転職において社風というのは大変重要なポイントです。

企業で働く上で自分と会社の価値観や性格が合わなかった場合には、なかなか思うような結果が出せなくなってしまいます。

ミスマッチが深刻であった場合にはまたすぐに転職活動を行わなければいけなくなる可能性もあるでしょう。

そこで今回は入社前に社風を知るためのポイントなどをご紹介します。

今回の記事に書かれた内容を実践して転職の成功確率を上げていきましょう。

入社前に雰囲気をつかむコツ

ビジネスウーマン

転職をする上で会社の雰囲気というのは大変重要です。

転職活動を行いせっかく入社した企業であっても、その後に社風が合わないと仕事をするのが苦痛になってしまいます。

そのため雰囲気を事前につかんでおくことができれば、転職が失敗する確率も低くなるでしょう。

事前に雰囲気をつかむのには面接時に、社内の雰囲気について具体的な質問を投げかけてみるのも手です。

他にも口コミサイトを見たり、転職エージェントに相談したりといった方法も考えられます。

企業選びをする際には社内の雰囲気についても詳しく調べることを忘れてはいけません。

情報を沢山手に入れることで安心して選考に励めるでしょう。

企業選びで社風が重要な理由

転職活動

企業選びで社風が重要視されるのは、入社後のミスマッチを避けたいという意図があると考えられます。

仕事をしていく上で周囲との価値観や意識の大きな違いというのは邪魔になってしまうためです。

また、もし社風が合わなければシンプルに精神的に疲れてしまうという面もあるでしょう。

無理して仕事をしているとやりがいを感じにくかったり、必要以上に気を遣ってしまったりすることも考えられます。

人材のミスマッチは企業側にとっても損失となりますし、中途採用者側にとっても最悪転職をやり直すことになりかねません。

転職を考えているのであれば企業を選ぶ際、志望する企業の社風についても十分に考慮する必要があるでしょう。

会社の規模で社風は異なる

スマホを持つビジネスウーマン

社風というのは会社の規模によっても異なってきます。

ここでは具体的に規模によってどのように変わってくるのかを解説していきましょう。

しかしこれは一般的にそうであるというだけで、全てがこれに当てはまるわけではありません。

転職を希望する企業については自分でよく調べる必要があるでしょう。

大手企業

大手企業は規模も大きいため会社で決められたルールがあり、雰囲気もその会社独自のものが根付いていると考えられるでしょう。

一般的に保守的なことが多く自分のオリジナリティを出しづらい場合が多いようです。

いろいろな面で制約がありますが、その分社会からの評価は高く給与も安定している傾向があります。

自分主導で何かをやるということは難しいですが、大きなプロジェクトに関わりたいなどという方にはおすすめです。

中小企業

ペンを持つ女性の画像

中小企業では大企業よりも規模が小さいということもあり、会社全体がトップの影響を受けやすくなります。

そのため社長や幹部がどのような考え方かによって、社風も大きく変わると考えられるでしょう。

社風を調べて自分がそれに強く惹かれている場合には満足な仕事ができる可能性が高まります。

また、大企業よりも人数が少ないため、周囲の人と密接に関わる機会が増えることでしょう。

ベンチャー企業

ベンチャー企業ではこれまで紹介した企業と違い、更に規模感が小さいため柔軟かつスピーディーに様々なことが動いていきます。

そのためある程度発言力を持って仕事に参加することができるでしょう。

反面、実力主義であったり自分で仕事について考えていかなければいけない時があったりと自主性が重要になります。

しかしそういった仕事に対してやりがいを感じられる方であればベンチャー企業で働くのはとても楽しいことでしょう。

社長と直接話す機会も多いため、価値観に共感しているのであれば本人から大きな刺激を受けることができます。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


応募前に社風を確認しよう

スマホを置いた女性

ここでは応募前に社風について確認するための方法を解説していきます。

以下のような方法で社風を確認することで安心して選考を進めて行くことができるでしょう。

企業のHPをチェックしよう

まず手軽な方法として挙げられるのが企業のHPをチェックすることです。

企業が自社をアピールするために情報が充実しており、どのような企業であるかを確認することができます。

しかしHPでは実際に会社内がどのような雰囲気かというのが分かるわけではありません。

そのためここで得られる情報というのはあくまで参考程度に留めるようにしましょう。

実情とHPの情報が乖離しているケースもあるため注意が必要です。

実際に会社まで足を運んでみよう

HPだけでは実際の社内の雰囲気を知ることはできません。

もし可能であれば会社まで足を運んでみるのも良いでしょう。

インターンOB訪問などをすれば、社内の状況を知ることもできます。

時間があるようであれば実際に会社を訪問することで、社風を自分の目で確認することができるでしょう。

社風を知るために有効な質問は

まるの札を持つ女性

次は面接において社風を知るために有効となる質問についてご紹介します。

質問で「どのような社風ですか」と尋ねても具体的なことを知るのは難しいでしょう。

そのため、以下のような質問を投げかけることによって知りたい情報を知ることができる可能性があります。

社員同士の人間関係

社員同士が社内でどのように過ごしているのかということを知ることによって、同時に社風を知ることもできます。

そこで働く人々の性格や価値観というのは社風に大きな影響を与えるため大切です。

どのようなことに価値観を見出しているのか、社内の雰囲気はどうなのかといったことが分かるでしょう。

社内制度について

スーツ姿の女性

社内制度というのは社風に大きく関係しています。

例えば社員間の交流を深めるような制度があったり、旅行休暇制度があったりといったケースもあるでしょう。

このようなことからも社員や社長の価値観というのが分かります。

社内でどのようなことが重視されているかということが分かる部分でもあるため、積極的に質問しましょう。

勿論、社内制度についてはHPに載っているケースも多くあります。

そこで知った具体的な制度名を出してそれらについて詳しく聞くというのも良い手段です。

企業の方針

企業がどのような方針を軸に経済活動を行っているのかというのは、事業にも社風にも大きな影響を与えます。

これを尋ねるとどのような形で仕事に取り組んでいるのか、入社後にどのようなことを期待されるのかということが分かるでしょう。

企業とのミスマッチを避けるためにも、事前に方針を詳しく聞いておくというのは良い方法です。

社風が自分に合わないというケースを避けるためにも深いところまで聞いてみると良いでしょう。

企業の仕事に対しての価値観をよく知ることのできる質問であり、価値観というのは社風にも密接に関係してくる部分です。

NG逆質問とは

カバンを抱える女性

企業のHPなどに載っているような情報を逆質問で尋ねるのは避けたほうが良いでしょう。

もし社風を詳しく知りたい場合にも、HPに載っている内容から更に深い部分を聞くようにすることが大切です。

調べれば分かる質問をすると企業理解が何もできていないと見做されて、転職への熱意が疑われてしまいます。

そのため社風について面接官の口から聞きたい場合にも、HPでは知ることができないような部分についての質問をしましょう。

また、給与や福利厚生面ばかりを気にした質問というの避けたほうが無難です。

これらは事業内容や業務とは直接的に関係がない部分となります。

そうした部分ばかりを気にしてしまうと、面接官から自社の仕事に大して興味がないのではないかと思われる可能性があるでしょう。

そのためそれらについていろいろと質問をするのは避けたほうが無難です。

 

無料転職相談をして自分のスキルを活かせる仕事を見つけよう

 

面接でチェックしておくべき点

ミーティングする女性

面接に行く際に注意してチェックしておきたい部分をご紹介します。

以下のようなところにはその会社の社風が現れるため、チェックしておくと良いでしょう。

デスク周りなどの働くスペース

デスク周りは面接を行う場所によっては自然と目に入ることもあるスペース。

デスク周りなどはその企業の社員たちがいつも働いているエリアです。

そのためその周りの状況というのは社風と大きく影響します。

もし散らかっていたり汚かったりしたら、デスクを掃除するという習慣がないと考えられるでしょう。

掃除しないということは掃除をする時間もないほど忙しかったり、社員間の交流が少なかったりすることもあります。

逆に綺麗であれば社員同士でデスクを綺麗に保とうという意識が働いていると考えられるでしょう。

こうした部分には働き方が顕著に出るためチェックすると社風が分かります。

トイレや休憩室などの共用部

トイレや休憩室というのは仕事から少し離れた場所であり、一息つく場所でもあります。

こういった場所にはそこで働く社員の素の部分が現れると考えられるでしょう。

休憩室を覗くというのは難しいですが、トイレを利用することは可能です。

トイレに行った際には清潔に使われているかどうかをチェックしましょう。

清掃状況や水まわりの清潔さなどからも自分がその会社の社風と合うかどうかが分かります。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


社風を見極めるためのポイント

面接を受ける女性たち

次は社風を見極めるためのポイントをご紹介します。

以下のような点に気をつけることで社風が自分に合うかどうかを見極めることができるでしょう。

自分にとって良い社風とは何か

自分が具体的にどのような企業で働きたいのかということを考えるのは社風を見極める上で大切なことです。

自分にとって良い社風というのを具体的に思い描いてみましょう。

そうすれば働く上で何を重視すべきかが明確になります。

全てが完璧な企業というのはありません。

そのため、この条件を満たしていれば自分にとって良い社風を持った会社だというのをはっきりさせましょう。

良い社風が分かれば転職を考えている企業の社風が自分とマッチするか見極めることができます。

理想の社風と働き方を考えよう

面接

良い社風というものを考えるのと同じように自分にとっての理想についても具体的にするのが大切です。

理想というのは自分にとって1番良いと考えられる状態のこと。

理想の社風や働き方について考えれば、自分の価値観も明確にすることができるでしょう。

転職活動において重要とされる自己分析にも繋がる内容です。

自分にとって大切なものは何かということを理解するためにも理想について考えることを欠かさないようにしましょう。

全てが自分の理想通りの会社はありませんが、理想を知ることによって自分自身についても深く知ることができます。

これまでの退職理由を分析しよう

この先のことだけでなく、今までの自分について振り返るのも自分にとっての良い社風を見極めるのに良い方法です。

自分は何故退職を決断したのだろうかということを分析することで転職先に求めることもわかってきます。

例えば労働環境や人間関係が原因だった場合には、それらを重視することが大切となるでしょう。

逆に給与面での不満が原因だった場合には実力主義の社風の会社を選ぶこととなります。

このように退職理由を分析することによって転職先に求める社風も明確になっていくことでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

電話をする女性

もし転職活動をしていく上で悩みを抱えている場合にはプロの力を借りるのも手です。

特に面接などでは自分だけでは対策に限界があります。

もし対策不足を感じているのであれば、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

模擬面接なども行ってくれますし、専門的なアドバイスをしてもらうこともできるでしょう。

また、求人面での悩みにも対応してくれるため、転職先選びもスムーズに行えるようになります。

不安なことがある場合には転職エージェントに相談して、その不安の解消を目指しましょう。

安心して転職活動を行える環境があれば転職の成功率も大きく上昇すると考えられます。

まとめ

書類を見る女性

今回は入社前に企業の雰囲気を掴んだり、社風についての理解を深めたりする方法を解説してきました。

ストレスなく働くために社風というのは大変重要なものです。

そのため今回ご紹介したようなチェック方法や面接での質問を駆使して、転職を成功に導きましょう。

しかし転職では他者からの見え方や評価というのも大きなポイントとなります。

自分だけでは客観的な視点に限界があるため、不安な方は転職エージェントをうまく利用しましょう。

転職への不安を解消できれば、自信を持って転職活動を行えるはずです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!