転職の面接が決まりやる気満々なのは良いのですが、小さなお子さんが居る方は面接時に子どもを預ける必要がありますよね。

なかなか親族で預かってもらえない場合、子供の預け先がなく、面接断念なんてことになるのは非常に悔しい気持ちが残ります。

ここでは、重要な面接時に子供の預け先について困ったときの対処法を解説いたします。

急な面接でも困ることのないよう事前にチェックしておきましょう。

また、子育てをする女性が転職を成功させるためのポイントもご紹介します。

Contents

転職面接時に子供の預け先がない時の対処法

子供を預ける女性

せっかく相手先が面接の日程を確保してくれたのに、親戚にも保育園にも子供を預けられないときはどうすればよいのでしょうか。

そんな八方ふさがりになってしまった時のために「ファミリーサポートセンター」があります。

ファミリーサポートセンターは、子育て・仕事・介護の両立を支援をする施設です。

育児や介護に困っていて援助を受けたい人を、支援したいと考えている人が支えてくれる仕組みになっています。

支援者が子供の面倒を見てくれ、公園などに連れて行ってくれることもあり、働く女性には大変ありがたい存在です。

ファミリーサポートセンターは、市区町村で運営していますので、お住いの自治体で確認してみましょう。

育児経験がある方や、事前に講習を受けている方などがサポートしてくれるため安心です。

もちろん、事前に会員にならないとサポートが受けられないため、本当に困る前に登録をしておくことをおすすめします。

子育てしながらの転職は多い?

泣く子をあやす女性

子育てをしながら転職をしている人は増えており、子育て中の女性でも歓迎してくれる会社も増えています。

それでは転職をきめた理由はどのような理由だったのでしょうか。

 育休中に解雇された

育児休業等を取得したことを理由として解雇などの不利益な取扱いをすることは、男女雇用機会均等法によって禁止されています。

しかし、退職1カ月前までにきちんと通告され、会社都合により解雇という場合は職場を訴えることが難しいことも。

また、職場を訴え続けながら仕事を続けるのは辛いものです。

そして、やむなく転職をせざるを得ない状況になってしまうケースがあります。

 育休復帰後に転職を決めた

育休から復帰する際に、元のポジションに必ず戻れるとは限りません。

産休に入るときに新しい人が補填されることも多く、産休復帰後は他の部署へ異動することもあります。

そして子供を保育園などに預ける関係上、短時間勤務にせざるを得なかったり、子供の風邪で休むことも増えるのが現状です。

このように、仕事と育児を両立するのは非常に大変ですよね。

育休後は今まで通りに仕事ができなくなり、やむを得ず転職を決意する方もいます。

転職面接時はどこに子供を預ける?

困っている女性

それでは、実際に面接に行くときに子供を預ける場合どのような預け先があるのでしょうか。ここでご紹介します。

夫や親戚など身内に預ける

やはり、一番良いのは夫や親戚に預けることです。

費用が掛からない上に子供も慣れている人であれば、安心して過ごすことができますよね。

また、両親が喜んでくれる場合は親孝行にもなります。

夫や親戚に預ける際のポイントは、事前に子育てのルールを伝えておくことです。

夫であれば問題ないかもしれませんが、両親に預ける場合、昔と今では子育ての常識が違っていることもあります。

しないで欲しいことやおやつの量など、事前にレクチャーするとさらに安心して面接に向かえるでしょう。

親しき中にも礼儀ありで、帰りにお礼として好物のお菓子などを手土産に渡すと、預かってよかったと思ってもらえますよね。

通っている保育園に預ける

保育園

通っている保育園があれば、そこに預けましょう。いまは土曜日でも預かってくれる保育園もあります。

通っている保育園であれば子供も慣れている環境ですし、保育園の先生も子供の性格などを把握してくれているため安心です。

保育園に通っていない場合は、保育園の一時保育などを利用することもできます。

子供にとって慣れている環境とは言えませんが、プロの保育士がみてくれますので心配ありません。

ただし、一時保育は施設によって申込方法が違うため、早めに連絡をして預かってもらえるかを確認する必要があります。

ベビーシッターを利用する

自宅などで子供のお世話をしてくれる、ベビーシッターを利用することも一つの手段です。

地域にもよりますが、急な依頼でも預かってくれ、融通が利くというメリットがあります。

また、子供も自宅であるため、比較的安心して過ごすことができ、風邪気味であってもゆっくり過ごすことができます。

ベビーシッターは自宅に来てくれるという利点がありますが、逆にそれが不安だという方もいるでしょう。

のちのちのトラブルを避けるために貴重品の管理をしっかりとすれば、気持ちよくシッターを迎え入れられます。

ネットで近くに住んでいるベビーシッターを探すこともでき、自分の条件に合うシッターが見つかります。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

子供を連れての面接ができる場合もある

子供がいる職場

多くはありませんが、最近では子供を連れて面接を行ってくれるような、働く女性に理解のある会社もあります。

特に人材不足が叫ばれている介護関係や医療関係の業界で、子供連れの面接を取り入れ始めているようです。

子育て中の女性は、そのような会社を探してみるという手もあります。

面接の時点で子育てをする女性の味方であれば、従業員に対しても子育てと仕事の両立を支援している可能性が高いでしょう。

そのような会社であれば、安心して働くことができます。

また、子供を連れていくとなると騒いでしまわないか心配になりますよね。

無事面接ができるように、子供が1人で遊べるおもちゃを持参したり、新しいおもちゃで気を引いておくなど、工夫が大切です。

急な面接が入った場合はどうする?

人差し指を出す女性

応募した会社から連絡がきて、急に面接が決まった場合は子供の預け先も見つけるのが大変です。

せっかく面接のチャンスを貰えたので、何とか面接に参加したいものですよね。

しかし、親戚に預け先がみつからなくて困っている、そんなときの対処法をご紹介します。

子供を連れて面接できるか依頼してみよう

先ほども説明いたしましたが、子供連れの面接をしてくれる会社もなかにはあります。

急な日程であれば、応募先の会社に子連れでも可能か相談してみるのも一つの手段です。

応募先の会社も、面接を早めに行いたいと考えている場合は相談にのってもらえるかもしれません。

一般的に子連れの面接をしてくれる会社の方が圧倒的に少ないため、ダメだった場合でも横柄な態度はとらないのがマナーです。

その対応次第で子育てをする女性への扱いが見え、こちら側も働きやすい会社か見極めることもできるかもしれません。

オンライン面談が可能か相談してみよう

オンライン面接

パソコンを持っている方であれば、オンライン面接にしてもらうのも手です。

最近ではオンライン面接を取り入れている会社が増えたため、応募先の会社に相談すれば受け入れてもらえる可能性もあります。

交通費が会社負担であっても個人負担であっても、費用を浮かせることができますし、移動時間も無駄にせずに済みます。

また、面接する側も会場の確保や準備などの手間が省けるため、お互いにメリットになります。

ですが、オンライン面接の場合は表情や雰囲気が伝わりにくくなる可能性もあります。

その対処として、大きめのリアクションをとったり、はきはきと大きな声で話すことを心がけましょう。

そして、通信トラブルなどが起きないように、事前にパソコンのカメラやマイクチェックを行うことが大切です。

面接日のリスケ依頼をしてみよう

面接予定日にどうしても子供の預け先がない場合、日程を変更してもらえるよう依頼しましょう。

日程変更は失礼なるのではないかと考えたり、印象が悪くなってしまうと思いがちですよね。

ですが、会社側も何人も面接をこなしていますので、日程変更は慣れている場合が多いです。

そのため、心配しすぎず丁寧にお詫びをして日程変更を相談してみましょう。

また、会社側に手間をかけさせないように、依頼するときは自分が面接可能な日をできるだけ多く提示することが大切です。

そして、預け先があるにもかかわらず楽だからという理由で依頼するのは非常識であるため避けましょう。

子育て女性の転職活動の時間は?

時間がない女性

子育てに仕事に家事にと、働く女性は本当に時間が足りません。

そんな時間がない中、転職活動をするにはどのように時間を捻出したらよいのでしょうか。

ここでは、そんな忙しい女性でも時間を捻出できるコツをご紹介します。

子供が寝ている時間を活用しよう

時間捻出するのに一番思い浮かぶのは、子供が寝ている時間ですよね。

子供の睡眠は成長に必要な時間ですので、早めに寝かしつけることは子供にとっても親にとってもいいことばかりです。

早く寝かしつけるには、子供を朝早く起こすことが大切です。朝起きるのが遅いと夜早く寝ることは難しくなります。

また、夕ご飯やお風呂の時間も、寝かしつけたい時間から逆算して早めに済ませてしまうのも手です。

そして、テレビやスマートフォンなどの光も睡眠を妨げる要因ですので、寝る前にはあまり使用しないように気をつけましょう。

仕事の休憩時間を少しでも利用しよう

ブレイクタイム

会社の休憩時間でも、仕事を続けている人も多いのではないでしょうか。

しかし、休憩時間は勤務時間ではないため、転職活動の時間にあてても問題ありません。

ちりも積もれば山となるという言葉のように、短い休み時間でもこつこつと情報を集めることができます。

ただし、勤務時間中に転職活動するのはもちろんNGです。

休み時間に情報収集していると、もっと調べたくなってしまいますが、時間がきたらメリハリをつけて本来の業務に戻りましょう。

また休憩時間ではありませんが、通勤や退勤時間も転職活動をして問題ありませんので、有効に時間を活用しましょう。

夫と協力して転職活動に集中できる日を作ろう

夫に相談して転職活動ができる時間を捻出する方法もあります。

2時間や3時間など決めて、子供の面倒を見てもらう時間をつくってもらいましょう。

とはいえ、仕事で疲れが溜まっているのはお互い様です。お互いに思いやりをもって協力することが大切です。

もともと家事育児に協力的な夫であれば、スムーズに時間をつくることができるかもしれません。

問題なのは普段あまり協力的ではない場合です。

子供の面倒を見ながらでは、転職活動に集中することができないことを良く話し合い、夫に理解してもらう必要があります。

子育て女性の転職で注意すること

注意と指さし棒

いざという時の子供の預け先や、転職活動の時間の捻出方法が分かりました。

次は、子育て中の転職で注意することをご説明していきます。

自分と子供の体調を優先しよう

転職活動をするにあたって優先すべきものがあります。それは、自分と子供の体調です。

やはり体が資本で、転職活動の為に慢性的な睡眠不足なってしまって、体調を崩すということは避けなくてはいけません。

今いる職場にも迷惑を掛けますし、子供に寂しい思いをさせるかもしれません。

そしてなにより心身ともに疲れてしまい、自分が辛くなってしまいます。

また、子供が体調を崩しているときは、子供第一に考えましょう。

転職活動をする理由は家族の生活のためなのに、子供を優先させなければ本末転倒ともいえます。

子供の急な体調不良に気をつけよう

子供はとても元気に活動していると思っていたら、前触れもなく急に体調を崩すこともあります。

転職先の面接のときに子供が体調を崩すことも考えられます。

そうならないためにも、普段から外から帰ったらうがい手洗いを徹底しましょう。

また、早寝早起きをさせて栄養たっぷりの食事を楽しむことが大切です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

子育て女性が転職を成功させるためには

指し棒を持つ女性

子育てをしていても転職を成功させるためには、働く女性に理解のある会社を探すことをおすすめします。

また、残業は難しいけれど限られた時間で効率よく業務をこなすことに尽力できることを伝えましょう。

そして企業側は即戦力を求めています。

経験したことがある業務内容の求人であれば、即戦力になれるという強みをアピールしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

打ち合わせをする女性

子育て中の女性が転職するには、うまく自分をアピールすることが大切です。

ですが、どのようにアピールしていいか分からない方もいるでしょう。

そのようなときは、心強い味方となる転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

さまざまな悩みの解決策を一緒に見つけることができます。

また、面接のリスケやオンライン面接ができるかどうかも、エージェントが間に入ることで確認しやすくなります。

まとめ

ペンとノート

子育て中の働く女性が転職活動をするのは、時間もなく体力・気力が必要になります。

そのため、効率良く活動することが鍵となります。

時間を無駄にせず効率よく転職活動を行うためにも、転職エージェントをうまく利用することをおすすめします。

子育てをしている女性は頑張りすぎてしまうこともありますので、時には一息ついて休憩することも必要です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら