多く月2回の求職活動といった条件もあります。

手続きをして失業手当を受給できるようになっても今後の仕事への不安を抱く人も多いでしょう。

退職後に再就職などで困ることがあれば転職相談に登録して転職エージェントに相談しましょう。

あなたの希望に合った求人を紹介し転職をサポートします。

まとめ

スーツの女性と空

今回は退職後に失業保険をもらうための必要書類についてご紹介しました。

失業保険は今後働く意思のある人への経済的なサポートです。

そのため申請には離職票や失業認定申請書など様々な書類が必要なのです。

スムーズな申請と受給のために必要書類を把握してからハローワークに行くことをおすすめします。

また退職後の再就職で困ることがあれば転職相談に登録をして転職エージェントに相談しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら