キャリアの棚卸しという言葉は転職準備をしていると様々な場所で聞くことがあるでしょう。

しかし中にはその内容や方法について良く知らないという方もいるのではないでしょうか。

今回は転職に活用することができるキャリアの棚卸しの方法をご紹介していきます。

キャリアの棚卸しをして転職活動に活かそう

考え事をする女性

キャリアの棚卸しは、今まで自分がやってきた仕事を整理することを指します。

社会人として今まで経験してきたことを業務経験・実績・スキルなどの観点から洗い出す作業です。

これらを洗い出して分析することによって自身の仕事における強みや今後のキャリアパスを考えていくことができます。

転職活動をしていく上でキャリアの棚卸しはとても役立つといえるでしょう。

キャリアの棚卸しはなぜ必要?

名刺を示す女性の画像

キャリアの棚卸しをすることが必要なのは何故でしょうか。

これは自分の仕事における芯の部分が何なのかを理解するのに大変役立ちます。

普段はあまり気にせずに仕事に取り組んでいる人がほとんどでしょう。

しかしキャリアの棚卸しを実践すれば、自分がどんな風に仕事をしてきたのかが分かります。

自分はどのようなことにやりがいを感じたり、仕事において何を重要視したりしているのか。

そういったことを見直すのにキャリアの棚卸しというのは最適なのです。

そのため転職活動を進めていく上で必要となる自己分析に対して大変効果的だといえます。

キャリアの棚卸しで何がわかる?

面接を受ける女性

ここまで自己分析をしていくためにキャリアの棚卸しが必要であるということを述べてきました。

しかしながら具体的にどのようなことが分かるのかということを知らなければ役立て方も分かりません。

ここではキャリアの棚卸しで何が分かるのかを解説していきます。

自分のスキル

これまでのキャリアを振り返ると、自分がこれまでに習得してきたスキルに対して自覚的になることができます。

転職を考えている職種において通用する自身のスキルも分かるためアピールすべきスキルを見つけることもできるでしょう。

スキルというのは技術的なものだけを指す言葉ではありません。

自分自身がこれまでに培ってきたコミュニケーション能力や問題解決能力などもスキルの1つに数えられます。

こういったものはポータブルスキルと呼ばれ、どの職種であっても必要となるものです。

普段は気付かない自身のこういった能力にも目を向けられるようになるのがキャリアの棚卸しの利点だといえるでしょう。

仕事の実績

話をする女性

転職書類の作成するにあたって、これまでこなしてきた仕事における実績を書き記す必要があります。

実績を正確に記述しなければ転職先の企業もこれまでの実績を正確に把握することができません。

キャリアの棚卸しを行えば仕事の実績についても明確にすることが可能です。

どのようなキャリアを積んできたかということを振り返る際、仕事の実績について考えることは欠かせません。

職務経歴書の作成や転職面接などに大いに役立つでしょう。

自分の姿勢

キャリアの棚卸しは自分が仕事に対してどのような姿勢で取り組んでいるのかということを明確にするのにも最適です。

特に転職を希望する企業の社風や雰囲気が自分と合うかどうかを考えるのに役立ちます。

自分の価値観や仕事への取り組み方が会社と違った場合には、なかなか思ったように仕事を行えなくなってしまうでしょう。

そうしたミスマッチを防ぐのに自分の姿勢を明確にするのはとても重要です。

仕事に対してどのように向き合って行こうかと悩んでいる方にとっても今までのキャリアを考えることは有意義な経験となるでしょう。

これまでの取り組み方を振り返ることによってこれから仕事をどのような姿勢でやっていくべきかが分かるからです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

キャリアの棚卸しのやり方は?

女性の横顔

キャリアの棚卸しはどのようにやるのが1番良いのでしょうか。

ここではキャリアの棚卸しのやり方についてご紹介します。

棚卸しの際に留意することは?

キャリアの棚卸しを行う際には今までのキャリアでやってきたことを書き出していきます。

その際今までの仕事に対して、やりがいを感じたかや自分がその時思っていたことなども振り返るようにしましょう。

経験年数などに注目するのではなく、その時の自分に対して焦点を当てて考えると良いでしょう。

自分が何を考えて仕事を行ってきたのか、行動の結果どう感じたのかなど自分の心境の変化を書き留めます。

こういった情報は転職活動において、自分がやりたい仕事や働きたい職場を考える際に役立つことでしょう。

そして何故転職を考えたのか、今後のキャリアビジョンはどうかなどに自分の考えを繋げていきます。

自分の芯がどこにあるのかを知ることで、転職活動においても方向性がぶれずに行動していくことができるでしょう。

具体的なエピソードを準備しよう

転職書類や面接などの志望動機や自己PRでは、具体的なエピソードが必要となります。

何故そう思っているのかという部分を補強するためにも、キャリアの棚卸しで具体的なエピソードを見つけましょう。

その考えに至った経緯として説得力のあるものを選ぶことが大切です。

企業側もどうして今の考えに至ったのかということにはとても興味を示します。

キャリアの棚卸しをする際には、経験を振り返りながらその時のエピソードなども思い出すと良いでしょう。

どんな棚卸しが転職を成功に導く?

スーツを着た女性

転職を成功させるために具体的に何故キャリアの棚卸しが必要となるのでしょうか。

この理由を知ることによって、どのような棚卸しが転職を成功に導くのか分かるでしょう。

棚卸しが必要とされる理由について解説していきます。

なぜ転職に不可欠なのか

キャリアの棚卸しは転職に必要不可欠だといわれることが多々あります。

しかしながら具体的に何故必要不可欠なのかという部分を分からない方もいるでしょう。

キャリアの棚卸しをやっていくのは、自分の言葉に説得力を持たせるためだといえます。

社会人は皆、自分の価値観や性格に沿って仕事を行っていますが普段はそれに対しては無自覚です。

しかし転職活動においてはそうした自分の芯の部分を言葉で伝える必要が出てきます。

それができなければ、あなたがどんな人材かというのを面接や書類という少ない情報で判断することが難しくなるでしょう。

そのため自分をアピールする上でキャリアの棚卸しは不可欠なのです。

自己分析の重要性

OKサイン

キャリアの棚卸しと同じだけ重要であるといわれるものとして自己分析があります。

正確にはキャリアの棚卸しも自己分析に内包されているといえるでしょう。

自分がこれまでどのようにキャリアを積んできたのか、どんな仕事にやりがいを感じるのか。

そうやって自分に対して分析していく過程の一環として、キャリアの棚卸しがあるのです。

もし自己分析をしなければ、今後どのようなキャリアを積んでいきたいかも分からなくなってしまいます。

具体的にどのように仕事をやっていきたいのかも分からないままでしょう。

自己分析というのは過去の自分から未来の自分を導き出す作業でもあるのです。

<キャリアの棚卸方法1>職務経歴

パソコンに向かう女性

次は具体的にキャリアの棚卸しの方法について解説をしていきましょう。

まずは職務経歴における棚卸し方法です。

是非参考にしてみてください。

現在までの経歴

まずは現在までの経歴を振り返っていきます。

経験した職種や職務について洗い出すことによってこれまでに培ってきた能力や経験が明らかになっていくのです。

現在までの経歴というものを通して、自分の価値観強みなどを発見しやすくなります。

担当した業務

パソコンを操作する女性

次に担当業務についても詳しく振り返っていきましょう。

具体的にどのような業務を行ってきたのかを細かに書き出すことによって、自分が何に長けているのかが分かります。

自分がどの分野に対して強い人材であるのかを明確にすることができるでしょう。

担当した分野から自分の得意分野や培ってきた知識などを知ることができるのです。

勤務年数

勤務年数は主に職務経歴書の作成で必要となります。

自分がこれまでどの企業でどれだけの期間仕事を行ってきたのかというのは、仕事に対しての習熟度の指標の1つとなります。

企業側も勤務年数が長ければ、転職後も長い間自社で活躍してくれることを期待するでしょう。

勤務年数について具体的に書くことで、こうしたプラス評価に繋がるメリットも考えられます。

実務内容

実務内容というのはスキルや経験の面でとても重要視されます。

前職と関連した職種に就く場合には特に実務内容は重要になってくるでしょう。

特に経験者を採用したい企業は、どういった実務を行ってきたのかに対して注目すると考えられます。

自分が何に長けているのか、これまでにどういったプロジェクトに携わってきたのかを知らせるのに欠かせないのが実務内容です。

役職

役職というのは仕事におけるポジションを表すものであり、どれだけ評価されていたのかを表す指標です。

役職がある方は書類に記載するのを忘れないようにしましょう。

また、役職がない場合でもプロジェクトのリーダーを経験した場合や何かポジションが任された方はそれについて記載します。

どんな経験をしてきたのかは役職からも分かるため大切なポイントの1つです。

<キャリアの棚卸し方法2>武器になる経歴とは

カバンを抱える女性

次はキャリアの棚卸しでどのような経歴が武器になるのかを解説します。

棚卸しを行い今までの経験を書き出すことによって、転職において有利になるポイントを見つけることができるのです。

ここではそのポイントについて解説していきます。

成し遂げたこととは

これまでの経験を整理することによって、自分がどういったことを成し遂げてきたかを明確にすることができます。

これにより携わってきたプロジェクトの成功や業務における成果を具体的に言語化することが可能となるでしょう。

職務経歴書や面接の場などで自分の成功体験を語ることによって、1つのことを完遂できる人材なのだと思ってもらえます。

そのため、成功体験というのは転職活動において大きな武器となるでしょう。

自分は何をしたいのか

これからやっていきたいと思っている仕事がある場合には、それに向かって転職活動を行っていけば良いでしょう。

しかしながら自分が何をしたいのか分からない方にとってキャリアの棚卸しはとても効果的です。

棚卸しをすることで今までの経験から自分が何をしたいのかが少しずつ分かってくることでしょう。

そして何がしたいのかが分かれば、転職するべき企業というのも具体的になっていきます。

その企業や業種について調べれば、自分の経歴のどの部分が武器になるのかも分かるでしょう。

このようにキャリアの棚卸しは自分が何をしたいのかを明確にでき、それを企業に言語化して伝えるのにもとても役立つのです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

応募書類の書き方と面接の受け方

振り返る女性

次は応募書類の書き方と面接の受け方についてご紹介します。

以下のことに注意すると良い評価を受けられる可能性が上がるでしょう。

応募書類の書き方

応募書類を書く際に気をつける点は「レイアウトが読みやすいか」・「必要な情報があるか」・「不要な情報はないか」の3つです。

職務経歴書や履歴書を書く際にはこの3つに気をつけながら書くことが重要になります。

もしこれらが守られていない場合には人事から興味を持ってもらうことが難しいかもしれません。

職歴やスキル・自己PRなど重要なポイントを的確に伝え、それらが伝わりやすいように不要な情報は削除しましょう。

面接の受け方

面接を受ける女性たち

面接を受ける際に注意すべきなのは話す内容だけではありません。

勿論、内容がちゃんとしていなければ興味を持ってもらう事は難しくなります。

しかしそれ以上に面接官は振る舞いや言葉遣い、仕草などに対しても気を配っているのです。

そのため、「話し方」・「表情」・「姿勢」の3点には特に注意をするようにしましょう。

これらは印象を大きく変えるものです。

面接官に好印象を与えるために意識するようにしましょう。

転職エージェントが活動をサポートします

窓口で手続きをする女性

もし転職に関して困っていることがあったり、疑問点がある場合には転職エージェントに相談すると良いでしょう。

キャリアの棚卸しを行った後の職務経歴書や履歴書の作成に躓いた場合にも、エージェントはサポートをしてくれます。

企業から良い評価を得て次の選考へ進むためにも、是非活用を検討してみてください。

まとめ

両手を広げる女性

今回は転職において重要視されるキャリアの棚卸しについて解説してきました。

どのような方法でやるのかを知らなかった方も今回の記事で分かっていただけたことでしょう。

もし他にも不安なことがあった場合には転職エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

プロの視点からあなたの転職を成功へと導いてくれることでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら