転職活動を行ううえで面接を避けて通ることはできませんが、緊張感を覚える女性も多いことでしょう。

緊張のあまり、または熱意を伝えようとして、面接で空回りしてしまう人も少なくありません。

そこで今回は転職面接で空回りしないために、緊張の和らげ方から女性向けの熱意の伝え方まで、様々な対処法について解説します。

Contents

転職面接で空回りしないコツとは

4191364_m

企業の採用担当者は、過去にもたくさんの応募者の転職面接を行っています。そして面接に失敗している人も多く見ているものです。

転職面接で空回りしてしまうと、自分の熱意が伝わりにくくなるだけでなく、採用担当者の心象を悪くする可能性も高まります。

そうした事態を避けるためには、転職面接で空回りしていると思われるのはどんな場面かを、理解しておく必要があるでしょう。

合わせて空回りしてしまう理由を見つけて、その対処法を実践することも大切です。

それが、転職面接で空回りしないコツといえるでしょう。

空回りしている人の特徴とは

77873_m

企業の採用担当者が空回りしていると感じる人には、共通する特徴があります。

過去に受けた面接をふり返って、自分が当てはまっていないかを確認するのもよいでしょう。

ここでは、転職面接で空回りする人の特徴を3つ紹介します。

声が大きいだけ

転職面接のときに受け答えの声は大きいものの、質問に対するしっかりとした返答ができないことです。

声が大きいことで元気な人だという印象を与えることはできても、緊張しているなどの理由で質問が耳に入らないのかもしれません。

中途採用ではある程度の社会性が求められるので、声が大きいだけではマイナス評価につながる可能性が高いです。

先のことを考えず行動している

1960177_m

転職面接では応募者に対し、入社後にどのような仕事がしたいのか、その会社でどんな活躍がしたいのかを聞かれるのが一般的です。

しかし企業研究をしっかりと行っていなかったり、入社後の働き方について考えずに面接に臨むと、返答することができません。

それは、先のことを考えずに行動しているから起こることで、採用担当者に真剣に入社を考えていないという印象を与えがちです。

話が具体的ではない

転職面接では、過去の職歴によって得られたスキルやノウハウについて質問されることも多いです。

そうした時に回答の内容が漠然としていたり、自分なりの目標や数値設定ができていないなど、具体的な話ができない女性もいます。

その結果、回答がうわべだけとなってしまい、中身がないと判断されるケースも少なくありません。

マニュアル通りの回答や抽象論ばかりを述べていると、採用担当者にマイナス評価される可能性が高まります。

緊張の和らげ方や考え方のポイント

2658625_m

転職面接で空回りしてしまう女性の中には、緊張のあまり頭が真っ白になる人もいることでしょう。

緊張が原因で空回りすることがわかっているなら、それを和らげる対策をたてておけば、対処することができるはずです。

ここでは転職面接で感じることが多い、緊張の和らげ方や考え方のポイントを3つ紹介します。

緊張感を持つのはいいこと

まず転職面接を受けるにあたり、緊張感を持つのは決して悪いことではないと考えましょう。

過去に緊張したシーンを思い浮かべると、運動会や学習発表会、受験、就職試験など様々なことがあったはずです。

そうしたシーンで緊張するのは、一生懸命がんばった自分がいるからです。真面目だからこそ、緊張してしまうといえます。

だからこそ、緊張している自分を否定するのではなく、それが当たり前なのだと考えることをおすすめします。

上手く話そうと考え過ぎない

2408682_m

転職面接を受ける企業が第一志望の場合は特に、採用担当者に良い印象を与えたいと力が入るものです。

そのため、質疑応答で上手く話さなければと自分にプレッシャーをかけすぎてしまい、より緊張感が増す人もいることでしょう。

しかし転職面接で大切なのは、完璧なマナーや質疑応答を実践することではありません。

あなたの人となりと入社したいという熱意を、採用担当者に伝えることが大切です。

上手く話すことよりも、つたなくても自分の言葉で自分の考えを伝えることに意識を向けましょう。

採用担当者を特別視しない

転職面接で会う採用担当者は、採用の可否を判断する役割を担っていることは事実です。

面接を通して自分が評価されるので、気に入られたいとの思いが強くなると、緊張感が増すという人もいることでしょう。

しかし採用担当者は、会社で人事の職務を担っているだけで、一介の会社員です。

採用担当者を自分より上の人と思い込むのをやめ、敵ではないと認識できるようになると、緊張感が和らぐのでおすすめです。

熱意の伝え方や話し方のポイント

1115260_m

転職面接で自分の熱意をアピールしようとするあまりに、話が長くなったり、くどくなったりする女性は珍しくありません。

しかしそれは、自分の熱意を伝える方法としては逆効果と考えられます。

ここでは採用担当者に好印象を与えられる、熱意の伝え方や話し方のポイントを2つ紹介します。

結論から話そう

採用担当者からの質問に答えるときには、まず結論から話しましょう。その際、シンプルにわかりやすく伝えるのがポイントです。

結論を先に述べておくことで、その後の説明の流れが明確になります。

また回答の構成を考える際には、「いつ(When)」「どこで(Where)」「だれが(Who)」「何を(What)」という5W1Hを意識します。

そうすることで、論理的な回答をつくれるようになるはずです。

具体的に伝えよう

715001_m

転職面接では新卒採用以上に、入社後に会社に貢献してくれる人物だと感じてもらえるかどうかで、採否が分かれます。

自分の人となりを理解してもらうとともに、話を上手く伝える意味でも、過去の具体的なエピソードを織り交ぜるようにしましょう。

自分の考えを具体的に伝えるテクニックの一つに、数値を盛り込む方法があります。

応募職種に必要なスキルを何ヵ月で習得したのか、業務遂行のために1日・1週間・1ヵ月でどんな計画を立てるのかは数値化できます。

採用担当者がイメージしやすくなるように、数値や過去のエピソードを用いることを意識してみてください。

採用担当者の反応を確認しながら話す

採用担当者の質問に回答している時は、自分のアピールタイムではあるものの、一方的に話してよい場面ではありません。

自分の回答を理解し共感してもらわなければ、内定に近づくことができないからです。

そのため、自分が伝えようと思っている熱意が、採用担当者に理解されているのかを見極める必要があります。

具体的には採用担当者が興味を示しているのか、真剣に聞いてくれているのかを、しっかり見極めましょう。

そこでつまらなさそうな反応が見られた時には、話し方を改善する余地があると考えられます。

熱意は表情や行動からも伝わることを理解しよう

3184039_m

転職面接で熱意を伝えるのは、質疑応答や自己アピールの言葉だけではありません。

採用担当者と対話する際の姿勢や仕草、表情などにも、熱意は自ずとあらわれるものです。

質疑応答の際には採用担当者の目を見たり、しっかりと相槌を打ったり、真剣に話を聞くなどの行動がそれにあたります。

その際、声のトーンが高すぎたり低すぎたりしていないかも、自分なりにチェックしたいところです。

さらに、採用担当者から質問された時には相手の目を見て、頷くよう意識することも大事です。

採用担当者がアイスブレイクのためにフランクな話題を提供してくれたときには、素直に笑顔を見せるのもよいでしょう。

相手の働きかけを受けて反応することにより、入社したいという熱意は自然に伝わっていくはずです。

面接での空回り事例をチェック

4191393_m

転職面接を控えている女性の中には、どんな状態になることが空回りをさすのかがわからない人もいそうです。

自分が空回りしやすいタイプがどうかを判断するうえで、事例を知っておくと便利です。

ここでは、面接でありがちな空回りな事例を3つ紹介します。

一方的にアピール

一方的に自分をアピールすることで、具体的には相手の反応を見ることなく、伝えたいことを話し続けるのはNGです。

特に社会人経験が長い女性は特に、自分のスキルや経験などを1つでも多くアピールしたくなる気持ちはわかります。

様々なスキルやエピソードをダラダラと話すことは、アピールではなく、自分の評価を下げることにつながります。

それこそ、空回り以外の何物でもありません。

面接時間より大幅に早く訪問

3374719_m

転職面接に遅刻しないのは当然のことですが、予定時間より大幅に早く訪問することもマナー違反です。

応募者自身は入社意欲が強くて、気がはやるから早めに到着したのだと考えているのかもしれません。

しかし面接は時間が指定されており、それを守ることは社会人として当たり前のことです。

訪問時間が早すぎることも、遅刻と同じくらいマナー違反であることを、しっかり覚えておきましょう。

逆質問のし過ぎ

採用担当者に逆質問するのは、入社にあたって自分が持っている疑問を解消したいという気持ちがあるからです。

面接にあたって質問を用意してくること自体は、熱意があるからと受け止めてもらえます。

しかし逆質問をし過ぎることで、採用担当者に「面倒な人」という印象をもたれるとマイナス評価につながります。

また逆質問の中に企業研究をしておくことでわかる内容が含まれていると、下調べが足りないと判断されるかもしれません。

熱意をアピールするつもりで、空気が読めないと思われるのは、空回りの代表例と考えられます。

質問とずれた回答をした時の対処法

4353681_m

転職面接では様々な質問をされますが、ずれた回答をすることで、自分の評価を下げてしまうリスクがあります。

しかしずれた回答をしたことに気づき、それをリカバーできれば、アピールにつながる可能性もあるのです。

ここでは、採用担当者の質問とずれた回答をしてしまった時の対処法を3つ紹介します。

ずれた回答をしても焦らない

自分がした回答が採用担当者の質問とずれていることに気がついた時には、まず焦らないよう意識しましょう。

そこで焦ってしまい会話が続かなくなったり、混乱して話す内容がより質問から離れる方がダメージは深くなります。

まずは回答としてはずれていても、切りがよいところまで話してしまいましょう。

正直に質問を聞き直そう

3422306_m

採用担当者の反応などを見て、回答がずれていることに気がついた時には、正直に質問を聞き直すことをおすすめします。

採用担当者にはその質問をした意図があるので、しっかりと回答しておく方が内定に近づくチャンスがあるからです。

聞き直した質問に対する回答が何かを考え、自分なりの回答をしましょう。

挽回できるチャンスはあるので落ち着こう

採用担当者にされた質問にずれた回答をしてしまうと、焦りや不安を感じやすくなります。

その結果、緊張感が増してパニックに陥ると、その後の質疑応答にも悪影響を及ぼしかねません。

一度くらい質問にずれた回答をしてしまっても、後で挽回できるチャンスは絶対にあります。

失敗を取り戻すチャンスをつかむためにも、まずは落ち着いて、その後の質疑応答に集中しましょう。

面接の準備を徹底して自信を持って臨もう

1269098_m

転職面接で空回りすることなく自分の熱意を伝えるためには、緊張感を和らげるだけでなく、自信をもって臨むのが一番です。

しかし、緊張を和らげることはできても、面接に自信をもって臨むことはハードルが高いでしょう。

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントに登録して、プロのサポートを受けることです。

転職エージェントでは、応募書類の添削や模擬面接も行っているところがほとんどです。

模擬面接を行うことでキャリアアドバイザーから具体的なアドバイスをもらえるので、改善点が見つけやすくなります。

また模擬面接によって質疑応答に慣れると、自分に自信がもてるようになります。

一人で悩むのではなく、プロの力を借りる方が内定に近づきやすいはずです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

2588276_m

女性の転職はキャリアプランだけでなく、自分のライフプランによっても選択の幅が異なるものです。

また前職の退職理由によっては、職種より職場の人間関係を重視する人もいることでしょう。

中には未経験の職種に、異業種転職を考えている人もいるかもしれません。

転職するにあたり、悩みや不安を抱えているなら、どんな些細なことでも転職エージェントに相談することをおすすめします。

たくさんの転職希望者のサポートを行ってきた経験により、自分では気づけない解決法を提示してくれることも多いです。

合わせて転職活動を行ううえで、力強いサポーターになってくれるので、前向きに取り組めるようになるはずです。

まとめ

919911_m

今回は転職面接で空回りしないために、緊張の和らげ方から女性向けの熱意の伝え方まで、様々な対処法について解説しました。

転職面接で空回りしてしまうと、残念ながら内定から遠ざかるのは事実です。

空回りする原因や対処法を知り、質疑応答中に失敗しても落ち着いて、採用担当者に誠意を見せることを大事に面接に臨みましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら